【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519151904.html
彼氏に愛されていると実感する瞬間13選

彼氏に愛されていると実感する瞬間13選 | LADYCO

LADYCO
彼氏に愛されていると実感する瞬間13選

付き合っている中で、彼氏に愛されているなと実感する瞬間とは、どのようなときなのでしょう。

彼氏に愛されていると実感する瞬間を挙げていきます。

  • 言葉で愛情表現をしてくれたとき
  • 変化に気づいてくれる
  • 向こうからよく連絡をくれる
  • 会いたいと言ってくれる
  • 褒めてくれる
  • 送り迎えをしてくれる
  • ささやかなプレゼントをくれる
  • 体調を気遣ってくれる
  • 話の内容などを覚えてくれていたとき
  • ダメなところはしっかりと叱ってくれたとき
  • 記念日を大事にしてくれる
  • デートの時間を作ろうとしてくれる姿勢
  • 友達や家族に紹介してくれる
  • まとめ

1. 言葉で愛情表現をしてくれたとき

言葉で愛情表現をしてくれたとき

日本人男性は、言葉で愛情表現をするのが苦手という人が多いのですが、「好きだよ」とか「愛してるよ」などとちゃんと言葉にして表現してくれると、彼氏に愛されていると実感します。

きっと彼氏は照れながらにも、精一杯の思いを込めて言ってくれたに違いありません。

一番わかりやすい愛情表現は、やっぱり言葉に表してくれることです。

2. 変化に気づいてくれる

変化に気づいてくれる

女の子が彼氏の為に、髪型をアレンジしたり、ネイルを変えてみたりしても、なかなかそれに気が付いてもらえないということがよくあります。

でも、そんな些細な変化であっても見逃さずに、気が付いてもらえた時には、彼氏に愛されていると実感します。

シャンプーや香水の匂いが変わったという目に見えない変化まで感じ取られるのも、それだけ距離が近く親しい仲である証拠です。

具体的にどこがかわったかを指摘されなくても「なんか大人っぽくなったね」とか「綺麗になったね」などと、抽象的な表現であっても、何か変化を感じてもらえるだけでも嬉しいものです。

3. 向こうからよく連絡をくれる

向こうからよく連絡をくれる

男性は、メールやLINEを面倒だと思う人が多く、連絡をするのは彼女からということが多くなる傾向にあります。

そんメール無精の男性が多い中であっても、向こうからよくをしてきてくれると、彼氏に愛されていると実感します。

「おはよう」とか「おやすみ」などの、単なる挨拶程度の文章であっても、目が覚めた瞬間や、眠りにつく前に、わたしのことを思い出してくれたのかなと思わせられます。

また、「今日は○○に行ってきたよ」とか「今日は何してたの?」など、特に必要な用事ではなく、何気ない会話を送ってきてくれるのも、嬉しいものです。

4. 会いたいと言ってくれる

会いたいと言ってくれる

実際に、会う約束をする為に「会いたい」と言ってくれるということでも、もちろん、彼氏に愛されていると実感しますが、愛情表現として「会いたい」と言ってもらえるだけでも、彼氏に愛されていると実感することができます。

日常のふとした瞬間に、「会いたい」と思うことは、好きという証拠です。

好きってどういうこと?という疑問に対する答えの一つとして、会いたいと思うことが挙げられるように、「会いたい」ということは、一種の愛情表現でもあるのです。

5. 褒めてくれる

褒めてくれる

彼氏が愛情を伝えたいときには、ストレートに愛の言葉を言わずとも、褒めてくれるときがあります。

「かわいいね」とか「綺麗だよ」などと、褒めてもらえたときには、彼氏に愛されていると実感します。

彼氏からの褒め言葉には、他の男性が口説き文句として使う軽い言葉とは違った、愛情を感じることができるのです。

6. 送り迎えをしてくれる

送り迎えをしてくれる

送り迎えをしてくれるときに、彼氏に愛されていると実感します。

「夜道を女の子一人で歩くと危ないから」などと言って送ってもらえると、女の子扱いをしてくれるようで嬉しいですよね。

女の子は、お姫様扱いなんかにも弱いものなのです。

駅まで迎えに来てくれたり、車で遠出をする場合には、遠回りになってでも家まで迎えに来てくれるなど、面倒であればしないであろうことをしてくれる時に、彼氏に愛されていると実感します。

7. ささやかなプレゼントをくれる

ささやかなプレゼントをくれる

記念日やお誕生日にプレゼントをくれるというのは、当たり前のようなことになっていますが、何気ない時にささやかなプレゼントをもらえると、彼氏に愛されていると実感します。

例えば、お土産を頼んでいた訳でもないのに、出張先でお土産を買ってきれくれると、出張中でもわたしのこと思い出してくれたんだと嬉しく感じますし、好きそうなお菓子を見つけて買っておいてくれた場合でも、わたしの好みを気にしてくれていたんだと、このように解釈ができるのです。

