【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514114124.html
恋活を再開するときの7つの注意点について

恋活を再開するときの7つの注意点について | LADYCO

LADYCO
恋活を再開するときの7つの注意点について

前向き恋活を再開したい。

そんな時に注意する7点をまとめて見ました。

  • 久々の恋活に挑むときは前向きに
  • 今までと比較は厳禁
  • 恋する自分に溺れない
  • 親しい人に頼るのは程々に
  • 焦りでの見落としに注意
  • すぐに運命を感じない
  • 次もあることを忘れない

1. 久々の恋活に挑むときは前向きに

久々の恋活に挑むときは前向きに

前回の恋愛で大失敗をしてきてしまった、そういう人にとって久々の恋愛はどうしても失敗を引きずってしまって前向きに事に挑むのは難しいものです。

どうせ私なんて、とかまたあんなことにならないかと思ってしまうとうまく行きそうな恋愛の芽も潰してしまうことになりかねません。

今あなたが置かれた精神状況と恋愛の鉄則に相関関係はなくて、恋活には前向きさが最大のエネルギーとなるのです。

前回の恋愛の失敗をいつまでも引きずっているとその鉄則から外れてしまってうまく行くものもうまく行かなくなるのは当たり前だということを心の中に留め置いて新しい恋愛にチャレンジしましょう。

2. 今までと比較は厳禁

今までと比較は厳禁

長い間恋愛から離れているとこれまでの自分の経験が頼りになって、盲目に前回の成功体験を追ったり、失敗体験を避けようとしてしまいます。

それ自体は必ずしも間違いではないのですが、こだわりすぎるとそこを綻びとして恋活がうまく行かなくなってしまうことも十分に考えられます。

今までの恋愛とこれからの恋愛は別物だと割り切って、自分の中で新鮮な気持ちで新しい恋に目を向けましょう。

新しい恋愛対象の人からしてみてもこれまでの恋愛と比較しながら関係を築かれるとそれに引きずられるようで嫌な気持ちになる方もいます。

初恋をこれからするんだという気持ちになって新鮮な感じを維持し続けるように自分を律することが新たな恋愛を成功させる秘訣です。

3. 恋する自分に溺れない

恋する自分に溺れない

新たな恋愛対象が見つかると、特に恋活から長らく離れていた方はその恋愛自体というより恋をしている自分という存在そのものにトキメキを感じてしまいがちです。

確かに恋をすることは素晴らしいですし、そこに魅力を感じて恋活を再開しようと思っている方も少なくないでしょう。

しかし恋愛においてあくまで恋する対象の主役は相手の異性そのもののはずです。

うっかり恋している自分自身に溺れてしまって、自分本位な恋愛をしてしまってはいませんか?

久々の恋愛だからこそ自分自身ではなく相手に目を向けて、相手が幸せに感じてくれるようなアクションを心がけなければ短命な恋愛に終わってしまいかねません。

4. 親しい人に頼るのは程々に

親しい人に頼るのは程々に

相手を見つけるにしてもうまくいくためのコツやアドバイスを求めるにしてもやはり親しい人の存在は非常に大きいです。

親友や兄弟がその代表的な存在ですが、そうした方はあなたが長らく恋愛相手が見つからずに悩んでいたことをよく知っています。

それだからこそ親身になったアドバイスをもらえるというのも無視できない側面ではありますが、親身になり過ぎて客観的なアドバイスをなかなかもらえなくなっていたりもします。

あくまであなたのことを思ってのアドバイスでも、恋愛を前にすすめるという主目的に関しては正反対のアドバイスになっていてしまっていることもあり得ます。

そのバランスが取れるアドバイス相手を探しておきましょう。

5. 焦りでの見落としに注意

焦りでの見落としに注意

恋活から離れていてすぐに相手が欲しいと思っている人が陥りがちな問題点として、前のめりになり過ぎて罠に引っかかってしまいかねないことが挙げられます。

例えば、長らく恋愛から離れていた理由が仕事にある人ならば、もしかしたらその人はキャリアウーマンで貯金もたんまりあるのかもしれません。

世の中にはその貯め込んだ貯金を目当てに甘い言葉をかけてくるような輩もいないわけでもないのです。

友人知人からの紹介ならばそうしたリスクは抑えられるでしょうから、久々の恋活で全くのフリーの相手を選ぶのは正直、避けたほうが身のためだと思います。

6. すぐに運命を感じない

すぐに運命を感じない

久々の恋活で相手が見つかると、その時には気づかないのですが、あとから考えてみるとかつて自分が求めていた理想の異性像からかけ離れているときがあります。

自分が高望みしすぎていたなということであればそれは前向きで良い変化なのかもしれませんが、とにかく相手を見つけることに必死で、この出会いは運命的だと信じ込んでしまってはいませんか?

