【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514144427.html
男性が結婚したいと思う女性の特徴

男性が結婚したいと思う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
男性が結婚したいと思う女性の特徴

効率よく男性に「結婚したい」と思わせるには、その条件や特徴を満たすことが一番です。

そこで、男性が望む条件や特徴について考えてみました。

  • 自分のことを一番に考えてくれる女性
  • 絶対に自分を貶めない女性
  • 自分と近しい人を敬ってくれる女性
  • 4.言葉遣いがきちんとした女性
  • 外見がジャストミートな女性
  • 料理上手な女性
  • 社交的でおもてなし上手な女性
  • キレイ好きな女性
  • 聞き上手な女性
  • 驕られ上手な女性
  • 経済観念がしっかりしている女性
  • 食事をしていて楽しい女性
  • 他人に優しい女性
  • 子供好きな女性
  • 理想論を振りかざさない女性
  • お酒を飲んでも乱れない女性
  • 嘘をつかない女性
  • 喫煙を嫌う女性
  • きちんとTPOが判断できる女性
  • いつも褒めてくれる女性
  • 面倒を引き受けてくれる女性
  • 贅沢を望まない女性
  • 記念日に拘らない女性
  • 一人遊びが上手な女性
  • 直ぐに泣いて自分の思い通りにしようとしない女性
  • 学歴などの経歴で人を判断しない女性