ささやかなプレゼントには、日頃からわたしのことを見てくれていたり、想ってくれているのだという愛情が感じられるのです。

8. 体調を気遣ってくれる

体調を気遣ってくれる

病気や怪我をしたときに、社交辞令程度には誰でも心配はしてくれると思いますが、電話をかけてきてくれたり、病院に連れて行こうかと聞いてくれたり、本気で心配をしてもらえると、彼氏に愛されていると実感します。

病気や怪我とまではいかなくても、疲れているときに身体を気遣ってくれるような優しさからも、彼氏に愛されていると実感します。

また、生理の時に身体を気遣ってくれることでも、彼氏に愛されていると実感します。

9. 話の内容などを覚えてくれていたとき

話の内容などを覚えてくれていたとき

前に話したことや、一緒に訪れたことのあるお店のことなどをちゃんと覚えておいてくれると、彼氏に愛されていると実感します。

前に話した内容を覚えていてくれるということは、きちんと話を聞いてくれていたという証拠です。

彼氏が些細なことまで覚えていてくれると、それだけでわたしのことを想ってくれていたのだなと、愛情がよくわかります。

10. ダメなところはしっかりと叱ってくれたとき

ダメなところはしっかりと叱ってくれたとき

単に甘やかすのではなく、ダメなところはしっかりと叱ってくれたときに、彼氏に愛されていると実感します。

叱るというのはエネルギーを使うことですし、どうでも良い相手であれば、わざわざ自分のエネルギーを消費してまで叱るということはしません。

叱るということは、相手の為を想っての行為なので、きちんと叱ってくれるということは、それだけでわたしに対して真剣に向き合ってくれているのだ感じることができるおです。

11. 記念日を大事にしてくれる

記念日を大事にしてくれる

彼女の誕生日を思えているということは、もちろん当たり前のことだと思われていますが、付き合い始めた日などまで意識している男性は少ないです。

なので、彼氏が「来週で付き合って○ヵ月になるね」などと、二人の記念日を覚えてくれていたときには、彼氏に愛されていると実感します。

12. デートの時間を作ろうとしてくれる姿勢

デートの時間を作ろうとしてくれる姿勢

好きな人には会いたいと思うものですし、疲れているときだって会いたいと感じるものです。

仕事が大変な時や忙しい時であっても、会う時間を作ってくれたり、デートのスケジュール調整を前もって確してくれていたりすると、彼氏に愛されていると実感します。

13. 友達や家族に紹介してくれる

友達や家族に紹介してくれる

友達や家族に、自分の彼女であると紹介してくれると、彼氏に愛されていると実感します。

親しい関係にある人に会わせてくれるということで、その仲にいれてもえるということは嬉しいことです。

誰かに紹介するということは、それだけ真剣な交際をしてもらえているのだと感じることができます。

まとめ

付き合っている中で、彼氏から愛されていると実感できる瞬間はこのようにたくさんあるのですね。

このような瞬間のときめきが、日常の彩りを与えてくれるということが恋愛の醍醐味であります。

付き合っている中で、彼氏に愛されているなと実感する瞬間とは、どのようなときなのでしょう。

彼氏に愛されていると実感する瞬間を挙げていきます。


言葉で愛情表現をしてくれたとき

日本人男性は、言葉で愛情表現をするのが苦手という人が多いのですが、「好きだよ」とか「愛してるよ」などとちゃんと言葉にして表現してくれると、彼氏に愛されていると実感します。

きっと彼氏は照れながらにも、精一杯の思いを込めて言ってくれたに違いありません。

一番わかりやすい愛情表現は、やっぱり言葉に表してくれることです。

変化に気づいてくれる

女の子が彼氏の為に、髪型をアレンジしたり、ネイルを変えてみたりしても、なかなかそれに気が付いてもらえないということがよくあります。

でも、そんな些細な変化であっても見逃さずに、気が付いてもらえた時には、彼氏に愛されていると実感します。

シャンプーや香水の匂いが変わったという目に見えない変化まで感じ取られるのも、それだけ距離が近く親しい仲である証拠です。

具体的にどこがかわったかを指摘されなくても「なんか大人っぽくなったね」とか「綺麗になったね」などと、抽象的な表現であっても、何か変化を感じてもらえるだけでも嬉しいものです。

向こうからよく連絡をくれる

男性は、メールやLINEを面倒だと思う人が多く、連絡をするのは彼女からということが多くなる傾向にあります。

そんメール無精の男性が多い中であっても、向こうからよくをしてきてくれると、彼氏に愛されていると実感します。

「おはよう」とか「おやすみ」などの、単なる挨拶程度の文章であっても、目が覚めた瞬間や、眠りにつく前に、わたしのことを思い出してくれたのかなと思わせられます。

また、「今日は○○に行ってきたよ」とか「今日は何してたの?」など、特に必要な用事ではなく、何気ない会話を送ってきてくれるのも、嬉しいものです。

会いたいと言ってくれる

実際に、会う約束をする為に「会いたい」と言ってくれるということでも、もちろん、彼氏に愛されていると実感しますが、愛情表現として「会いたい」と言ってもらえるだけでも、彼氏に愛されていると実感することができます。

