【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513113816.html
遠距離で連絡のない彼氏から連絡をさせる10選

遠距離で連絡のない彼氏から連絡をさせる10選 | LADYCO

LADYCO
遠距離で連絡のない彼氏から連絡をさせる10選

遠距離で連絡のない彼氏から連絡をさせるためにできることまとめました。

遠距離で寂しいのに連絡がないと余計に寂しいですよね...そんなときの対処方法になります。

  • メールで何気に寂しさをお知らせする
  • 冗談交じりに彼氏に伝える
  • 気遣う気持ちで接してみる
  • 自分の危険性を猛アピールしてみる
  • 相手の趣味に入り込む
  • 忙しい彼氏の仕事の間に連絡をしてみる
  • さり気なく連絡をしてすぐに切る
  • 二人の思い出を彼氏に伝えてみる
  • イベントごとに手紙などを送ってみる
  • 素直に連絡をしてくれと言ってしまう

1. メールで何気に寂しさをお知らせする

メールで何気に寂しさをお知らせする

遠距離で連絡がなければ寂しくて仕方なく気持ちも不安で一杯になることでしょう。

そんなとき彼氏からの連絡を待ち続けるよりもこちらから素直な気持ちで伝えてみるのもいいでしょう。

単純に今すごく寂しいという気持ちを彼氏に伝えればいいだけのことですし、彼氏もそれに気づいてきっと連絡をしてくれるはずです。

ただそれに味を占めて頻繁にやってしまうと今度は逆効果になる可能性も考えておくことです。

2. 冗談交じりに彼氏に伝える

冗談交じりに彼氏に伝える

冗談は時に便利な方法でもあります。

ですから冗談ぽく寂しいなという気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

軽い冗談交じりな言い方は相手にとってちょっとした笑いを生まれさせます。

安易に落ち込んで寂しさを知らせるとどうしても重さを感じてしまいますので、それよりも何で連絡しないのよって冗談交じりに彼氏に伝えれば面倒臭さを感じさせずに分かった分かった今度からちゃんと連絡するよと明るく返事を返してくれるはずです。

3. 気遣う気持ちで接してみる

気遣う気持ちで接してみる

気遣うといっても状況や場面は様々、例えば彼氏の身体のこと、生活のことなどに対して大丈夫という気遣う気持ちを重視してメールをしてみるのもいい方法です。

最近は忙しいのか、または身体大丈夫など気遣うというのは男性にとってすごく嬉しいことでもあります。

そうなれば彼氏も気遣ってくれてると思いすぐに連絡をしてくれることもありますが、本当に忙しければ返信が無くても急がさないことが重要です。

4. 自分の危険性を猛アピールしてみる

自分の危険性を猛アピールしてみる

遠距離してるだけでも気が気でなくなりそうなのに、連絡もほとんどない彼氏ともなれば対処しなければいけません。

方法としては自分の危険をアピールしてみること、例えば風邪を引いてすごく辛いなど連絡をしてみること、あなたしか頼る人がいないことを伝えるのも大事です。

ですが気をつけたいのはあまりにも遅い時間帯だと逆に不安を与えてしまうだけになりますから、その辺は注意することとウソは決していけません。

5. 相手の趣味に入り込む

相手の趣味に入り込む

彼氏に趣味があればそれは連絡をするチャンスでもあります。

彼氏が好きなスポーツの話題を伝えてみたり、新しく出た商品などの話題も食いつきやすいキーワードでもあります。

とにかく彼氏の趣味に合わせたことを伝えてみると意外に反応も早かったりしますので、彼氏の好きなことを理解することと学ぶことはやっておきましょう。

そうすればちょっとくらいのマニアックなことにも返事することができるはずです。

6. 忙しい彼氏の仕事の間に連絡をしてみる

忙しい彼氏の仕事の間に連絡をしてみる

仕事をしてるときは当然ですがすぐに連絡をすることもできません。

けれども今すぐに返事をもらうことが目的ではありません。

これは相手に自分のことを知らせるための対処方法になります。

仕事中に連絡することは何かあったのか、連絡しなければと思わせることができますが、ただ限定的にしなければ彼氏も面倒になってしまうかもしれません。

7. さり気なく連絡をしてすぐに切る

さり気なく連絡をしてすぐに切る

単純に彼氏の声を聞きたくなった、ただそれだけのことを彼氏に伝えてみるのもいいでしょう。

その際にはあまり長電話にしないように心がけること、彼氏にしてみれば忙しいのかもしれませんから、ちょっとだけ声を聞きたくなったのと、それを伝え早々に電話を切ってしまいましょう。

