【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517135249.html
シャイな女性がデートで気を付けるポイント

シャイな女性がデートで気を付けるポイント | LADYCO

LADYCO
シャイな女性がデートで気を付けるポイント

シャイな女性 デートで気を付けるポイントを10選まとめてみました。

  • 気を回しすぎないこと
  • 声をなるべく張る
  • ミニスカートは不向き
  • デートコースは相手に任せる
  • 過去の恋愛の失敗を思い起こさない
  • 無理してアプローチしない
  • とりあえず笑顔を忘れない
  • お化粧をしっかりする
  • 同意しすぎない
  • 次の約束でテンパらない

1. 気を回しすぎないこと

気を回しすぎないこと

シャイな女性は、相手の気持ちを慮りつい気を回してしまいがちです。

気遣い上手とも言えます。

しかし、デートで気を遣いすぎると、相手が距離感を感じて、よそよそしいデートになってしまう可能性も。

自然体を心がけたほうが無難です。

いつもの自分をだして行きましょう。

2. 声をなるべく張る

声をなるべく張る

シャイな女性は、奥ゆかしさから声も小さくなりがち。

デートは騒がしい街中かもしれません。

小さな声では意思疎通がとれませんので、自分の中の3割増くらいの声の張りを心がけたいものです。

または、最初から雑踏を避けたデートにすることで、お互いの距離も近くなります。

3. ミニスカートは不向き

ミニスカートは不向き

デートにミニスカートは愛らしくて、男性の気持ちもグッと引き寄せられます。

けれどシャイな女性はミニスカートを履くことで、つい足に対して気持ちが向きがち。

下着が見えないかとか余計なことを考えてしまいがちです。

スカートが短すぎることで気持ちがデートに集中できないということになります。

そんな事になるくらいなら、ミニスカートは避けたほうがいいかもしれません。

4. デートコースは相手に任せる

デートコースは相手に任せる

相手に負担をかけたくないと、一生懸命自分でデートプランを考えてしまいがちなのが、シャイな女性です。

そんなに無理をしなくとも、あなたのことをシャイだと知ってデートする相手ですのであまり自分だけでデートプランを決めなくても大丈夫です。

相手がいてこそのデートなのです。

5. 過去の恋愛の失敗を思い起こさない

過去の恋愛の失敗を思い起こさない

過去のトラウマとも言うべき、恋の痛手を誰もがひとつやふたつ持っています。

せっかくのデートなのに、シャイな女性はそんな過去の恋愛の失敗を思い起こして硬くなりがち。

この際、過去のことは捨てておきましょう。

今回の相手は、過去の相手とは別人なのです。

6. 無理してアプローチしない

無理してアプローチしない

恋の進展を握るのは、その場の雰囲気です。

シャイな女性はそれでなくとも、モジモジして見えますので、恋の主導権を無理に握るのは逆効果。

無理してアプローチして、相手が引いてしまわないように、ここでもナチュラルな対応を心がけてください。

ありのままでも素敵だと自分を信じましょう。

7. とりあえず笑顔を忘れない

とりあえず笑顔を忘れない

うまく言葉が出てこない。

それがシャイな女性です。

頭の中では沢山語彙を持っていても人前でその力が生かせないからこそ、シャイな女性の烙印を押されます。

無理をして喋らなくともとにかく笑顔で接することでデートは円滑に進んで行きます。

8. お化粧をしっかりする

お化粧をしっかりする

ナチュラルメイクがいいに決まってる!と決めつけないでください。

シャイな女性は往々にして赤面症の人が多いです。

デートで赤面してしまうことが予想されますから、恥ずかしい思いをするくらいなら、バッチリメイクで赤面を隠してしまいましょう。

しかし、濃すぎるメイクは逆効果なので気をつけてください。

9. 同意しすぎない

同意しすぎない

シャイな女性は自分の意見を持っていたとしても、それを表立って表現することが苦手です。

なので、相手に合わせて同意してばかりすることに慣れているかもしれません。

でも、それではデートがつまらなくなります。

時には自分の意見をビシッと言うことで、会話にメリハリをつけましょう。