日常のふとした瞬間に、「会いたい」と思うことは、好きという証拠です。

好きってどういうこと?という疑問に対する答えの一つとして、会いたいと思うことが挙げられるように、「会いたい」ということは、一種の愛情表現でもあるのです。

褒めてくれる

彼氏が愛情を伝えたいときには、ストレートに愛の言葉を言わずとも、褒めてくれるときがあります。

「かわいいね」とか「綺麗だよ」などと、褒めてもらえたときには、彼氏に愛されていると実感します。

彼氏からの褒め言葉には、他の男性が口説き文句として使う軽い言葉とは違った、愛情を感じることができるのです。

送り迎えをしてくれる

送り迎えをしてくれるときに、彼氏に愛されていると実感します。

「夜道を女の子一人で歩くと危ないから」などと言って送ってもらえると、女の子扱いをしてくれるようで嬉しいですよね。

女の子は、お姫様扱いなんかにも弱いものなのです。

駅まで迎えに来てくれたり、車で遠出をする場合には、遠回りになってでも家まで迎えに来てくれるなど、面倒であればしないであろうことをしてくれる時に、彼氏に愛されていると実感します。

ささやかなプレゼントをくれる

記念日やお誕生日にプレゼントをくれるというのは、当たり前のようなことになっていますが、何気ない時にささやかなプレゼントをもらえると、彼氏に愛されていると実感します。

例えば、お土産を頼んでいた訳でもないのに、出張先でお土産を買ってきれくれると、出張中でもわたしのこと思い出してくれたんだと嬉しく感じますし、好きそうなお菓子を見つけて買っておいてくれた場合でも、わたしの好みを気にしてくれていたんだと、このように解釈ができるのです。

ささやかなプレゼントには、日頃からわたしのことを見てくれていたり、想ってくれているのだという愛情が感じられるのです。

体調を気遣ってくれる

病気や怪我をしたときに、社交辞令程度には誰でも心配はしてくれると思いますが、電話をかけてきてくれたり、病院に連れて行こうかと聞いてくれたり、本気で心配をしてもらえると、彼氏に愛されていると実感します。

病気や怪我とまではいかなくても、疲れているときに身体を気遣ってくれるような優しさからも、彼氏に愛されていると実感します。

また、生理の時に身体を気遣ってくれることでも、彼氏に愛されていると実感します。

話の内容などを覚えてくれていたとき

前に話したことや、一緒に訪れたことのあるお店のことなどをちゃんと覚えておいてくれると、彼氏に愛されていると実感します。

前に話した内容を覚えていてくれるということは、きちんと話を聞いてくれていたという証拠です。

彼氏が些細なことまで覚えていてくれると、それだけでわたしのことを想ってくれていたのだなと、愛情がよくわかります。

ダメなところはしっかりと叱ってくれたとき

単に甘やかすのではなく、ダメなところはしっかりと叱ってくれたときに、彼氏に愛されていると実感します。

叱るというのはエネルギーを使うことですし、どうでも良い相手であれば、わざわざ自分のエネルギーを消費してまで叱るということはしません。

叱るということは、相手の為を想っての行為なので、きちんと叱ってくれるということは、それだけでわたしに対して真剣に向き合ってくれているのだ感じることができるおです。

記念日を大事にしてくれる

彼女の誕生日を思えているということは、もちろん当たり前のことだと思われていますが、付き合い始めた日などまで意識している男性は少ないです。

なので、彼氏が「来週で付き合って○ヵ月になるね」などと、二人の記念日を覚えてくれていたときには、彼氏に愛されていると実感します。

デートの時間を作ろうとしてくれる姿勢

好きな人には会いたいと思うものですし、疲れているときだって会いたいと感じるものです。

仕事が大変な時や忙しい時であっても、会う時間を作ってくれたり、デートのスケジュール調整を前もって確してくれていたりすると、彼氏に愛されていると実感します。

友達や家族に紹介してくれる

友達や家族に、自分の彼女であると紹介してくれると、彼氏に愛されていると実感します。

親しい関係にある人に会わせてくれるということで、その仲にいれてもえるということは嬉しいことです。

誰かに紹介するということは、それだけ真剣な交際をしてもらえているのだと感じることができます。

付き合っている中で、彼氏から愛されていると実感できる瞬間はこのようにたくさんあるのですね。

このような瞬間のときめきが、日常の彩りを与えてくれるということが恋愛の醍醐味であります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-