【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517172236.html
アラサー女子にありがちな結婚の悩み8選

アラサー女子にありがちな結婚の悩み8選 | LADYCO

LADYCO
アラサー女子にありがちな結婚の悩み8選

アラサーまで独身でいた以上結婚にはこだわりたいと考えてしまいます。

でも考えれば考えるほど悩みも出てくるものです。

それではアラサー女子が結婚に対して悩んでいることを紹介していきます。

  • 相手の年収
  • 妊娠、出産
  • 相手の年齢、親のこと
  • 妥協したと周りに思われたくない
  • 持ち家にこだわりたい
  • 友達に自慢できるスペックかどうか
  • 仕事を辞めたくない
  • 出産後に社会復帰できるかどうか
  • まとめ

1. 相手の年収

相手の年収

アラサー女子が結婚のことを考えた時一番に思うことといったらやはり相手の経済力なのです。

愛があればお金はなくても何とかなるなんていうのは若いカップルだけに通用する言葉です。

アラサーともなれば現実的に考えて必要なのはお金だとよくわかっています。

老後のことまで考えたら経済力、安定した生活を送れるかどうかが重要なのです。

2. 妊娠、出産

妊娠、出産

仕事もそこそこ充実しているし、親からも特に何か言われるでもなく自由な生活を満喫しているアラサー女子、特に実家住まいですといつまでも娘気分のままでいられます。

とはいってもアラサー女子も結婚のことで悩まないわけではありません。

出産願望はあるのです。

それを考えるといつまでもこのままの生活ではという焦りもあります。

3. 相手の年齢、親のこと

相手の年齢、親のこと

アラサー女子が結婚のことで悩むのは自分のことでなく相手のことというのもあります。

年上の彼氏とお付き合いしていると、彼氏だけでなくその親も高齢です。

結婚はしたいけど、同居を迫られたり、介護を期待されるというプレッシャーもあります。

4. 妥協したと周りに思われたくない

妥協したと周りに思われたくない

彼氏もいないし、婚活を本格的に始めようかと思っているものの、どうも気が乗らないというアラサー女子もいます。

結婚に焦っていたんだと周りに思われるのも悔しいですし、いざ婚活が実って結婚となっても妥協してお見合いをしたなどと思われたくありません。

大恋愛したい、恋愛結婚にこだわりたいという乙女な部分もあるのです。

美人なアラサーほどそういったプライドにこだわるところがあります。

5. 持ち家にこだわりたい

持ち家にこだわりたい

若いうちに結婚すれば、小さなアパートでもいいかもしれない。

徐々に広い部屋、一戸建てとステップアップしていけばいいと考えます。

でもアラサーまで独身でいた以上はある程度はお金は持っていないと恥ずかしいという思いもあります。

また相手にも経済力を求めます。

持ち家にこだわりたいという思いが強くて特別にこだわりのない彼氏と結婚後の住居の話がまとまらないということがあります。

6. 友達に自慢できるスペックかどうか

友達に自慢できるスペックかどうか

アラサー女子は良くも悪くも理想が高いところがあります。

相手にこだわっているうちに婚期を逃すパターンが多いことからもわかります。

相手に対する条件が厳しいのは、自慢できるような人と結婚したいという思いが強いからでしょう。

友達に自慢できるようなハイスペックな男性と結婚したいと野望を持っているのです。

7. 仕事を辞めたくない

仕事を辞めたくない

結婚願望はあるけれど、仕事が好きで辞めたくない、ずっと続けたいというアラサー女子は彼氏をヤキモキさせてしまうことも多いでしょう。

結婚して仕事の両立が続けることができても、いずれ妊娠、出産となれば一旦は仕事から離れなくてはなりません。

それを思うともう少しキャリアを積みたいと考えてしまうのです。

8. 出産後に社会復帰できるかどうか

出産後に社会復帰できるかどうか

現在、30代前半のアラサー女子の場合、これから結婚して子供を出産してと計算していくと社会復帰できる頃はアラフォーぐらいになります。

そうなると仕事は見つかるのだろうか、また子供を育てるお金は大丈夫だろうかと不安もあります。

教育費にお金がかかるだけでなく自分の老後のお金も考えていかねばならない年代にさしかかるわけです。

また親の介護の問題などもあります。

20代の頃には全く考えもしなかったことがアラサーともなると視野に入れなければならなくなります。

まとめ

