【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514104342.html
バツイチ年上男子とつきあうコツ

バツイチ年上男子とつきあうコツ | LADYCO

LADYCO
バツイチ年上男子とつきあうコツ

年上のバツイチ男子は女子から人気が高いです。

そんな彼と良いお付き合いをする10のコツをお教えします。

  • 自分をしっかり持って、自分の足で立つこと
  • 1人になりたさそうな時は1人にしてあげること
  • 付き合い始めの時は相手の過去は詮索しないこと
  • 子供がいる場合は子供優先になる時があっても許すこと
  • 前妻が接触して来ても動じないこと
  • 話を聞いてあげること
  • 彼をカッコよく見せること
  • 無理せず自分らしくいること
  • 年齢に雰囲気に騙されず、彼の本質を見ること
  • 結婚前提の話が出たら、聞きたいことを聞く

1. 自分をしっかり持って、自分の足で立つこと

自分をしっかり持って、自分の足で立つこと

バツイチ男子は女性の良いところも、悪いところも良くところも知っています。

年上の男性がお相手だと、ついつい甘えたり、わがままを言ったりしてしまいますが、初めのうちは可愛いと思っても、徐々に負担になり、わがままな奴だと思われる原因になります。

甘えるのも、わがままも言うのも、時々なら良いのですが、基本的には自分を持ち、自分の足で立てた方が良いでしょう。

2. 1人になりたさそうな時は1人にしてあげること

1人になりたさそうな時は1人にしてあげること

男性に限らず、バツイチの人は誰かと一緒にいる状態が続くと、息苦しくなってしまうことがあります。

これは貴方のことが嫌いになったからとかではなく、ただ単に自分らしくいるための時間が欲しいというだけのことです。

一緒にいたい女性はここでどうして?と言いたくなりますが、そこはぐっと我慢して、1人になりたいんだね~くらいののりで、軽く流しましょう。

3. 付き合い始めの時は相手の過去は詮索しないこと

付き合い始めの時は相手の過去は詮索しないこと

相手が既婚者ならともかく、バツイチは独身です。

バツイチになった経緯は確かに気になりますが、付き合い始めの段階ではあまり詮索しない方が良いでしょう。

詮索したところで、貴方が嬉しくなるような情報は出てきません。

彼女のことをどう説明したとしても、大好きな彼に結婚を決意させた女性がいたというだけのことです。

元カノのことはあまり聞かない方が良いのを同じことですよね。

4. 子供がいる場合は子供優先になる時があっても許すこと

子供がいる場合は子供優先になる時があっても許すこと

バツイチはバツイチでも、子供がいる場合といない場合では、状況が違ってきます。

もし子供がいれば、クリスマス・イヴなどの時、子供が優先になる可能性があります。

子供と一緒に生活をしていなければ、特別な行事の時などは、子供から一緒に過ごそうとおねだりされることもあるでしょう。

そんな時は怒ったりせずに、楽しんできてと快く送り出しましょう。

子供に罪はありません。

5. 前妻が接触して来ても動じないこと

前妻が接触して来ても動じないこと

女性とは不思議なもので、自分から別れていたとしても、元カレや元旦那が自分以外の誰かと親しくなろうとしているということを知ると、急に彼のことが惜しくなってくる人がいます。

彼の前妻がこのタイプの人だったら、貴方に接触して来ることもあります。

ただし、今の状態においては、前妻も、貴方も同じ立場です。

前妻が言うことや振る舞いに、一々、不機嫌になったりしないようにしましょう。

6. 話を聞いてあげること

話を聞いてあげること

バツイチの年上男子は大抵聞き上手です。

というのも、愚痴を聞くことを含め、前妻からしごかれているはずです。

だから、貴方は自分の話も聞いてもらうけれど、彼の話も聞いてあげられる人になりましょう。

彼が話している時に、「それってさ」「でもね」はいりません。

ひたすら、彼の話をそうなんだ、へぇーと言って聞きましょう。

ただ話を聞いているだけなのに、彼は自分のことを分かってくれる人と貴方のことを思うことでしょう。

7. 彼をカッコよく見せること

彼をカッコよく見せること

自分でしっかり立つことは、バツイチの年上男子をお付き合いをする上で大切なことです。

でも、時には、上手に甘えて、彼が周囲の人から見て、カッコイイ男に見えるように、男性を上手に立てましょう。

例えば、彼のお友達に紹介される時など、彼が自分の彼女だと紹介したくなるようなメイク、ファッション、振る舞いをしましょう。

8. 無理せず自分らしくいること

無理せず自分らしくいること

経験値が高いバツイチの年上男子は、若い貴方も手の上で転がすことも簡単にできます。

貴方が魅力的な女性に変化できるのなら、彼の色に染まるのも悪くないと思います。

とはいえ、無理せず自分らしくいられる範囲の中でそれを許しましょう。

どうしても嫌だと思うことを強要されそうになったら、対等でいるためにも、はっきり嫌だと言いましょう。

9. 年齢に雰囲気に騙されず、彼の本質を見ること

年齢に雰囲気に騙されず、彼の本質を見ること

ある年齢に達するまで、同年代の男性よりも年上の男性の方が、落ち着きがあり魅力的に見えるものです。

年齢による雰囲気に騙されることなく、彼の本質も見ましょう。

もしこれをしなければ、貴方の精神年齢が彼のそれに追いついた時、雰囲気だけで中身が伴っていないというような発見をしてしまうこともあります。

後でがっかりしないように、彼の内面ときちんと向き合いましょう。

10. 結婚前提の話が出たら、聞きたいことを聞く

お付き合いが深まってくると、結婚を前提にしたお付き合いになることでしょう。

その話が出たら、前の結婚に関して、貴方が聞きたいと思っていたことを聞きましょう。

小出しでばらばらとではなく、貴方にも結婚の気持ちがあるのなら、まとめて全て聞きましょう。

ちなみに、離婚は片方だけの責任ということは少ないです。

話を聞く際は、このことを頭の片隅に置いておきましょう。

バツイチ年上男子は魅力的に見えます。

でも、バツのない男子よりも、多くのものを抱えていることがあります。

良いお付き合いをしたいのなら、貴方もそれを一緒に背負う覚悟をしましょう。

そうすれば、きっと良いお付き合いができますよ。

どうぞお幸せに!

