【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517144447.html
井の頭自然文化園デートガイド

井の頭自然文化園デートガイド | LADYCO

LADYCO
井の頭自然文化園デートガイド

井の頭自然文化園デートガイドをまとめました。

  • 動物が怖い人でも楽しめる動物ばかり
  • リスの小径に行くべき理由
  • 息抜きに水生物館
  • ゾウのはな子への愛
  • 怪談スタンプラリー
  • 周辺情報
  • 交通アクセス
  • ここは注意
  • まとめ

1. 動物が怖い人でも楽しめる動物ばかり

動物が怖い人でも楽しめる動物ばかり

井の頭自然文化園には、あまり大きな動物がいません。

しかも、水生物園といった、淡水魚や両生類を展示しているコーナーもあり、怖い気持ちを抱くことは少ないと思います。

安心した気持ちで動物を鑑賞することで、たくさんのいい思い出を作ることができると思います。

2. リスの小径に行くべき理由

リスの小径に行くべき理由

井の頭自然文化園には、リスの小径というコーナーがあります。

そこでは、リスを放し飼いしていて、かなり近距離でリスの自由な姿を見ることができます。

そこでリスの写真を撮ったり、クルミを割って食べるリスを観察することができます。

動き回っているリスもいれば、ぐったりと寝ているリスもいます。

3. 息抜きに水生物館

息抜きに水生物館

水生物園の中に水生物館という施設があります。

ここに入ると、冷房のきいた部屋で泳ぎ回る魚や、両生類が迎えてくれます。

入り口には、5歳以下のお子さんなら、魚にエサを与えることができるコーナーもあり、大人もその魚に触れることもできるので、なかなか味わえない触れ合いを体験できます。

4. ゾウのはな子への愛

ゾウのはな子への愛

現在、井の頭自然文化園にはいませんが、一番の存在感を放っている動物がはな子という名前のゾウです。

戦後初めて日本にやってきたゾウで、2016年5月26日に、69歳で亡くなりました。

未だにゾウのコーナーはあり、そこにはな子の生涯の記録や、過去の映像、お供え物など、ゾウのはな子への愛情がつまったエリアになっています。

5. 怪談スタンプラリー

怪談スタンプラリー

井の頭自然文化園では、7月22日~9月3日までの間、創作怪談を読みながら、動物や生物の特徴をクイズにした、怪談スタンプラリーを実施しています。

さまざまな場所にスタンプを押せる所が設置されていて、それに従って、園内を周ることをオススメします。

このクイズは二択になっていて、お子さんでも解きやすく、ヒントもついています。

しかし、実際には、簡単に正解が分かるような問題ではないので、大人も本気を出さないと全問正解はできないと思います。

一応、全問正解しなくても、すべてのスタンプを押したら、お土産をもらうことができます。

そこで答え合わせをして、知識を深めることもできます。

6. 周辺情報

周辺情報

井の頭自然文化園の周りには、たくさんのスポットがあります。

井の頭公園は、春になると桜が綺麗で、お散歩に最適です。

この公園を散歩していた作曲家の中田喜直は、童謡「ちいさい秋みつけた」のメロディーをこの公園で生み出したらしいです。

秋の散歩もオススメです。

その他にも、三鷹の森ジブリ美術館という完全予約制の美術館もありますし、たくさんの商業施設もさかんです。

7. 交通アクセス

交通アクセス

井の頭自然文化園の最寄り駅は、吉祥寺駅です。

吉祥寺は、住みたい街ナンバー1で、人気のある街です。

駅前には、ゾウのはな子の銅像もあります。

沿線は、JR中央線、京王井の頭線が通っています。

JR中央線は新宿まで一本、京王井の頭線は、渋谷から一本で行けるのでとても便利です。

8. ここは注意

ここは注意

井の頭自然文化園は、開園時間9時30分~17時までで、月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日が休園日)はお休みです。