1. 自分のことを一番に考えてくれる女性

自分のことを一番に考えてくれる女性

これは最大にして最低限の条件かもしれません。

よくテレビで旦那さんを蔑ろにする古女房が面白おかしくエピソードを紹介していますが、あれは他人事だから面白いのであって自分だったら冗談ではすまされません。

あんな鬼嫁じゃなく、やはり自分を一番に考えてくれそうな女性を選びたくなるのが本音です。

その為、冗談でもそういった類のテレビ番組を見ながら大笑いして楽しんではいけません。

あくまでも「ああいうのってどうなのかしら?」という姿勢を保ちましょう。

男性が「けっこんしたら、みんなああなるんじゃないの?」とかまをかけてきても、「私はああいうのは嫌だわ」と貫くことが大事。

あくまでも夫を立てる妻になる事を前提に話を進めるのがポイントです。

2. 絶対に自分を貶めない女性

絶対に自分を貶めない女性

例えば、同僚や後輩と一緒に食事へ出かけたとします。

その時に「この人ったらね・・・」と笑いや話題を提供するつもりで話したとしても、男性にしてみたらネタにされたと面白くありません。

もちろん、気にしないという人もいるでしょう。

でも、多くの男性は自分を貶められることに我慢できません。

人のことは笑ったとしても、それは他人事だからこそ。

また、同じことを女性同僚がしても笑ってすまされることが殆どです。

真剣な間柄だからこそ許せないのでしょう。

笑いの為に自分をネタにする女性と結婚したいとは絶対に思わないものなのです。

3. 自分と近しい人を敬ってくれる女性

自分と近しい人を敬ってくれる女性

自分の尊敬する上司、大切に育ててくれた両親。

そういった近しい人を否定する女性と結婚するのは躊躇してしまいます。

例え女性の言い分が正しかったとしても、それを飲み込む気には到底なれません。

自分が尊敬する、身近な人を一緒に敬う気持ちを持てる人こそが伴侶に相応しいと考えても不思議ではありません。

4.言葉遣いがきちんとした女性

4.言葉遣いがきちんとした女性

結婚するということ。

即ち、社会的に独立した家庭を築く。

一緒に子育てをする。

それ以外にも様々なことを共に成し遂げなければなりません。

その時に言葉遣いがなっていない残念な女性だと自分が恥を掻いてしまう可能性が否めません。

時には自分の代わりに役目を任せることもあるでしょう。

そういった時に言葉遣いがなっていないというだけでも、「任せられない」と思われても致し方ありません。

言葉を話すという行為は人間として最低限の振る舞いです。

だからこそ、大切と考える男性は少なくありません。

5. 外見がジャストミートな女性

外見がジャストミートな女性

美人は3日で飽きるとも言いますが、それは美しさしか取り柄のない場合です。

家事がそこそこ出来て、性格もまあまあ。

愛情を持って接してくれる妻ならば、やはり見た目は好みのほうが良いに決まっています。

そして、好みの女性だからこそいつまでたっても大切にしたいと考えても不思議ではありません。

やはり、外見は大切なのです。

好みの女性に「いってらっしゃい」「おかえりなさい」「おやすみなさい」と言われるのは言葉に出来ないほどの幸福感をもたらします。

6. 料理上手な女性

料理上手な女性

グルメな食卓を期待していなくても、やはり自分の舌に合う料理を作ってくれる女性とは結婚したくなります。

素朴な味噌汁や出汁巻き卵が作れて、時には御馳走を振る舞ってくれたら言うことなしです。

男性の場合、最低でも自分の母親レベルの調理はして欲しいと考える傾向にあります。

また、母親が料理に疎い場合は、妻の料理上手故に愛情が深まることが往々にしてあります。

更に、食欲に関して敏感に察知してくれたら最高です。

「疲れているみたいだからお茶漬けくらいにしておく?」 「今日は早く帰ってくるって言ったから、大好きなカレーを作ったからたくさん食べてね」 そんな嬉しいサプライズ付きの料理は何ものにも代えがたい御馳走。

そういった気遣いができる奥さんが欲しいのです。

7. 社交的でおもてなし上手な女性

社交的でおもてなし上手な女性

男性は幸せな様子を誰かに自慢したくなる生き物。

だから新居に会社の同僚を招いて、妻の手料理を自慢したいという願望があります。

それを叶えてくれる女性との家庭はひとつの理想です。

「来週末、あいつらが遊びに来たいってさ」と言った時に嬉しそうな笑顔と共に「じゃあ、御馳走を作らなくちゃね」と気持ちよく言ってくれる女性と結婚したいと思っています。

女性としては「お店に行けばいいのに」と思ってしまうことでしょう。

でも、自分の女を紹介したいという欲求がおさえられないのかもしれません。

それに応えてあげられる器の大きさも良き伴侶の条件としては必須でしょう。

8. キレイ好きな女性

キレイ好きな女性

基本的に男性は面倒くさがりです。

だからこそ、清潔をキープしてくれる奥さんの存在は有難いもの。

会社でクタクタになるまで働いて、帰ってきた部屋が汚れていると疲労が倍増してしまいます。

その辺りをきちんとフォローしてくれそうな女性をお嫁さんにしたいのは男性共通の願いです。

パリッとしたハンカチや清潔感溢れる洋服をいつも心掛けていると、勝手に「この女性はキレイ好きなんだな」と勝手に思ってくれます。

9. 聞き上手な女性

聞き上手な女性

男は自慢話が得意です。

自分の手柄については延々と話したくなります。

また、自分の得意分野について話すのは気分爽快。

その時に嫌な顔をせずいつでもニコニコと話を聞いてくれる女性には「この人と一緒になったら幸せだろうなあ」と思わずにはいられません。

「うん、うん」と適切なタイミングで相槌を打ち、「それで?」と話の続きを促す。

男性にとっては至福の時です。

お酒の席など、どんな場面でも聞き上手を発揮している女性は人気があります。

聞き上手アピールは案外簡単ですから、様々な場所で発揮できるといいですね。

10. 驕られ上手な女性

驕られ上手な女性

「女性だから驕られて当然」 こういった女性ばかりではありません。

御馳走してもらった時にはきとんとお礼が言えて、臨機応変に「今日は割り勘にしましょうか」「次は私が御馳走します」といった言葉がスマートに出てくる女性のことは「きちんとしてるな」という印象を抱きます。