以上、アラサー女子にありがちな結婚の悩みを紹介しました。

若い時には何とかなるで乗り切れるのですが、アラサーともなると冷静に考えてしまいます。

悩んでばかりではいつまでもこのままですし、一つずつ判断して結婚に前向きになりたいですね。

心配や不安はどんな状況でも起こるものですし、愛する人と一緒にいたらきっと乗り越えることができるはずと信じていきましょう。

アラサーまで独身でいた以上結婚にはこだわりたいと考えてしまいます。

でも考えれば考えるほど悩みも出てくるものです。

それではアラサー女子が結婚に対して悩んでいることを紹介していきます。


相手の年収

アラサー女子が結婚のことを考えた時一番に思うことといったらやはり相手の経済力なのです。

愛があればお金はなくても何とかなるなんていうのは若いカップルだけに通用する言葉です。

アラサーともなれば現実的に考えて必要なのはお金だとよくわかっています。

老後のことまで考えたら経済力、安定した生活を送れるかどうかが重要なのです。

妊娠、出産

仕事もそこそこ充実しているし、親からも特に何か言われるでもなく自由な生活を満喫しているアラサー女子、特に実家住まいですといつまでも娘気分のままでいられます。

とはいってもアラサー女子も結婚のことで悩まないわけではありません。

出産願望はあるのです。

それを考えるといつまでもこのままの生活ではという焦りもあります。

相手の年齢、親のこと

アラサー女子が結婚のことで悩むのは自分のことでなく相手のことというのもあります。

年上の彼氏とお付き合いしていると、彼氏だけでなくその親も高齢です。

結婚はしたいけど、同居を迫られたり、介護を期待されるというプレッシャーもあります。

妥協したと周りに思われたくない

彼氏もいないし、婚活を本格的に始めようかと思っているものの、どうも気が乗らないというアラサー女子もいます。

結婚に焦っていたんだと周りに思われるのも悔しいですし、いざ婚活が実って結婚となっても妥協してお見合いをしたなどと思われたくありません。

大恋愛したい、恋愛結婚にこだわりたいという乙女な部分もあるのです。

美人なアラサーほどそういったプライドにこだわるところがあります。

持ち家にこだわりたい

若いうちに結婚すれば、小さなアパートでもいいかもしれない。

徐々に広い部屋、一戸建てとステップアップしていけばいいと考えます。

でもアラサーまで独身でいた以上はある程度はお金は持っていないと恥ずかしいという思いもあります。

また相手にも経済力を求めます。

持ち家にこだわりたいという思いが強くて特別にこだわりのない彼氏と結婚後の住居の話がまとまらないということがあります。

友達に自慢できるスペックかどうか

アラサー女子は良くも悪くも理想が高いところがあります。

相手にこだわっているうちに婚期を逃すパターンが多いことからもわかります。

相手に対する条件が厳しいのは、自慢できるような人と結婚したいという思いが強いからでしょう。

友達に自慢できるようなハイスペックな男性と結婚したいと野望を持っているのです。

仕事を辞めたくない

結婚願望はあるけれど、仕事が好きで辞めたくない、ずっと続けたいというアラサー女子は彼氏をヤキモキさせてしまうことも多いでしょう。

結婚して仕事の両立が続けることができても、いずれ妊娠、出産となれば一旦は仕事から離れなくてはなりません。

それを思うともう少しキャリアを積みたいと考えてしまうのです。

出産後に社会復帰できるかどうか

現在、30代前半のアラサー女子の場合、これから結婚して子供を出産してと計算していくと社会復帰できる頃はアラフォーぐらいになります。

そうなると仕事は見つかるのだろうか、また子供を育てるお金は大丈夫だろうかと不安もあります。

教育費にお金がかかるだけでなく自分の老後のお金も考えていかねばならない年代にさしかかるわけです。

また親の介護の問題などもあります。

20代の頃には全く考えもしなかったことがアラサーともなると視野に入れなければならなくなります。

以上、アラサー女子にありがちな結婚の悩みを紹介しました。

若い時には何とかなるで乗り切れるのですが、アラサーともなると冷静に考えてしまいます。

悩んでばかりではいつまでもこのままですし、一つずつ判断して結婚に前向きになりたいですね。

心配や不安はどんな状況でも起こるものですし、愛する人と一緒にいたらきっと乗り越えることができるはずと信じていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-