【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514163932.html
ぼっちの社会人でもできる休日の過ごし方15選

ぼっちの社会人でもできる休日の過ごし方15選 | LADYCO

LADYCO
ぼっちの社会人でもできる休日の過ごし方15選

ぼっちの社会人はそうでない人に比べ、休日に出来ることが限定されてしまいます。

そんなぼっちの人でも出来る休日の過ごし方を15個紹介させて頂きます。

  • 映画鑑賞
  • オンラインゲーム
  • 読書
  • 創作活動
  • オフラインのテレビゲーム
  • ネットサーフィン
  • 動画鑑賞
  • 一人旅
  • 何もせずゆっくり休む
  • 資格試験の勉強
  • 身近な観光スポットを制覇する
  • 博物館巡り
  • 体を鍛える
  • こまめに部屋を掃除する
  • 外食をする

1. 映画鑑賞

映画鑑賞

ひとりでも楽しめる趣味はたくさんありますが、その中でも代表と言えるものが映画鑑賞です。

映画館にいくと、ひとつの作品を見るのに千数百円かかってしまうので、あまりたくさんの作品を見ることができませんが、その辺の問題は、動画見放題サービスに入ったり、100円レンタルを使うことで解決できます。

これらのサービスを使えば、ほとんどコストをかけずに映画をたくさん見ることができるので、飽きるまで映画を見ることができます。

映画鑑賞をすることで、色々な知識や話題を増やすこともできますので、ぼっちならまずは映画鑑賞をしてみましょう。

2. オンラインゲーム

オンラインゲーム

オンラインゲームはとにかく時間を吸い取るゲームです。

MMOと呼ばれるRPG系のオンラインゲームは、はまれば何十時間でも楽しむことができますし、わりと短時間で出来るシューティングの系のオンラインゲームでも、ちょっと数試合ゲームをすれば、1時間なくなります。

このように、色々と時間がかかるのがオンラインゲームの欠点といえますが、コンピューターがキャラクターを動かす普通のゲームと違い、皆でキャラクターを動かして楽しむことが出来るオンラインゲームは非常に面白いです。

なので、家にこもるくらいしかやることがないなら、オンラインゲームをやってみるといいでしょう。

3. 読書

読書

暇をつぶしながら色々なことを学びたいなら、読書をするのが一番です。

ノンフィクションを読めば、社会の色々な矛盾や問題を知ることができますし、小説を読めば感受性が豊かになります。

本で得た知識が、仕事をする上で役に立つこともありますので、社会人なら、ぼっちであろうがそうでなかろうが、本を読むことをお勧めします。

4. 創作活動

創作活動

いつも一人でいる人間は、色々なことを考えることが他の人に比べて得意です。

なので、ぼっちならこの特技を活かして創作活動をするという手もあります。

昔と違い、今はパソコンとネット環境さえあれば、物語を作ることも、それを世界中の人に読んでもらうことも、どちらも簡単にできますので、創作活動に少しでも興味があるなら、試しに小説でも書いてみましょう。

運と実力があれば、その作品がプロの人の目にとまる可能性がありますし、そうなれば趣味の創作活動を仕事にすることも夢ではありません。

ですので、ぼっちで暇なら一度は創作活動をやってみるといいでしょう。

5. オフラインのテレビゲーム

オフラインのテレビゲーム

てっとり早く時間を潰したい、仕事でたまったストレスを解消したい、そういう時はテレビゲームで遊ぶのが一番です。

オンラインゲームと違い、オフラインのゲームはゲーム内の人間関係に悩まされることもありませんし、自分のペースでまったりとプレイすることができます。

RPG系とシューティング系にジャンルが偏ってることもないので、どんな人でも、何かしら向いているゲームを見つけられます。

相手のペースに合わせることなく、マイペースでプレイ出来ること、それがオフラインテレビゲームの魅力だと言えるでしょう。

6. ネットサーフィン

ネットサーフィン

知識の宝庫であるネットを使えば、いくらでも時間を潰すことができます。

例えば、イギリスと言う国に興味があるなら、ネット上でイギリスを検索することで、イギリスの歴史、政治、文化など、色々なことを知ることができます。

そこでイギリスの歴史が面白いと思ったら、そこからイギリスにはどんな歴史上の人物がいるのかとか、イギリスで起こった歴史的な発明は何かあるのか、とさらに詳しく調べることができるので、いくらでも時間を潰すことができます。

