【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092757.html
遠距離恋愛で心配に思うこと10選

遠距離恋愛で心配に思うこと10選 | LADYCO

LADYCO
遠距離恋愛で心配に思うこと10選

遠距離恋愛は会えない寂しさだけではなく心配に思ってしまうこともたくさんあります。

それはどんなことでしょうか。

  • 相手が浮気をしていないかどうか
  • 会いに来る時や行く時に事故に遭わないかどうか
  • 通信費用がかかること
  • 相手が健康的に生活を送っているかどうか
  • 遠距離恋愛に疲れ始めていないかどうか
  • こちらの浮気を疑っていないかどうか
  • 向こうに本命の恋人がいるかもしれない
  • 自分と一緒じゃない時の方が楽しんでいるかもしれない
  • 常に連絡を待たれているようでプレッシャーになる
  • いつまでこの関係が続くのかということ
  • まとめ

1. 相手が浮気をしていないかどうか

相手が浮気をしていないかどうか

遠距離恋愛中は相手が浮気をしていないかどうかという心配が常に頭の中から離れません。

なぜならいつも会えるわけでもないですし、偶然見かけることもないので相手の様子がわからないからです。

また、電話やメールでのやりとりでは本音がわかりにくいため、話をしていても気持ちが見えない時があります。

それらのせいで勝手に不安になったり思い込むことが増え、言葉を誤解して受け取ってしまうこともあります。

2. 会いに来る時や行く時に事故に遭わないかどうか

会いに来る時や行く時に事故に遭わないかどうか

遠距離恋愛ではどちらかが会いに行く際に事故に遭う心配もあります。

距離が遠い分移動にも時間がかかりますし、飛行機なら天気によってトラブルが起きたり車なら交通事故の心配がありますね。

特に雨の日や雪の日はどうしてものんびりというわけにはいきません。

会いたいはずなのに会うことがストレスになり、自分から会いに行くのが面倒になることもあります。

3. 通信費用がかかること

通信費用がかかること

遠距離恋愛では会えない分電話やメールでの連絡が増えます。

そうすると当然通話料や通信費がかかり、学生や収入の少ないカップルにおいては生活にも影響が出ます。

こちらがいくら心配してもお金のことは言いにくいので相手に正直に言えないこともあり、向こうが苦労していることに気づけないということもあるので気をつけなくてはいけません。

どちらかだけが負担にならないよう、バランスよく連絡をし合うというのもうまくいくコツです。

4. 相手が健康的に生活を送っているかどうか

相手が健康的に生活を送っているかどうか

遠距離恋愛では相手の生活状況や顔色なども把握しにくく、健康的に生活を送っているかどうかもよくわかりません。

恋人の束縛がないせいで友達と飲み歩いているかもしれませんし、体調が悪くても看病してくれる人がいないせいで栄養をとらずにぐったり寝てばかりいることもあるでしょう。

そばに恋人がいれば病院に行くようアドバイスをしたり看病をしてあげることができますし、何よりもひどくなる前に気づいてあげることができます。

それができないのは大きな心配のポイントです。

5. 遠距離恋愛に疲れ始めていないかどうか

遠距離恋愛に疲れ始めていないかどうか

自分が遠距離恋愛に疲れや不満を感じる時があるように、相手だってそんな時があるのかもしれません。

電話越しの声が明るくても電話を切ったらため息をついているのかも…という心配が生れます。

それはお互いに遠距離恋愛を頑張って我慢している状況なので理解し合える部分ですが、わかるからこそ余計に心配し過ぎると相手に重荷になったり誤解してしまうこともあります。

