【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172601.html
嫌なことは嫌と言える人がモテる理由11選

嫌なことは嫌と言える人がモテる理由11選 | LADYCO

LADYCO
嫌なことは嫌と言える人がモテる理由11選

モテる理由のひとつとして「嫌なことは嫌と言える」というポイントがあります。 そんな人がモテるのはどうしてなのか知りたいと思いませんか?

  • 裏表のない人だと思われるから
  • 自分の意思があるしっかり者だと思われるから
  • 仕事や勉強ができそうに感じるから
  • 気の弱い自分とは違うことで憧れを抱くから
  • ちょっとわがままなくらいの方が可愛らしく見えるから
  • 気の強い異性を自分色に染めたくなるから
  • 自分が困っている時に的確なアドバイスがもらえそうだから
  • 将来結婚していい親になりそうだから
  • 人に騙されず悔いのない人生を送りそうだから
  • 考えていることがわかる異性との恋愛は安心感があるから
  • 自分のことが好きだという確信が持てるから
  • まとめ

1. 裏表のない人だと思われるから

裏表のない人だと思われるから

嫌なことが嫌と言える人は裏表のない人だと思われます。 そのおかげで信頼され、異性だけではなく同性からも頼られたり相談を受けることも多いのではないでしょうか。 同性から信頼されている人は異性の目から見ても魅力的に感じます。

みんなの中心にいるような人を恋人にできたら…と憧れるからです。 宇和表のない人は時に冷たい人と思われたりもしますが、心を開いてくれない人には心を開くこともためらってしまいます。

2. 自分の意思があるしっかり者だと思われるから

自分の意思があるしっかり者だと思われるから

嫌なことは嫌と言えるにはまず自分の意思を強く持っていなければいけません。 人の意見を聞いているうちに流されたり、人に任せて自分の意見を押し殺してしまうような人は無責任に感じます。

自分の意思があり、それを周りにしっかり伝えられるということでしっかり者だと思われることでしょう。 さらに嫌なことを言うタイミングをよく見計らっているという点もモテるために大切なポイントです。 場をわきまえて言うべき時にしっかり言えることが大切です。

3. 仕事や勉強ができそうに感じるから

仕事や勉強ができそうに感じるから

嫌なことは嫌と言える人って頭が良さそうに感じませんか?頭の回転が速いおかげで嫌かどうかもすぐに判断できる印象があり、嫌だという直感も冴えているようです。

そんな人はきっと仕事や勉強もできるのではないでしょうか。 また、成績だけではなくすぐに場の空気を読んだり直感を働かせて人の役に立てるような人にも思え、味方にしておきたいという頼もしさがあります。

4. 気の弱い自分とは違うことで憧れを抱くから

気の弱い自分とは違うことで憧れを抱くから

自分が気が弱くてコンプレックスに感じているなら、そんな自分とは違うはっきりとした性格の異性に憧れを抱き、恋心へと変化していくこともあるでしょう。

人は自分にないものを異性に求めると言います。 優柔不断であったり臆病で意見が言えない人から見れば、嫌と言える異性はかっこいいはずです。 自分の足りない部分を補ってもらいつつ相手から何かを得たいと考えます。

5. ちょっとわがままなくらいの方が可愛らしく見えるから

ちょっとわがままなくらいの方が可愛らしく見えるから

嫌なことを嫌と言ってしまうのは状況によってはわがままにも見られます。 しかし、異性として見るならちょっとくらいわがままな方が可愛らしく見えたりもするものです。

だだをこねているような子供っぽさを感じ、構いたくなったり世話をしたり言い聞かせたくもなります。 また、わがままな異性はそれだけ自分をさらしてぶつかってきている証拠でもあるため、何だか嬉しくなってしまうんです。

6. 気の強い異性を自分色に染めたくなるから

気の強い異性を自分色に染めたくなるから

嫌なことを嫌だと言ってしまう気の強い異性を自分色に染めたくなるという人もいます。 面倒なヤツと思うからこそそんな相手を自分の虜にして夢中にさせ、優越感に浸りたいのです。

自分に自信がある人なら手に入りやすい異性なんて飽き飽きしています。 次あたりは厄介そうな異性を染めてやろうかな、と思うのも頷けますね。

7. 自分が困っている時に的確なアドバイスがもらえそうだから

自分が困っている時に的確なアドバイスがもらえそうだから

嫌なことは嫌と言っている異性の姿を見た時、自分が困っている時に的確なアドバイスがもらえそうだと期待してしまいます。

あんな風にはっきり言ってくれたら迷わずに済むのに…と感じたり、あんな風に自分の意思をしっかり持てばいいのか!と参考になったりします。 そして、自分を支えるパートナーとして迎え入れたくなります。 心強い恋人が欲しいと感じるのは男性も女性も同じではないでしょうか。

