【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135704.html
遠距離恋愛に不安はつきもの!おすすめの相談相手7選

遠距離恋愛に不安はつきもの!おすすめの相談相手7選 | LADYCO

LADYCO
遠距離恋愛に不安はつきもの!おすすめの相談相手7選

遠距離恋愛に不安はつきもの!おすすめの相談相手を7選まとめました。

  • 共通の友人
  • 親友
  • 遠距離恋愛の経験者
  • 異性の友人
  • 相手の家族
  • 相手の親友
  • 恋人本人

1. 共通の友人

共通の友人

遠距離恋愛破局を迎えるケースが多いといいますが、その原因は距離を超えられないことにあるようです。

悩みも多い遠距離恋愛ですが、身近な人に相談できれば気持ちも幾分軽くなることでしょう。

相談相手の適役なのは、遠距離恋愛中のふたりにとって共通の友人です。

これは遠距離に限らずに言えることですが、どうしてもお互いの要求が強くなってしまう恋愛関係において、中立な立場で客観的な意見をくれるひとは貴重な存在になります。

共通の友人であれば、双方の人柄も知っているため、相談話はスムーズに伝わるでしょう。

2. 親友

親友

親友がいる人は、誰よりも自分のことを理解してくれているその人に相談すると良いでしょう。

恋愛の話は親やきょうだいなどの家族には話しづらい部分が多いものですが、親友には話せてしまうので不思議です。

ただの友人関係を超えた親友という存在は、しっかりとした信頼関係が軸にあります。

お悩みごとについては、恋愛に限らず、どんなことでも相談して良いでしょう。

自分に厳しい意見をくれる人はそう多くはないことも忘れてはいけません。

3. 遠距離恋愛の経験者

遠距離恋愛の経験者

遠距離恋愛の末、見事ゴールインしたカップルだけでなく、残念ながらお別れしてしまった人であっても、経験者のお話は聞いてみて損はありません。

うまくゆくための秘訣は、失敗からヒントを得られることも多いからです。

現状でうまくいっているカップルでも、今後訪れるかもしれない問題についてうまく乗り越えて行けるように経験談を知識にすると良いでしょう。

4. 異性の友人

異性の友人

恋愛中には喧嘩がつきものです。

まったくトラブルなく常に仲良く過ごしているカップルの方が少ないでしょう。

男女の考えには大きな違いがあり、お互いの言動とその真意が伝わらないことが原因になることも多いのです。

恋人には素直に伝えられないことも、第三者には自分の思いを伝えられることもあるでしょう。

相談相手もまた、自分の恋愛経験を踏まえて友人にアドバイスできることがあるはずです。

相手の気持ちがわからないときは、身近な異性の友人に相談してみるのもひとつの手です。

5. 相手の家族

相手の家族

恋愛においては別れがつきものです。

一度は親密になったふたりに訪れれる別れはとてもつらく悲しいものです。

一方で、近い距離にいながら別れが起こりにくいのは家族という関係で、少なくとも恋人同士のような理由で別れが起こることはありません。

相手の家族は将来自分の家族になるかも知れない存在です。

結婚を意識しているカップルならば、恋人の家族を味方につけてしまえば、これ以上心強い存在はありません。

6. 相手の親友

相手の親友

遠距離恋愛に限らず、恋人の交友関係を把握していたり面識があることは安心感につながります。

お互いに親しい友人と顔見知りになっておけば、問題が発生したときに相談したり、仲裁をお願いすることもできるでしょう。

ふたりが恋人同士であることをオープンにしておくことは、お互いの不安を取り除く作用も期待できます。

ふたりを応援してくれる人はひとりでも多いほうが良いでしょう。

7. 恋人本人

恋愛のお悩みは、周囲の親しい人にするという考えが一般的ですが、中には恋愛相談そのものを人にはしないという人もいます。

自身の恋愛について人に知られることを嫌う人も少なくありませんが、相談をしても無駄だと感じている人も多いでしょう。

恋人といるときにだけ見せる一面を持つ人も珍しくありません。

