【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114322.html
事務職に向いている人の特徴

事務職に向いている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
事務職に向いている人の特徴

事務職に向いている人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 細かい作業を根気よくできる
  • 人を陰から支えることができる人
  • 広く浅く知識を持っている
  • 周りを巻き込む力
  • 何をすれば良いか察知して行動できる人
  • 会社のことをよく知っている
  • 何でも屋
  • 人のサポート役になることが好きな人
  • 集中力がある
  • 丁寧で人柄がよい

1. 細かい作業を根気よくできる

細かい作業を根気よくできる

事務の仕事というのは、細かいことが多く、一つ一つをきちんと処理をしないといけませんから、細かい作業を根気よくできる人が向いているといえます。

また、計算をすることが多いため、継続的に細かし作業ができ、こつこつと続けることができる人、与えられた仕事をこなし、小さなところにも気がつく人が向いているといえます。

事務職は、どんどん次の仕事を与えられますから、どんな仕事でも地道にこつこつと頑張れる人が向いています。

そのため、大きな仕事を自分一人でやってみたい人などは、事務職には向いていないといえます。

2. 人を陰から支えることができる人

人を陰から支えることができる人

事務職は、営業などをサポートする縁の下の力持ちという陰で支える面が大きく、コミュニケーションが好きな人が向いているといえます。

こういった人へのサポートを惜しまずに行え、他者と円滑に意思疎通が行える人が、事務職に向いているといえます。

3. 広く浅く知識を持っている

広く浅く知識を持っている

事務職は、責任はにその都度確認をとり、交渉をして波風をたてないようにうまく仕事を進めていく技術が必要となります。

そのため、一つだけ得意分野があるというよりも、広く浅く知識を持っているという人の方が、事務職に向いているといえます。

4. 周りを巻き込む力

周りを巻き込む力

広報などを担当している事務職の場合、新たなものを受け入れて、自ら行動することができることが必要となります。

受け身の場合、自社のピーアールだけではなく、ブランドの価値を上げていくというチェレンジなども難しいため、周囲を巻き込みながら、企画を実現に向けて動かしていくことができる力画筆用となります。

5. 何をすれば良いか察知して行動できる人

何をすれば良いか察知して行動できる人

事務職は、まじめにこつこつと仕事を進めることができるのがもっとも重要ですが、どんな業務でもすぐに柔軟に対応できる能力が必要です。

特に、女性は、周囲をよく見ることができますから、自分が何をすればいいのかを察知して、行動に移すことができる人が事務職に向いているといえます。

また、事務職というのは、個人というよりもチームプレーですから、周囲のメンバーとの業務の連携や共有を滞りなく行うことができる人が事務職にむいています。

6. 会社のことをよく知っている

会社のことをよく知っている

事務職で働く上で、その会社のことをよく知っている必要があります。

会社のことを知らないと、臨機応変に対応することができませんし、対応が難しくなってしまいます。

事務職というのは、その会社で働く人をサポートする立場ですから、会社の内情を熟知して、必要以上に口出しはせず、適切に対応することができる人が事務職に向いているといえます。

7. 何でも屋

何でも屋

中小企業の事務職というのは、何でも屋といってもよいくらい、書類の整理や勤怠管理資料の作成、電話応対、お茶出し、清掃、レンタル機器の対応など、あらゆることを担当している場合があります。

そのため、社内外の人間関係に興味があり、コミュニケーションをとれる人が事務職に向いているといえます。

逆に、人間関係に興味がなく、コミュニケーションをとらずに仕事に没頭したいという人は、事務職には向いていません。

事務職は、事前に根回しをしたり、確認したりすることで、コミュニケーションをとることができるといえます。

8. 人のサポート役になることが好きな人

人のサポート役になることが好きな人

事務職は、どのような組織でも自分自身が表舞台にたって、目立つことはなく、裏方としてほかのスタッフをサポートする役回りに徹しています。

そのため、見えないところでも人を支えることに喜びを感じ、普段からあの人はどうすれば喜んでくれるのかなどを考え、行動できる人が、事務職に向いている人といえます。

9. 集中力がある

集中力がある

事務職は、人と話す機会が多い職場である一方、デスクワーク中心でこなすことを求められる職場もあります。

どういった場合でも、与えられた仕事をしっかりとこつこつとこなし、しっかりと遂行していくことが必要となります。

特に、事務職が取り扱う書類やデータというものは、どれも会社にとっては重要なものですから、責任をもって仕事に向きある人である必要があります。

また、同じような作業でも、繰り返し行う必要があり、集中力をしっかりと保って、こつこつと進めていける人が、事務職に向いているといえます。

そのため、飽きっぽい人や、同じことを繰り返すことが苦手という人は、事務職には向いていないといえます。

10. 丁寧で人柄がよい

事務職は、日頃から社内のスタッフとうまく連携しながら、仕事を進めていく必要があります。

また、来客の対応や電話対応など、外部の人とも接する機会が多く、会社の窓口として、きちんと手以内に対応ができるという人が、必要となります。

事務職というと、一人で黙々と仕事をしていると思っている人も多いかもしれませんが、他人とのコミュニケーションをとる機会も多く、社内外を問わず、どのような人ともうまくやっていける人が、事務職にむいているといえます。