そうすると彼氏も可愛いところがあるんだなと思ってくれるだろうし、同じように連絡をしてくれることもあるかもしれません。

8. 二人の思い出を彼氏に伝えてみる

二人の思い出を彼氏に伝えてみる

彼氏は忙しく遠距離、しかも連絡もなければ寂しさは募るばかりでしょう。

そんなとき二人の思い出をもしSNSなどを登録されてるのあれば、お互いの写真などを見てそれにコメントをするのもいいでしょう。

お互いの生活の中で感想を送ればきっと彼氏も満足してコメントをつけてくれるはずです。

なので遠距離で連絡のない彼氏なら自分から進んでコメントするようにしましょう。

9. イベントごとに手紙などを送ってみる

イベントごとに手紙などを送ってみる

イベントといっても一年の間にたくさんありますが、特に重要なポイントは大きなイベントがあるとき、遠距離恋愛だとこれ以上の効果的な方法はないでしょう。

それが手紙です。

一見して古い方法に見えますが、逆に新鮮味があり、今の時代に手紙というのもオシャレで何よりも自分が書いた文字というのが彼氏にとっては嬉しいことでしょう。

もちろん日常のことを手紙にするのも十分効果のある方法でもあります。

10. 素直に連絡をしてくれと言ってしまう

煩わしいことは一切抜きで、直接彼氏に連絡するように交渉してみることです。

遠距離で連絡のない彼氏だからこそ自分の不安さを直接伝えることは彼氏が本当に想ってるのであれば、その気持ちに答えてくれる今後は定期的に連絡をしてくれるはずです。

もしそれでも変わるようなことがなければ、そのときは付き合ってるのを考え直すときでもありますから、ここはまず自分の本音を伝えはっきりさせてしまいましょう。

遠距離で連絡のない彼氏から連絡をさせるためにできることまとめました。

遠距離で寂しいのに連絡がないと余計に寂しいですよね...そんなときの対処方法になります。


メールで何気に寂しさをお知らせする

遠距離で連絡がなければ寂しくて仕方なく気持ちも不安で一杯になることでしょう。

そんなとき彼氏からの連絡を待ち続けるよりもこちらから素直な気持ちで伝えてみるのもいいでしょう。

単純に今すごく寂しいという気持ちを彼氏に伝えればいいだけのことですし、彼氏もそれに気づいてきっと連絡をしてくれるはずです。

ただそれに味を占めて頻繁にやってしまうと今度は逆効果になる可能性も考えておくことです。

冗談交じりに彼氏に伝える

冗談は時に便利な方法でもあります。

ですから冗談ぽく寂しいなという気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

軽い冗談交じりな言い方は相手にとってちょっとした笑いを生まれさせます。

安易に落ち込んで寂しさを知らせるとどうしても重さを感じてしまいますので、それよりも何で連絡しないのよって冗談交じりに彼氏に伝えれば面倒臭さを感じさせずに分かった分かった今度からちゃんと連絡するよと明るく返事を返してくれるはずです。

気遣う気持ちで接してみる

気遣うといっても状況や場面は様々、例えば彼氏の身体のこと、生活のことなどに対して大丈夫という気遣う気持ちを重視してメールをしてみるのもいい方法です。

最近は忙しいのか、または身体大丈夫など気遣うというのは男性にとってすごく嬉しいことでもあります。

そうなれば彼氏も気遣ってくれてると思いすぐに連絡をしてくれることもありますが、本当に忙しければ返信が無くても急がさないことが重要です。

自分の危険性を猛アピールしてみる

遠距離してるだけでも気が気でなくなりそうなのに、連絡もほとんどない彼氏ともなれば対処しなければいけません。

方法としては自分の危険をアピールしてみること、例えば風邪を引いてすごく辛いなど連絡をしてみること、あなたしか頼る人がいないことを伝えるのも大事です。

ですが気をつけたいのはあまりにも遅い時間帯だと逆に不安を与えてしまうだけになりますから、その辺は注意することとウソは決していけません。

相手の趣味に入り込む

彼氏に趣味があればそれは連絡をするチャンスでもあります。

彼氏が好きなスポーツの話題を伝えてみたり、新しく出た商品などの話題も食いつきやすいキーワードでもあります。

とにかく彼氏の趣味に合わせたことを伝えてみると意外に反応も早かったりしますので、彼氏の好きなことを理解することと学ぶことはやっておきましょう。

そうすればちょっとくらいのマニアックなことにも返事することができるはずです。

忙しい彼氏の仕事の間に連絡をしてみる

仕事をしてるときは当然ですがすぐに連絡をすることもできません。

けれども今すぐに返事をもらうことが目的ではありません。

これは相手に自分のことを知らせるための対処方法になります。

仕事中に連絡することは何かあったのか、連絡しなければと思わせることができますが、ただ限定的にしなければ彼氏も面倒になってしまうかもしれません。

さり気なく連絡をしてすぐに切る

単純に彼氏の声を聞きたくなった、ただそれだけのことを彼氏に伝えてみるのもいいでしょう。

その際にはあまり長電話にしないように心がけること、彼氏にしてみれば忙しいのかもしれませんから、ちょっとだけ声を聞きたくなったのと、それを伝え早々に電話を切ってしまいましょう。

そうすると彼氏も可愛いところがあるんだなと思ってくれるだろうし、同じように連絡をしてくれることもあるかもしれません。

二人の思い出を彼氏に伝えてみる

彼氏は忙しく遠距離、しかも連絡もなければ寂しさは募るばかりでしょう。

そんなとき二人の思い出をもしSNSなどを登録されてるのあれば、お互いの写真などを見てそれにコメントをするのもいいでしょう。

お互いの生活の中で感想を送ればきっと彼氏も満足してコメントをつけてくれるはずです。

なので遠距離で連絡のない彼氏なら自分から進んでコメントするようにしましょう。

イベントごとに手紙などを送ってみる

イベントといっても一年の間にたくさんありますが、特に重要なポイントは大きなイベントがあるとき、遠距離恋愛だとこれ以上の効果的な方法はないでしょう。

それが手紙です。

一見して古い方法に見えますが、逆に新鮮味があり、今の時代に手紙というのもオシャレで何よりも自分が書いた文字というのが彼氏にとっては嬉しいことでしょう。

もちろん日常のことを手紙にするのも十分効果のある方法でもあります。

煩わしいことは一切抜きで、直接彼氏に連絡するように交渉してみることです。

遠距離で連絡のない彼氏だからこそ自分の不安さを直接伝えることは彼氏が本当に想ってるのであれば、その気持ちに答えてくれる今後は定期的に連絡をしてくれるはずです。

もしそれでも変わるようなことがなければ、そのときは付き合ってるのを考え直すときでもありますから、ここはまず自分の本音を伝えはっきりさせてしまいましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-