久々の恋愛だからといって舞い上がっているとそうした勘違いを誘発しがちです。

運命はそう簡単にやってこないことを肝に銘じましょう。

7. 次もあることを忘れない

この恋愛で終わり、と自分で線を引いてしまうのはもったいないことです。

それだけの覚悟を決めて相手を探すこと自体は悪いことではないですが、それで妥協を重ねたり、思わぬ罠に引っかかってしまうのはもったいないことだと思います。

恋愛に限度となる年齢も、チャレンジに制限回数もありません。

むしろそうした焦りを持った恋活でうまく行くことはそうそうありません。

どうせならこれから恋の空白期間分の回数、人より数多く恋愛してやるんだというような心持ちで、視野を広く持って恋愛にチャレンジするようにしましょう。

それぐらいおおらかに構えたほうが、いい恋のチャンスも巡ってきます。

前向き恋活を再開したい。

そんな時に注意する7点をまとめて見ました。


久々の恋活に挑むときは前向きに

前回の恋愛で大失敗をしてきてしまった、そういう人にとって久々の恋愛はどうしても失敗を引きずってしまって前向きに事に挑むのは難しいものです。

どうせ私なんて、とかまたあんなことにならないかと思ってしまうとうまく行きそうな恋愛の芽も潰してしまうことになりかねません。

今あなたが置かれた精神状況と恋愛の鉄則に相関関係はなくて、恋活には前向きさが最大のエネルギーとなるのです。

前回の恋愛の失敗をいつまでも引きずっているとその鉄則から外れてしまってうまく行くものもうまく行かなくなるのは当たり前だということを心の中に留め置いて新しい恋愛にチャレンジしましょう。

今までと比較は厳禁

長い間恋愛から離れているとこれまでの自分の経験が頼りになって、盲目に前回の成功体験を追ったり、失敗体験を避けようとしてしまいます。

それ自体は必ずしも間違いではないのですが、こだわりすぎるとそこを綻びとして恋活がうまく行かなくなってしまうことも十分に考えられます。

今までの恋愛とこれからの恋愛は別物だと割り切って、自分の中で新鮮な気持ちで新しい恋に目を向けましょう。

新しい恋愛対象の人からしてみてもこれまでの恋愛と比較しながら関係を築かれるとそれに引きずられるようで嫌な気持ちになる方もいます。

初恋をこれからするんだという気持ちになって新鮮な感じを維持し続けるように自分を律することが新たな恋愛を成功させる秘訣です。

恋する自分に溺れない

新たな恋愛対象が見つかると、特に恋活から長らく離れていた方はその恋愛自体というより恋をしている自分という存在そのものにトキメキを感じてしまいがちです。

確かに恋をすることは素晴らしいですし、そこに魅力を感じて恋活を再開しようと思っている方も少なくないでしょう。

しかし恋愛においてあくまで恋する対象の主役は相手の異性そのもののはずです。

うっかり恋している自分自身に溺れてしまって、自分本位な恋愛をしてしまってはいませんか?

久々の恋愛だからこそ自分自身ではなく相手に目を向けて、相手が幸せに感じてくれるようなアクションを心がけなければ短命な恋愛に終わってしまいかねません。

親しい人に頼るのは程々に

相手を見つけるにしてもうまくいくためのコツやアドバイスを求めるにしてもやはり親しい人の存在は非常に大きいです。

親友や兄弟がその代表的な存在ですが、そうした方はあなたが長らく恋愛相手が見つからずに悩んでいたことをよく知っています。

それだからこそ親身になったアドバイスをもらえるというのも無視できない側面ではありますが、親身になり過ぎて客観的なアドバイスをなかなかもらえなくなっていたりもします。

あくまであなたのことを思ってのアドバイスでも、恋愛を前にすすめるという主目的に関しては正反対のアドバイスになっていてしまっていることもあり得ます。

そのバランスが取れるアドバイス相手を探しておきましょう。

焦りでの見落としに注意

恋活から離れていてすぐに相手が欲しいと思っている人が陥りがちな問題点として、前のめりになり過ぎて罠に引っかかってしまいかねないことが挙げられます。

例えば、長らく恋愛から離れていた理由が仕事にある人ならば、もしかしたらその人はキャリアウーマンで貯金もたんまりあるのかもしれません。

世の中にはその貯め込んだ貯金を目当てに甘い言葉をかけてくるような輩もいないわけでもないのです。

友人知人からの紹介ならばそうしたリスクは抑えられるでしょうから、久々の恋活で全くのフリーの相手を選ぶのは正直、避けたほうが身のためだと思います。

すぐに運命を感じない

久々の恋活で相手が見つかると、その時には気づかないのですが、あとから考えてみるとかつて自分が求めていた理想の異性像からかけ離れているときがあります。

自分が高望みしすぎていたなということであればそれは前向きで良い変化なのかもしれませんが、とにかく相手を見つけることに必死で、この出会いは運命的だと信じ込んでしまってはいませんか?

久々の恋愛だからといって舞い上がっているとそうした勘違いを誘発しがちです。

運命はそう簡単にやってこないことを肝に銘じましょう。

この恋愛で終わり、と自分で線を引いてしまうのはもったいないことです。

それだけの覚悟を決めて相手を探すこと自体は悪いことではないですが、それで妥協を重ねたり、思わぬ罠に引っかかってしまうのはもったいないことだと思います。

恋愛に限度となる年齢も、チャレンジに制限回数もありません。

むしろそうした焦りを持った恋活でうまく行くことはそうそうありません。

どうせならこれから恋の空白期間分の回数、人より数多く恋愛してやるんだというような心持ちで、視野を広く持って恋愛にチャレンジするようにしましょう。

それぐらいおおらかに構えたほうが、いい恋のチャンスも巡ってきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-