【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104237.html
パティシエに向いている人の特徴

パティシエに向いている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
パティシエに向いている人の特徴

パティシエになると、本当にたくさんのお菓子に囲まれて仕事をすることになります。

どんな人に適性があるのでしょうか。

  • お菓子がとにかく好きな人
  • 毎日コツコツと、同じ作業を当たり前にできる人
  • 体力がある人
  • 試行錯誤が好きな人
  • アレルギー対応など細かな配慮ができる人
  • 感性を磨き続けられる人
  • 道具を大事にできる人
  • 指導できる人
  • まとめ

1. お菓子がとにかく好きな人

お菓子がとにかく好きな人

お菓子が好き、お菓子作りが好き、これは絶対条件です。

お菓子のために作業をするので、お菓子が好きでないと務まりません。

毎日お菓子を見ていても苦痛でなく、楽しいと常に思えることが必要な資質のひとつなのです。

お菓子が好きだからこそ、いつかは自分の店を持ちたい、など夢に向かって日々の仕事に前向きに取り組むことができるのです。

2. 毎日コツコツと、同じ作業を当たり前にできる人

毎日コツコツと、同じ作業を当たり前にできる人

洋菓子の製造に大切な計量や、後片付けの掃除など、同じ作業を当たり前に普通にこなすことは意外と労力を使います。

砂糖の量は今日はこれぐらいでいいか。

焼き時間は昨日より少ないけどまぁいいか。

ではプロの仕事といえません。

道具の洗浄もおろそかにしてしまったら、食中毒の原因になったりするでしょう。

毎日、一つ一つの仕事の意味を考えて、地味な作業でも丁寧に続けられる人が成長への近道を手に入れることができるのです。

3. 体力がある人

体力がある人

パティシエの一日は、早朝に出勤してその日の商品を仕上げます。

開店の時間になれば、商品の補充に始まり仕上げに追われ、そして次の日の商品を仕込み、と一日があっという間に終わってしまいます。

お店にもよりますが、接客だってするかもしれません。

クリスマスやバレンタインなどのイベント時期には、寝る間もなく仕込みをしたり、休みがほとんどないことも珍しくありません。

そして一日中立ち仕事な上、重い原料が入った荷物を運び、暑いオーブンの前で汗だくになり、火傷なども日常茶飯事です。

華やかな世界ですが、長く働くためには相当な体力と根性を持ち合わせていないといけないでしょう。

4. 試行錯誤が好きな人

試行錯誤が好きな人

毎日同じお菓子を提供しても、お客様は飽きてしまいます。

なので新しいお菓子を生み出すことも大事な仕事のひとつです。

限られた予算の中で、お客様が喜び、そして売れるお菓子を作っていかなければいけないのです。

時にはうまくいかず悩むことも多いことでしょう。

しかしそれを楽しみ、次はこうしてみようと次々と考えられる精神が必要な資質といえるでしょう。

5. アレルギー対応など細かな配慮ができる人

アレルギー対応など細かな配慮ができる人

食品を扱う仕事なので、常にアレルギーの問題はまとわりつきます。

お菓子の材料には、小麦粉、卵などアレルギーの原因になるものがたくさんあります。

しかし、アレルギーを持った子供でもお菓子は食べたいし、その子の親でも、お菓子やケーキを食べさせたいと思っているに違いありません。

そんな人たちの願いを叶えるべく、アレルゲンを取り除いたお菓子を作るのもパティシエの仕事です。

難題ですが、積極的に、正確に取り組める人が、みんなを幸せにできるのです。

6. 感性を磨き続けられる人

感性を磨き続けられる人

パティシエには、お菓子以外にも好奇心旺盛でいることが大切です。

美的センスを磨くためにも、美術館へ絵画を鑑賞しに行ったり、海外旅行に行って風景を目で見て肌で感じたり、めずらしい食べ物を舌で感じたりします。

普段読まないような本を読むことも感性を磨くことになるでしょう。

センスを磨いて悪いことは何ひとつありません。

幅広いことにアンテナを張り、毎日の生活を充実させることができる人が成功を手にしていくのではないでしょうか。

7. 道具を大事にできる人

道具を大事にできる人

パティシエが使う道具は、何を作るかによって異なります。

クッキーを作るためには抜型が必要になりますし、ケーキを作るためには絞り袋やホイッパーなどが必須です。

そのため、作りたい物に合わせて膨大な量の様々な道具を用意することになるのです。

そんな道具たちをおろそかに扱ってしまったらどうでしょうか。

とてもじゃないけど仕事になりません。

料理人が包丁を命のように大事にするように、道具を大事にできる人でなければいけません。

8. 指導できる人

指導できる人

パティシエになり、修行を積み、一人前と世間から言われるようになったら、次は後輩を指導する人間になっていかなければなりません。