状況によっては自分が「御馳走するよ」と言ったとしても、それを当然と考える女性には幻滅してしまうもの。

驕られることひとつをとっても人間の品性は現れるものです。

11. 経済観念がしっかりしている女性

経済観念がしっかりしている女性

やたらめったら着飾っている女性とお付き合いをしていると普通の男性は空恐ろしくなってしまうものです。

結婚したらどんな生活をするつもりなんだろう。

どれだけお金が必要になるのか。

貯金なんて夢のまた夢!? どんなにきれいな女性でも、それだけを目当てに結婚してくれる男性はゼロに等しいでしょう。

きちんとした経済観念を感じさせてくれる女性には、安心してプロポーズできます。

反対にきれいなだけで経済観念の欠片も感じられない女性であれば、遊んで終わりという将来しか見えません。

12. 食事をしていて楽しい女性

食事をしていて楽しい女性

食事は人間の楽しみの大部分を占める重要な行為です。

その時に一緒に楽しめる女性であれば、結婚後の生活にも楽しみが見出せます。

何を食べに行っても「この間のイタリアンの方が美味しかった」「見た目がイマイチ」「これだけの値段を払えば美味しいに決まっている」といったようなネガティブな発言しか聞けない女性との食事デートは本当につまらないものです。

反対に何を食べても嬉しそうに、そして美味しそうに食べる女性だったら「この人とだったらどんな時にも一緒にいられる」と思えます。

13. 他人に優しい女性

他人に優しい女性

通りすがりの他人に優しくできる女性に男性は無条件で惹かれてしまいます。

公共の交通機関で席を譲るのはもちろんのこと、困っていそうな人にさりげなく声を掛けたり、手を差し伸べたりできるのは簡単そうに見えて容易にできることではありません。

だからこそ、そういった女性には信頼が置けます。

単に好きな男性に良いところを見せようと考えるのでは、自然な声掛けなどできません。

どんな場面でも、どんな人にも優しいからこそ、結婚したいと思うのです。

14. 子供好きな女性

子供好きな女性

自分の遺伝子を残したいと思う男性は、母性豊かな女性に惹かれます。

すれ違う子供に温かい視線を送り、接する時にも自然に振る舞える女性には「良いお母さんになるんだろうなあ」と期待大! 今はネグレストも問題になってしまう時代です。

こういった女性であれば、安心して自分の子供を一緒に育てられますね。

15. 理想論を振りかざさない女性

理想論を振りかざさない女性

議論ができる女性との会話は刺激的で、なかなかの面白さがあります。

でも、こういった女性と結婚したくなるかは別の話。

いつでも議論を吹っ掛けられるのはごめんです。

特に昼の暇な時間を利用してワイドショーを視聴し、その時に交わされた意見をあたかも自分の主張とばかりに聞かされる旦那さんはウンザリ。

これでは疲れて帰ってきた我が家で寛ぐ暇もありません。

そこで相手のことを適切に察知して、「今はあれこれ言うと大変そうだから控えよう」と判断できる賢明な女性だと助かります。

「私はその辺の女性よりも賢いのよ」とばかりに理想論を語り、議論を吹っ掛ける女性との結婚はイメージし辛いというのが本当のところではないでしょうか。

16. お酒を飲んでも乱れない女性

お酒を飲んでも乱れない女性

ほろ酔いが可愛いのは付き合い始めの時だけ。

それ以降はなんとなく面倒くさくなってしまうのが男性の本音です。

「酔うまで飲まなくてもいいんじゃない?」と思ってしまうから。

でも、そこそこにアルコールを嗜んで、乱れることなくにこやかに振る舞う女性だったら「一緒に晩酌できたらいいな」と妄想が膨らみます。

お嫁さんと楽しく夜を過ごすというのも結婚願望の強い男性の夢。

その妄想を満たしてくれたら、結婚に現実味が帯びます。

17. 嘘をつかない女性

嘘をつかない女性

どんな時にも正直に言葉を尽くして話してくれる女性であれば、何があっても信じられると思えるもの。

反対に嘘をつく女性は、どんな理由があったにせよ信じることはできません。

一度嘘をつくと、それを隠すために更に嘘を重ねたり、挙動不審になってしまったりと挽回が難しくなります。

嘘つきは病気の一種。