年上のバツイチ男子は女子から人気が高いです。

そんな彼と良いお付き合いをする10のコツをお教えします。


自分をしっかり持って、自分の足で立つこと

バツイチ男子は女性の良いところも、悪いところも良くところも知っています。

年上の男性がお相手だと、ついつい甘えたり、わがままを言ったりしてしまいますが、初めのうちは可愛いと思っても、徐々に負担になり、わがままな奴だと思われる原因になります。

甘えるのも、わがままも言うのも、時々なら良いのですが、基本的には自分を持ち、自分の足で立てた方が良いでしょう。

1人になりたさそうな時は1人にしてあげること

男性に限らず、バツイチの人は誰かと一緒にいる状態が続くと、息苦しくなってしまうことがあります。

これは貴方のことが嫌いになったからとかではなく、ただ単に自分らしくいるための時間が欲しいというだけのことです。

一緒にいたい女性はここでどうして?と言いたくなりますが、そこはぐっと我慢して、1人になりたいんだね~くらいののりで、軽く流しましょう。

付き合い始めの時は相手の過去は詮索しないこと

相手が既婚者ならともかく、バツイチは独身です。

バツイチになった経緯は確かに気になりますが、付き合い始めの段階ではあまり詮索しない方が良いでしょう。

詮索したところで、貴方が嬉しくなるような情報は出てきません。

彼女のことをどう説明したとしても、大好きな彼に結婚を決意させた女性がいたというだけのことです。

元カノのことはあまり聞かない方が良いのを同じことですよね。

子供がいる場合は子供優先になる時があっても許すこと

バツイチはバツイチでも、子供がいる場合といない場合では、状況が違ってきます。

もし子供がいれば、クリスマス・イヴなどの時、子供が優先になる可能性があります。

子供と一緒に生活をしていなければ、特別な行事の時などは、子供から一緒に過ごそうとおねだりされることもあるでしょう。

そんな時は怒ったりせずに、楽しんできてと快く送り出しましょう。

子供に罪はありません。

前妻が接触して来ても動じないこと

女性とは不思議なもので、自分から別れていたとしても、元カレや元旦那が自分以外の誰かと親しくなろうとしているということを知ると、急に彼のことが惜しくなってくる人がいます。

彼の前妻がこのタイプの人だったら、貴方に接触して来ることもあります。

ただし、今の状態においては、前妻も、貴方も同じ立場です。

前妻が言うことや振る舞いに、一々、不機嫌になったりしないようにしましょう。

話を聞いてあげること

バツイチの年上男子は大抵聞き上手です。

というのも、愚痴を聞くことを含め、前妻からしごかれているはずです。

だから、貴方は自分の話も聞いてもらうけれど、彼の話も聞いてあげられる人になりましょう。

彼が話している時に、「それってさ」「でもね」はいりません。

ひたすら、彼の話をそうなんだ、へぇーと言って聞きましょう。

ただ話を聞いているだけなのに、彼は自分のことを分かってくれる人と貴方のことを思うことでしょう。

彼をカッコよく見せること

自分でしっかり立つことは、バツイチの年上男子をお付き合いをする上で大切なことです。

でも、時には、上手に甘えて、彼が周囲の人から見て、カッコイイ男に見えるように、男性を上手に立てましょう。

例えば、彼のお友達に紹介される時など、彼が自分の彼女だと紹介したくなるようなメイク、ファッション、振る舞いをしましょう。

無理せず自分らしくいること

経験値が高いバツイチの年上男子は、若い貴方も手の上で転がすことも簡単にできます。

貴方が魅力的な女性に変化できるのなら、彼の色に染まるのも悪くないと思います。

とはいえ、無理せず自分らしくいられる範囲の中でそれを許しましょう。

どうしても嫌だと思うことを強要されそうになったら、対等でいるためにも、はっきり嫌だと言いましょう。

年齢に雰囲気に騙されず、彼の本質を見ること

ある年齢に達するまで、同年代の男性よりも年上の男性の方が、落ち着きがあり魅力的に見えるものです。

年齢による雰囲気に騙されることなく、彼の本質も見ましょう。

もしこれをしなければ、貴方の精神年齢が彼のそれに追いついた時、雰囲気だけで中身が伴っていないというような発見をしてしまうこともあります。

後でがっかりしないように、彼の内面ときちんと向き合いましょう。

お付き合いが深まってくると、結婚を前提にしたお付き合いになることでしょう。

その話が出たら、前の結婚に関して、貴方が聞きたいと思っていたことを聞きましょう。

小出しでばらばらとではなく、貴方にも結婚の気持ちがあるのなら、まとめて全て聞きましょう。

ちなみに、離婚は片方だけの責任ということは少ないです。

話を聞く際は、このことを頭の片隅に置いておきましょう。

バツイチ年上男子は魅力的に見えます。

でも、バツのない男子よりも、多くのものを抱えていることがあります。

良いお付き合いをしたいのなら、貴方もそれを一緒に背負う覚悟をしましょう。

そうすれば、きっと良いお付き合いができますよ。

どうぞお幸せに!

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-