事務職に向いている人に共通する10の特徴をまとめました。


細かい作業を根気よくできる

事務の仕事というのは、細かいことが多く、一つ一つをきちんと処理をしないといけませんから、細かい作業を根気よくできる人が向いているといえます。

また、計算をすることが多いため、継続的に細かし作業ができ、こつこつと続けることができる人、与えられた仕事をこなし、小さなところにも気がつく人が向いているといえます。

事務職は、どんどん次の仕事を与えられますから、どんな仕事でも地道にこつこつと頑張れる人が向いています。

そのため、大きな仕事を自分一人でやってみたい人などは、事務職には向いていないといえます。

人を陰から支えることができる人

事務職は、営業などをサポートする縁の下の力持ちという陰で支える面が大きく、コミュニケーションが好きな人が向いているといえます。

こういった人へのサポートを惜しまずに行え、他者と円滑に意思疎通が行える人が、事務職に向いているといえます。

広く浅く知識を持っている

事務職は、責任はにその都度確認をとり、交渉をして波風をたてないようにうまく仕事を進めていく技術が必要となります。

そのため、一つだけ得意分野があるというよりも、広く浅く知識を持っているという人の方が、事務職に向いているといえます。

周りを巻き込む力

広報などを担当している事務職の場合、新たなものを受け入れて、自ら行動することができることが必要となります。

受け身の場合、自社のピーアールだけではなく、ブランドの価値を上げていくというチェレンジなども難しいため、周囲を巻き込みながら、企画を実現に向けて動かしていくことができる力画筆用となります。

何をすれば良いか察知して行動できる人

事務職は、まじめにこつこつと仕事を進めることができるのがもっとも重要ですが、どんな業務でもすぐに柔軟に対応できる能力が必要です。

特に、女性は、周囲をよく見ることができますから、自分が何をすればいいのかを察知して、行動に移すことができる人が事務職に向いているといえます。

また、事務職というのは、個人というよりもチームプレーですから、周囲のメンバーとの業務の連携や共有を滞りなく行うことができる人が事務職にむいています。

会社のことをよく知っている

事務職で働く上で、その会社のことをよく知っている必要があります。

会社のことを知らないと、臨機応変に対応することができませんし、対応が難しくなってしまいます。

事務職というのは、その会社で働く人をサポートする立場ですから、会社の内情を熟知して、必要以上に口出しはせず、適切に対応することができる人が事務職に向いているといえます。

何でも屋

中小企業の事務職というのは、何でも屋といってもよいくらい、書類の整理や勤怠管理資料の作成、電話応対、お茶出し、清掃、レンタル機器の対応など、あらゆることを担当している場合があります。

そのため、社内外の人間関係に興味があり、コミュニケーションをとれる人が事務職に向いているといえます。

逆に、人間関係に興味がなく、コミュニケーションをとらずに仕事に没頭したいという人は、事務職には向いていません。

事務職は、事前に根回しをしたり、確認したりすることで、コミュニケーションをとることができるといえます。

人のサポート役になることが好きな人

事務職は、どのような組織でも自分自身が表舞台にたって、目立つことはなく、裏方としてほかのスタッフをサポートする役回りに徹しています。

そのため、見えないところでも人を支えることに喜びを感じ、普段からあの人はどうすれば喜んでくれるのかなどを考え、行動できる人が、事務職に向いている人といえます。

集中力がある

事務職は、人と話す機会が多い職場である一方、デスクワーク中心でこなすことを求められる職場もあります。

どういった場合でも、与えられた仕事をしっかりとこつこつとこなし、しっかりと遂行していくことが必要となります。

特に、事務職が取り扱う書類やデータというものは、どれも会社にとっては重要なものですから、責任をもって仕事に向きある人である必要があります。

また、同じような作業でも、繰り返し行う必要があり、集中力をしっかりと保って、こつこつと進めていける人が、事務職に向いているといえます。

そのため、飽きっぽい人や、同じことを繰り返すことが苦手という人は、事務職には向いていないといえます。

事務職は、日頃から社内のスタッフとうまく連携しながら、仕事を進めていく必要があります。

また、来客の対応や電話対応など、外部の人とも接する機会が多く、会社の窓口として、きちんと手以内に対応ができるという人が、必要となります。

事務職というと、一人で黙々と仕事をしていると思っている人も多いかもしれませんが、他人とのコミュニケーションをとる機会も多く、社内外を問わず、どのような人ともうまくやっていける人が、事務職にむいているといえます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-