【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514135124.html
別れたくない!ヨリを戻したい時の上手なラインの送り方10選

別れたくない!ヨリを戻したい時の上手なラインの送り方10選 | LADYCO

LADYCO
別れたくない!ヨリを戻したい時の上手なラインの送り方10選

別れたくない!ヨリを戻したい時、ラインでどのようにして再アプローチすれば良いのかまとめました。

  • 最低でも2週間〜1ヶ月の冷却期間をおく
  • 誕生日や記念にラインする
  • 5回送って既読にならなければストップする
  • 既読をつけずにメッセージを確認する
  • ライン友達に甘んじてはいけない
  • 早めに撤回して気持ちを伝える
  • 相手の都合に合わせて約束をとりつける
  • 1日1回はラインを送る
  • ライン通話を使う
  • 秘策!スタンププレゼント法

恋の終わりというものは、自然消滅でない限り、どちらか一方が「ふった」「ふられた」という立場に立たされます。

でも別れた後になって「やっぱりやり直したい」と復縁を考えることも少なくありません。

復縁を成功させるにはタイミングと心理テクニックが必要ですが、日常的に使うラインでアピールすると効果的です。

では、どのようにして再アプローチすれば良いのか、立場別に分けて考えてみましょう。

1. 最低でも2週間〜1ヶ月の冷却期間をおく

最低でも2週間〜1ヶ月の冷却期間をおく

ふられたけど諦められない人は、自分の想いだけを先行しがちです。

別れた事実を認められなくて、すぐにでもヨリを戻したい気持ちは分かります。

でも相手の立場に立ってみれば、ふった相手からラインが頻繁にきても困るだけなのです。

とりあえず冷却期間をおくことで、自分も相手も冷静になる時間ができます。

次にラインを送るタイミングは、最低でも2週間〜1ヶ月くらいの余裕をもちましょう。

2. 誕生日や記念にラインする

誕生日や記念にラインする

別れてから普段の生活に戻ると、ラインしたくても、きっかけを作るのが難しいですね。

それなら相手の誕生日や、付き合った記念日などに、さり気なくラインを送るという方法がベストです。

「今日は○○だね、元気かな?」というような、長すぎない一文をメッセージで送れば、不自然にならないアピールができます。

3. 5回送って既読にならなければストップする

5回送って既読にならなければストップする

別れた相手にラインを送っても、既読にならない場合もあると思います。

数時間ならともかく、1日以上経っても既読にならなければ、敢えて読まないスタンスをとっているのかもしれません。

約5回メッセージを送っても、何日経っても既読にならない場合は、ブロックされている可能性があるので、一旦ストップして作戦を考え直しましょう。

4. 既読をつけずにメッセージを確認する

既読をつけずにメッセージを確認する

別れた後にラインして怖いのは「しつこいよ!」などの批判的な返事です。

最近では便利なアプリが登場して、既読を付けずにメッセージの内容が確認できるものもあります。

ラインは既読と未読ではかなり印象が変わりますので、アプリを使って未読のまま、相手の気持ちに探りを入れるのも有効な方法です。

もしも批判的なメッセージが続くようであれば、再アプローチにはまだ早すぎるということです。

5. ライン友達に甘んじてはいけない

ライン友達に甘んじてはいけない

別れてからまったくラインの返事をしない人もいれば、可哀想だからという理由で返事を返す人もいます。

ふられた側なら脈アリだと考えてしまいがちですが、相手からすれば、ただのライン友達としか考えていないこともあります。

交際していた時とは扱いが違いますし、ライン友達の状態で甘んじてはいけないので気をつけましょう。

6. 早めに撤回して気持ちを伝える

早めに撤回して気持ちを伝える

そんなつもりはなかったのに、ケンカ別れ状態になった場合は、早めに別れ話を撤回してください。

時間が経つほど、ふられた側は冷静になり、別れを受け入れてしまうことも多いからです。

「さっきはごめんね、別れたくない」という風に、ストレートに気持ちを伝えれば、やり直せるチャンスは高いです。

7. 相手の都合に合わせて約束をとりつける

相手の都合に合わせて約束をとりつける

自分から別れ話をきりだしたのなら、傷つけた相手の気持ちに寄り添う思いやりが大事です。

「また会いたいけど、いつがいいかな?」など、やり直したい気持ちを伝えつつ、会う約束の日にちは相手に任せるというスタンスをとりましょう。

8. 1日1回はラインを送る

1日1回はラインを送る

別れた後は、初心にかえるのも大事な心がけです。

付き合う前には、毎日のようラインを送って、相手の様子を注意深く観察していたことでしょう。

ですから、一旦初心にかえり「おはよう」「おやすみ」などの挨拶だけでも良いので、毎日ラインを送ってアピールしてください。

9. ライン通話を使う

ライン通話を使う

ラインのやり取りがある程度続きそうなら、ライン通話で話をするチャンスを作ってください。

いきなり電話すると迷惑がられますから、メッセージが何度か続いて、すぐに既読になっている時がチャンスです。

それなら画面を開いている状態ですから、通話に出てくれる可能性もあり、文章よりも声で伝えたほうが気持ちが伝わりやすくなります。

10. 秘策!スタンププレゼント法

ラインならではの秘策ですが、相手が好きだったキャラクターなどのスタンプをプレゼントしましょう。

普通のメッセージやスタンプでは見慣れてしまいますが「プレゼントFor You」のメッセージなら反応が早くなります。

