【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514135023.html
40代(アラフォー)女性に一番オススメの婚活は結婚相談所な理由

40代(アラフォー)女性に一番オススメの婚活は結婚相談所な理由 | LADYCO

LADYCO
40代(アラフォー)女性に一番オススメの婚活は結婚相談所な理由

婚活の手段を誤まらないということは、確実に結婚へのステップを上がるということ。 さて、アラフォー女性に一番オススメな婚活は結婚相談所であるという根拠について考えてみました。

  • 「数撃ちゃ当たる」時期は過ぎたから
  • 市場価値を冷静に判断する完璧なアドバイザーとなってくれるから
  • 年齢を補う賛辞で武装してくれる
  • 要領よく出会える
  • 身近に「紹介して」というのが恥ずかしいなら、やはり結婚相談所は便利
  • 知り合うきっかけとして誰かに伝えても恥ずかしくない
  • 親も安心の出会い
  • お付き合い後に上手くいかなくてもバツの悪い思いをしなくて済む
  • 一番妥協の少ない出会いが期待できる
  • 結婚はした方がいいと思うけど恋愛は面倒という人向き

1. 「数撃ちゃ当たる」時期は過ぎたから

「数撃ちゃ当たる」時期は過ぎたから

数を打てば必然的に的に当たるのは20代まで。 それ以降は確実に仕留める手段を選ぶべきです。

何故かといえば、20代とは異なり猟に出掛ける体力も根気も薄れているからです。 その為、「素敵な出会いがあったらいいな」的な生ぬるい婚活は言語道断。

結婚することだけを目指した行動あるのみ。 その点、結婚相談所は理に適っています。

2. 市場価値を冷静に判断する完璧なアドバイザーとなってくれるから

市場価値を冷静に判断する完璧なアドバイザーとなってくれるから

若い頃は、そこそこモテた。 同級生よりはスリム。 化粧品にもファッションにもある程度の投資はしている。

でも、です。 結婚したい男性の目線でジャッジした時に、果たして自己評価と同じ評価を得ることは出来るのでしょうか。 この辺りを極めて正確に判断しないと、頓珍漢な婚活に走ってしまいます。

結婚相談所では、当人に見合ったカップリングをしてくれるのが強み。 自分をより高く売り込みたい気持ちは皆同じですが、背伸びをしすぎると見苦しく見えてしまうことも。 自分に適したお相手は、自分を正当に評価することがスタートです。

3. 年齢を補う賛辞で武装してくれる

年齢を補う賛辞で武装してくれる

男性は自分の年齢を棚に上げて、「若い女性と結婚したい」と言って憚りません。 図々しにもほどがあるのですが、自分の遺伝子を残したい本能に従っている為とも言えます。

そういった意味ではアラフォーは不利です。 でも、結婚相談所にはきちんと仲立ちしてくれるスタッフが介入するので、「ご希望の年齢よりは上ですが、共働きも厭わない真面目な女性ですよ」と適切な言葉を添えて後押ししてくれます。

こういったアピールは自分で直接行うのはなかなか難しいもの。 それを安心して任せられるのです。

4. 要領よく出会える

要領よく出会える

どんなに合コンのセッティングに励んでも、きちんと実になる婚活の場とならない場合があります。 如何に出会いに限りがあるかということなのでしょう。

そういった意味で、結婚相談所は様々な人が登録をしているので出会いの幅が断然広いというメリットがあります。

お金は掛かりますが、要領よく出会えば安い投資と言えるのではないでしょうか。

5. 身近に「紹介して」というのが恥ずかしいなら、やはり結婚相談所は便利

身近に「紹介して」というのが恥ずかしいなら、やはり結婚相談所は便利

婚活をしていることを誰にも知られたくない人もいますよね? そういった場合には、特に苦戦を強いられます。

そういった人は尚のこと、結婚相談所を上手く利用しましょう。 周囲に知られることなく、上手に婚活サポートをしてくれます。

6. 知り合うきっかけとして誰かに伝えても恥ずかしくない

知り合うきっかけとして誰かに伝えても恥ずかしくない

結婚相談所を利用する人はモテない人。 そんなふうに思われていたのは一昔前のことです。 今では時間を上手に使う人のツールとも考えられています。

だから、「どうやって知り合ったの?」という問いにも「結婚相談所で」と答えても、なんら恥ずかしいことはありません。 どちらかというとSNS等でいかがわしい出会いから結婚へと進む人の方が「どうなの?」と捉えられるご時世。 堅実な出会いとも考えられます。