8. 将来結婚していい親になりそうだから

将来結婚していい親になりそうだから

嫌なことは嫌と言える人は、ダメなこともダメときっぱり言えるでしょう。 それは親として大切なことであり、将来その相手と結婚まで想像した時にいい親の姿を思い浮かべることができます。

結婚をしたいと思えるほどの相手ならそこまでのことも考えるのは当然です。 そして、将来が楽しみになって真剣な交際をスタートさせたくなります。

9. 人に騙されず悔いのない人生を送りそうだから

人に騙されず悔いのない人生を送りそうだから

嫌なことは嫌と言えるなら人に騙されて借金を背負わされたりするような目にもあわないはずですね。 悔いのない人生を送ることができそうな、しっかり者であるような印象を受けます。 そんな人でなければ危うくて自分まで巻き込まれてしまう心配があります。

もし一度でもそんな目にあったことがあるのなら気にしてしまう部分です。 次にまた騙されそうになった時にも助けてもらえそうですし、自分にとって必要な人だと感じることでしょう。

10. 考えていることがわかる異性との恋愛は安心感があるから

考えていることがわかる異性との恋愛は安心感があるから

恥ずかしがりやさんや遠慮ばかりする相手は奥ゆかしいともとれますが何を考えているかわからないとも言え、付き合っていてもどこか自信が持てません。

本当にいいと思っているのか、自分と一緒にいて楽しいのか、探りながらの交際はストレスにもなり相手への不信感で気持ちが冷めてしまうこともあります。 しかし、嫌なことを嫌と言えるようなさっぱりした相手ならそんな心配もなく、むしろ安心感があります。 相手の考えていることがわかるおかげで堂々とぶつかることができ、問題点があってもすぐに解決しようと努力できます。

11. 自分のことが好きだという確信が持てるから

自分のことが好きだという確信が持てるから

嫌なことを嫌と言えるなら告白した時にOKしてくれた言葉にウソ偽りがないということです。 そのため、断りにくかったからなんとなく付き合ったなどと後から言われることもなく、自分のことが好きなんだという確信が持てます。

愛されているという確信がないとわだかまりが生じ、付き合っていても楽しいものにはなりません。 愛し愛されていると自信を持って言える相手がモテる異性ということです。

まとめ

嫌なことは嫌と言えることは大切なことですが、いつどんな時でもそうであるとただのわがままな人になってしまいます。

モテるような魅力とするならば場をわきまえ、相手の気持ちも考慮した上で上手に伝えることができる必要があるでしょう。 そんな人は友達としても恋人としても尊敬され、性別問わずモテるはずです。
憧れの存在ですね。

モテる理由のひとつとして「嫌なことは嫌と言える」というポイントがあります。 そんな人がモテるのはどうしてなのか知りたいと思いませんか?


裏表のない人だと思われるから

嫌なことが嫌と言える人は裏表のない人だと思われます。 そのおかげで信頼され、異性だけではなく同性からも頼られたり相談を受けることも多いのではないでしょうか。 同性から信頼されている人は異性の目から見ても魅力的に感じます。

みんなの中心にいるような人を恋人にできたら…と憧れるからです。 宇和表のない人は時に冷たい人と思われたりもしますが、心を開いてくれない人には心を開くこともためらってしまいます。

自分の意思があるしっかり者だと思われるから

嫌なことは嫌と言えるにはまず自分の意思を強く持っていなければいけません。 人の意見を聞いているうちに流されたり、人に任せて自分の意見を押し殺してしまうような人は無責任に感じます。

自分の意思があり、それを周りにしっかり伝えられるということでしっかり者だと思われることでしょう。 さらに嫌なことを言うタイミングをよく見計らっているという点もモテるために大切なポイントです。 場をわきまえて言うべき時にしっかり言えることが大切です。

仕事や勉強ができそうに感じるから

嫌なことは嫌と言える人って頭が良さそうに感じませんか?頭の回転が速いおかげで嫌かどうかもすぐに判断できる印象があり、嫌だという直感も冴えているようです。

そんな人はきっと仕事や勉強もできるのではないでしょうか。 また、成績だけではなくすぐに場の空気を読んだり直感を働かせて人の役に立てるような人にも思え、味方にしておきたいという頼もしさがあります。

