【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517144440.html
医療事務に向いている人の特徴

医療事務に向いている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
医療事務に向いている人の特徴

医療事務に向いている人に共通する9の特徴をまとめました。

  • コツコツタイプ
  • デスクワークが苦にならない
  • フットワークが軽い
  • コミュニケーション能力が高い
  • 段取りが良い
  • 人当たりが良い
  • 気後れすることなく誰とでもしゃべれる
  • 女性から好かれる
  • 気持ちの切り替えが早い
  • まとめ

1. コツコツタイプ

コツコツタイプ

医療事務の日々の仕事は患者情報や診療報酬を入力する事です。

そのため、診療科の少ない病院や診療所ではほぼ毎日同じ診療内容の入力となりますし、大きな病院でもパターンが決まってくるので慣れると同じ仕事の繰り返しと感じてしまいます。

そのような同じ仕事でもミスなく真面目にコツコツ出来る人が向いています。

2. デスクワークが苦にならない

デスクワークが苦にならない

基本的に座ってPCに向かって仕事をする事が多く、動いても院内だけですのでデスクワークが中心です。

体を動かさないと困る。

狭いところでずっと座って仕事するのは辛いという人は向いていないと言えるでしょう。

逆に、外回りはきつくて向いていない人はうってつけだと言えます。

3. フットワークが軽い

フットワークが軽い

仕事をしていても、患者、医師、看護師に質問されたり、呼び出されたりする事が多々あります。

そんな時はすぐに対応しなければなりません。

そのためフットワークが軽くないと、仕事が出来ないとレッテルを張られてしまいます。

患者からの質問もいつまでも放っておくと、トラブルの元ですしすぐに動けるフットワークの軽さはとても大切です。

4. コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い

事務の仕事と同じくらい窓口業務や医師や看護師とのコミュニケーションといった人と関わって仕事をすることが多い職業です。

そのため、しっかりとコミュニケーションが取れなければ、様々なトラブルを引き起こします。

自分勝手に判断して、失敗すると医者からの信頼を失ってしまい、最悪の場合、医療事務を続ける事が困難になってしまいます。

5. 段取りが良い

段取りが良い

どの職業でも同じだと思いますが、医療事務は段取りがとても大切です。

外来に関していえば、患者さんが来てから診療後計算を終え帰ってもらうまで、滞りなく仕事をする必要があります。

また、月一回のレセプト請求の時期は1カ月間の診療内容を全てチェックして保険者に請求しなければなりません。

大きな病院になればなるほどそのデータ量は多くなるので、請求時期が近付くといかに上手に段取りを組んで仕事をこなすかがカギになります。

6. 人当たりが良い

人当たりが良い

病院に行って、愛想のない受付だったらもう二度と行きたくないと思いませんか?

病院の窓口はその病院の顔です。

窓口対応でその病院の評価が二分されると言っても過言ではありません。

そのため言葉遣いも丁寧で、人当たりが良く人と壁を作らない人が向いています。

7. 気後れすることなく誰とでもしゃべれる

気後れすることなく誰とでもしゃべれる

医療事務をしていると医者、看護師など色々な専門スタッフと仕事をしなければなりません。

そのため、社会的地位の高い人と話すことに臆病になっていては仕事になりません。

確かに最初は戸惑う事も多いと思いますし、話しやすい人、話しにくい人がいると思います。

ですが、そこで諦めてしまわず積極的に自分から話しかけられる人は医療事務に向いています。

8. 女性から好かれる

女性から好かれる

医療事務ははっきり言って、女性が多い女社会です。

男性でも女性でも職場にいる女性から好かれなければ仕事を続けるのは難しいです。

一度でも、女性から「この人は仕事が出来ない」と認定されてしまうと信頼を取り戻すのは難しいので、ミスをしても許してもらえるように日頃から好かれる努力を苦にせず出来る人は向いています。