7. 親も安心の出会い

親も安心の出会い

親にしてみれば、上司や親戚からの紹介であれば安心。 でも、合コンや飲み会で知り合ったと聞くと、なんとなく「大丈夫なの?」と聞きたくなるのが親心です。

きちんとした出会いか否かは親にとって、安心な結婚かどうかの判断基準なのでしょう。 その点、結婚相談所は親ウケする手段。 結婚の挨拶ということになっても、親が結婚を渋る心配がありません。

8. お付き合い後に上手くいかなくてもバツの悪い思いをしなくて済む

お付き合い後に上手くいかなくてもバツの悪い思いをしなくて済む

例えば、会社の人に紹介してもらった人と気が合わないと気が付いた時。 なんとなく断るのに躊躇してしまった経験はありませんか?

結婚相談所は上手くいかない時には次の紹介をするというのが大前提。 断るのが当然の権利として考えられています。 そういった意味で、後腐れのない婚活は気楽です。

9. 一番妥協の少ない出会いが期待できる

一番妥協の少ない出会いが期待できる

アラフォーともなれば、相手に期待する条件に妥協を迫られることもあるはず。 手近なところで出会いの場を作ろうとすればするほど、妥協せざるを得ないかもしれません。

でも、結婚相談所の登録人数は身近な男性の数よりも明らかに豊富です。 その中から選ぶのですから、より妥協せずに済むのです。 納得の出会いを求めるからこそ、結婚相談所が最適です。

10. 結婚はした方がいいと思うけど恋愛は面倒という人向き

仕事や他のことに時間を掛けたいから、恋愛は気が進まない。 相手のご機嫌を伺うのも面倒。 でも結婚はしたほうが何かと都合がいい。 そういった考え方の人も世の中にはたくさんいます。

ならば、合理的な出会いを提供してくれる結婚相談所が一番です。 お互いの条件を満たし、会ってみて生理的に嫌悪感を抱かないようであればそのまま結婚したとしても問題はありません。

「恋愛は幻想」 「結婚は契約だから、感情は無用」 そんな超現実派の人は、結婚相談所を介した結婚でなければ、一生チャンスに恵まれないままに人生が終わってしまうかもしれません。

婚活の手段を誤まらないということは、確実に結婚へのステップを上がるということ。 さて、アラフォー女性に一番オススメな婚活は結婚相談所であるという根拠について考えてみました。


「数撃ちゃ当たる」時期は過ぎたから

数を打てば必然的に的に当たるのは20代まで。 それ以降は確実に仕留める手段を選ぶべきです。

何故かといえば、20代とは異なり猟に出掛ける体力も根気も薄れているからです。 その為、「素敵な出会いがあったらいいな」的な生ぬるい婚活は言語道断。

結婚することだけを目指した行動あるのみ。 その点、結婚相談所は理に適っています。

市場価値を冷静に判断する完璧なアドバイザーとなってくれるから

若い頃は、そこそこモテた。 同級生よりはスリム。 化粧品にもファッションにもある程度の投資はしている。

でも、です。 結婚したい男性の目線でジャッジした時に、果たして自己評価と同じ評価を得ることは出来るのでしょうか。 この辺りを極めて正確に判断しないと、頓珍漢な婚活に走ってしまいます。

