【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105235.html
タクシーの運転者に向いている人の特徴

タクシーの運転者に向いている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
タクシーの運転者に向いている人の特徴

タクシーの運転者に向いている人に共通する10の特徴をまとめました。

  • ストレスに強い人
  • 気配りができる
  • 一人で過ごすことに苦を感じない
  • 冷静でおおらかな対応ができる
  • 注意力が長時間継続できる
  • 気持ちの良い会話ができる
  • お客とのトラブルが少ない
  • 社交的
  • 慎重な性格
  • 道をすぐに覚えられる

1. ストレスに強い人

ストレスに強い人

タクシー運転者の仕事というのは、1日の拘束時間が15時間程度と長く、運転中は安全運転のために、常に集中している必要があります。

また、中には暴言を吐くようなお客がいたり、酔っぱらいや理不尽な文句を言ってくる人など、さまざまなお客を乗せますから、いらいらするような場面も少なくありません。

それでも、途中で仕事を投げ出すわけにはいきませんから、我慢強くストレスに強い人が、タクシー運転者に向いているといえます。

2. 気配りができる

気配りができる

タクシー運転者というのは、運転が上手ければなれると思っている人も多いかもしれませんが、実際はサービス業ですから、快適にお客に過ごしてもらうため、気配りができる人が向いているといえます。

また、日々さまざまなお客と接しますから、コミュニケーション能力も必要となります。

そのため、人と話すのが苦手という人は、あまり向いているとはいえません。

タクシー運転者というのは、固定客を掴むことが大切で、どのくらい稼げるかは、自分の努力次第となります。

そのため、向上心をもって高いモチベーションを維持し続けることも大切です。

3. 一人で過ごすことに苦を感じない

一人で過ごすことに苦を感じない

タクシー運転者というのは、会社で大勢の仲間と協力して仕事に取り組むという仕事とは異なり、自分だけで過ごす時間が長い仕事です。

そのため、一人の時間が苦にならない人が、タクシー運転者に向いているといえます。

4. 冷静でおおらかな対応ができる

冷静でおおらかな対応ができる

タクシーを運転する以上、常に交通事故の危険性があります。

特に、大事なお客の命を預かることになりますから、安全運転が第一となります。

世の中には、交通マナーが良い人ばかりではありませんから、危ない場面に遭遇することもあります。

そういったときに、すぐにカットなってしまう人は、タクシー運転者には向いていません。

常に落ち着いて冷静に安全運転することができ、おおらかな性格な人が、タクシー運転者に向いているといえます。

5. 注意力が長時間継続できる

注意力が長時間継続できる

タクシー運転者は、お客を見つけたときにはすぐに停車をして乗せ、自分が初めて通る知らない道であっても、状況を判断しながら安全運転を続ける必要があります。

わき見運転が多い人や、アクセルとブレーキを不注意で踏み間違えてしまうというような人は、とっさの反応が悪く、大事故につながってしまいますから、タクシー運転者には向いていません。

一方、長時間の勤務でも長時間注意力を持続することができ、我慢強い性格の人は、タクシー運転者に向いているといえます。

6. 気持ちの良い会話ができる

気持ちの良い会話ができる

タクシー運転者というのは、運転だけに集中していれば良いというわけではなく、誰とでも世間話しを弾ませることができ、行き先を尋ねて希望する道順を確認し、スムーズに支払いについての説明ができるなど、サービス業として基本的な行動が不可欠となります。

そのため、運転がどんなに上手くても、愛想がなかったり、内向的な性格では、タクシー運転者には向いていないといえます。

7. お客とのトラブルが少ない

お客とのトラブルが少ない

お客に対して、横柄な態度をとったり、話の揚げ足をとったりするような人は、トラブルが多く、タクシー運転者には向いていません。

よく、自己弁護のために理屈っぽく語ってしまう人がいますが、こうした性格の人は、一人で行動するタクシー運転者には向いていません。

一方、お客だけではなく、ほかの運転手などと衝突せず、トラブルがなく運転することができる、まじめで気遣いできるタイプの人は、タクシー運転者に向いているといえます。

8. 社交的

社交的

タクシー運転者というのは、毎日さまざまな人と接する必要があります。

そのため、愛想がよく、社交的な人が向いているといえます。

接客が悪いと、リピーターはつきませんし、苦情を言われる場合もありますから、単なる運送業ではなく、サービス業ということを強く意識することが大切です。

9. 慎重な性格

慎重な性格

タクシーの運転者というのは、長時間運転をしますから、事故を起こさないように細心の注意を払う必要があります。

もちろん、最短のルートで短時間にお客を目的地まで運ぶことも大切ですが、何よりも安全性が第一です。

そのため、荒い運転は絶対にNGですし、事故が起こりやすい場所は避けるなど、常に慎重さをもっておくことが大事です。

10. 道をすぐに覚えられる

タクシー運転者は運転が好きということはもちろん、いろいろな道を覚えることができることも大事なスキルです。

最近ではカーナビが搭載されているタクシーも多く、初めていく道でもスムーズに運転することができますが、それでも方向音痴であったり、道を覚えることが苦手な人というのは、遠回りをしてしまい、お客に不満をもたれるケースも少なくありません。

