【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513164621.html
結婚したいアピールの方法

結婚したいアピールの方法 | LADYCO

LADYCO
結婚したいアピールの方法

結婚したいのに、相手がなかなか結婚する気を見せてくれない、プロポーズをしてくれないということがありますね。

どうやったら上手に結婚アピールができるのでしょうか。

  • 結婚した友達の話をする
  • 結婚式のドレスを眺めてうっとりする
  • 子どもの話をする
  • 婚約指輪や結婚指輪に興味を示す
  • お参りや七夕で「結婚したい」という意思を表す
  • いっそ女性からプロポーズをしてしまう
  • 相手の親と仲良くする
  • やりすぎはダメ
  • 男性が結婚を意識する瞬間
  • なにもしない時間も幸せを感じられるとき
  • 仕事や付き合いに理解を持ってくれるとき
  • 好きな料理を作ってくれるとき
  • 母性を感じたとき
  • 自分の理想の家族像と一緒
  • 自分の親や家族と仲良くなれたとき
  • お金の感覚がしっかりしている
  • 自分へのおもいやりを感じる
  • 身の回りの世話をしてくれる
  • 何でも話し合えると思ったとき
  • 最後にまとめ

結婚した友達の話をする

結婚した友達の話をする

これは定番ですね。

結婚した友達や、招待された結婚式の話をして、結婚を相手に無理やり意識させる方法です。

結婚した友達がどれだけ幸せに暮らしているか、結婚式がどれだけステキだったか話をすることで、相手に結婚っていいな、と思わせる方法です。

結婚式のドレスを眺めてうっとりする

結婚式のドレスを眺めてうっとりする

結婚式を考える女性なら、誰もがドレスに憧れます。

ウェディングドレスは人生に1度、誰もが着たいものですよね。

そんな時、ドレスのカタログやパンフレットを見てうっとりして見せることも相手に結婚を意識させる方法の1つです。

こんなドレス着たいな、と口に出しても良いでしょう。

子どもの話をする

子どもの話をする

現実的に、女性は35歳を過ぎると妊娠しにくくなります。

そのため、ある意味女性にはタイムリミットがあります。

どうしても子どもが欲しい場合、結婚する気のない彼氏と長々と付き合うなんて嫌!と思う人もいるでしょう。

そのため、子どもの話を持ち出してみるという方法もあります。

子どもの話を持ち出し、「欲しいな」と口に出して、相手の出方を伺います。

婚約指輪や結婚指輪に興味を示す

婚約指輪や結婚指輪に興味を示す

ドレスと同じく、婚約指輪や結婚指輪も女性の憧れですよね。

宝石のカタログなどを見て、これ綺麗だなぁとわくわくして見せることも方法の1つです。

女性なら、誕生日やクリスマスなどに宝石やアクセサリーをプレゼントされることもあるでしょう。

そんな中、「何が欲しい?」と聞かれた時に婚約指輪や結婚指輪の写真をちらっと彼氏に見せる、という方法を実行する人もいる方です。

お参りや七夕で「結婚したい」という意思を表す

お参りや七夕で「結婚したい」という意思を表す

絵馬を書いたり短冊を書いたりする際に、正直に「結婚できますように」と書いてしまう方法です。

彼氏もそれを見るでしょうから、とても直球的なやり方ですが、相手に通じなかった!という思いをすることもありませんし、もういい加減に結婚したい!と思う女性にはおススメの方法かもしれません。

