【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517163950.html
高望みするアラサー女子の厳しい現実8選

高望みするアラサー女子の厳しい現実8選 | LADYCO

LADYCO
高望みするアラサー女子の厳しい現実8選

仕事に恋に思い通りに上から目線ができるのは若さと勢いのある20代半ばぐらいまでです。

アラサーといわれる年代になりますとそれまでと同じようにはいきません。

高望みばかりでは厳しい現実を紹介していきましょう。

  • アラサー女子は恋愛対象ではない男性もいる
  • 実力がないと転職は厳しくなってくる
  • 経済力のある男性は若い女性を選ぶ傾向
  • 目が肥えるだけに理想が高くなり結婚に踏み切れない
  • 何か問題があると思われがち
  • 妥協できないので婚期を逃してしまう
  • 結婚した友達から疎遠にされる
  • 婚活しても年齢的なことで上手くいかない
  • まとめ

1. アラサー女子は恋愛対象ではない男性もいる

アラサー女子は恋愛対象ではない男性もいる

いい結婚をして幸せになりたいからこそ恋愛相手はこだわって選びたい、そういうアラサー女子に対して男性としてはアラサー女子自体が恋愛対象ではないということも増えてきます。

特に男性は若い女性の方が好きという方が多いですし、10才くらい年が下の女性と結婚するということも少なくありません。

逆に男性が10才下というカップルはいることはいますが、どちらかといえば少数派ではないでしょうか。

つまりは高望みをしているうちに自分は恋愛対象として見てもらえなくなるという厳しい現実があるのです。

2. 実力がないと転職は厳しくなってくる

実力がないと転職は厳しくなってくる

転職を考えれば、当然年が若い方が有利です。

どんな職種にしろ若さというのは最大の武器です。

経験がなくても若ければこれから覚えることができると未来に期待をかけてもらえます。

一方でアラサー女子ともなりますと転職事情はちょっと厳しいものがあります。

年齢的に若いとはいいましても「結婚してすぐ辞めるのではないか」と思われやすい年代ですし、また経験不足であれば、同じ経験不足なら若い人を雇った方がいいとなります。

20代前半の頃からスキルアップに励むことが必要なのです。

3. 経済力のある男性は若い女性を選ぶ傾向

経済力のある男性は若い女性を選ぶ傾向

高望みする女性にありがちなのが、経済力のある男性狙いです。

そして男性は女性に経済力を求めることは少ないですが、若さ、美しさを望むことが多いのです。

となれば、若く美しい20代前半の女性が一番有利であり、アラサー女子はいささか不利といえます。

4. 目が肥えるだけに理想が高くなり結婚に踏み切れない

目が肥えるだけに理想が高くなり結婚に踏み切れない

社会に出てそれなりに経験を積んだアラサー女子、さすがに目が肥えてきます。

男性のこともただ見た目がいいからということで選ぶことはなく将来性や人間性をしっかりチェックすることは常識です。

ところが自分が年々キャリア、年収とアップしていくことで男性に対してもそれ以上のものを求めるようになってしまいます。

理想が高くなり、結婚に踏み切れなくなってくるのです。

5. 何か問題があると思われがち

何か問題があると思われがち

アラサー女子の厳しい現実、それは結婚したくてもできない、何か問題があるのではという偏見の目にさらされることです。

常識のある人はそのような失礼な言動はもちろんとりませんが、何でもずけずけ言ってしまうような無神経なタイプの人に詮索されたり、説教されたりと不愉快なことも時にあります。