不治の病なので、嘘つきと見做されたら二度とチャンスはないと覚悟したほうがいいかもしれません。

18. 喫煙を嫌う女性

喫煙を嫌う女性

男性は自分が喫煙の習慣があったとしても、女性が吸うことに寛容にはなれません。

なんて自分勝手と思いますが、特に結婚相手には子供を産むというプロジェクトを成し遂げてもらうために、避けて欲しいと考えるようです。

なので、たばこの煙を嫌がる女性に出会うと安心してしまいます。

近年は自分が嫌煙者だからと、これを最低条件としている男性が多く見受けられます。

確かに、鼻の穴から煙を出す女性って嫌かもしれませんね。

19. きちんとTPOが判断できる女性

きちんとTPOが判断できる女性

世の中には頓珍漢で残念な女性が存在します。

それだけに、きちんとTPOを判断できると安心できるのでしょう。

こういう人は安心して、どこにでも誘うことができます。

また、誰にでも紹介できます。

そういった意味で安定性のある女性は結婚相手に最適です。

20. いつも褒めてくれる女性

いつも褒めてくれる女性

「○○さんてすごいのね」 男性の多くは「自分は褒められて伸びるタイプ」と考えています。

だから、どんな些細なことでも褒められると嬉しくなってしまいます。

また、褒めてくれた女性に対しても「自分のことを解ってくれる女性」と評価するのです。

つまり、褒めてくれる女性が大好きなのです。

これは幼少時代に母親から褒められて気分良くなった体験が根底にあります。

その為、男性はこの体験が忘れられません。

男性はいくつになってもマザコン。

それを否定するのではなく、褒められたいのですから褒めてあげればいいのです。

その単純なメカニズムに理解を示し、褒め続ける事の出来る女性は結婚したいと思われる女性です。

21. 面倒を引き受けてくれる女性

面倒を引き受けてくれる女性

どんなに仕事ができる男性でも、苦手なことはあります。

例えば、デートのプランニング。

別に女性への愛情がないということではありません。

単に面倒で、知恵が働かないというだけのこと。

それを責めるのは簡単ですが、その面倒を引き受けてくれたら男性は思わず「俺の弱点を補ってくれる将来の伴侶」と考えてしまいます。

スマホがあればデートのプランニングなんて誰にでも出来ます。

それでも苦手と男性が言うならば、気持ちよく引き受けてあげましょう。

この役割分担が出来上がると、結婚後もそのまま継承されると思います。

でもそれで夫が気分よく働いて稼いでくれるなら、良しとしましょう。

22. 贅沢を望まない女性

贅沢を望まない女性

男性は好きな女性を喜ばせたいもの。

でも、それは女性から強要されてすることではありません。

その点を勘違いしておねだりし続ける女性への愛情は冷めてしまい、結婚したいなんて夢にも思いません。

男性にとっておねだりは面倒でしかないのです。

23. 記念日に拘らない女性

記念日に拘らない女性

記念日を大事にしすぎると「結婚してから面倒だな」と思われてしまいます。

もしも記念日を蔑ろにできないのなら、勝手にお祝いすればいいだけ。

ケーキは自分で準備して、シャンパンだってテーブルに並べておけば男性は喜んで祝ってくれるでしょう。

段取りを強要するから嫌がられるのです。

家庭を持てば、結婚記念日、お互いの誕生日、季節イベント、子供関係のイベントとお祝い事が目白押し。

男性がウンザリしないように舵取りできることこそがとても重要です。

24. 一人遊びが上手な女性

一人遊びが上手な女性

男性はいつでも一緒にいたいという気持ちが希薄になってしまうことがあります。

それは仕事が忙しいのかもしれません。

それ以外の人間関係に悩まされているのかも。

もしかすると人生の岐路に立たされて、決断を迫られていることも考えられます。

そんな時にかまってチャンの彼女がいたらウンザリしてしまいます。

そんな男性の状況を素早く察知して、一人遊びをしていれば男性の方から然るべきタイミングで連絡がきます。

放置していても文句を言わない女性は結婚相手としてはかなり重要な要素を持っていると思われます。

25. 直ぐに泣いて自分の思い通りにしようとしない女性

直ぐに泣いて自分の思い通りにしようとしない女性

