【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517172301.html
アロマセラピストに向いている人の特徴

アロマセラピストに向いている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
アロマセラピストに向いている人の特徴

アロマセラピストとして働くにはどんな人が向いているのか気になります。

どんな性格の人が有利に立てるのでしょうか。

  • お客さんと接するのが好き
  • 気遣いが行える
  • 良い匂いに囲まれて仕事をしたい
  • 喜んでもらうのが好き
  • リラックスしながら仕事をしたい
  • 繊細な気質を持っている
  • 吸収力が高い人
  • プライベートを仕事に持ち出さない
  • まとめ

1. お客さんと接するのが好き

お客さんと接するのが好き

アロマセラピストは接客業であり、お客さんと接する機会が非常に多いです。

人と触れ合うのが苦手な人は残念ながらアロマセラピストに向いていません。

人と話すのが昔から好きで、仕事として取り入れたいと感じている人こそ向いていると言えます。

2. 気遣いが行える

気遣いが行える

お客さんに対して気遣いが行え、何をして欲しいのか直ぐに察知できる人です。

常に相手の気持ちになって立つことが重要で、言いたいことをなかなか切り出せないお客さんもいます。

そのようなお客さんの心を読み取るように気遣ってあげると、相手も嬉しい気持ちでいっぱいになるでしょう。

自分優先で仕事を行うことのない、気配り屋さんが向いています。

3. 良い匂いに囲まれて仕事をしたい

良い匂いに囲まれて仕事をしたい

アロマセラピストは日々良い香りに包まれながら仕事を行えます。

同じ匂いばかりではなく、日に日に違った匂いを楽しむことができます。

そんな香りが豊かな環境で是非働きたいと思う人に向いているでしょう。

人によっては様々な香りを嗅ぎすぎると具合が悪くなることもあります。

自分はそんな体質ではないか最初の段階で気づくようにしましょう。

4. 喜んでもらうのが好き

喜んでもらうのが好き

人に何かして対価として喜んでもらうのが好きな人です。

他人の喜びが自分の喜びであり、頑張ろうと前向きな気持ちを得られることができます。

他人の感謝に対して無頓着な人はアロマセラピストに楽しさを見出すことが出来ないかもしれません。

感謝の気持ちが生で伝わりやすい仕事であり、来てよかったとお客さんは非常に喜んでくれます。

5. リラックスしながら仕事をしたい

リラックスしながら仕事をしたい

良い匂いに囲まれながら仕事を行うので、通常の事務仕事と比べて見てもリラックスしながら働けます。

キリキリと競争しながら働くこともないので、気持ちに焦りもありません。

リラックス出来るので、仕事に対して嫌なイメージがある人にこそアロマセラピストは天職でもあります。

6. 繊細な気質を持っている

繊細な気質を持っている

物語にのめり込む、感情移入が上手で時には涙を流してしまうなど、繊細な人がアロマセラピストに向いています。

繊細な人はお客さんに対してもパワーを届けやすく、考えていることの気持ちも直ぐに読み取れます。

経験を積めば積むほど何をすれば喜んでもらえるのか一瞬でわかるので、良いスタッフだと評判も上がることでしょう。

7. 吸収力が高い人

吸収力が高い人

教えられたことを直ぐに吸収し、それを実行的に移せる人です。

何をして良いのかポツンと立っていたり、意欲的で無いと仕事も捗りません。

先輩の技を盗んだり、良い面を積極的に取り入れられる人が、向いているでしょう。

8. プライベートを仕事に持ち出さない

プライベートを仕事に持ち出さない

プライベートで嫌なことがあっても職場に持ち出さない人です。

イライラしているようであれば、お客さんは直ぐ様違和感を感じてしまいます。

癒されに来ているのにイライラが伝わってしまったようでは、何の為にセラピストに来たのかわかりません。

プライベートはプライベート、仕事は仕事と割り切って行動が行える人ほど重宝されます。

まとめ

アロマセラピストはお客さんに癒しを与える仕事ですが、働く側も同時に癒されます。