悲観的になりすぎて勝手に幸せを壊さないようにしないければいけません。

6. こちらの浮気を疑っていないかどうか

こちらの浮気を疑っていないかどうか

遊びに行ったり仕事や学校で忙しいだけなのになぜか機嫌が悪くなる恋人の理由を考えてみると、こちらの浮気を疑って怒っているのかもしれませんね。

いくら浮気じゃないと言ったって見えないことで信じてもらえないこともありますし、過去に浮気をしたことがあるならなかなか信用してもらえないでしょう。

浮気とまで思われていなくてもやきもちをやかれることは増えます。

そうやって相手を苦しめているという心配もあるのです。

7. 向こうに本命の恋人がいるかもしれない

向こうに本命の恋人がいるかもしれない

自分は本命の恋人のつもりでも、もしかすると都合のいい遊び相手かもしれないと思ってしまうことがあります。

遊びだから遠距離恋愛でも成立している…そう考え始めたらどんどん不安になっていき、相手を信用することも難しくなるでしょう。

向こうに本命の恋人がいるかもしれないなんて不安を感じ始めると、デートの時すら楽しめなくなり、そのうち遠距離恋愛がどうでもいい存在になっていきます。

会えないからこそ信じるしかないと強く思うしかありません。

8. 自分と一緒じゃない時の方が楽しんでいるかもしれない

自分と一緒じゃない時の方が楽しんでいるかもしれない

会っていないのでわかりませんが、もしかすると自分と一緒じゃない時の相手はもっと楽しそうにしているかもしれません。

その相手が異性かもしれませんし、恋愛よりも趣味や仕事が好きな人かもしれないと思ったりもします。

やきもちの対象が増えて気持ちがコントロールできなくなり、誤解したままケンカが増えてしまうカップルもいるのではないでしょうか。

そう思うのは自分もそうだからなのかもしれませんが、なかなか会えないから恋愛以外も充実させることができると考え方を変えてみるべきです。

9. 常に連絡を待たれているようでプレッシャーになる

常に連絡を待たれているようでプレッシャーになる

遠距離恋愛では電話やメールが相手との最大のコミュニケーションツールになる場合が多いですね。

そして、連絡はまだかと待たれているようなプレッシャーを感じ、連絡しておかないとという使命感で連絡を取ってしまうことがあります。

会えないせいで関係がギクシャクしがちになり、お互いに変な気を遣ってしまうんです。

さらに遠距離という負い目で連絡だけでも頻繁に取らないとという焦りもあります。

10. いつまでこの関係が続くのかということ

いつまでこの関係が続くのかということ

遠距離恋愛をしているカップルは、期間が決まっていればお互いの強い気持ちで乗り切ろうとすることができます。

しかし、いつまでも終わる気配がないようであればこの関係はいつまで続くのか、続けていけるのかと心配になってきます。

相手はどう思っているのか、こっちに来るつもりはあるのか、いっそのこと結婚してしまうべきなのか、仕事を変えるべきなのか…というように、お互いがそばにいられるように何かを無理してみようかという考えも生まれるので悩みは尽きません。

まとめ

遠距離恋愛は寂しいだけではなくお金もかかりますし、相手への信頼がなければやってはいけません。

しかし、会えないからこそ会った時の喜びや刺激も大きいので新鮮な気持ちで仲良くいられることもあります。

遠距離恋愛を楽しむにはまずは強く愛し合うことです。

そして、遠距離恋愛が辛いと感じた相手を大きな心で受け止める覚悟が必要でしょう。

時には無理をして長時間の電話に付き合ったり、何とか会いに行く時間を作ることもしていかないと難しい時もあると知っておいてください。

遠距離恋愛は会えない寂しさだけではなく心配に思ってしまうこともたくさんあります。

それはどんなことでしょうか。


相手が浮気をしていないかどうか

遠距離恋愛中は相手が浮気をしていないかどうかという心配が常に頭の中から離れません。

なぜならいつも会えるわけでもないですし、偶然見かけることもないので相手の様子がわからないからです。

また、電話やメールでのやりとりでは本音がわかりにくいため、話をしていても気持ちが見えない時があります。

それらのせいで勝手に不安になったり思い込むことが増え、言葉を誤解して受け取ってしまうこともあります。

会いに来る時や行く時に事故に遭わないかどうか

遠距離恋愛ではどちらかが会いに行く際に事故に遭う心配もあります。

距離が遠い分移動にも時間がかかりますし、飛行機なら天気によってトラブルが起きたり車なら交通事故の心配がありますね。

特に雨の日や雪の日はどうしてものんびりというわけにはいきません。

会いたいはずなのに会うことがストレスになり、自分から会いに行くのが面倒になることもあります。

通信費用がかかること

遠距離恋愛では会えない分電話やメールでの連絡が増えます。

そうすると当然通話料や通信費がかかり、学生や収入の少ないカップルにおいては生活にも影響が出ます。

こちらがいくら心配してもお金のことは言いにくいので相手に正直に言えないこともあり、向こうが苦労していることに気づけないということもあるので気をつけなくてはいけません。

