【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155028.html
運命の人がいない人のためのコラム 5選

運命の人がいない人のためのコラム 5選 | LADYCO

LADYCO
運命の人がいない人のためのコラム 5選

運命の人、それはどんな相手がそれに当て嵌まるのでしょうか。

出会った瞬間?それとも長く一緒に居て気づくことなんでしょうか。

性格がピッタリ合う、運命の人と出会いたい、運命の人がいない人に役立てて欲しいです。

  • 運命の人を求めないこと
  • 運命の人があまりにも違ったから
  • 今の行き方から運命の人が救ってくれると思って
  • 今の相手が運命の人だと思い込む
  • 運命に自分は救われる

1. 運命の人を求めないこと

運命の人を求めないこと

運命の人、それはこの先を共に歩んでくれること、けれどももしその探し方に自分自身の都合ばかりが詰め込まれていたなら、それは運命の人を遠ざけることになります。

異性と共に人生を歩むことは決して良いことばかりではありません。

男女だからこそ感性も異なり衝突することも可能性としてあります。

すべて自分が求めることに一致するような運命の人は、それは決して運命の人とは言えないのです。

2. 運命の人があまりにも違ったから

運命の人があまりにも違ったから

運命というのはどのような物差しで計って決められているのでしょうか。

あなたがもし減点をされてるようであれば、何が気に入らず減点されたのかについて考えなければいけません。

そして運命の人ではないとなぜ言いきれるのでしょうか。

早々に運命の人では無かったと見限ってしまうのは本当にその相手の方の考え方を知ることではなく、イヤな部分だけを切り抜いて減点してるからではないでしょうか。

3. 今の行き方から運命の人が救ってくれると思って

今の行き方から運命の人が救ってくれると思って

運命という言葉は綺麗な言葉、まるで小説のような世界観が起きるかのような奇跡が見え隠れしそうではありますが、それを現実に置き換えてしまうとすべてが退屈に見えてしまうことでしょう。

運命に何もかもを望んでしまうと結果的にそう成らざるを得ません。

出会いの中で何もかも運命に頼ると楽しさだけが期待になりがちですので、普段どおりの出会いを求めることが大切です。

4. 今の相手が運命の人だと思い込む

今の相手が運命の人だと思い込む

一目惚れという言葉があります。

周りがまったく見えないくらい惚れてしまうとそれが運命の人と思い込んでしまうことでしょう。

この人しか私にはいないと思い詰め結果的に失敗することなど少ない話ではありません。

どれだけ心惹かれようとも気持ちをニュートラルにして本当に運命の人なのか、それがたとえ理想とは異なったとしても、それでも一緒にいたいと思える相手なのか思い込む前に冷静にならなければいけません。

5. 運命に自分は救われる

恋愛で積極的に行動できないとき、それを自分は動かないのではなく運命の相手では無かったからと無理やりに言い訳として用いる場合、それは覚悟の無さがそうさせているということに早く気がつかなければいけません。

運命に任せてれば向こうから近づいてくるなどと言い訳をしてても、何の勇気も持たず、まして努力もしなければ運命の人どころか普通の出会いもできません。

自分を変えることが何よりも運命の人を近づけてくれることでしょう。

運命の人、それはどんな相手がそれに当て嵌まるのでしょうか。

出会った瞬間?それとも長く一緒に居て気づくことなんでしょうか。

性格がピッタリ合う、運命の人と出会いたい、運命の人がいない人に役立てて欲しいです。


運命の人を求めないこと

運命の人、それはこの先を共に歩んでくれること、けれどももしその探し方に自分自身の都合ばかりが詰め込まれていたなら、それは運命の人を遠ざけることになります。

異性と共に人生を歩むことは決して良いことばかりではありません。

男女だからこそ感性も異なり衝突することも可能性としてあります。

すべて自分が求めることに一致するような運命の人は、それは決して運命の人とは言えないのです。

運命の人があまりにも違ったから

運命というのはどのような物差しで計って決められているのでしょうか。

あなたがもし減点をされてるようであれば、何が気に入らず減点されたのかについて考えなければいけません。

そして運命の人ではないとなぜ言いきれるのでしょうか。

早々に運命の人では無かったと見限ってしまうのは本当にその相手の方の考え方を知ることではなく、イヤな部分だけを切り抜いて減点してるからではないでしょうか。

今の行き方から運命の人が救ってくれると思って

運命という言葉は綺麗な言葉、まるで小説のような世界観が起きるかのような奇跡が見え隠れしそうではありますが、それを現実に置き換えてしまうとすべてが退屈に見えてしまうことでしょう。

運命に何もかもを望んでしまうと結果的にそう成らざるを得ません。

出会いの中で何もかも運命に頼ると楽しさだけが期待になりがちですので、普段どおりの出会いを求めることが大切です。

今の相手が運命の人だと思い込む

一目惚れという言葉があります。

周りがまったく見えないくらい惚れてしまうとそれが運命の人と思い込んでしまうことでしょう。

この人しか私にはいないと思い詰め結果的に失敗することなど少ない話ではありません。

どれだけ心惹かれようとも気持ちをニュートラルにして本当に運命の人なのか、それがたとえ理想とは異なったとしても、それでも一緒にいたいと思える相手なのか思い込む前に冷静にならなければいけません。

恋愛で積極的に行動できないとき、それを自分は動かないのではなく運命の相手では無かったからと無理やりに言い訳として用いる場合、それは覚悟の無さがそうさせているということに早く気がつかなければいけません。

運命に任せてれば向こうから近づいてくるなどと言い訳をしてても、何の勇気も持たず、まして努力もしなければ運命の人どころか普通の出会いもできません。

自分を変えることが何よりも運命の人を近づけてくれることでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-