結婚相談所では、当人に見合ったカップリングをしてくれるのが強み。 自分をより高く売り込みたい気持ちは皆同じですが、背伸びをしすぎると見苦しく見えてしまうことも。 自分に適したお相手は、自分を正当に評価することがスタートです。

年齢を補う賛辞で武装してくれる

男性は自分の年齢を棚に上げて、「若い女性と結婚したい」と言って憚りません。 図々しにもほどがあるのですが、自分の遺伝子を残したい本能に従っている為とも言えます。

そういった意味ではアラフォーは不利です。 でも、結婚相談所にはきちんと仲立ちしてくれるスタッフが介入するので、「ご希望の年齢よりは上ですが、共働きも厭わない真面目な女性ですよ」と適切な言葉を添えて後押ししてくれます。

こういったアピールは自分で直接行うのはなかなか難しいもの。 それを安心して任せられるのです。

要領よく出会える

どんなに合コンのセッティングに励んでも、きちんと実になる婚活の場とならない場合があります。 如何に出会いに限りがあるかということなのでしょう。

そういった意味で、結婚相談所は様々な人が登録をしているので出会いの幅が断然広いというメリットがあります。

お金は掛かりますが、要領よく出会えば安い投資と言えるのではないでしょうか。

身近に「紹介して」というのが恥ずかしいなら、やはり結婚相談所は便利

婚活をしていることを誰にも知られたくない人もいますよね? そういった場合には、特に苦戦を強いられます。

そういった人は尚のこと、結婚相談所を上手く利用しましょう。 周囲に知られることなく、上手に婚活サポートをしてくれます。

知り合うきっかけとして誰かに伝えても恥ずかしくない

結婚相談所を利用する人はモテない人。 そんなふうに思われていたのは一昔前のことです。 今では時間を上手に使う人のツールとも考えられています。

だから、「どうやって知り合ったの?」という問いにも「結婚相談所で」と答えても、なんら恥ずかしいことはありません。 どちらかというとSNS等でいかがわしい出会いから結婚へと進む人の方が「どうなの?」と捉えられるご時世。 堅実な出会いとも考えられます。

親も安心の出会い

親にしてみれば、上司や親戚からの紹介であれば安心。 でも、合コンや飲み会で知り合ったと聞くと、なんとなく「大丈夫なの?」と聞きたくなるのが親心です。

きちんとした出会いか否かは親にとって、安心な結婚かどうかの判断基準なのでしょう。 その点、結婚相談所は親ウケする手段。 結婚の挨拶ということになっても、親が結婚を渋る心配がありません。

お付き合い後に上手くいかなくてもバツの悪い思いをしなくて済む

例えば、会社の人に紹介してもらった人と気が合わないと気が付いた時。 なんとなく断るのに躊躇してしまった経験はありませんか?

結婚相談所は上手くいかない時には次の紹介をするというのが大前提。 断るのが当然の権利として考えられています。 そういった意味で、後腐れのない婚活は気楽です。

一番妥協の少ない出会いが期待できる

アラフォーともなれば、相手に期待する条件に妥協を迫られることもあるはず。 手近なところで出会いの場を作ろうとすればするほど、妥協せざるを得ないかもしれません。

でも、結婚相談所の登録人数は身近な男性の数よりも明らかに豊富です。 その中から選ぶのですから、より妥協せずに済むのです。 納得の出会いを求めるからこそ、結婚相談所が最適です。

仕事や他のことに時間を掛けたいから、恋愛は気が進まない。 相手のご機嫌を伺うのも面倒。 でも結婚はしたほうが何かと都合がいい。 そういった考え方の人も世の中にはたくさんいます。

ならば、合理的な出会いを提供してくれる結婚相談所が一番です。 お互いの条件を満たし、会ってみて生理的に嫌悪感を抱かないようであればそのまま結婚したとしても問題はありません。

「恋愛は幻想」 「結婚は契約だから、感情は無用」 そんな超現実派の人は、結婚相談所を介した結婚でなければ、一生チャンスに恵まれないままに人生が終わってしまうかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-