3回に1回は自分の確たる意思を相手に伝えれば、相手も満足なはずです。

10. 次の約束でテンパらない

デートが無事に終わり、次のデートの約束をする際、テンパってしまうのがシャイな女性。

そこは曖昧にしてもいいのです。

なぜなら、あとでメールやLINEなどで十分約束できますから。

お別れの際に、デートの大まかな約束だけをして、あとで連絡しようという流れに持っていけたら最高です。

シャイな女性 デートで気を付けるポイントを10選まとめてみました。


気を回しすぎないこと

シャイな女性は、相手の気持ちを慮りつい気を回してしまいがちです。

気遣い上手とも言えます。

しかし、デートで気を遣いすぎると、相手が距離感を感じて、よそよそしいデートになってしまう可能性も。

自然体を心がけたほうが無難です。

いつもの自分をだして行きましょう。

声をなるべく張る

シャイな女性は、奥ゆかしさから声も小さくなりがち。

デートは騒がしい街中かもしれません。

小さな声では意思疎通がとれませんので、自分の中の3割増くらいの声の張りを心がけたいものです。

または、最初から雑踏を避けたデートにすることで、お互いの距離も近くなります。

ミニスカートは不向き

デートにミニスカートは愛らしくて、男性の気持ちもグッと引き寄せられます。

けれどシャイな女性はミニスカートを履くことで、つい足に対して気持ちが向きがち。

下着が見えないかとか余計なことを考えてしまいがちです。

スカートが短すぎることで気持ちがデートに集中できないということになります。

そんな事になるくらいなら、ミニスカートは避けたほうがいいかもしれません。

デートコースは相手に任せる

相手に負担をかけたくないと、一生懸命自分でデートプランを考えてしまいがちなのが、シャイな女性です。

そんなに無理をしなくとも、あなたのことをシャイだと知ってデートする相手ですのであまり自分だけでデートプランを決めなくても大丈夫です。

相手がいてこそのデートなのです。

過去の恋愛の失敗を思い起こさない

過去のトラウマとも言うべき、恋の痛手を誰もがひとつやふたつ持っています。

せっかくのデートなのに、シャイな女性はそんな過去の恋愛の失敗を思い起こして硬くなりがち。

この際、過去のことは捨てておきましょう。

今回の相手は、過去の相手とは別人なのです。

無理してアプローチしない

恋の進展を握るのは、その場の雰囲気です。

シャイな女性はそれでなくとも、モジモジして見えますので、恋の主導権を無理に握るのは逆効果。

無理してアプローチして、相手が引いてしまわないように、ここでもナチュラルな対応を心がけてください。

ありのままでも素敵だと自分を信じましょう。

とりあえず笑顔を忘れない

うまく言葉が出てこない。

それがシャイな女性です。

頭の中では沢山語彙を持っていても人前でその力が生かせないからこそ、シャイな女性の烙印を押されます。

無理をして喋らなくともとにかく笑顔で接することでデートは円滑に進んで行きます。

お化粧をしっかりする

ナチュラルメイクがいいに決まってる!と決めつけないでください。

シャイな女性は往々にして赤面症の人が多いです。

デートで赤面してしまうことが予想されますから、恥ずかしい思いをするくらいなら、バッチリメイクで赤面を隠してしまいましょう。

しかし、濃すぎるメイクは逆効果なので気をつけてください。

同意しすぎない

シャイな女性は自分の意見を持っていたとしても、それを表立って表現することが苦手です。

なので、相手に合わせて同意してばかりすることに慣れているかもしれません。

でも、それではデートがつまらなくなります。

時には自分の意見をビシッと言うことで、会話にメリハリをつけましょう。

3回に1回は自分の確たる意思を相手に伝えれば、相手も満足なはずです。

デートが無事に終わり、次のデートの約束をする際、テンパってしまうのがシャイな女性。

そこは曖昧にしてもいいのです。

なぜなら、あとでメールやLINEなどで十分約束できますから。

お別れの際に、デートの大まかな約束だけをして、あとで連絡しようという流れに持っていけたら最高です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-