女の涙は武器とばかりにメソメソする女性がいます。

その女性の人生でどんなことを学んだのかは謎ですが、泣けば男性がいうことを聞くと覚えてしまったのです。

でも、それは男性にとって厄介極まりなし。

最初こそご機嫌を取るためによしよしと言っていたかもしれませんが、それが2度3度と続くと知らんぷりされてしまうのが関の山。

そんな面倒くさい女性にプロポーズしようとする男性はいません。

自分の意見を聞いて欲しい時にはきちんと「話したいことがあるんだけど、聞いてくれる?」とタイミングを計り、理路整然と話せば大抵の男性は理解してくれます。

涙ながらに訴えるから「面倒くさい」とスルーされてしまうのです。

そうならないためにも、無用にメソメソするのは止めましょう。

26. 学歴などの経歴で人を判断しない女性

学歴や職業で男性になびく女性は驚くほどに多いものです。

でもそういったことには無頓着で、「私はあなただから好きなの」という純粋な好意を表してくれたらそれだけで気持ちがポカポカ。

「この女性の為だったらどんなときにも頑張れる」と心が強くなれます。

効率よく男性に「結婚したい」と思わせるには、その条件や特徴を満たすことが一番です。

そこで、男性が望む条件や特徴について考えてみました。


自分のことを一番に考えてくれる女性

これは最大にして最低限の条件かもしれません。

よくテレビで旦那さんを蔑ろにする古女房が面白おかしくエピソードを紹介していますが、あれは他人事だから面白いのであって自分だったら冗談ではすまされません。

あんな鬼嫁じゃなく、やはり自分を一番に考えてくれそうな女性を選びたくなるのが本音です。

その為、冗談でもそういった類のテレビ番組を見ながら大笑いして楽しんではいけません。

あくまでも「ああいうのってどうなのかしら?」という姿勢を保ちましょう。

男性が「けっこんしたら、みんなああなるんじゃないの?」とかまをかけてきても、「私はああいうのは嫌だわ」と貫くことが大事。

あくまでも夫を立てる妻になる事を前提に話を進めるのがポイントです。

絶対に自分を貶めない女性

例えば、同僚や後輩と一緒に食事へ出かけたとします。

その時に「この人ったらね・・・」と笑いや話題を提供するつもりで話したとしても、男性にしてみたらネタにされたと面白くありません。

もちろん、気にしないという人もいるでしょう。

でも、多くの男性は自分を貶められることに我慢できません。

人のことは笑ったとしても、それは他人事だからこそ。

また、同じことを女性同僚がしても笑ってすまされることが殆どです。

真剣な間柄だからこそ許せないのでしょう。

笑いの為に自分をネタにする女性と結婚したいとは絶対に思わないものなのです。

自分と近しい人を敬ってくれる女性

自分の尊敬する上司、大切に育ててくれた両親。

そういった近しい人を否定する女性と結婚するのは躊躇してしまいます。

例え女性の言い分が正しかったとしても、それを飲み込む気には到底なれません。

自分が尊敬する、身近な人を一緒に敬う気持ちを持てる人こそが伴侶に相応しいと考えても不思議ではありません。

4.言葉遣いがきちんとした女性

結婚するということ。

即ち、社会的に独立した家庭を築く。

一緒に子育てをする。

それ以外にも様々なことを共に成し遂げなければなりません。

その時に言葉遣いがなっていない残念な女性だと自分が恥を掻いてしまう可能性が否めません。

時には自分の代わりに役目を任せることもあるでしょう。

そういった時に言葉遣いがなっていないというだけでも、「任せられない」と思われても致し方ありません。

言葉を話すという行為は人間として最低限の振る舞いです。

だからこそ、大切と考える男性は少なくありません。

外見がジャストミートな女性

美人は3日で飽きるとも言いますが、それは美しさしか取り柄のない場合です。

家事がそこそこ出来て、性格もまあまあ。

愛情を持って接してくれる妻ならば、やはり見た目は好みのほうが良いに決まっています。

そして、好みの女性だからこそいつまでたっても大切にしたいと考えても不思議ではありません。

やはり、外見は大切なのです。