恋人同士や夫婦間のことは、ふたりにしかわからないという言葉も良く耳にしますが、ふたり以外の人に事情を説明しても伝わらないこともあるでしょう。

自分自身の正直な気持ちを相手に伝えるという意味でも、恋人本人に相談するという方法もあるのです。

遠距離恋愛に不安はつきもの!おすすめの相談相手を7選まとめました。


共通の友人

遠距離恋愛破局を迎えるケースが多いといいますが、その原因は距離を超えられないことにあるようです。

悩みも多い遠距離恋愛ですが、身近な人に相談できれば気持ちも幾分軽くなることでしょう。

相談相手の適役なのは、遠距離恋愛中のふたりにとって共通の友人です。

これは遠距離に限らずに言えることですが、どうしてもお互いの要求が強くなってしまう恋愛関係において、中立な立場で客観的な意見をくれるひとは貴重な存在になります。

共通の友人であれば、双方の人柄も知っているため、相談話はスムーズに伝わるでしょう。

親友

親友がいる人は、誰よりも自分のことを理解してくれているその人に相談すると良いでしょう。

恋愛の話は親やきょうだいなどの家族には話しづらい部分が多いものですが、親友には話せてしまうので不思議です。

ただの友人関係を超えた親友という存在は、しっかりとした信頼関係が軸にあります。

お悩みごとについては、恋愛に限らず、どんなことでも相談して良いでしょう。

自分に厳しい意見をくれる人はそう多くはないことも忘れてはいけません。

遠距離恋愛の経験者

遠距離恋愛の末、見事ゴールインしたカップルだけでなく、残念ながらお別れしてしまった人であっても、経験者のお話は聞いてみて損はありません。

うまくゆくための秘訣は、失敗からヒントを得られることも多いからです。

現状でうまくいっているカップルでも、今後訪れるかもしれない問題についてうまく乗り越えて行けるように経験談を知識にすると良いでしょう。

異性の友人

恋愛中には喧嘩がつきものです。

まったくトラブルなく常に仲良く過ごしているカップルの方が少ないでしょう。

男女の考えには大きな違いがあり、お互いの言動とその真意が伝わらないことが原因になることも多いのです。

恋人には素直に伝えられないことも、第三者には自分の思いを伝えられることもあるでしょう。

相談相手もまた、自分の恋愛経験を踏まえて友人にアドバイスできることがあるはずです。

相手の気持ちがわからないときは、身近な異性の友人に相談してみるのもひとつの手です。

相手の家族

恋愛においては別れがつきものです。

一度は親密になったふたりに訪れれる別れはとてもつらく悲しいものです。

一方で、近い距離にいながら別れが起こりにくいのは家族という関係で、少なくとも恋人同士のような理由で別れが起こることはありません。

相手の家族は将来自分の家族になるかも知れない存在です。

結婚を意識しているカップルならば、恋人の家族を味方につけてしまえば、これ以上心強い存在はありません。

相手の親友

遠距離恋愛に限らず、恋人の交友関係を把握していたり面識があることは安心感につながります。

お互いに親しい友人と顔見知りになっておけば、問題が発生したときに相談したり、仲裁をお願いすることもできるでしょう。

ふたりが恋人同士であることをオープンにしておくことは、お互いの不安を取り除く作用も期待できます。

ふたりを応援してくれる人はひとりでも多いほうが良いでしょう。

恋愛のお悩みは、周囲の親しい人にするという考えが一般的ですが、中には恋愛相談そのものを人にはしないという人もいます。

自身の恋愛について人に知られることを嫌う人も少なくありませんが、相談をしても無駄だと感じている人も多いでしょう。

恋人といるときにだけ見せる一面を持つ人も珍しくありません。

恋人同士や夫婦間のことは、ふたりにしかわからないという言葉も良く耳にしますが、ふたり以外の人に事情を説明しても伝わらないこともあるでしょう。

自分自身の正直な気持ちを相手に伝えるという意味でも、恋人本人に相談するという方法もあるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-