6. 妥協できないので婚期を逃してしまう

妥協できないので婚期を逃してしまう

高望みするアラサー女子、ここまで一人でやってきたからには理想的な相手と出会いたいとさらに理想を高くしてしまいます。

いい人だけど収入が少し低い、背がもう少し欲しいなどあれこれ思って却下しているうちに婚期を逃しているということもあります。

少しぐらいのことは目をつぶって妥協するということができなければ現実は厳しいのです。

7. 結婚した友達から疎遠にされる

結婚した友達から疎遠にされる

高望み癖があるアラサー女子、自覚は無くても言動は上から目線になってしまうことが多いです。

先に結婚した女友達と会っても内心、結婚してもそんな年収の旦那さんとじゃ苦労しそうなんて考えてしまいます。

そんなことを思っていたら女友達にそれとなく伝わってしまいます。

高望みをしすぎるとどこか現実離れしてしまいます。

結婚した友達と話が合わなくなったり、疎遠になっていくのです。

8. 婚活しても年齢的なことで上手くいかない

婚活しても年齢的なことで上手くいかない

本気で婚活を開始したとしても、高望みばかりしているとやはり上手くいくものもいかないのです。

男性の経済力や身長にこだわるのが悪いとは言いませんが、男性側からも年齢で自分がはじかれてしまいます。

また出産のことを考えて20代がいいと考える男性もいますので年々不利になる、厳しくなる現実があります。

まとめ

以上、高望みするアラサー女子の厳しい現実でした。

男性に高望みをすればするほど現実は厳しくなるものです。

妥協、歩み寄りの姿勢を持てばまた違ってくるものです。

長い人生アラサーなんてまだまだ若いといえますが、恋愛、婚活においては少々不利な年代にさしかかっているという自覚は必要でしょう。

高望みや上から目線はほどほどにしないといけませんね。

仕事に恋に思い通りに上から目線ができるのは若さと勢いのある20代半ばぐらいまでです。

アラサーといわれる年代になりますとそれまでと同じようにはいきません。

高望みばかりでは厳しい現実を紹介していきましょう。


アラサー女子は恋愛対象ではない男性もいる

いい結婚をして幸せになりたいからこそ恋愛相手はこだわって選びたい、そういうアラサー女子に対して男性としてはアラサー女子自体が恋愛対象ではないということも増えてきます。

特に男性は若い女性の方が好きという方が多いですし、10才くらい年が下の女性と結婚するということも少なくありません。

逆に男性が10才下というカップルはいることはいますが、どちらかといえば少数派ではないでしょうか。

つまりは高望みをしているうちに自分は恋愛対象として見てもらえなくなるという厳しい現実があるのです。

実力がないと転職は厳しくなってくる

転職を考えれば、当然年が若い方が有利です。

どんな職種にしろ若さというのは最大の武器です。

経験がなくても若ければこれから覚えることができると未来に期待をかけてもらえます。

一方でアラサー女子ともなりますと転職事情はちょっと厳しいものがあります。

年齢的に若いとはいいましても「結婚してすぐ辞めるのではないか」と思われやすい年代ですし、また経験不足であれば、同じ経験不足なら若い人を雇った方がいいとなります。

20代前半の頃からスキルアップに励むことが必要なのです。

経済力のある男性は若い女性を選ぶ傾向

高望みする女性にありがちなのが、経済力のある男性狙いです。

そして男性は女性に経済力を求めることは少ないですが、若さ、美しさを望むことが多いのです。

となれば、若く美しい20代前半の女性が一番有利であり、アラサー女子はいささか不利といえます。

目が肥えるだけに理想が高くなり結婚に踏み切れない

社会に出てそれなりに経験を積んだアラサー女子、さすがに目が肥えてきます。

男性のこともただ見た目がいいからということで選ぶことはなく将来性や人間性をしっかりチェックすることは常識です。

ところが自分が年々キャリア、年収とアップしていくことで男性に対してもそれ以上のものを求めるようになってしまいます。

理想が高くなり、結婚に踏み切れなくなってくるのです。

何か問題があると思われがち

アラサー女子の厳しい現実、それは結婚したくてもできない、何か問題があるのではという偏見の目にさらされることです。

常識のある人はそのような失礼な言動はもちろんとりませんが、何でもずけずけ言ってしまうような無神経なタイプの人に詮索されたり、説教されたりと不愉快なことも時にあります。

妥協できないので婚期を逃してしまう

高望みするアラサー女子、ここまで一人でやってきたからには理想的な相手と出会いたいとさらに理想を高くしてしまいます。

いい人だけど収入が少し低い、背がもう少し欲しいなどあれこれ思って却下しているうちに婚期を逃しているということもあります。

少しぐらいのことは目をつぶって妥協するということができなければ現実は厳しいのです。

結婚した友達から疎遠にされる

高望み癖があるアラサー女子、自覚は無くても言動は上から目線になってしまうことが多いです。

先に結婚した女友達と会っても内心、結婚してもそんな年収の旦那さんとじゃ苦労しそうなんて考えてしまいます。

そんなことを思っていたら女友達にそれとなく伝わってしまいます。

高望みをしすぎるとどこか現実離れしてしまいます。

結婚した友達と話が合わなくなったり、疎遠になっていくのです。

婚活しても年齢的なことで上手くいかない

本気で婚活を開始したとしても、高望みばかりしているとやはり上手くいくものもいかないのです。

男性の経済力や身長にこだわるのが悪いとは言いませんが、男性側からも年齢で自分がはじかれてしまいます。

また出産のことを考えて20代がいいと考える男性もいますので年々不利になる、厳しくなる現実があります。

以上、高望みするアラサー女子の厳しい現実でした。

男性に高望みをすればするほど現実は厳しくなるものです。

妥協、歩み寄りの姿勢を持てばまた違ってくるものです。

長い人生アラサーなんてまだまだ若いといえますが、恋愛、婚活においては少々不利な年代にさしかかっているという自覚は必要でしょう。

高望みや上から目線はほどほどにしないといけませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-