【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517172248.html
アラサー女性のアイメイクで気を付けるポイント

アラサー女性のアイメイクで気を付けるポイント | LADYCO

LADYCO
アラサー女性のアイメイクで気を付けるポイント

アラサー女性のアイメイクで気を付けるポイントを8選まとめました。

  • アイカラーはパーソナルカラーを選ぶ
  • ブラウン系のシャドウは無難だけど、付け過ぎに注意
  • 一重の人はピンク系のアイカラーは避ける
  • アイラインはまぶたのきわを埋めるように塗る
  • マスカラは付け過ぎず、ナチュラルなものを選ぶ
  • 眉毛はナチュラルに作る
  • ハイライトを上手に使う
  • メイクオフは優しく行う
  • まとめ

1. アイカラーはパーソナルカラーを選ぶ

アイカラーはパーソナルカラーを選ぶ

アラサーメイクにおいては、自分のパーソナルカラーを知り、それを持ちいることで、なじみ感のあるメイクをすることができます。

もちろん自分の好きな色を使うのも良いですが、派手になりすぎず、上品なメイクをしたい場合はパーソナルカラーを使うのが無難です。

優しい雰囲気の春タイプの人はパステル系 涼しげで透明感のある夏タイプの人はスモーキー系 愛らしさと落ち着きのある秋タイプはアース系 華やかではっきりとした顔立ちの冬タイプはビビット系 というように、自分に合った色を見つけることが大切です。

2. ブラウン系のシャドウは無難だけど、付け過ぎに注意

ブラウン系のシャドウは無難だけど、付け過ぎに注意

ブラウン系のシャドウは誰の肌にもなじみやすい無難な色です。

しかしながら、使いすぎると茶グマのようになり、くすんだ印象になりがちです。

明るい色と組み合わせながら、ブラウンを効果的に使うのが良いでしょう。

ピンクをベースにブラウンをラインにしたりして、ブラウンをぼかしすぎないのもポイントです。

お肌の曲がり角の時期だからこそ、ブラウンを上手に使うことが大切です。

3. 一重の人はピンク系のアイカラーは避ける

一重の人はピンク系のアイカラーは避ける

ピンクのアイシャドウは優しく女性的な雰囲気にしてくれます。

しかしながらまぶたに腫れぼったい印象も与えてしまいます。

一重の人は、ピンクのシャドウをメインに使うのはあまりオススメできません。

ブルーやグリーンなどの涼しげな色を、アイライン的に使うのが良いでしょう。

また一重の人は、どのカラーも塗りすぎ、広げすぎには気をつけましょう。

より一重が強調され、目が小さく見えてしまうからです。

4. アイラインはまぶたのきわを埋めるように塗る

アイラインはまぶたのきわを埋めるように塗る

アラサーになるとまぶたのハリが衰え始めてきます。

常にメイクをしていると余計に負担になり、まぶたが弱り安くなります。

それゆえに、アイラインが浮いてしまったり、ぼやけしまうことがあります。

ですから、ウォータープルーフのペンシルタイプものを使い、まつ毛の映え際、まぶたの際あたりに色を埋め込むように塗っていくと、アイラインが落ちにくく、目が大きく見えます。