好みの女性に「いってらっしゃい」「おかえりなさい」「おやすみなさい」と言われるのは言葉に出来ないほどの幸福感をもたらします。

料理上手な女性

グルメな食卓を期待していなくても、やはり自分の舌に合う料理を作ってくれる女性とは結婚したくなります。

素朴な味噌汁や出汁巻き卵が作れて、時には御馳走を振る舞ってくれたら言うことなしです。

男性の場合、最低でも自分の母親レベルの調理はして欲しいと考える傾向にあります。

また、母親が料理に疎い場合は、妻の料理上手故に愛情が深まることが往々にしてあります。

更に、食欲に関して敏感に察知してくれたら最高です。

「疲れているみたいだからお茶漬けくらいにしておく?」 「今日は早く帰ってくるって言ったから、大好きなカレーを作ったからたくさん食べてね」 そんな嬉しいサプライズ付きの料理は何ものにも代えがたい御馳走。

そういった気遣いができる奥さんが欲しいのです。

社交的でおもてなし上手な女性

男性は幸せな様子を誰かに自慢したくなる生き物。

だから新居に会社の同僚を招いて、妻の手料理を自慢したいという願望があります。

それを叶えてくれる女性との家庭はひとつの理想です。

「来週末、あいつらが遊びに来たいってさ」と言った時に嬉しそうな笑顔と共に「じゃあ、御馳走を作らなくちゃね」と気持ちよく言ってくれる女性と結婚したいと思っています。

女性としては「お店に行けばいいのに」と思ってしまうことでしょう。

でも、自分の女を紹介したいという欲求がおさえられないのかもしれません。

それに応えてあげられる器の大きさも良き伴侶の条件としては必須でしょう。

キレイ好きな女性

基本的に男性は面倒くさがりです。

だからこそ、清潔をキープしてくれる奥さんの存在は有難いもの。

会社でクタクタになるまで働いて、帰ってきた部屋が汚れていると疲労が倍増してしまいます。

その辺りをきちんとフォローしてくれそうな女性をお嫁さんにしたいのは男性共通の願いです。

パリッとしたハンカチや清潔感溢れる洋服をいつも心掛けていると、勝手に「この女性はキレイ好きなんだな」と勝手に思ってくれます。

聞き上手な女性

男は自慢話が得意です。

自分の手柄については延々と話したくなります。

また、自分の得意分野について話すのは気分爽快。

その時に嫌な顔をせずいつでもニコニコと話を聞いてくれる女性には「この人と一緒になったら幸せだろうなあ」と思わずにはいられません。

「うん、うん」と適切なタイミングで相槌を打ち、「それで?」と話の続きを促す。

男性にとっては至福の時です。

お酒の席など、どんな場面でも聞き上手を発揮している女性は人気があります。

聞き上手アピールは案外簡単ですから、様々な場所で発揮できるといいですね。

驕られ上手な女性

「女性だから驕られて当然」 こういった女性ばかりではありません。

御馳走してもらった時にはきとんとお礼が言えて、臨機応変に「今日は割り勘にしましょうか」「次は私が御馳走します」といった言葉がスマートに出てくる女性のことは「きちんとしてるな」という印象を抱きます。

状況によっては自分が「御馳走するよ」と言ったとしても、それを当然と考える女性には幻滅してしまうもの。

驕られることひとつをとっても人間の品性は現れるものです。

経済観念がしっかりしている女性

やたらめったら着飾っている女性とお付き合いをしていると普通の男性は空恐ろしくなってしまうものです。

結婚したらどんな生活をするつもりなんだろう。

どれだけお金が必要になるのか。

貯金なんて夢のまた夢!? どんなにきれいな女性でも、それだけを目当てに結婚してくれる男性はゼロに等しいでしょう。

きちんとした経済観念を感じさせてくれる女性には、安心してプロポーズできます。

反対にきれいなだけで経済観念の欠片も感じられない女性であれば、遊んで終わりという将来しか見えません。

食事をしていて楽しい女性

食事は人間の楽しみの大部分を占める重要な行為です。

その時に一緒に楽しめる女性であれば、結婚後の生活にも楽しみが見出せます。

何を食べに行っても「この間のイタリアンの方が美味しかった」「見た目がイマイチ」「これだけの値段を払えば美味しいに決まっている」といったようなネガティブな発言しか聞けない女性との食事デートは本当につまらないものです。