なので伸び伸びとした気持ちで働くことが出来、感謝の声も生で聞けます。

繊細な人こそ、相手の感情も直ぐに読み取ることが出来、何をして欲しいのか察知することが可能です。

鈍感な人であれば、今お客さんはどんな気持ちなのかを判断することが難しいので、時には嫌な気持ちで帰られてしまうこともあります。

人と接することが好きで、香りに興味がある人はアロマセラピストに向いています。

アロマセラピストとして働くにはどんな人が向いているのか気になります。

どんな性格の人が有利に立てるのでしょうか。


お客さんと接するのが好き

アロマセラピストは接客業であり、お客さんと接する機会が非常に多いです。

人と触れ合うのが苦手な人は残念ながらアロマセラピストに向いていません。

人と話すのが昔から好きで、仕事として取り入れたいと感じている人こそ向いていると言えます。

気遣いが行える

お客さんに対して気遣いが行え、何をして欲しいのか直ぐに察知できる人です。

常に相手の気持ちになって立つことが重要で、言いたいことをなかなか切り出せないお客さんもいます。

そのようなお客さんの心を読み取るように気遣ってあげると、相手も嬉しい気持ちでいっぱいになるでしょう。

自分優先で仕事を行うことのない、気配り屋さんが向いています。

良い匂いに囲まれて仕事をしたい

アロマセラピストは日々良い香りに包まれながら仕事を行えます。

同じ匂いばかりではなく、日に日に違った匂いを楽しむことができます。

そんな香りが豊かな環境で是非働きたいと思う人に向いているでしょう。

人によっては様々な香りを嗅ぎすぎると具合が悪くなることもあります。

自分はそんな体質ではないか最初の段階で気づくようにしましょう。

喜んでもらうのが好き

人に何かして対価として喜んでもらうのが好きな人です。

他人の喜びが自分の喜びであり、頑張ろうと前向きな気持ちを得られることができます。

他人の感謝に対して無頓着な人はアロマセラピストに楽しさを見出すことが出来ないかもしれません。

感謝の気持ちが生で伝わりやすい仕事であり、来てよかったとお客さんは非常に喜んでくれます。

リラックスしながら仕事をしたい

良い匂いに囲まれながら仕事を行うので、通常の事務仕事と比べて見てもリラックスしながら働けます。

キリキリと競争しながら働くこともないので、気持ちに焦りもありません。

リラックス出来るので、仕事に対して嫌なイメージがある人にこそアロマセラピストは天職でもあります。

繊細な気質を持っている

物語にのめり込む、感情移入が上手で時には涙を流してしまうなど、繊細な人がアロマセラピストに向いています。

繊細な人はお客さんに対してもパワーを届けやすく、考えていることの気持ちも直ぐに読み取れます。

経験を積めば積むほど何をすれば喜んでもらえるのか一瞬でわかるので、良いスタッフだと評判も上がることでしょう。

吸収力が高い人

教えられたことを直ぐに吸収し、それを実行的に移せる人です。

何をして良いのかポツンと立っていたり、意欲的で無いと仕事も捗りません。

先輩の技を盗んだり、良い面を積極的に取り入れられる人が、向いているでしょう。

プライベートを仕事に持ち出さない

プライベートで嫌なことがあっても職場に持ち出さない人です。

イライラしているようであれば、お客さんは直ぐ様違和感を感じてしまいます。

癒されに来ているのにイライラが伝わってしまったようでは、何の為にセラピストに来たのかわかりません。

プライベートはプライベート、仕事は仕事と割り切って行動が行える人ほど重宝されます。

アロマセラピストはお客さんに癒しを与える仕事ですが、働く側も同時に癒されます。

なので伸び伸びとした気持ちで働くことが出来、感謝の声も生で聞けます。

繊細な人こそ、相手の感情も直ぐに読み取ることが出来、何をして欲しいのか察知することが可能です。

鈍感な人であれば、今お客さんはどんな気持ちなのかを判断することが難しいので、時には嫌な気持ちで帰られてしまうこともあります。

人と接することが好きで、香りに興味がある人はアロマセラピストに向いています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-