気の弱い自分とは違うことで憧れを抱くから

自分が気が弱くてコンプレックスに感じているなら、そんな自分とは違うはっきりとした性格の異性に憧れを抱き、恋心へと変化していくこともあるでしょう。

人は自分にないものを異性に求めると言います。 優柔不断であったり臆病で意見が言えない人から見れば、嫌と言える異性はかっこいいはずです。 自分の足りない部分を補ってもらいつつ相手から何かを得たいと考えます。

ちょっとわがままなくらいの方が可愛らしく見えるから

嫌なことを嫌と言ってしまうのは状況によってはわがままにも見られます。 しかし、異性として見るならちょっとくらいわがままな方が可愛らしく見えたりもするものです。

だだをこねているような子供っぽさを感じ、構いたくなったり世話をしたり言い聞かせたくもなります。 また、わがままな異性はそれだけ自分をさらしてぶつかってきている証拠でもあるため、何だか嬉しくなってしまうんです。

気の強い異性を自分色に染めたくなるから

嫌なことを嫌だと言ってしまう気の強い異性を自分色に染めたくなるという人もいます。 面倒なヤツと思うからこそそんな相手を自分の虜にして夢中にさせ、優越感に浸りたいのです。

自分に自信がある人なら手に入りやすい異性なんて飽き飽きしています。 次あたりは厄介そうな異性を染めてやろうかな、と思うのも頷けますね。

自分が困っている時に的確なアドバイスがもらえそうだから

嫌なことは嫌と言っている異性の姿を見た時、自分が困っている時に的確なアドバイスがもらえそうだと期待してしまいます。

あんな風にはっきり言ってくれたら迷わずに済むのに…と感じたり、あんな風に自分の意思をしっかり持てばいいのか!と参考になったりします。 そして、自分を支えるパートナーとして迎え入れたくなります。 心強い恋人が欲しいと感じるのは男性も女性も同じではないでしょうか。

将来結婚していい親になりそうだから

嫌なことは嫌と言える人は、ダメなこともダメときっぱり言えるでしょう。 それは親として大切なことであり、将来その相手と結婚まで想像した時にいい親の姿を思い浮かべることができます。

結婚をしたいと思えるほどの相手ならそこまでのことも考えるのは当然です。 そして、将来が楽しみになって真剣な交際をスタートさせたくなります。

人に騙されず悔いのない人生を送りそうだから

嫌なことは嫌と言えるなら人に騙されて借金を背負わされたりするような目にもあわないはずですね。 悔いのない人生を送ることができそうな、しっかり者であるような印象を受けます。 そんな人でなければ危うくて自分まで巻き込まれてしまう心配があります。

もし一度でもそんな目にあったことがあるのなら気にしてしまう部分です。 次にまた騙されそうになった時にも助けてもらえそうですし、自分にとって必要な人だと感じることでしょう。

考えていることがわかる異性との恋愛は安心感があるから

恥ずかしがりやさんや遠慮ばかりする相手は奥ゆかしいともとれますが何を考えているかわからないとも言え、付き合っていてもどこか自信が持てません。

本当にいいと思っているのか、自分と一緒にいて楽しいのか、探りながらの交際はストレスにもなり相手への不信感で気持ちが冷めてしまうこともあります。 しかし、嫌なことを嫌と言えるようなさっぱりした相手ならそんな心配もなく、むしろ安心感があります。 相手の考えていることがわかるおかげで堂々とぶつかることができ、問題点があってもすぐに解決しようと努力できます。

自分のことが好きだという確信が持てるから

嫌なことを嫌と言えるなら告白した時にOKしてくれた言葉にウソ偽りがないということです。 そのため、断りにくかったからなんとなく付き合ったなどと後から言われることもなく、自分のことが好きなんだという確信が持てます。

愛されているという確信がないとわだかまりが生じ、付き合っていても楽しいものにはなりません。 愛し愛されていると自信を持って言える相手がモテる異性ということです。

嫌なことは嫌と言えることは大切なことですが、いつどんな時でもそうであるとただのわがままな人になってしまいます。

モテるような魅力とするならば場をわきまえ、相手の気持ちも考慮した上で上手に伝えることができる必要があるでしょう。 そんな人は友達としても恋人としても尊敬され、性別問わずモテるはずです。
憧れの存在ですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-