反対に何を食べても嬉しそうに、そして美味しそうに食べる女性だったら「この人とだったらどんな時にも一緒にいられる」と思えます。

他人に優しい女性

通りすがりの他人に優しくできる女性に男性は無条件で惹かれてしまいます。

公共の交通機関で席を譲るのはもちろんのこと、困っていそうな人にさりげなく声を掛けたり、手を差し伸べたりできるのは簡単そうに見えて容易にできることではありません。

だからこそ、そういった女性には信頼が置けます。

単に好きな男性に良いところを見せようと考えるのでは、自然な声掛けなどできません。

どんな場面でも、どんな人にも優しいからこそ、結婚したいと思うのです。

子供好きな女性

自分の遺伝子を残したいと思う男性は、母性豊かな女性に惹かれます。

すれ違う子供に温かい視線を送り、接する時にも自然に振る舞える女性には「良いお母さんになるんだろうなあ」と期待大! 今はネグレストも問題になってしまう時代です。

こういった女性であれば、安心して自分の子供を一緒に育てられますね。

理想論を振りかざさない女性

議論ができる女性との会話は刺激的で、なかなかの面白さがあります。

でも、こういった女性と結婚したくなるかは別の話。

いつでも議論を吹っ掛けられるのはごめんです。

特に昼の暇な時間を利用してワイドショーを視聴し、その時に交わされた意見をあたかも自分の主張とばかりに聞かされる旦那さんはウンザリ。

これでは疲れて帰ってきた我が家で寛ぐ暇もありません。

そこで相手のことを適切に察知して、「今はあれこれ言うと大変そうだから控えよう」と判断できる賢明な女性だと助かります。

「私はその辺の女性よりも賢いのよ」とばかりに理想論を語り、議論を吹っ掛ける女性との結婚はイメージし辛いというのが本当のところではないでしょうか。

お酒を飲んでも乱れない女性

ほろ酔いが可愛いのは付き合い始めの時だけ。

それ以降はなんとなく面倒くさくなってしまうのが男性の本音です。

「酔うまで飲まなくてもいいんじゃない?」と思ってしまうから。

でも、そこそこにアルコールを嗜んで、乱れることなくにこやかに振る舞う女性だったら「一緒に晩酌できたらいいな」と妄想が膨らみます。

お嫁さんと楽しく夜を過ごすというのも結婚願望の強い男性の夢。

その妄想を満たしてくれたら、結婚に現実味が帯びます。

嘘をつかない女性

どんな時にも正直に言葉を尽くして話してくれる女性であれば、何があっても信じられると思えるもの。

反対に嘘をつく女性は、どんな理由があったにせよ信じることはできません。

一度嘘をつくと、それを隠すために更に嘘を重ねたり、挙動不審になってしまったりと挽回が難しくなります。

嘘つきは病気の一種。

不治の病なので、嘘つきと見做されたら二度とチャンスはないと覚悟したほうがいいかもしれません。

喫煙を嫌う女性

男性は自分が喫煙の習慣があったとしても、女性が吸うことに寛容にはなれません。

なんて自分勝手と思いますが、特に結婚相手には子供を産むというプロジェクトを成し遂げてもらうために、避けて欲しいと考えるようです。

なので、たばこの煙を嫌がる女性に出会うと安心してしまいます。

近年は自分が嫌煙者だからと、これを最低条件としている男性が多く見受けられます。

確かに、鼻の穴から煙を出す女性って嫌かもしれませんね。

きちんとTPOが判断できる女性

世の中には頓珍漢で残念な女性が存在します。

それだけに、きちんとTPOを判断できると安心できるのでしょう。

こういう人は安心して、どこにでも誘うことができます。

また、誰にでも紹介できます。

そういった意味で安定性のある女性は結婚相手に最適です。

いつも褒めてくれる女性

「○○さんてすごいのね」 男性の多くは「自分は褒められて伸びるタイプ」と考えています。

だから、どんな些細なことでも褒められると嬉しくなってしまいます。

