【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517164006.html
たられば女子の特徴

たられば女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
たられば女子の特徴

ドラマでも流行った「たられば女子」

「あの時○○していたら. . 」「自分が○○だったら. . 」そんなアラサー「たられば女子」の特徴についてまとめした。

  • 結婚について悩みがち
  • 出産&子育てについて悩みがち
  • 引きずるような恋の思い出がある
  • 仕事について悩みが多い
  • 学歴について悩みが多い
  • ダイエットがうまくいかない
  • 残念な妄想が多い
  • 女子会が好き

1. 結婚について悩みがち

結婚について悩みがち

「あの時、あの人と結婚していれば、幸せになっていたのに」 「あの時結婚せずに、仕事を続けていたらもっとお金があったのに」 女性の場合、結婚か仕事か、を選ばざるをえない局面にぶつかることはよくあります。

そして、どちらかを選んで、後悔したり、違った人生に思いを馳せる「たられば女子」は多いのです。

若いうちに結婚してしまって、自由に遊べなかったり、恋愛ができなくて窮屈に感じている人もいるでしょう。

逆に、婚期を逃してしまったと落ち込んでいる人もいるのです。

2. 出産&子育てについて悩みがち

出産&子育てについて悩みがち

アラサーの「たられば女子」は出産や子育てについても悩みます。

「今結婚して子供生まなかったら、もうチャンスは来ないかもしれない」 「あの時妊娠していなければ、仕事も順調に進んでいて昇進もできたはず」 など、年齢の壁や、仕事の昇進において、女性は妊娠や出産、子育てについて悩むことは多いのです。

現代においても、結婚と妊娠したらそのまま退社、育児休暇は認めないといった、 ブラックな会社や対応の悪い会社もあります。

また社会全体が子育てをサポートする空気にはまだまだ成りえていないのです。

そして、仕事やめたからといって、夫の稼ぎだけで食べていけるかというと、かなり厳しいのが実情です。

そうした問題に挟まれて「たられば女子」が増えているのかもしれません。

3. 引きずるような恋の思い出がある

引きずるような恋の思い出がある

「たられば女子」は恋愛を引きずる傾向にあります。

「あの時告白していれば、彼と付き合えたのに」 「逆プロポーズでもいいから、プロポーズしていたら、彼と結婚できたのに」 「あんな男と付き合わなければ、もっと楽しい青春ができたのに」

など、よくも悪くも、恋の思い出に浸り安く、古い恋に縛られやすい傾向にあります。

そのせいで新しい恋に踏み切れなかったり、恋に対して臆病になっている人も多いのです。

4. 仕事について悩みが多い

仕事について悩みが多い

「あの時、あの会社に就職していれば、もっと給料が上がったのに」 「さっさとあんな会社止めていれば、ストレスで体を壊すこともなかったのに」 など、「たられば女子」は、仕事に対しての後悔や悩みも多くあります。

どちらかというと上昇思考で負けず嫌いですが、繊細な面もあります。

それゆえ、ああすればよかった、こうすればならなかったという反省の気持ちが強くなってしまいます。

どこかで見切りをつけたり、諦めたりすることも大切ですし、自分を素直に褒めてあげることで、満足感も得られるのです。

5. 学歴について悩みが多い

学歴について悩みが多い

「たられば女子」は学歴についても悩みや後悔が多いです。

「あの時、あの高校に受かっていたら、もっとやりたいことができ、人生を楽しめたのに」 「大学院まで学んでいたら、今とはもっと違う、自分の好きなことで活躍できたのに」 など、学歴と人生を絡めて、悩んでしまうことも多いです。

しかしながら、目標の学校に入学したから、好きなことを学べたから、といって、自分の夢が直接的に叶うことはなかなかありません。

学校で学んだこととは、全く関係のない職場に就き、働くことの方が多いのです。

もちろん素直に学びたいという気持ちで、勉学に励むのは良いことです。

しかし、夢を叶えるためには、学ぶほかにも、もっと多くの苦労を重ねなければならないのです。

6. ダイエットがうまくいかない

ダイエットがうまくいかない

「その気になったら、痩せられる」 「痩せたら、絶対美人になるし、モテる」 といった浅はかな願望や、妄想を抱いてしまう「たられば女子」も多いです。

しかしながら、結局、妄想を抱いているだけで、痩せるアクションができないことが多いです。

明日から始めよう、今はまだヤセ期じゃないから後にしよう、などと、後回しにしてしまい、ダイエットを始める以前に失敗してしまうのです。

明確な目標や、手法を取り入れナkれば、痩せられないということを学びましょう。

7. 残念な妄想が多い

残念な妄想が多い

「~~していたら」「○○すれば」という「たられば」が、つい妄想にまで発展してしまうことも多いです。

アラサー特有の、郷愁的で過去を懐かしむような、悲しい妄想にも走ってしまいがちなので、気をつけましょう。

日本人は、特にノスタルジーに浸りやすい性格なので、男性でも「たられば」に陥ってしまうことはよくあるのです。

今を生きることを、大切にしましょう。

8. 女子会が好き

アラサー「たられば女子」は、女子会を開き、みんなで飲むことを楽しみにしている人が多いです。

特に働く女性で、結婚する気が無い、婚期を逃した女性同士集まることも多いでしょう。

なんだかんだと悩みはありますが、飲んで語らい合うことで、ストレスを解消し、明日の糧にするのです。

アラサー「たられば女子」は、多くの悩みを抱えています。

しかしながら「たられば」の妄想で、悲しみに浸るだけではなく、もっと頑張ろう、今の生き方に向き合おうとする気持ちも強いのです。

「たられば女子」は、繊細でネガティブでありながらも、上昇思考のある女性なのです。

ドラマでも流行った「たられば女子」

「あの時○○していたら. . 」「自分が○○だったら. . 」そんなアラサー「たられば女子」の特徴についてまとめした。


結婚について悩みがち

「あの時、あの人と結婚していれば、幸せになっていたのに」 「あの時結婚せずに、仕事を続けていたらもっとお金があったのに」 女性の場合、結婚か仕事か、を選ばざるをえない局面にぶつかることはよくあります。