特に一重のひとには有効的な方法です。

5. マスカラは付け過ぎず、ナチュラルなものを選ぶ

マスカラは付け過ぎず、ナチュラルなものを選ぶ

アラサーのメイクで気をつけたいことは、ケバくなりすぎないことです。

マスカラを塗り重ねすぎたり、つけまつげをするのは卒業しましょう。

まつげの一本一本に塗るように、マスカラは縦に使うと良いです。

そうすると、重ね塗りしなくてもキレイにまつ毛が映えます。

また、まつ毛そのものを育てることも大切です。

まつ毛用美容液を使ったり、メイクオフの時は優しく行ったりと、さまざまなケアをしましょう。

また、まつ毛エクステで、自然な雰囲気にまつ毛を増やすこともできるので、やってみる価値はアリです。

6. 眉毛はナチュラルに作る

眉毛はナチュラルに作る

アラサーのアイメイクでは、眉毛にも気を払わなければなりません。

あまり剃りすぎて、いじりすぎたまつ毛は、ケバさや品のなさが出るので、最低限整える程度にした方が良いです。

髪色と同じ色の眉毛が良いといいますが、髪が黒い人も、ブラウン系のアイブロウを使った方が、自然な仕上がりになるのでオススメです。

ナチュラルで健康的な眉毛を作りましょう。

7. ハイライトを上手に使う

ハイライトを上手に使う

アラサーになると、目の周りのシミも気になってきます。

コンシーラーでシミを隠すのも良いですが、あまり塗りすぎると、かえってなじみが悪くなり、浮きやすくなるで気をつけましょう。

そして、ホワイトやシルバーのハイライトを上手く使うことも大切です。

ポイントに使うことで明るい印象になりますが、これも使いすぎるとケバくなりやすいです。

シミを目立たなくさせつつ、品のあるアイメイクをしましょう。

8. メイクオフは優しく行う

メイクオフは優しく行う

アラサーのアイメイクにおいて一番大切なのが、メイクオフの仕方です。

ごしごしやると、メイクが色素として沈着し、茶グマやシミの原因になります。

まぶたそのものも弱り、アイラインやアイシャドウが浮きやすくなるでしょう。

ですから、優しく丁寧にそして素早く行うことが大切です。

長々とクレンジング剤を肌に塗っておくのも、負担になるので、メイクが十分に浮いてきたら、素早く洗い残しのないように落とすことが大切です。

ダブル洗顔もゴシゴシと行わず、きめ細かい泡で汚れを包み落とすように行いましょう。

そして最後は保湿を忘れずにすることが大切です。

まとめ

アラサーのアイメイクに必要な要素は上品さです。

自分に合った色を使い、品のある美しいアイメイクをしましょう。

そして、メイクを落とす時のケアも大切なのです。

アラサー女性のアイメイクで気を付けるポイントを8選まとめました。


アイカラーはパーソナルカラーを選ぶ

アラサーメイクにおいては、自分のパーソナルカラーを知り、それを持ちいることで、なじみ感のあるメイクをすることができます。

もちろん自分の好きな色を使うのも良いですが、派手になりすぎず、上品なメイクをしたい場合はパーソナルカラーを使うのが無難です。

優しい雰囲気の春タイプの人はパステル系 涼しげで透明感のある夏タイプの人はスモーキー系 愛らしさと落ち着きのある秋タイプはアース系 華やかではっきりとした顔立ちの冬タイプはビビット系 というように、自分に合った色を見つけることが大切です。

ブラウン系のシャドウは無難だけど、付け過ぎに注意

ブラウン系のシャドウは誰の肌にもなじみやすい無難な色です。

しかしながら、使いすぎると茶グマのようになり、くすんだ印象になりがちです。

明るい色と組み合わせながら、ブラウンを効果的に使うのが良いでしょう。

ピンクをベースにブラウンをラインにしたりして、ブラウンをぼかしすぎないのもポイントです。

お肌の曲がり角の時期だからこそ、ブラウンを上手に使うことが大切です。

一重の人はピンク系のアイカラーは避ける

ピンクのアイシャドウは優しく女性的な雰囲気にしてくれます。

しかしながらまぶたに腫れぼったい印象も与えてしまいます。

一重の人は、ピンクのシャドウをメインに使うのはあまりオススメできません。

ブルーやグリーンなどの涼しげな色を、アイライン的に使うのが良いでしょう。

また一重の人は、どのカラーも塗りすぎ、広げすぎには気をつけましょう。

より一重が強調され、目が小さく見えてしまうからです。

アイラインはまぶたのきわを埋めるように塗る

アラサーになるとまぶたのハリが衰え始めてきます。

常にメイクをしていると余計に負担になり、まぶたが弱り安くなります。

それゆえに、アイラインが浮いてしまったり、ぼやけしまうことがあります。

ですから、ウォータープルーフのペンシルタイプものを使い、まつ毛の映え際、まぶたの際あたりに色を埋め込むように塗っていくと、アイラインが落ちにくく、目が大きく見えます。

特に一重のひとには有効的な方法です。

マスカラは付け過ぎず、ナチュラルなものを選ぶ

アラサーのメイクで気をつけたいことは、ケバくなりすぎないことです。

マスカラを塗り重ねすぎたり、つけまつげをするのは卒業しましょう。

まつげの一本一本に塗るように、マスカラは縦に使うと良いです。

そうすると、重ね塗りしなくてもキレイにまつ毛が映えます。

また、まつ毛そのものを育てることも大切です。

まつ毛用美容液を使ったり、メイクオフの時は優しく行ったりと、さまざまなケアをしましょう。

また、まつ毛エクステで、自然な雰囲気にまつ毛を増やすこともできるので、やってみる価値はアリです。

眉毛はナチュラルに作る

アラサーのアイメイクでは、眉毛にも気を払わなければなりません。

あまり剃りすぎて、いじりすぎたまつ毛は、ケバさや品のなさが出るので、最低限整える程度にした方が良いです。

髪色と同じ色の眉毛が良いといいますが、髪が黒い人も、ブラウン系のアイブロウを使った方が、自然な仕上がりになるのでオススメです。

ナチュラルで健康的な眉毛を作りましょう。

ハイライトを上手に使う

アラサーになると、目の周りのシミも気になってきます。

コンシーラーでシミを隠すのも良いですが、あまり塗りすぎると、かえってなじみが悪くなり、浮きやすくなるで気をつけましょう。

そして、ホワイトやシルバーのハイライトを上手く使うことも大切です。

ポイントに使うことで明るい印象になりますが、これも使いすぎるとケバくなりやすいです。

シミを目立たなくさせつつ、品のあるアイメイクをしましょう。

メイクオフは優しく行う

アラサーのアイメイクにおいて一番大切なのが、メイクオフの仕方です。

ごしごしやると、メイクが色素として沈着し、茶グマやシミの原因になります。

まぶたそのものも弱り、アイラインやアイシャドウが浮きやすくなるでしょう。

ですから、優しく丁寧にそして素早く行うことが大切です。

長々とクレンジング剤を肌に塗っておくのも、負担になるので、メイクが十分に浮いてきたら、素早く洗い残しのないように落とすことが大切です。

ダブル洗顔もゴシゴシと行わず、きめ細かい泡で汚れを包み落とすように行いましょう。

そして最後は保湿を忘れずにすることが大切です。

アラサーのアイメイクに必要な要素は上品さです。

自分に合った色を使い、品のある美しいアイメイクをしましょう。

そして、メイクを落とす時のケアも大切なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-