【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514114121.html
外国に比べて日本でマッチョがもてない原因

外国に比べて日本でマッチョがもてない原因 | LADYCO

LADYCO
外国に比べて日本でマッチョがもてない原因

近年はマッチョブームでもありますが、ただしマッチョになればモテると勘違いしてる方もかなりいらっしゃるようです。

実は日本の女子にとってマッチョとはそれほど必要性のないことなのをご存知でしょうか?

ではなぜ外国に比べて日本でマッチョがもてないのか?

その原因をご紹介いたします。

  • 夏のマッチョが無理な方が多い
  • 焼いてる肌の人が多い
  • メディアのマッチョイコールバカのイメージ
  • 筋肉とアジア顔が合ってない
  • 感情表現が下手なイメージ
  • 主張するマッチョは苦手
  • べたべたしてるイメージ
  • ガチマッチョは特に
  • いつでもどこでも鍛えてるイメージ
  • マッチョといえばタンクトップ

1. 夏のマッチョが無理な方が多い

夏のマッチョが無理な方が多い

夏にもなればお肌も露出度が増しますが、マッチョもまた同じく普段隠れてる筋肉を解放させその姿を見せ付けることができるときです。

本人たちにしてみれば普段鍛え上げた姿を見せ付けて優越感に浸ってることも考えられますが、それは女子からしてみればあまりにも引いてしまう姿になってるんです。

むしろ自分はこれだけ鍛えてマッチョになったんだから見てくれよという見え隠れする願望が日本の女子にとってそれは無理と抵抗感を植えつけさせてるのではないでしょうか。

2. 焼いてる肌の人が多い

焼いてる肌の人が多い

マッチョは夏になるとその姿を見せ付けられる場面に恵まれるのですが、残念ながら日本のほとんどの女子はそれを良しとは思っていません。

夏のマッチョの服装といえばサングラスにアロハシャツ、そして色も濃くて、もっとひどいマッチョなら金ピカな物を装飾してることもあります。

こうなるともう女子としては引くどころから側にいて関わりたくないとも思ってることでしょう。

3. メディアのマッチョイコールバカのイメージ

メディアのマッチョイコールバカのイメージ

日本の男子がマッチョを求めるのは筋肉を付けて、そして鍛え上げ、それが男らしいと考えてるからでしょう。

しかしながら女子からしてみればそれは単なるバカにしか見られていないのかもしれません。

なのでただマッチョを追い求めてる男子より、インテリで少しくらい筋肉がある細マッチョの方が余程相手にされるようです。

ですので何でも程々ということが重要だということです。

4. 筋肉とアジア顔が合ってない

筋肉とアジア顔が合ってない

筋肉を付けることは男らしさを磨くことになりますが、だからといって誰しもがそうなれるとは限りません。

例えば顔が幼かったり童顔だったりすると筋肉とマッチしないでしょう。

筋肉とはやはり男らしさイコール大人ということですので、顔がそれなりに大人になっていなければ成立しません。

というようなことを女子は考えてるでしょう。

つまり洋服が似合ってない女子のように筋肉が似合ってない男子はただただキモイと思われるマッチョになってしまうということです。

5. 感情表現が下手なイメージ

感情表現が下手なイメージ

マッチョになると感情表現が苦手になるというのはあまり関係のないことではありますが、ただ性格的に人見知りなマッチョなら、逆にそれが余計誰も近づけなくさせてる原因になっています。

筋肉で顔の表情が突っ張ってるのか、とにかくマッチョの方で多いのが耳が遠かったり表情が余り変化しなかったりというのが女子にとって苦手なのかもしれません。

6. 主張するマッチョは苦手

主張するマッチョは苦手

特にマッチョに見られる傾向としてはやはり上位に入ってくることとして服を脱いですぐにそのマッチョを見せびらかすということがあります。

またそのまま筋肉を自慢しはじめては周囲をドン引きさせてるわけですが、残念なことに本人はそれに優越感を覚えるようです。

しかし女子や周囲にしてみるとそれはただ単に迷惑行為であり、どう接していいのか正直分からないし困ってしまうので本当にやめて欲しいと思われてるようです。

7. べたべたしてるイメージ

べたべたしてるイメージ

マッチョな人にしてみればその鍛え上げた筋肉は見てるだけですごいと思われるかもしれません。

ただそれは旗からすれば汗臭そう、ベタベタしてそう、とにかく暑苦しいだけと思われてるだけかもしれません。

特にマッチョ嫌いな女子にしてみたら、ほとんどの場合そう考えていることでしょう。

またここに無精ヒゲが加われば完全に嫌われてしまうことになることでしょう。

8. ガチマッチョは特に

ガチマッチョは特に

すごい筋肉量になってることもあります。

明らかにおかしい筋肉の付き方をしてても本人にとってそれはすごいマッチョだから嬉しさしかありません。

ですがあまりにも鍛えられてしまったマッチョな身体には残念ながら日本の女子としてはできるだけ近寄りたくない男子になってしまうだけです。

9. いつでもどこでも鍛えてるイメージ

いつでもどこでも鍛えてるイメージ

日本の女子は本当にマッチョに対してそれほど興味を持っていません。

男子としては鍛えぬいた身体を例えば彼女に妻に女子に見てもらいたい願望もありますが、とにかく女子の前で一番やってはいけないこととして、どこでも鍛え始めるクセです。

そしてオレは今鍛えてるというような素振りを見せたり、ちょっと鍛えただけで筋肉のチェックをしたりすると女子にしたらもう簡便して欲しいと思うことでしょう。

10. マッチョといえばタンクトップ

マッチョはその筋肉をできるだけ見せたいという願望からタンクトップを好みます。

ただ実際にトレーニングするときタンクトップはやりやすいということもありますが、でも残念ながら日本の女子にしたらただそれは見せたいだけの服でしかありません。

そしてファッションセンスのなさも掛け合わされマッチョイコールファッションセンスゼロと結び付けられ、ただただキモイとしか思われていません。

近年はマッチョブームでもありますが、ただしマッチョになればモテると勘違いしてる方もかなりいらっしゃるようです。

実は日本の女子にとってマッチョとはそれほど必要性のないことなのをご存知でしょうか?

