【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517172230.html
アラサー女子にお勧めの趣味8選

アラサー女子にお勧めの趣味8選 | LADYCO

LADYCO
アラサー女子にお勧めの趣味8選

仕事もある程度こなせる自信がつき、責任ある仕事を任されるようになったアラサーの女性。

充実した仕事、次は何か趣味でも持とうかな。

そんな女性にお勧めの趣味をご紹介します。

  • 温活
  • ウォーキング
  • ランニング
  • ボクササイズ
  • ピラティス
  • 演劇鑑賞
  • 電車の旅
  • バスツアー
  • まとめ

1. 温活

温活

毎日、ストッキングをはきヒールを履いて頑張っている私たちの体はけっこう冷えています。

夏に限らず、一年を通して冷たいものを飲むことが日常的になっていませんか。

体を温め、体温を1度上げるだけであなたの基礎代謝は13%~15%増えると言われています。

まずは体の中から。

次に飲むものは温かいドリンクに変えてみませんか。

2. ウォーキング

ウォーキング

生きることは、動くこと。

人間は本来、動き回る動物です。

一定のところにじーっといつまでもとどまっていることは人間の性に合わない動作なのです。

外に1歩出て、5分間歩いてみませんか。

歩く速度は速くてもゆっくりでも大丈夫です。

季節の移ろいを感じるため。

小さな発見をする旅に出ましょう。

気持ちが落ち着くこと間違いなしです。

3. ランニング

ランニング

歩くことに慣れたら、気持ちの良い道を早歩きより少し速めのペースでゆっくり走るのはどうでしょう。

早歩きより少し早いスピードがポイントです。

体全体を感じながら、鼓動が速く打つのを感じながら。

晴れている日なら、遠くの山を。

曇りの日なら、道端の草花を。

最初は5分くらいから始めましょう。

慣れてきたら、10分、15分と少しずつ、無理をせずに走れる時間を延ばしていきましょう。

4. ボクササイズ

ボクササイズ

アップテンプの音楽に乗せて、ボクシングの動きを取り入れるボクササイズは、日ごろのストレス発散、うっぷん晴らしに最適です。

足を高く上げてはいキックをしたり、「ワン・ツー」「ワン・ツー」と両腕で風を切りながらパンチを繰り出しましょう。

まずは立ち方を覚え、次はコンビネーションへ。

続けるうちに部分痩せどころか、洋ナシ体型ともサヨナラできます。

ストレスがたまってる人に最適な有酸素運動です。

5. ピラティス

ピラティス

ヨガよりハードなピラティスは、本来は病気の治療のためにベッドの上でもできる運動として考え出されました。

腹筋を意識したまま行う数々の運動は、お腹をギュッと引き締めて、素敵なラインを作り出します。

マット1枚あれば、どこででも行うことができるのも魅力です。

DVDだけでなく、スタジオに通って先生と一緒にレッスンを受けることで、より一層の刺激を受けるでしょう。

6. 演劇鑑賞

演劇鑑賞

演劇を目の前で鑑賞したことがある人は多くないかもしれません。

20~30年前と比べ、今は全国に大小さまざまな劇団があり、いろいろな内容の公演が行われています。

ところによっては、演劇祭を毎年開催する都市もあり、演劇ファンの密かな楽しみにもなっています。

タレントの大泉洋さんは劇団チームナックスという北海道の劇団に所属しており、もともとは小さい劇団の団員だったのです。

それが年々有名になっていき、今や全国規模の大きな劇団へと成長しました。

劇団の成長を見守る、というのも演劇ファンの楽しみのひとつです。

7. 電車の旅

電車の旅

日ごろの煩わしさから逃れるための電車の旅はいかがですか。

「テツオ」「テツコ」ではなく、ただ楽しむための、いつものわたしから離れるための小旅行です。

小旅行にふさわしいお伴は、気がねのない友人かもしれないし、お気に入りのお茶かもしれません。

行き先は隣町。

駅を降りて、初めての町を歩いてみると、いつもとは違う発見が待っていることでしょう。

お泊りの旅行じゃなくても、十分楽しめる日帰り電車旅。

お勧めです。

8. バスツアー

バスツアー

いつもの街の裏の顔が見られる、それが「バスツアー」です。

バスでガイドさんと、乗り合わせたお客さんと観光地をめぐり、その名産のおいしいものを食べる旅。

バスに揺られてのんびりする1日はどうでしょう。

近くに住んでいるからこそ、まだ未体験の場所、未体験の味に出会う旅。

忙しい日常を少し忘れて、楽しんでみるのも良いでしょう。

通勤で使うバスとは一味違う、魅力に気付くはずです。

 