なんだろう?と思いながらも、どんなプレゼントなのか気になるので、メッセージのやり取りをする、新たなキッカケになります。

ラインというものは、交際中でも何かとトラブルを招きやすいツールです。

既読や未読に対して文句を言ったり、送るタイミングによって、相手の反応はガラリと変わるのです。

ましてや別れた後となると、さらにクリアするべき事がたくさんあります。

ヨリを戻すためには、これまでよりも慎重に丁寧なメッセージを送ることを心がけましょう。

紹介したポイントを参考に、ふった側とふられた側の心理をよく理解しておくことが大事です。

別れたくない!ヨリを戻したい時、ラインでどのようにして再アプローチすれば良いのかまとめました。


恋の終わりというものは、自然消滅でない限り、どちらか一方が「ふった」「ふられた」という立場に立たされます。

でも別れた後になって「やっぱりやり直したい」と復縁を考えることも少なくありません。

復縁を成功させるにはタイミングと心理テクニックが必要ですが、日常的に使うラインでアピールすると効果的です。

では、どのようにして再アプローチすれば良いのか、立場別に分けて考えてみましょう。

最低でも2週間〜1ヶ月の冷却期間をおく

ふられたけど諦められない人は、自分の想いだけを先行しがちです。

別れた事実を認められなくて、すぐにでもヨリを戻したい気持ちは分かります。

でも相手の立場に立ってみれば、ふった相手からラインが頻繁にきても困るだけなのです。

とりあえず冷却期間をおくことで、自分も相手も冷静になる時間ができます。

次にラインを送るタイミングは、最低でも2週間〜1ヶ月くらいの余裕をもちましょう。

誕生日や記念にラインする

別れてから普段の生活に戻ると、ラインしたくても、きっかけを作るのが難しいですね。

それなら相手の誕生日や、付き合った記念日などに、さり気なくラインを送るという方法がベストです。

「今日は○○だね、元気かな?」というような、長すぎない一文をメッセージで送れば、不自然にならないアピールができます。

5回送って既読にならなければストップする

別れた相手にラインを送っても、既読にならない場合もあると思います。

数時間ならともかく、1日以上経っても既読にならなければ、敢えて読まないスタンスをとっているのかもしれません。

約5回メッセージを送っても、何日経っても既読にならない場合は、ブロックされている可能性があるので、一旦ストップして作戦を考え直しましょう。

既読をつけずにメッセージを確認する

別れた後にラインして怖いのは「しつこいよ!」などの批判的な返事です。

最近では便利なアプリが登場して、既読を付けずにメッセージの内容が確認できるものもあります。

ラインは既読と未読ではかなり印象が変わりますので、アプリを使って未読のまま、相手の気持ちに探りを入れるのも有効な方法です。

もしも批判的なメッセージが続くようであれば、再アプローチにはまだ早すぎるということです。

ライン友達に甘んじてはいけない

別れてからまったくラインの返事をしない人もいれば、可哀想だからという理由で返事を返す人もいます。

ふられた側なら脈アリだと考えてしまいがちですが、相手からすれば、ただのライン友達としか考えていないこともあります。

交際していた時とは扱いが違いますし、ライン友達の状態で甘んじてはいけないので気をつけましょう。

早めに撤回して気持ちを伝える

そんなつもりはなかったのに、ケンカ別れ状態になった場合は、早めに別れ話を撤回してください。

時間が経つほど、ふられた側は冷静になり、別れを受け入れてしまうことも多いからです。

「さっきはごめんね、別れたくない」という風に、ストレートに気持ちを伝えれば、やり直せるチャンスは高いです。

相手の都合に合わせて約束をとりつける

自分から別れ話をきりだしたのなら、傷つけた相手の気持ちに寄り添う思いやりが大事です。

「また会いたいけど、いつがいいかな?」など、やり直したい気持ちを伝えつつ、会う約束の日にちは相手に任せるというスタンスをとりましょう。

1日1回はラインを送る

別れた後は、初心にかえるのも大事な心がけです。

付き合う前には、毎日のようラインを送って、相手の様子を注意深く観察していたことでしょう。

ですから、一旦初心にかえり「おはよう」「おやすみ」などの挨拶だけでも良いので、毎日ラインを送ってアピールしてください。

ライン通話を使う

ラインのやり取りがある程度続きそうなら、ライン通話で話をするチャンスを作ってください。

いきなり電話すると迷惑がられますから、メッセージが何度か続いて、すぐに既読になっている時がチャンスです。

それなら画面を開いている状態ですから、通話に出てくれる可能性もあり、文章よりも声で伝えたほうが気持ちが伝わりやすくなります。

ラインならではの秘策ですが、相手が好きだったキャラクターなどのスタンプをプレゼントしましょう。

普通のメッセージやスタンプでは見慣れてしまいますが「プレゼントFor You」のメッセージなら反応が早くなります。

なんだろう?と思いながらも、どんなプレゼントなのか気になるので、メッセージのやり取りをする、新たなキッカケになります。

ラインというものは、交際中でも何かとトラブルを招きやすいツールです。

既読や未読に対して文句を言ったり、送るタイミングによって、相手の反応はガラリと変わるのです。

ましてや別れた後となると、さらにクリアするべき事がたくさんあります。

ヨリを戻すためには、これまでよりも慎重に丁寧なメッセージを送ることを心がけましょう。

紹介したポイントを参考に、ふった側とふられた側の心理をよく理解しておくことが大事です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-