新しいパティシエの卵に指導していく力が求められます。

自分が修行をしている段階で、将来を見越して指導力をみにつけたいと思える人が成功への近道を手にするのかもしれません。

まとめ

女の子の将来なりたい職業常連のパティシエのお仕事は、華やかにみえて実は厳しい世界です。

しかし、お菓子が好きで好きでしょうがないのなら、覚悟を決めて飛び込んでみましょう。

修行の先に素晴らしい世界が待っているのかもしれません。

パティシエになると、本当にたくさんのお菓子に囲まれて仕事をすることになります。

どんな人に適性があるのでしょうか。


お菓子がとにかく好きな人

お菓子が好き、お菓子作りが好き、これは絶対条件です。

お菓子のために作業をするので、お菓子が好きでないと務まりません。

毎日お菓子を見ていても苦痛でなく、楽しいと常に思えることが必要な資質のひとつなのです。

お菓子が好きだからこそ、いつかは自分の店を持ちたい、など夢に向かって日々の仕事に前向きに取り組むことができるのです。

毎日コツコツと、同じ作業を当たり前にできる人

洋菓子の製造に大切な計量や、後片付けの掃除など、同じ作業を当たり前に普通にこなすことは意外と労力を使います。

砂糖の量は今日はこれぐらいでいいか。

焼き時間は昨日より少ないけどまぁいいか。

ではプロの仕事といえません。

道具の洗浄もおろそかにしてしまったら、食中毒の原因になったりするでしょう。

毎日、一つ一つの仕事の意味を考えて、地味な作業でも丁寧に続けられる人が成長への近道を手に入れることができるのです。

体力がある人

パティシエの一日は、早朝に出勤してその日の商品を仕上げます。

開店の時間になれば、商品の補充に始まり仕上げに追われ、そして次の日の商品を仕込み、と一日があっという間に終わってしまいます。

お店にもよりますが、接客だってするかもしれません。

クリスマスやバレンタインなどのイベント時期には、寝る間もなく仕込みをしたり、休みがほとんどないことも珍しくありません。

そして一日中立ち仕事な上、重い原料が入った荷物を運び、暑いオーブンの前で汗だくになり、火傷なども日常茶飯事です。

華やかな世界ですが、長く働くためには相当な体力と根性を持ち合わせていないといけないでしょう。

試行錯誤が好きな人

毎日同じお菓子を提供しても、お客様は飽きてしまいます。

なので新しいお菓子を生み出すことも大事な仕事のひとつです。

限られた予算の中で、お客様が喜び、そして売れるお菓子を作っていかなければいけないのです。

時にはうまくいかず悩むことも多いことでしょう。

しかしそれを楽しみ、次はこうしてみようと次々と考えられる精神が必要な資質といえるでしょう。

アレルギー対応など細かな配慮ができる人

食品を扱う仕事なので、常にアレルギーの問題はまとわりつきます。

お菓子の材料には、小麦粉、卵などアレルギーの原因になるものがたくさんあります。

しかし、アレルギーを持った子供でもお菓子は食べたいし、その子の親でも、お菓子やケーキを食べさせたいと思っているに違いありません。

そんな人たちの願いを叶えるべく、アレルゲンを取り除いたお菓子を作るのもパティシエの仕事です。

難題ですが、積極的に、正確に取り組める人が、みんなを幸せにできるのです。

感性を磨き続けられる人

パティシエには、お菓子以外にも好奇心旺盛でいることが大切です。

美的センスを磨くためにも、美術館へ絵画を鑑賞しに行ったり、海外旅行に行って風景を目で見て肌で感じたり、めずらしい食べ物を舌で感じたりします。

普段読まないような本を読むことも感性を磨くことになるでしょう。

センスを磨いて悪いことは何ひとつありません。

幅広いことにアンテナを張り、毎日の生活を充実させることができる人が成功を手にしていくのではないでしょうか。

道具を大事にできる人

パティシエが使う道具は、何を作るかによって異なります。

クッキーを作るためには抜型が必要になりますし、ケーキを作るためには絞り袋やホイッパーなどが必須です。

そのため、作りたい物に合わせて膨大な量の様々な道具を用意することになるのです。

そんな道具たちをおろそかに扱ってしまったらどうでしょうか。

とてもじゃないけど仕事になりません。

料理人が包丁を命のように大事にするように、道具を大事にできる人でなければいけません。

指導できる人

パティシエになり、修行を積み、一人前と世間から言われるようになったら、次は後輩を指導する人間になっていかなければなりません。

新しいパティシエの卵に指導していく力が求められます。

自分が修行をしている段階で、将来を見越して指導力をみにつけたいと思える人が成功への近道を手にするのかもしれません。

女の子の将来なりたい職業常連のパティシエのお仕事は、華やかにみえて実は厳しい世界です。

しかし、お菓子が好きで好きでしょうがないのなら、覚悟を決めて飛び込んでみましょう。

修行の先に素晴らしい世界が待っているのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-