9. 気持ちの切り替えが早い

気持ちの切り替えが早い

窓口業務はトラブルもあります。

医者から言われた通りに計算したのに患者から怒られた。

計算は早くできたのに診察に長く待たされて、返り際に捨て台詞を吐かれた等、理不尽な事も多々あります。

そんな時は、しっかり対応した上ですぐに気持ちを切り替える必要があります。

いつまでも気にせず次の仕事に取り掛かれる人はこの仕事に向いています。

まとめ

医療事務は事務能力も大切ですが、それと同時に人と関わる事が多い仕事なので、接遇能力も求められます。

窓口では常に見られている事を意識し、なおかつ真面目にコツコツと仕事が出来る人が向いています。

そういった意味では、サービス業界と共通する部分があるかもしれません。

人と接する事が好きで、デスクワークを希望するような人が医療事務に向いています。

医療事務に向いている人に共通する9の特徴をまとめました。


コツコツタイプ

医療事務の日々の仕事は患者情報や診療報酬を入力する事です。

そのため、診療科の少ない病院や診療所ではほぼ毎日同じ診療内容の入力となりますし、大きな病院でもパターンが決まってくるので慣れると同じ仕事の繰り返しと感じてしまいます。

そのような同じ仕事でもミスなく真面目にコツコツ出来る人が向いています。

デスクワークが苦にならない

基本的に座ってPCに向かって仕事をする事が多く、動いても院内だけですのでデスクワークが中心です。

体を動かさないと困る。

狭いところでずっと座って仕事するのは辛いという人は向いていないと言えるでしょう。

逆に、外回りはきつくて向いていない人はうってつけだと言えます。

フットワークが軽い

仕事をしていても、患者、医師、看護師に質問されたり、呼び出されたりする事が多々あります。

そんな時はすぐに対応しなければなりません。

そのためフットワークが軽くないと、仕事が出来ないとレッテルを張られてしまいます。

患者からの質問もいつまでも放っておくと、トラブルの元ですしすぐに動けるフットワークの軽さはとても大切です。

コミュニケーション能力が高い

事務の仕事と同じくらい窓口業務や医師や看護師とのコミュニケーションといった人と関わって仕事をすることが多い職業です。

そのため、しっかりとコミュニケーションが取れなければ、様々なトラブルを引き起こします。

自分勝手に判断して、失敗すると医者からの信頼を失ってしまい、最悪の場合、医療事務を続ける事が困難になってしまいます。

段取りが良い

どの職業でも同じだと思いますが、医療事務は段取りがとても大切です。

外来に関していえば、患者さんが来てから診療後計算を終え帰ってもらうまで、滞りなく仕事をする必要があります。

また、月一回のレセプト請求の時期は1カ月間の診療内容を全てチェックして保険者に請求しなければなりません。

大きな病院になればなるほどそのデータ量は多くなるので、請求時期が近付くといかに上手に段取りを組んで仕事をこなすかがカギになります。

人当たりが良い

病院に行って、愛想のない受付だったらもう二度と行きたくないと思いませんか?

病院の窓口はその病院の顔です。

窓口対応でその病院の評価が二分されると言っても過言ではありません。

そのため言葉遣いも丁寧で、人当たりが良く人と壁を作らない人が向いています。

気後れすることなく誰とでもしゃべれる

医療事務をしていると医者、看護師など色々な専門スタッフと仕事をしなければなりません。

そのため、社会的地位の高い人と話すことに臆病になっていては仕事になりません。

確かに最初は戸惑う事も多いと思いますし、話しやすい人、話しにくい人がいると思います。

ですが、そこで諦めてしまわず積極的に自分から話しかけられる人は医療事務に向いています。

女性から好かれる

医療事務ははっきり言って、女性が多い女社会です。

男性でも女性でも職場にいる女性から好かれなければ仕事を続けるのは難しいです。

一度でも、女性から「この人は仕事が出来ない」と認定されてしまうと信頼を取り戻すのは難しいので、ミスをしても許してもらえるように日頃から好かれる努力を苦にせず出来る人は向いています。

気持ちの切り替えが早い

窓口業務はトラブルもあります。

医者から言われた通りに計算したのに患者から怒られた。

計算は早くできたのに診察に長く待たされて、返り際に捨て台詞を吐かれた等、理不尽な事も多々あります。

そんな時は、しっかり対応した上ですぐに気持ちを切り替える必要があります。

いつまでも気にせず次の仕事に取り掛かれる人はこの仕事に向いています。

医療事務は事務能力も大切ですが、それと同時に人と関わる事が多い仕事なので、接遇能力も求められます。

窓口では常に見られている事を意識し、なおかつ真面目にコツコツと仕事が出来る人が向いています。

そういった意味では、サービス業界と共通する部分があるかもしれません。

人と接する事が好きで、デスクワークを希望するような人が医療事務に向いています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-