【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515113951.html
元カノと自分を比べてしまう理由や瞬間10選

元カノと自分を比べてしまう理由や瞬間10選 | LADYCO

LADYCO
元カノと自分を比べてしまう理由や瞬間10選

身近なライバルである彼の元カノ。 どんな時に比べてしまうのでしょう?10選を見てみましょう。

  • 元カノが可愛い人だったと知っているから
  • 元カノが可愛かったと彼がよく言うから
  • 料理が苦手な自分にコンプレックスがあるから
  • アクティブな元カノのようにできないインドアな自分
  • 人見知りで彼の親とうまく話せないから
  • 付き合ってまだ少しなのにもう別れ話が出ているから
  • 便利な女になりかけていると感じているから
  • 太ってきたから
  • 彼がつまらなそうにしている時
  • 彼の友達がいつまでも他人行儀に接してくるから

1. 元カノが可愛い人だったと知っているから

元カノが可愛い人だったと知っているから

元カノのことを知っていてその人が可愛い人である時、彼に何も言われなくてもコンプレックスを感じて気にしてしまいます。

彼が不満に思っているんじゃないかなとか、妥協して付き合ってくれているんじゃないかなとどんどんネガティブになることも。 でも本当ならそれでも好きになってくれた他にある自分の魅力に気づくべきです。 自分を選んでくれた彼にも失礼なので、勝手にくよくよ悩まないで前向きに自分を磨きましょう。

2. 元カノが可愛かったと彼がよく言うから

元カノが可愛かったと彼がよく言うから

彼がデリカシーのない人の場合、元カノが可愛かったとか、気が利く子だったとか、今の彼女にも言ってしまうことがありますがそれは聞きたくないことですね。 どんな女性でもそんなことを言われると彼が好きであればあるほど自分と比べて落ち込んでしまいます。

きっぱりとそういうことを聞きたくないと言ってやめてもらいましょう。 また、どうしてもこうしてほしいんだというところがあるならこの際はっきり聞いて参考にしてみるのもいいですね。 何事も後ろ向きに考えず、自分を良くしていくきっかけにしましょう。

3. 料理が苦手な自分にコンプレックスがあるから

料理が苦手な自分にコンプレックスがあるから

元カノが料理上手だったと聞いて頑張って料理をふるまってもいいリアクションが返ってこなかったら「同じ女なのにわたしの能力は低いんだな…」と自分を諦めそうになることもあります。 確かにセンスも影響しますが料理は慣れも大きいので下手なうちはこっそり練習して腕を磨くべきです。

そしてある程度力がついてからもう一度彼にその腕を見てもらってください。 陰ながら努力していたと知れば彼もけなげさに心が打たれることでしょう。 また、たとえ料理が下手でも彼女の手料理ならそれだけで嬉しいという男性もけっこういるのでなんでもお世辞と思わずに前向きにいましょうね。

4. アクティブな元カノのようにできないインドアな自分

アクティブな元カノのようにできないインドアな自分

彼がアクティブな人なら同じようなアクティブな彼女の方がデートも楽しめるような気がします。 しかし自分がそれが苦手なインドアな性格の時、元カノと自分を比べて「彼に合っていないのはわたし…」と落ち込んでしまいそう。

これならできそうというところから少しずつ慣れていくのはどうでしょうか。 彼も自分の影響でアクティブに変わる彼女を見るのは嬉しいと思います。 また、彼にもインドアの楽しさを知ってもらい、どちらも楽しめるカップルを目指しましょう。

5. 人見知りで彼の親とうまく話せないから

人見知りで彼の親とうまく話せないから

元カノが彼の親とも仲良くしていたと知ると負けじと自分もそうなりたいと考えます。 しかし人見知りで恥ずかしい時はいざ顔を合わせても話が盛り上がらず、自己嫌悪に陥ってしまうでしょう。

本当なら彼が彼女の性格をちゃんと理解し、親にそれを話してくれるといいんですけれど。 それが期待できないならただ黙っているより「人見知りで緊張しています」と言ってしまった方が誤解を生みません。 そんな女の子もかわいいわねときっと思ってくれますよ。

6. 付き合ってまだ少しなのにもう別れ話が出ているから

付き合ってまだ少しなのにもう別れ話が出ているから

元カノと彼がどのくらい長く付き合ったかということは気になるポイントです。 それより上を目指そうと思うものではないでしょうか。 それなのに早くも別れ話が出ている現状なら元カノと自分を比べ、自分の何が劣っているのか気にしてしまうでしょうね。

7. 便利な女になりかけていると感じているから

便利な女になりかけていると感じているから

デートをドタキャンされる、連絡がまばら、会っている時も冷たい…などと何でも我慢してくれる便利な女となりかけている時、元カノは大切にされていたのかな?と比べて悲しくなる瞬間だと思います。

もし彼がもともとそういうタイプの人ならほっとするのでしょう。 でもどんなにラブラブだったかと知っている時はやはり自分のせいだと思い込んでしまいそうです。 勝手に元カノに負けているなんて決め付けず、彼との今を探って良くしていくしかありません。
彼に直接思いを聞いてみましょうね。

8. 太ってきたから

太ってきたから

女性は同じ女性の体型を見ていないようでけっこうチェックしています。 特に元カノは身近なライバル感覚なので自分と比べがち。

スリムであるとかスリムかつ出るところは出ていて魅力的な女性だったと知るとそれが彼の理想の女性像だと考えてしまいます。 でも自分が太ってきていたら?当然気にしてダイエットを始めたり落ち込んでしまうでしょうね。