交通事情をつかむのは簡単なことではありませんから、好奇心をもっていろいろと調べることができる人が、タクシー運転者に向いているといえます。

タクシーの運転者に向いている人に共通する10の特徴をまとめました。


ストレスに強い人

タクシー運転者の仕事というのは、1日の拘束時間が15時間程度と長く、運転中は安全運転のために、常に集中している必要があります。

また、中には暴言を吐くようなお客がいたり、酔っぱらいや理不尽な文句を言ってくる人など、さまざまなお客を乗せますから、いらいらするような場面も少なくありません。

それでも、途中で仕事を投げ出すわけにはいきませんから、我慢強くストレスに強い人が、タクシー運転者に向いているといえます。

気配りができる

タクシー運転者というのは、運転が上手ければなれると思っている人も多いかもしれませんが、実際はサービス業ですから、快適にお客に過ごしてもらうため、気配りができる人が向いているといえます。

また、日々さまざまなお客と接しますから、コミュニケーション能力も必要となります。

そのため、人と話すのが苦手という人は、あまり向いているとはいえません。

タクシー運転者というのは、固定客を掴むことが大切で、どのくらい稼げるかは、自分の努力次第となります。

そのため、向上心をもって高いモチベーションを維持し続けることも大切です。

一人で過ごすことに苦を感じない

タクシー運転者というのは、会社で大勢の仲間と協力して仕事に取り組むという仕事とは異なり、自分だけで過ごす時間が長い仕事です。

そのため、一人の時間が苦にならない人が、タクシー運転者に向いているといえます。

冷静でおおらかな対応ができる

タクシーを運転する以上、常に交通事故の危険性があります。

特に、大事なお客の命を預かることになりますから、安全運転が第一となります。

世の中には、交通マナーが良い人ばかりではありませんから、危ない場面に遭遇することもあります。

そういったときに、すぐにカットなってしまう人は、タクシー運転者には向いていません。

常に落ち着いて冷静に安全運転することができ、おおらかな性格な人が、タクシー運転者に向いているといえます。

注意力が長時間継続できる

タクシー運転者は、お客を見つけたときにはすぐに停車をして乗せ、自分が初めて通る知らない道であっても、状況を判断しながら安全運転を続ける必要があります。

わき見運転が多い人や、アクセルとブレーキを不注意で踏み間違えてしまうというような人は、とっさの反応が悪く、大事故につながってしまいますから、タクシー運転者には向いていません。

一方、長時間の勤務でも長時間注意力を持続することができ、我慢強い性格の人は、タクシー運転者に向いているといえます。

気持ちの良い会話ができる

タクシー運転者というのは、運転だけに集中していれば良いというわけではなく、誰とでも世間話しを弾ませることができ、行き先を尋ねて希望する道順を確認し、スムーズに支払いについての説明ができるなど、サービス業として基本的な行動が不可欠となります。

そのため、運転がどんなに上手くても、愛想がなかったり、内向的な性格では、タクシー運転者には向いていないといえます。

お客とのトラブルが少ない

お客に対して、横柄な態度をとったり、話の揚げ足をとったりするような人は、トラブルが多く、タクシー運転者には向いていません。

よく、自己弁護のために理屈っぽく語ってしまう人がいますが、こうした性格の人は、一人で行動するタクシー運転者には向いていません。

一方、お客だけではなく、ほかの運転手などと衝突せず、トラブルがなく運転することができる、まじめで気遣いできるタイプの人は、タクシー運転者に向いているといえます。

社交的

タクシー運転者というのは、毎日さまざまな人と接する必要があります。

そのため、愛想がよく、社交的な人が向いているといえます。

接客が悪いと、リピーターはつきませんし、苦情を言われる場合もありますから、単なる運送業ではなく、サービス業ということを強く意識することが大切です。

慎重な性格

タクシーの運転者というのは、長時間運転をしますから、事故を起こさないように細心の注意を払う必要があります。

もちろん、最短のルートで短時間にお客を目的地まで運ぶことも大切ですが、何よりも安全性が第一です。

そのため、荒い運転は絶対にNGですし、事故が起こりやすい場所は避けるなど、常に慎重さをもっておくことが大事です。

タクシー運転者は運転が好きということはもちろん、いろいろな道を覚えることができることも大事なスキルです。

最近ではカーナビが搭載されているタクシーも多く、初めていく道でもスムーズに運転することができますが、それでも方向音痴であったり、道を覚えることが苦手な人というのは、遠回りをしてしまい、お客に不満をもたれるケースも少なくありません。

交通事情をつかむのは簡単なことではありませんから、好奇心をもっていろいろと調べることができる人が、タクシー運転者に向いているといえます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-