どちらかだけが負担にならないよう、バランスよく連絡をし合うというのもうまくいくコツです。

相手が健康的に生活を送っているかどうか

遠距離恋愛では相手の生活状況や顔色なども把握しにくく、健康的に生活を送っているかどうかもよくわかりません。

恋人の束縛がないせいで友達と飲み歩いているかもしれませんし、体調が悪くても看病してくれる人がいないせいで栄養をとらずにぐったり寝てばかりいることもあるでしょう。

そばに恋人がいれば病院に行くようアドバイスをしたり看病をしてあげることができますし、何よりもひどくなる前に気づいてあげることができます。

それができないのは大きな心配のポイントです。

遠距離恋愛に疲れ始めていないかどうか

自分が遠距離恋愛に疲れや不満を感じる時があるように、相手だってそんな時があるのかもしれません。

電話越しの声が明るくても電話を切ったらため息をついているのかも…という心配が生れます。

それはお互いに遠距離恋愛を頑張って我慢している状況なので理解し合える部分ですが、わかるからこそ余計に心配し過ぎると相手に重荷になったり誤解してしまうこともあります。

悲観的になりすぎて勝手に幸せを壊さないようにしないければいけません。

こちらの浮気を疑っていないかどうか

遊びに行ったり仕事や学校で忙しいだけなのになぜか機嫌が悪くなる恋人の理由を考えてみると、こちらの浮気を疑って怒っているのかもしれませんね。

いくら浮気じゃないと言ったって見えないことで信じてもらえないこともありますし、過去に浮気をしたことがあるならなかなか信用してもらえないでしょう。

浮気とまで思われていなくてもやきもちをやかれることは増えます。

そうやって相手を苦しめているという心配もあるのです。

向こうに本命の恋人がいるかもしれない

自分は本命の恋人のつもりでも、もしかすると都合のいい遊び相手かもしれないと思ってしまうことがあります。

遊びだから遠距離恋愛でも成立している…そう考え始めたらどんどん不安になっていき、相手を信用することも難しくなるでしょう。

向こうに本命の恋人がいるかもしれないなんて不安を感じ始めると、デートの時すら楽しめなくなり、そのうち遠距離恋愛がどうでもいい存在になっていきます。

会えないからこそ信じるしかないと強く思うしかありません。

自分と一緒じゃない時の方が楽しんでいるかもしれない

会っていないのでわかりませんが、もしかすると自分と一緒じゃない時の相手はもっと楽しそうにしているかもしれません。

その相手が異性かもしれませんし、恋愛よりも趣味や仕事が好きな人かもしれないと思ったりもします。

やきもちの対象が増えて気持ちがコントロールできなくなり、誤解したままケンカが増えてしまうカップルもいるのではないでしょうか。

そう思うのは自分もそうだからなのかもしれませんが、なかなか会えないから恋愛以外も充実させることができると考え方を変えてみるべきです。

常に連絡を待たれているようでプレッシャーになる

遠距離恋愛では電話やメールが相手との最大のコミュニケーションツールになる場合が多いですね。

そして、連絡はまだかと待たれているようなプレッシャーを感じ、連絡しておかないとという使命感で連絡を取ってしまうことがあります。

会えないせいで関係がギクシャクしがちになり、お互いに変な気を遣ってしまうんです。

さらに遠距離という負い目で連絡だけでも頻繁に取らないとという焦りもあります。

いつまでこの関係が続くのかということ

遠距離恋愛をしているカップルは、期間が決まっていればお互いの強い気持ちで乗り切ろうとすることができます。

しかし、いつまでも終わる気配がないようであればこの関係はいつまで続くのか、続けていけるのかと心配になってきます。

相手はどう思っているのか、こっちに来るつもりはあるのか、いっそのこと結婚してしまうべきなのか、仕事を変えるべきなのか…というように、お互いがそばにいられるように何かを無理してみようかという考えも生まれるので悩みは尽きません。

遠距離恋愛は寂しいだけではなくお金もかかりますし、相手への信頼がなければやってはいけません。

しかし、会えないからこそ会った時の喜びや刺激も大きいので新鮮な気持ちで仲良くいられることもあります。

遠距離恋愛を楽しむにはまずは強く愛し合うことです。

そして、遠距離恋愛が辛いと感じた相手を大きな心で受け止める覚悟が必要でしょう。

時には無理をして長時間の電話に付き合ったり、何とか会いに行く時間を作ることもしていかないと難しい時もあると知っておいてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-