7. 動画鑑賞

動画鑑賞

ネット上では、アマチュアが作った色々な動画がアップロードされています。

その中には、プロの映像作家ですら目を見張るような出来の動画がありますし、そこまでいかなくても、暇つぶしにちょうどいい動画が数え切れないほどあります。

ですので、休日が暇でたまらないなら、動画サイトにアクセスして、かたっぱしから動画を見てみましょう。

8. 一人旅

一人旅

特に行き先を定めず、ぶらっと一人旅に出る、これこそぼっちに許された特権です。

常に一人でいるぼっちなら、一人でいることが苦になりませんので、一人旅を心行くまで楽しむことができます。

社会人は経済力があるので旅行に行きやすいということを考えると、ぼっちの社会人にとって、これ以上の休日の過ごし方はないかもしれません。

9. 何もせずゆっくり休む

何もせずゆっくり休む

休日とは、文字通り休みを取る日です。

そんな日に外へ出かけても、明日以降の仕事がきつくなるだけです。

なので、ぼっちの社会人なら何も考えずゆっくり休んでしまいましょう。

体中に疲れがたまっていても、24時間何もせずひたすら休んでいれば、けっこう疲れが取れるものです。

ただひたすら休む、これこそ社会人にとって正しい休日の過ごし方なのです。

10. 資格試験の勉強

資格試験の勉強

休日に時間があるなら、資格試験の勉強にいそしむのも一つの手です。

仕事上取っておいたほうがいい資格があるなら、それをとってしまえば、仕事がやりやすくなりますし、特に今の仕事で必要な資格でなくても、それを取れば将来転職する時、仕事を選びやすくなるかもしれません。

だから、暇を持て余しているならどんどん資格をとっていきましょう。

資格というものは、あって困るものではないのです。

11. 身近な観光スポットを制覇する

身近な観光スポットを制覇する

休日に観光旅行に出かける時、皆さんはどこに行かれるでしょうか。

ほとんどの人は、家から遠いところに観光に行きます。

だから、京都の人は金閣寺に行きませんし、東京の人は東京タワーに行きません。

ですが、これは考えると非常にもったいないことです。

地元に世界遺産や国宝があっても、それを見ずに日々を過ごしているのですから。

なので、ぼっちで暇なら、地元の有名な観光スポットを制覇して見聞を広めておきましょう。

そうすれば、その経験が仕事でも役に立つかもしれません。

12. 博物館巡り

博物館巡り

ぼっちの社会人なら、まずは地元の博物館に行くべきです。

博物館には大量の芸術作品が展示されているので、自分の観察眼や知識を高めることができますし、なによりも、博物館には1人で来る人が多いので、ぼっちでも余計なことを考えず、まったりと展示物を見ることができます。

