【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173905.html
LINEでイラッとさせる女子の特徴

LINEでイラッとさせる女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
LINEでイラッとさせる女子の特徴

LINEでイラっとさせる女子の特徴を10選でまとめました。

心当たりがあることは止めるようにしてみませんか?

  • 既読スルーをしているのがバレバレ
  • 返事を急がせる
  • スタンプを連続で送ってくる
  • やけに長文で語る
  • イメージに合わない可愛いスタンプを使ってくる
  • 若者言葉でこなれ感を出してくる
  • 小さい「ぅ」や「ゎ」などを使ってくる
  • 小分けで送ってきて続きが気になってしまう
  • 周りからするとどうでもいいような内容のLINEだ
  • なかなか最後が決まらない

1. 既読スルーをしているのがバレバレ

既読スルーをしているのがバレバレ

相手の生活リズムがわかっていると今ならLINEを見れるかな?とある程度予想が出来ます。

しかし、明らかに家に着いてすぐだったり起きる頃に見計らっても既読がつかない時もあり、ポップアップ表示でこっそり見て既読スルーしているのでは?と思ってしまうことがあります。

特に返答に迷うような質問文の時や休みの日の誘いでこれをやられると相手が迷っているのがバレバレでイラっとします。

2. 返事を急がせる

返事を急がせる

自分が暇な時、早く返事をもらってLINEのやりとりを楽しみたいという女子も多いですね。

だからつい「おーい」「読んでる?」などと返事を急がせるlINEを送って相手をイラつかせてしまいます。

人によっては読んですぐではなくある程度まとまった時間ができてから落ち着いた状態で返そうと考えるはず。

それぞれのタイミングを理解しないとLINEのやりとりをしたくない相手にされてしまいます。

3. スタンプを連続で送ってくる

スタンプを連続で送ってくる

かわいいスタンプを入手するとつい誰かに見てもらいたくなって、スタンプを連続で送ってしまうこともあるのが女子の特徴です。

ウケると思っていても相手はそれをひとつずつ見なければいけないので手間がかかっています。

それを理解して控えるべきですね。

若い人は特にこの「スタ爆」をすることがありますが、よほど暇な時じゃないと余裕ある気持ちで見ることはできそうにありません。

ギャグがわかる相手を選んでやるようにしたいですね。

4. やけに長文で語る

やけに長文で語る

女子はメールや手紙が大好きなのでつい長文で語ってしまうこともありますが、手短な文に慣れている男性やせっかちな女友達からするとストレス極まりありあません。

どうしても長文になるなら分けたり改行して見やすくを心がけ、「長くなる」と最初に伝えましょう。

長い文面にはしっかり返す必要があるので相手にとってもプレッシャーとなります。

あくまでも自分は長文になったけれど返事は簡単でいいということも伝えましょうね。

5. イメージに合わない可愛いスタンプを使ってくる

イメージに合わない可愛いスタンプを使ってくる

相手のイメージに合わない可愛らしいスタンプが使われるとギャップでウケる時もありますが「気持ち悪い!」とイラつかれることも。

相手が好きそうなウケそうなスタンプの雰囲気も把握しておきたいですね。

キャラクターものや名前の入ったスタンプは自分本位に思われてしまう可能性もあります。

かといって万人ウケするスタンプもつまらないなどと思われることも。

趣味が合うようなスタンプをいくつか用意しておきましょう。

6. 若者言葉でこなれ感を出してくる

若者言葉でこなれ感を出してくる

LINEならではの若者が使う言い方があり、それを使って返すとこなれ感がうっとうしく感じさせることもあります。

省略した言葉は慣れない相手からすると「これわかるかな?」と試されているようでもいてストレスを与えてしまうことも。

ほどほどにしましょう。

7. 小さい「ぅ」や「ゎ」などを使ってくる

小さい「ぅ」や「ゎ」などを使ってくる

女子に多い「ちがうよぅ」とか「いいゎ」などといった小文字ひらがなは多くの場合でイラっとさせます。

これは使うもの同士でないと理解してもらえないスタイルかもしれません。

同じ女性でもけっこう苦手という人を耳にしますし、男性や年上の人ならなおさらです。

文面自体が読みにくくなりますし、特に深刻な内容の時に使うと深刻さが見えなくなってしまうので避けましょう。

8. 小分けで送ってきて続きが気になってしまう

小分けで送ってきて続きが気になってしまう

小分けで文章を送ってきて続きが気になる手法をとる女性も多いです。

例えば「(省略)そのとき…」という風にして…の先をまた次に出すからまだ終わっていないよと匂わせて次々に続いていくというやり方。

これは長文で送ると読みにくくて失礼かな?と考える女性も使う方法ですが、終わり時がわかりにくいのでどこで返事を出したらいいか迷ってしまいます。

また、終わったと感じて返事を出すとすぐまた続きが来て会話がめちゃめちゃになったりすることも。

この手法をとるなら「おわり」と最後に書くべきですね。

それと、長くなることを先に伝えて今読める余裕があるかを聞いてから始めるようにしたいものです。

9. 周りからするとどうでもいいような内容のLINEだ

周りからするとどうでもいいような内容のLINEだ

周りからするとどうでもいいような内容のLINEをさも楽しげに、または深刻そうに送ってくる女子はイラっとさせます。

みんな関心があるような返事を送りつつも所詮他人事なのでそれなりに話を合わせてくれているというのに、一度その気持ちよさが病みつきになるとかまってちゃんになりがち。

それが自慢メールとか、欝メールなどと捉えられることもあるのでLINEは極端に大げさな文面を避けるべきではないでしょうか。

10. なかなか最後が決まらない

「ばいばい」と送って締めようとしているのに「ばいばい」と返してくる女子。

これは圧倒的に男子より女子に多いのでは?そこでさらに「今度また食事に行こうね」などと来ると「ぜひ!」となり、「いつがいい?」と会話が復活してしまうことまであり、イラっとします。

LINEでイラっとさせる女子の特徴を10選でまとめました。

心当たりがあることは止めるようにしてみませんか?