また、褒めてくれた女性に対しても「自分のことを解ってくれる女性」と評価するのです。

つまり、褒めてくれる女性が大好きなのです。

これは幼少時代に母親から褒められて気分良くなった体験が根底にあります。

その為、男性はこの体験が忘れられません。

男性はいくつになってもマザコン。

それを否定するのではなく、褒められたいのですから褒めてあげればいいのです。

その単純なメカニズムに理解を示し、褒め続ける事の出来る女性は結婚したいと思われる女性です。

面倒を引き受けてくれる女性

どんなに仕事ができる男性でも、苦手なことはあります。

例えば、デートのプランニング。

別に女性への愛情がないということではありません。

単に面倒で、知恵が働かないというだけのこと。

それを責めるのは簡単ですが、その面倒を引き受けてくれたら男性は思わず「俺の弱点を補ってくれる将来の伴侶」と考えてしまいます。

スマホがあればデートのプランニングなんて誰にでも出来ます。

それでも苦手と男性が言うならば、気持ちよく引き受けてあげましょう。

この役割分担が出来上がると、結婚後もそのまま継承されると思います。

でもそれで夫が気分よく働いて稼いでくれるなら、良しとしましょう。

贅沢を望まない女性

男性は好きな女性を喜ばせたいもの。

でも、それは女性から強要されてすることではありません。

その点を勘違いしておねだりし続ける女性への愛情は冷めてしまい、結婚したいなんて夢にも思いません。

男性にとっておねだりは面倒でしかないのです。

記念日に拘らない女性

記念日を大事にしすぎると「結婚してから面倒だな」と思われてしまいます。

もしも記念日を蔑ろにできないのなら、勝手にお祝いすればいいだけ。

ケーキは自分で準備して、シャンパンだってテーブルに並べておけば男性は喜んで祝ってくれるでしょう。

段取りを強要するから嫌がられるのです。

家庭を持てば、結婚記念日、お互いの誕生日、季節イベント、子供関係のイベントとお祝い事が目白押し。

男性がウンザリしないように舵取りできることこそがとても重要です。

一人遊びが上手な女性

男性はいつでも一緒にいたいという気持ちが希薄になってしまうことがあります。

それは仕事が忙しいのかもしれません。

それ以外の人間関係に悩まされているのかも。

もしかすると人生の岐路に立たされて、決断を迫られていることも考えられます。

そんな時にかまってチャンの彼女がいたらウンザリしてしまいます。

そんな男性の状況を素早く察知して、一人遊びをしていれば男性の方から然るべきタイミングで連絡がきます。

放置していても文句を言わない女性は結婚相手としてはかなり重要な要素を持っていると思われます。

直ぐに泣いて自分の思い通りにしようとしない女性

女の涙は武器とばかりにメソメソする女性がいます。

その女性の人生でどんなことを学んだのかは謎ですが、泣けば男性がいうことを聞くと覚えてしまったのです。

でも、それは男性にとって厄介極まりなし。

最初こそご機嫌を取るためによしよしと言っていたかもしれませんが、それが2度3度と続くと知らんぷりされてしまうのが関の山。

そんな面倒くさい女性にプロポーズしようとする男性はいません。

自分の意見を聞いて欲しい時にはきちんと「話したいことがあるんだけど、聞いてくれる?」とタイミングを計り、理路整然と話せば大抵の男性は理解してくれます。

涙ながらに訴えるから「面倒くさい」とスルーされてしまうのです。

そうならないためにも、無用にメソメソするのは止めましょう。

学歴や職業で男性になびく女性は驚くほどに多いものです。

でもそういったことには無頓着で、「私はあなただから好きなの」という純粋な好意を表してくれたらそれだけで気持ちがポカポカ。

「この女性の為だったらどんなときにも頑張れる」と心が強くなれます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-