入園料は大人400円です。

ランチをとることもできます。

しかし、カラスやハトの数もかなり多いので気を付けた方がいいと思います。

そして、自然がいっぱいなので、蚊に刺されることがあります。

虫除けスプレーを持参するか、動物園の入り口にある虫除けスプレーの利用をオススメします。

まとめ

動物とのふれあいも、動物の歴史も、動物の知識も楽しむことができる、井の頭自然文化園なら、男女のデートを盛り上げることは間違いないと思います。

井の頭自然文化園デートガイドをまとめました。


動物が怖い人でも楽しめる動物ばかり

井の頭自然文化園には、あまり大きな動物がいません。

しかも、水生物園といった、淡水魚や両生類を展示しているコーナーもあり、怖い気持ちを抱くことは少ないと思います。

安心した気持ちで動物を鑑賞することで、たくさんのいい思い出を作ることができると思います。

リスの小径に行くべき理由

井の頭自然文化園には、リスの小径というコーナーがあります。

そこでは、リスを放し飼いしていて、かなり近距離でリスの自由な姿を見ることができます。

そこでリスの写真を撮ったり、クルミを割って食べるリスを観察することができます。

動き回っているリスもいれば、ぐったりと寝ているリスもいます。

息抜きに水生物館

水生物園の中に水生物館という施設があります。

ここに入ると、冷房のきいた部屋で泳ぎ回る魚や、両生類が迎えてくれます。

入り口には、5歳以下のお子さんなら、魚にエサを与えることができるコーナーもあり、大人もその魚に触れることもできるので、なかなか味わえない触れ合いを体験できます。

ゾウのはな子への愛

現在、井の頭自然文化園にはいませんが、一番の存在感を放っている動物がはな子という名前のゾウです。

戦後初めて日本にやってきたゾウで、2016年5月26日に、69歳で亡くなりました。

未だにゾウのコーナーはあり、そこにはな子の生涯の記録や、過去の映像、お供え物など、ゾウのはな子への愛情がつまったエリアになっています。

怪談スタンプラリー

井の頭自然文化園では、7月22日~9月3日までの間、創作怪談を読みながら、動物や生物の特徴をクイズにした、怪談スタンプラリーを実施しています。

さまざまな場所にスタンプを押せる所が設置されていて、それに従って、園内を周ることをオススメします。

このクイズは二択になっていて、お子さんでも解きやすく、ヒントもついています。

しかし、実際には、簡単に正解が分かるような問題ではないので、大人も本気を出さないと全問正解はできないと思います。

一応、全問正解しなくても、すべてのスタンプを押したら、お土産をもらうことができます。

そこで答え合わせをして、知識を深めることもできます。

周辺情報

井の頭自然文化園の周りには、たくさんのスポットがあります。

井の頭公園は、春になると桜が綺麗で、お散歩に最適です。

この公園を散歩していた作曲家の中田喜直は、童謡「ちいさい秋みつけた」のメロディーをこの公園で生み出したらしいです。

秋の散歩もオススメです。

その他にも、三鷹の森ジブリ美術館という完全予約制の美術館もありますし、たくさんの商業施設もさかんです。

交通アクセス

井の頭自然文化園の最寄り駅は、吉祥寺駅です。

吉祥寺は、住みたい街ナンバー1で、人気のある街です。

駅前には、ゾウのはな子の銅像もあります。

沿線は、JR中央線、京王井の頭線が通っています。

JR中央線は新宿まで一本、京王井の頭線は、渋谷から一本で行けるのでとても便利です。

ここは注意

井の頭自然文化園は、開園時間9時30分~17時までで、月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日が休園日)はお休みです。

入園料は大人400円です。

ランチをとることもできます。

しかし、カラスやハトの数もかなり多いので気を付けた方がいいと思います。

そして、自然がいっぱいなので、蚊に刺されることがあります。

虫除けスプレーを持参するか、動物園の入り口にある虫除けスプレーの利用をオススメします。

動物とのふれあいも、動物の歴史も、動物の知識も楽しむことができる、井の頭自然文化園なら、男女のデートを盛り上げることは間違いないと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-