ぼっちだから人の目が気になる、1人で行くと周囲から浮くからなるべく外に出たくない、 こういう考えを持っている人は、博物館にいくといいでしょう。

13. 体を鍛える

体を鍛える

人間、年をとればとるほど体にガタが来ます。

その時になってからあわてないように、若いうちから鍛えておくのが一番いいです。

といっても、若いうちは友人と遊んだり仕事をしたりと色々と忙しいので、その時間をとるのが難しいです。

その点、ぼっちの社会人はそうでない社会人より時間が余っていますので、時間や人間関係の制約を気にせず、存分に体を鍛えることができます。

14. こまめに部屋を掃除する

こまめに部屋を掃除する

休日に暇を持て余しているなら、こまめに部屋を掃除することをお勧めします。

部屋を掃除すると、乱雑で汚れた部屋から解放されるだけでなく、運気を上げることができますので、ぼっちなら休日を掃除の日にしてしまいましょう。

15. 外食をする

社会人のぼっちは、ぼっちでない人や学生のぼっちに比べて財力があります。

ならその財力を外食という形で使ってしまいましょう。

昔と違い、今はおひとり様を歓迎する飲食店がたくさんありますので、そのなかでも、評判のいい飲食店にかたっぱしから行ってみましょう。

その時、食レポのようなものを作ると、グルメ気分が味わえます。

なので、どうせ外食をするなら、ミシュランのように自分なりのランクを作ってみるといいでしょう。

ぼっちの社会人はそうでない人に比べ、休日に出来ることが限定されてしまいます。

そんなぼっちの人でも出来る休日の過ごし方を15個紹介させて頂きます。


映画鑑賞

ひとりでも楽しめる趣味はたくさんありますが、その中でも代表と言えるものが映画鑑賞です。

映画館にいくと、ひとつの作品を見るのに千数百円かかってしまうので、あまりたくさんの作品を見ることができませんが、その辺の問題は、動画見放題サービスに入ったり、100円レンタルを使うことで解決できます。

これらのサービスを使えば、ほとんどコストをかけずに映画をたくさん見ることができるので、飽きるまで映画を見ることができます。

映画鑑賞をすることで、色々な知識や話題を増やすこともできますので、ぼっちならまずは映画鑑賞をしてみましょう。

オンラインゲーム

オンラインゲームはとにかく時間を吸い取るゲームです。

MMOと呼ばれるRPG系のオンラインゲームは、はまれば何十時間でも楽しむことができますし、わりと短時間で出来るシューティングの系のオンラインゲームでも、ちょっと数試合ゲームをすれば、1時間なくなります。

このように、色々と時間がかかるのがオンラインゲームの欠点といえますが、コンピューターがキャラクターを動かす普通のゲームと違い、皆でキャラクターを動かして楽しむことが出来るオンラインゲームは非常に面白いです。

なので、家にこもるくらいしかやることがないなら、オンラインゲームをやってみるといいでしょう。

読書

暇をつぶしながら色々なことを学びたいなら、読書をするのが一番です。

ノンフィクションを読めば、社会の色々な矛盾や問題を知ることができますし、小説を読めば感受性が豊かになります。

本で得た知識が、仕事をする上で役に立つこともありますので、社会人なら、ぼっちであろうがそうでなかろうが、本を読むことをお勧めします。

創作活動

いつも一人でいる人間は、色々なことを考えることが他の人に比べて得意です。

なので、ぼっちならこの特技を活かして創作活動をするという手もあります。

昔と違い、今はパソコンとネット環境さえあれば、物語を作ることも、それを世界中の人に読んでもらうことも、どちらも簡単にできますので、創作活動に少しでも興味があるなら、試しに小説でも書いてみましょう。

運と実力があれば、その作品がプロの人の目にとまる可能性がありますし、そうなれば趣味の創作活動を仕事にすることも夢ではありません。

ですので、ぼっちで暇なら一度は創作活動をやってみるといいでしょう。

オフラインのテレビゲーム

てっとり早く時間を潰したい、仕事でたまったストレスを解消したい、そういう時はテレビゲームで遊ぶのが一番です。

オンラインゲームと違い、オフラインのゲームはゲーム内の人間関係に悩まされることもありませんし、自分のペースでまったりとプレイすることができます。

RPG系とシューティング系にジャンルが偏ってることもないので、どんな人でも、何かしら向いているゲームを見つけられます。

相手のペースに合わせることなく、マイペースでプレイ出来ること、それがオフラインテレビゲームの魅力だと言えるでしょう。

ネットサーフィン

知識の宝庫であるネットを使えば、いくらでも時間を潰すことができます。

例えば、イギリスと言う国に興味があるなら、ネット上でイギリスを検索することで、イギリスの歴史、政治、文化など、色々なことを知ることができます。

そこでイギリスの歴史が面白いと思ったら、そこからイギリスにはどんな歴史上の人物がいるのかとか、イギリスで起こった歴史的な発明は何かあるのか、とさらに詳しく調べることができるので、いくらでも時間を潰すことができます。