ではなぜ外国に比べて日本でマッチョがもてないのか?

その原因をご紹介いたします。


夏のマッチョが無理な方が多い

夏にもなればお肌も露出度が増しますが、マッチョもまた同じく普段隠れてる筋肉を解放させその姿を見せ付けることができるときです。

本人たちにしてみれば普段鍛え上げた姿を見せ付けて優越感に浸ってることも考えられますが、それは女子からしてみればあまりにも引いてしまう姿になってるんです。

むしろ自分はこれだけ鍛えてマッチョになったんだから見てくれよという見え隠れする願望が日本の女子にとってそれは無理と抵抗感を植えつけさせてるのではないでしょうか。

焼いてる肌の人が多い

マッチョは夏になるとその姿を見せ付けられる場面に恵まれるのですが、残念ながら日本のほとんどの女子はそれを良しとは思っていません。

夏のマッチョの服装といえばサングラスにアロハシャツ、そして色も濃くて、もっとひどいマッチョなら金ピカな物を装飾してることもあります。

こうなるともう女子としては引くどころから側にいて関わりたくないとも思ってることでしょう。

メディアのマッチョイコールバカのイメージ

日本の男子がマッチョを求めるのは筋肉を付けて、そして鍛え上げ、それが男らしいと考えてるからでしょう。

しかしながら女子からしてみればそれは単なるバカにしか見られていないのかもしれません。

なのでただマッチョを追い求めてる男子より、インテリで少しくらい筋肉がある細マッチョの方が余程相手にされるようです。

ですので何でも程々ということが重要だということです。

筋肉とアジア顔が合ってない

筋肉を付けることは男らしさを磨くことになりますが、だからといって誰しもがそうなれるとは限りません。

例えば顔が幼かったり童顔だったりすると筋肉とマッチしないでしょう。

筋肉とはやはり男らしさイコール大人ということですので、顔がそれなりに大人になっていなければ成立しません。

というようなことを女子は考えてるでしょう。

つまり洋服が似合ってない女子のように筋肉が似合ってない男子はただただキモイと思われるマッチョになってしまうということです。

感情表現が下手なイメージ

マッチョになると感情表現が苦手になるというのはあまり関係のないことではありますが、ただ性格的に人見知りなマッチョなら、逆にそれが余計誰も近づけなくさせてる原因になっています。

筋肉で顔の表情が突っ張ってるのか、とにかくマッチョの方で多いのが耳が遠かったり表情が余り変化しなかったりというのが女子にとって苦手なのかもしれません。

主張するマッチョは苦手

特にマッチョに見られる傾向としてはやはり上位に入ってくることとして服を脱いですぐにそのマッチョを見せびらかすということがあります。

またそのまま筋肉を自慢しはじめては周囲をドン引きさせてるわけですが、残念なことに本人はそれに優越感を覚えるようです。

しかし女子や周囲にしてみるとそれはただ単に迷惑行為であり、どう接していいのか正直分からないし困ってしまうので本当にやめて欲しいと思われてるようです。

べたべたしてるイメージ

マッチョな人にしてみればその鍛え上げた筋肉は見てるだけですごいと思われるかもしれません。

ただそれは旗からすれば汗臭そう、ベタベタしてそう、とにかく暑苦しいだけと思われてるだけかもしれません。

特にマッチョ嫌いな女子にしてみたら、ほとんどの場合そう考えていることでしょう。

またここに無精ヒゲが加われば完全に嫌われてしまうことになることでしょう。

ガチマッチョは特に

すごい筋肉量になってることもあります。

明らかにおかしい筋肉の付き方をしてても本人にとってそれはすごいマッチョだから嬉しさしかありません。

ですがあまりにも鍛えられてしまったマッチョな身体には残念ながら日本の女子としてはできるだけ近寄りたくない男子になってしまうだけです。

いつでもどこでも鍛えてるイメージ

日本の女子は本当にマッチョに対してそれほど興味を持っていません。

男子としては鍛えぬいた身体を例えば彼女に妻に女子に見てもらいたい願望もありますが、とにかく女子の前で一番やってはいけないこととして、どこでも鍛え始めるクセです。

そしてオレは今鍛えてるというような素振りを見せたり、ちょっと鍛えただけで筋肉のチェックをしたりすると女子にしたらもう簡便して欲しいと思うことでしょう。

マッチョはその筋肉をできるだけ見せたいという願望からタンクトップを好みます。

ただ実際にトレーニングするときタンクトップはやりやすいということもありますが、でも残念ながら日本の女子にしたらただそれは見せたいだけの服でしかありません。

そしてファッションセンスのなさも掛け合わされマッチョイコールファッションセンスゼロと結び付けられ、ただただキモイとしか思われていません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-