まとめ

10人いれば、10の趣味があって然りです。

自分の趣味は自分が決めたら良いのです。

私はどんなことが好きなのか、どんなことに興味があるのか。

何をしたら楽しいのか。

どんな私になりたいのか。

人は違って当たり前。

わたしは「わたし」で良いのです。

あなたにぴったりの趣味が見つかり、生活がもっとカラフルに彩られますように。

仕事もある程度こなせる自信がつき、責任ある仕事を任されるようになったアラサーの女性。

充実した仕事、次は何か趣味でも持とうかな。

そんな女性にお勧めの趣味をご紹介します。


温活

毎日、ストッキングをはきヒールを履いて頑張っている私たちの体はけっこう冷えています。

夏に限らず、一年を通して冷たいものを飲むことが日常的になっていませんか。

体を温め、体温を1度上げるだけであなたの基礎代謝は13%~15%増えると言われています。

まずは体の中から。

次に飲むものは温かいドリンクに変えてみませんか。

ウォーキング

生きることは、動くこと。

人間は本来、動き回る動物です。

一定のところにじーっといつまでもとどまっていることは人間の性に合わない動作なのです。

外に1歩出て、5分間歩いてみませんか。

歩く速度は速くてもゆっくりでも大丈夫です。

季節の移ろいを感じるため。

小さな発見をする旅に出ましょう。

気持ちが落ち着くこと間違いなしです。

ランニング

歩くことに慣れたら、気持ちの良い道を早歩きより少し速めのペースでゆっくり走るのはどうでしょう。

早歩きより少し早いスピードがポイントです。

体全体を感じながら、鼓動が速く打つのを感じながら。

晴れている日なら、遠くの山を。

曇りの日なら、道端の草花を。

最初は5分くらいから始めましょう。

慣れてきたら、10分、15分と少しずつ、無理をせずに走れる時間を延ばしていきましょう。

ボクササイズ

アップテンプの音楽に乗せて、ボクシングの動きを取り入れるボクササイズは、日ごろのストレス発散、うっぷん晴らしに最適です。

足を高く上げてはいキックをしたり、「ワン・ツー」「ワン・ツー」と両腕で風を切りながらパンチを繰り出しましょう。

まずは立ち方を覚え、次はコンビネーションへ。

続けるうちに部分痩せどころか、洋ナシ体型ともサヨナラできます。

ストレスがたまってる人に最適な有酸素運動です。

ピラティス

ヨガよりハードなピラティスは、本来は病気の治療のためにベッドの上でもできる運動として考え出されました。

腹筋を意識したまま行う数々の運動は、お腹をギュッと引き締めて、素敵なラインを作り出します。

マット1枚あれば、どこででも行うことができるのも魅力です。

DVDだけでなく、スタジオに通って先生と一緒にレッスンを受けることで、より一層の刺激を受けるでしょう。

演劇鑑賞

演劇を目の前で鑑賞したことがある人は多くないかもしれません。

20~30年前と比べ、今は全国に大小さまざまな劇団があり、いろいろな内容の公演が行われています。

ところによっては、演劇祭を毎年開催する都市もあり、演劇ファンの密かな楽しみにもなっています。

タレントの大泉洋さんは劇団チームナックスという北海道の劇団に所属しており、もともとは小さい劇団の団員だったのです。

それが年々有名になっていき、今や全国規模の大きな劇団へと成長しました。

劇団の成長を見守る、というのも演劇ファンの楽しみのひとつです。

電車の旅

日ごろの煩わしさから逃れるための電車の旅はいかがですか。

「テツオ」「テツコ」ではなく、ただ楽しむための、いつものわたしから離れるための小旅行です。

小旅行にふさわしいお伴は、気がねのない友人かもしれないし、お気に入りのお茶かもしれません。

行き先は隣町。

駅を降りて、初めての町を歩いてみると、いつもとは違う発見が待っていることでしょう。

お泊りの旅行じゃなくても、十分楽しめる日帰り電車旅。

お勧めです。

バスツアー

いつもの街の裏の顔が見られる、それが「バスツアー」です。

バスでガイドさんと、乗り合わせたお客さんと観光地をめぐり、その名産のおいしいものを食べる旅。

バスに揺られてのんびりする1日はどうでしょう。

近くに住んでいるからこそ、まだ未体験の場所、未体験の味に出会う旅。

忙しい日常を少し忘れて、楽しんでみるのも良いでしょう。

通勤で使うバスとは一味違う、魅力に気付くはずです。

 

10人いれば、10の趣味があって然りです。

自分の趣味は自分が決めたら良いのです。

私はどんなことが好きなのか、どんなことに興味があるのか。

何をしたら楽しいのか。

どんな私になりたいのか。

人は違って当たり前。

わたしは「わたし」で良いのです。

あなたにぴったりの趣味が見つかり、生活がもっとカラフルに彩られますように。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-