動画鑑賞

ネット上では、アマチュアが作った色々な動画がアップロードされています。

その中には、プロの映像作家ですら目を見張るような出来の動画がありますし、そこまでいかなくても、暇つぶしにちょうどいい動画が数え切れないほどあります。

ですので、休日が暇でたまらないなら、動画サイトにアクセスして、かたっぱしから動画を見てみましょう。

一人旅

特に行き先を定めず、ぶらっと一人旅に出る、これこそぼっちに許された特権です。

常に一人でいるぼっちなら、一人でいることが苦になりませんので、一人旅を心行くまで楽しむことができます。

社会人は経済力があるので旅行に行きやすいということを考えると、ぼっちの社会人にとって、これ以上の休日の過ごし方はないかもしれません。

何もせずゆっくり休む

休日とは、文字通り休みを取る日です。

そんな日に外へ出かけても、明日以降の仕事がきつくなるだけです。

なので、ぼっちの社会人なら何も考えずゆっくり休んでしまいましょう。

体中に疲れがたまっていても、24時間何もせずひたすら休んでいれば、けっこう疲れが取れるものです。

ただひたすら休む、これこそ社会人にとって正しい休日の過ごし方なのです。

資格試験の勉強

休日に時間があるなら、資格試験の勉強にいそしむのも一つの手です。

仕事上取っておいたほうがいい資格があるなら、それをとってしまえば、仕事がやりやすくなりますし、特に今の仕事で必要な資格でなくても、それを取れば将来転職する時、仕事を選びやすくなるかもしれません。

だから、暇を持て余しているならどんどん資格をとっていきましょう。

資格というものは、あって困るものではないのです。

身近な観光スポットを制覇する

休日に観光旅行に出かける時、皆さんはどこに行かれるでしょうか。

ほとんどの人は、家から遠いところに観光に行きます。

だから、京都の人は金閣寺に行きませんし、東京の人は東京タワーに行きません。

ですが、これは考えると非常にもったいないことです。

地元に世界遺産や国宝があっても、それを見ずに日々を過ごしているのですから。

なので、ぼっちで暇なら、地元の有名な観光スポットを制覇して見聞を広めておきましょう。

そうすれば、その経験が仕事でも役に立つかもしれません。

博物館巡り

ぼっちの社会人なら、まずは地元の博物館に行くべきです。

博物館には大量の芸術作品が展示されているので、自分の観察眼や知識を高めることができますし、なによりも、博物館には1人で来る人が多いので、ぼっちでも余計なことを考えず、まったりと展示物を見ることができます。

ぼっちだから人の目が気になる、1人で行くと周囲から浮くからなるべく外に出たくない、 こういう考えを持っている人は、博物館にいくといいでしょう。

体を鍛える

人間、年をとればとるほど体にガタが来ます。

その時になってからあわてないように、若いうちから鍛えておくのが一番いいです。

といっても、若いうちは友人と遊んだり仕事をしたりと色々と忙しいので、その時間をとるのが難しいです。

その点、ぼっちの社会人はそうでない社会人より時間が余っていますので、時間や人間関係の制約を気にせず、存分に体を鍛えることができます。

こまめに部屋を掃除する

休日に暇を持て余しているなら、こまめに部屋を掃除することをお勧めします。

部屋を掃除すると、乱雑で汚れた部屋から解放されるだけでなく、運気を上げることができますので、ぼっちなら休日を掃除の日にしてしまいましょう。

社会人のぼっちは、ぼっちでない人や学生のぼっちに比べて財力があります。

ならその財力を外食という形で使ってしまいましょう。

昔と違い、今はおひとり様を歓迎する飲食店がたくさんありますので、そのなかでも、評判のいい飲食店にかたっぱしから行ってみましょう。

その時、食レポのようなものを作ると、グルメ気分が味わえます。

なので、どうせ外食をするなら、ミシュランのように自分なりのランクを作ってみるといいでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-