9. 彼がつまらなそうにしている時

彼がつまらなそうにしている時

自分と会っている時に彼が元気がないとかつまらなそうにしている時に「元カレといた時はどうだったんだろう?」と比べてしまいます。 彼を楽しませられない自分にふがいなさを感じるのです。 元カノへのコンプレックスが強ければ強いほど対抗心に頭を悩ませることでしょう。

10. 彼の友達がいつまでも他人行儀に接してくるから

彼の友達ともフレンドリーになりたいのにいつまでも敬語で話されたり誘ってもらえないとなると悲しいですね。 特に元カノがグループで仲良くしていたと知ってしまうと自分もそれを目指したくなります。 そして気を遣わせる自分がいけないの?と思ったりもしてしまいます。

身近なライバルである彼の元カノ。 どんな時に比べてしまうのでしょう?10選を見てみましょう。


元カノが可愛い人だったと知っているから

元カノのことを知っていてその人が可愛い人である時、彼に何も言われなくてもコンプレックスを感じて気にしてしまいます。

彼が不満に思っているんじゃないかなとか、妥協して付き合ってくれているんじゃないかなとどんどんネガティブになることも。 でも本当ならそれでも好きになってくれた他にある自分の魅力に気づくべきです。 自分を選んでくれた彼にも失礼なので、勝手にくよくよ悩まないで前向きに自分を磨きましょう。

元カノが可愛かったと彼がよく言うから

彼がデリカシーのない人の場合、元カノが可愛かったとか、気が利く子だったとか、今の彼女にも言ってしまうことがありますがそれは聞きたくないことですね。 どんな女性でもそんなことを言われると彼が好きであればあるほど自分と比べて落ち込んでしまいます。

きっぱりとそういうことを聞きたくないと言ってやめてもらいましょう。 また、どうしてもこうしてほしいんだというところがあるならこの際はっきり聞いて参考にしてみるのもいいですね。 何事も後ろ向きに考えず、自分を良くしていくきっかけにしましょう。

料理が苦手な自分にコンプレックスがあるから

元カノが料理上手だったと聞いて頑張って料理をふるまってもいいリアクションが返ってこなかったら「同じ女なのにわたしの能力は低いんだな…」と自分を諦めそうになることもあります。 確かにセンスも影響しますが料理は慣れも大きいので下手なうちはこっそり練習して腕を磨くべきです。

そしてある程度力がついてからもう一度彼にその腕を見てもらってください。 陰ながら努力していたと知れば彼もけなげさに心が打たれることでしょう。 また、たとえ料理が下手でも彼女の手料理ならそれだけで嬉しいという男性もけっこういるのでなんでもお世辞と思わずに前向きにいましょうね。

アクティブな元カノのようにできないインドアな自分

彼がアクティブな人なら同じようなアクティブな彼女の方がデートも楽しめるような気がします。 しかし自分がそれが苦手なインドアな性格の時、元カノと自分を比べて「彼に合っていないのはわたし…」と落ち込んでしまいそう。

これならできそうというところから少しずつ慣れていくのはどうでしょうか。 彼も自分の影響でアクティブに変わる彼女を見るのは嬉しいと思います。 また、彼にもインドアの楽しさを知ってもらい、どちらも楽しめるカップルを目指しましょう。

人見知りで彼の親とうまく話せないから

元カノが彼の親とも仲良くしていたと知ると負けじと自分もそうなりたいと考えます。 しかし人見知りで恥ずかしい時はいざ顔を合わせても話が盛り上がらず、自己嫌悪に陥ってしまうでしょう。

本当なら彼が彼女の性格をちゃんと理解し、親にそれを話してくれるといいんですけれど。 それが期待できないならただ黙っているより「人見知りで緊張しています」と言ってしまった方が誤解を生みません。 そんな女の子もかわいいわねときっと思ってくれますよ。

付き合ってまだ少しなのにもう別れ話が出ているから

元カノと彼がどのくらい長く付き合ったかということは気になるポイントです。 それより上を目指そうと思うものではないでしょうか。 それなのに早くも別れ話が出ている現状なら元カノと自分を比べ、自分の何が劣っているのか気にしてしまうでしょうね。

便利な女になりかけていると感じているから

デートをドタキャンされる、連絡がまばら、会っている時も冷たい…などと何でも我慢してくれる便利な女となりかけている時、元カノは大切にされていたのかな?と比べて悲しくなる瞬間だと思います。

もし彼がもともとそういうタイプの人ならほっとするのでしょう。 でもどんなにラブラブだったかと知っている時はやはり自分のせいだと思い込んでしまいそうです。 勝手に元カノに負けているなんて決め付けず、彼との今を探って良くしていくしかありません。
彼に直接思いを聞いてみましょうね。

太ってきたから

女性は同じ女性の体型を見ていないようでけっこうチェックしています。 特に元カノは身近なライバル感覚なので自分と比べがち。

スリムであるとかスリムかつ出るところは出ていて魅力的な女性だったと知るとそれが彼の理想の女性像だと考えてしまいます。 でも自分が太ってきていたら?当然気にしてダイエットを始めたり落ち込んでしまうでしょうね。

彼がつまらなそうにしている時

自分と会っている時に彼が元気がないとかつまらなそうにしている時に「元カレといた時はどうだったんだろう?」と比べてしまいます。 彼を楽しませられない自分にふがいなさを感じるのです。 元カノへのコンプレックスが強ければ強いほど対抗心に頭を悩ませることでしょう。

彼の友達ともフレンドリーになりたいのにいつまでも敬語で話されたり誘ってもらえないとなると悲しいですね。 特に元カノがグループで仲良くしていたと知ってしまうと自分もそれを目指したくなります。 そして気を遣わせる自分がいけないの?と思ったりもしてしまいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-