そして、どちらかを選んで、後悔したり、違った人生に思いを馳せる「たられば女子」は多いのです。

若いうちに結婚してしまって、自由に遊べなかったり、恋愛ができなくて窮屈に感じている人もいるでしょう。

逆に、婚期を逃してしまったと落ち込んでいる人もいるのです。

出産&子育てについて悩みがち

アラサーの「たられば女子」は出産や子育てについても悩みます。

「今結婚して子供生まなかったら、もうチャンスは来ないかもしれない」 「あの時妊娠していなければ、仕事も順調に進んでいて昇進もできたはず」 など、年齢の壁や、仕事の昇進において、女性は妊娠や出産、子育てについて悩むことは多いのです。

現代においても、結婚と妊娠したらそのまま退社、育児休暇は認めないといった、 ブラックな会社や対応の悪い会社もあります。

また社会全体が子育てをサポートする空気にはまだまだ成りえていないのです。

そして、仕事やめたからといって、夫の稼ぎだけで食べていけるかというと、かなり厳しいのが実情です。

そうした問題に挟まれて「たられば女子」が増えているのかもしれません。

引きずるような恋の思い出がある

「たられば女子」は恋愛を引きずる傾向にあります。

「あの時告白していれば、彼と付き合えたのに」 「逆プロポーズでもいいから、プロポーズしていたら、彼と結婚できたのに」 「あんな男と付き合わなければ、もっと楽しい青春ができたのに」

など、よくも悪くも、恋の思い出に浸り安く、古い恋に縛られやすい傾向にあります。

そのせいで新しい恋に踏み切れなかったり、恋に対して臆病になっている人も多いのです。

仕事について悩みが多い

「あの時、あの会社に就職していれば、もっと給料が上がったのに」 「さっさとあんな会社止めていれば、ストレスで体を壊すこともなかったのに」 など、「たられば女子」は、仕事に対しての後悔や悩みも多くあります。

どちらかというと上昇思考で負けず嫌いですが、繊細な面もあります。

それゆえ、ああすればよかった、こうすればならなかったという反省の気持ちが強くなってしまいます。

どこかで見切りをつけたり、諦めたりすることも大切ですし、自分を素直に褒めてあげることで、満足感も得られるのです。

学歴について悩みが多い

「たられば女子」は学歴についても悩みや後悔が多いです。

「あの時、あの高校に受かっていたら、もっとやりたいことができ、人生を楽しめたのに」 「大学院まで学んでいたら、今とはもっと違う、自分の好きなことで活躍できたのに」 など、学歴と人生を絡めて、悩んでしまうことも多いです。

しかしながら、目標の学校に入学したから、好きなことを学べたから、といって、自分の夢が直接的に叶うことはなかなかありません。

学校で学んだこととは、全く関係のない職場に就き、働くことの方が多いのです。

もちろん素直に学びたいという気持ちで、勉学に励むのは良いことです。

しかし、夢を叶えるためには、学ぶほかにも、もっと多くの苦労を重ねなければならないのです。

ダイエットがうまくいかない

「その気になったら、痩せられる」 「痩せたら、絶対美人になるし、モテる」 といった浅はかな願望や、妄想を抱いてしまう「たられば女子」も多いです。

しかしながら、結局、妄想を抱いているだけで、痩せるアクションができないことが多いです。

明日から始めよう、今はまだヤセ期じゃないから後にしよう、などと、後回しにしてしまい、ダイエットを始める以前に失敗してしまうのです。

明確な目標や、手法を取り入れナkれば、痩せられないということを学びましょう。

残念な妄想が多い

「~~していたら」「○○すれば」という「たられば」が、つい妄想にまで発展してしまうことも多いです。

アラサー特有の、郷愁的で過去を懐かしむような、悲しい妄想にも走ってしまいがちなので、気をつけましょう。

日本人は、特にノスタルジーに浸りやすい性格なので、男性でも「たられば」に陥ってしまうことはよくあるのです。

今を生きることを、大切にしましょう。

アラサー「たられば女子」は、女子会を開き、みんなで飲むことを楽しみにしている人が多いです。

特に働く女性で、結婚する気が無い、婚期を逃した女性同士集まることも多いでしょう。

なんだかんだと悩みはありますが、飲んで語らい合うことで、ストレスを解消し、明日の糧にするのです。

アラサー「たられば女子」は、多くの悩みを抱えています。

しかしながら「たられば」の妄想で、悲しみに浸るだけではなく、もっと頑張ろう、今の生き方に向き合おうとする気持ちも強いのです。

「たられば女子」は、繊細でネガティブでありながらも、上昇思考のある女性なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-