既読スルーをしているのがバレバレ

相手の生活リズムがわかっていると今ならLINEを見れるかな?とある程度予想が出来ます。

しかし、明らかに家に着いてすぐだったり起きる頃に見計らっても既読がつかない時もあり、ポップアップ表示でこっそり見て既読スルーしているのでは?と思ってしまうことがあります。

特に返答に迷うような質問文の時や休みの日の誘いでこれをやられると相手が迷っているのがバレバレでイラっとします。

返事を急がせる

自分が暇な時、早く返事をもらってLINEのやりとりを楽しみたいという女子も多いですね。

だからつい「おーい」「読んでる?」などと返事を急がせるlINEを送って相手をイラつかせてしまいます。

人によっては読んですぐではなくある程度まとまった時間ができてから落ち着いた状態で返そうと考えるはず。

それぞれのタイミングを理解しないとLINEのやりとりをしたくない相手にされてしまいます。

スタンプを連続で送ってくる

かわいいスタンプを入手するとつい誰かに見てもらいたくなって、スタンプを連続で送ってしまうこともあるのが女子の特徴です。

ウケると思っていても相手はそれをひとつずつ見なければいけないので手間がかかっています。

それを理解して控えるべきですね。

若い人は特にこの「スタ爆」をすることがありますが、よほど暇な時じゃないと余裕ある気持ちで見ることはできそうにありません。

ギャグがわかる相手を選んでやるようにしたいですね。

やけに長文で語る

女子はメールや手紙が大好きなのでつい長文で語ってしまうこともありますが、手短な文に慣れている男性やせっかちな女友達からするとストレス極まりありあません。

どうしても長文になるなら分けたり改行して見やすくを心がけ、「長くなる」と最初に伝えましょう。

長い文面にはしっかり返す必要があるので相手にとってもプレッシャーとなります。

あくまでも自分は長文になったけれど返事は簡単でいいということも伝えましょうね。

イメージに合わない可愛いスタンプを使ってくる

相手のイメージに合わない可愛らしいスタンプが使われるとギャップでウケる時もありますが「気持ち悪い!」とイラつかれることも。

相手が好きそうなウケそうなスタンプの雰囲気も把握しておきたいですね。

キャラクターものや名前の入ったスタンプは自分本位に思われてしまう可能性もあります。

かといって万人ウケするスタンプもつまらないなどと思われることも。

趣味が合うようなスタンプをいくつか用意しておきましょう。

若者言葉でこなれ感を出してくる

LINEならではの若者が使う言い方があり、それを使って返すとこなれ感がうっとうしく感じさせることもあります。

省略した言葉は慣れない相手からすると「これわかるかな?」と試されているようでもいてストレスを与えてしまうことも。

ほどほどにしましょう。

小さい「ぅ」や「ゎ」などを使ってくる

女子に多い「ちがうよぅ」とか「いいゎ」などといった小文字ひらがなは多くの場合でイラっとさせます。

これは使うもの同士でないと理解してもらえないスタイルかもしれません。

同じ女性でもけっこう苦手という人を耳にしますし、男性や年上の人ならなおさらです。

文面自体が読みにくくなりますし、特に深刻な内容の時に使うと深刻さが見えなくなってしまうので避けましょう。

小分けで送ってきて続きが気になってしまう

小分けで文章を送ってきて続きが気になる手法をとる女性も多いです。

例えば「(省略)そのとき…」という風にして…の先をまた次に出すからまだ終わっていないよと匂わせて次々に続いていくというやり方。

これは長文で送ると読みにくくて失礼かな?と考える女性も使う方法ですが、終わり時がわかりにくいのでどこで返事を出したらいいか迷ってしまいます。

また、終わったと感じて返事を出すとすぐまた続きが来て会話がめちゃめちゃになったりすることも。

この手法をとるなら「おわり」と最後に書くべきですね。

それと、長くなることを先に伝えて今読める余裕があるかを聞いてから始めるようにしたいものです。

周りからするとどうでもいいような内容のLINEだ

周りからするとどうでもいいような内容のLINEをさも楽しげに、または深刻そうに送ってくる女子はイラっとさせます。

みんな関心があるような返事を送りつつも所詮他人事なのでそれなりに話を合わせてくれているというのに、一度その気持ちよさが病みつきになるとかまってちゃんになりがち。

それが自慢メールとか、欝メールなどと捉えられることもあるのでLINEは極端に大げさな文面を避けるべきではないでしょうか。

「ばいばい」と送って締めようとしているのに「ばいばい」と返してくる女子。

これは圧倒的に男子より女子に多いのでは?そこでさらに「今度また食事に行こうね」などと来ると「ぜひ!」となり、「いつがいい?」と会話が復活してしまうことまであり、イラっとします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-