いっそ女性からプロポーズをしてしまう

いっそ女性からプロポーズをしてしまう

いっそ女性から結婚しよう!と言う方法もあります。

プロポーズは男性からして欲しいと思う女性は多いでしょうが、だからといって女性が常に待ちの体制でいる必要はありません。

いっそ女性から言ってしまった方が、男性も「よし!」と重い腰が上がるかもしれません。

もちろんこれは人によりますが、女性がプロポーズをしてもいい場合もあると思います。

相手の親と仲良くする

相手の親と仲良くする

これも究極ですが、相手が結婚を口に出す前に、相手の親に結婚を意識させてしまう方法です。

相手の親と仲良くし、「あの子、いいお嫁さんになりそうね」と思わせて、息子に「あの子と結婚したら」言わせる!なかなか難しそうな方法ですが、実行している人もいます。

やりすぎはダメ

やりすぎはダメ

気を付けなければならないことは、やりすぎないことです。

男性は結婚するタイミングをうかがっているだけかもしれないし、なかなか言い出せないだけかもしれません。

そんな時に彼女からしつこい結婚アピールがあると、いっそ嫌になってしまう男性もいるのです。

男性が結婚を意識する瞬間

男性が結婚を意識する瞬間

男性にとって結婚は女性よりも決意するのに勇気がいるといいます。

結婚は付き合うだけではないので、付き合っていても結婚できない子したい子というのは違います。

では、彼氏が結婚を意識する瞬間とはどんなときか紹介したいと思います。

なにもしない時間も幸せを感じられるとき

なにもしない時間も幸せを感じられるとき

結婚をすると生活になるので、付き合っている時のように毎日デートというわけにはいきませんよね。

仕事で帰ってきてひとりになりたい時間や話したくないときもあると思います。

付き合っている時にそんな無言の瞬間も幸せを感じたり、気を使わないでいられると結婚を意識します。

一緒にいて疲れる相手と結婚をするのは誰だって嫌ですよね。

ですので、何もしない時間を大切に出来ることが大切です。

仕事や付き合いに理解を持ってくれるとき

仕事や付き合いに理解を持ってくれるとき

ときにはデートの約束をしていても仕事が入ってしまいキャンセルになってしまうこともあります。

そんなときに頑張ってねと言って怒らないでいてくれると結婚したいなと思います。

男性は絶対に仕事をしなければいけません。

そんな仕事にたいして理解をしてくれると結婚を意識します。

男性にとって仕事は切っても切り離せない生活なので、仕事にたいする理解はとても大事です。

好きな料理を作ってくれるとき

好きな料理を作ってくれるとき

男性は基本的料理が出来る女性が好きです。

生活していくうえで絶対に食事は必要なので料理をしているところを見ると結婚を想像します。

男性にとって食事はかなり大切なので料理だけでなく、自分と味覚が似ていることもすごく大切なので結婚を意識させたければ胃袋をつかむのが一番です。

そして、ただ料理を作るだけでなく、自分の好きな料理を作ってくれたときに意識するようです。

母性を感じたとき

母性を感じたとき

彼女が他人の子供をあやしているときや子供と一緒になって遊ぶ姿を見ると結婚のビジョンが浮かぶそうです。

結婚=子供というのは男性によっては当たり前なので優しい母親を想像できるとこの子と結婚してもいいかなと思います。

自分の理想の家族像と一緒

自分の理想の家族像と一緒

自分が将来結婚したらこんな家庭にしたいというのはある程度大きくなったら誰にでもありますよね。

例えば、子供が何人欲しいとか、奥さんには家事や育児に専念して欲しいなど、男性によって希望があります。

逆にここの理想がかけ離れていると結婚生活は上手く行かない事が多いので、自分の結婚後の理想と一致するとこの子となら人生を一緒に歩めるかもしれないと思います。

自分の親や家族と仲良くなれたとき

自分の親や家族と仲良くなれたとき

結婚をすると相手の家族と付き合うのは絶対についてまわります。

相手の家族と仲が悪いために自分達の仲も悪くなって離婚してしまうというのはよくあるケースです。

彼が自分の実家に招いたときに仲良くコミュニケーションが取れてたとき、これなら結婚しても上手くできそうだなと思うようです。

彼との家族との関係は結婚をする上で非常に重要です。

お金の感覚がしっかりしている

お金の感覚がしっかりしている

お金を使うときでもしっかりと貯金して将来のことまで考えていると彼は結婚を意識するそうです。

はやり、結婚後のお金の管理は奥さんに任せたいと思う人も多いので、しっかりと貯金したり、お金を管理している姿をみると上手にやりくりしてくれそうと感じて結婚を意識します。

結婚とお金は切っては切り離せないので無駄遣いしないでしっかりと管理するのは非常に重要です。

自分へのおもいやりを感じる

自分へのおもいやりを感じる

例えば、自分が疲れている時はデートしてても隣でただ黙っていてくれたり、心配してくれたり、自分の事を一番に考えてくれる姿を見るとこの子とならやっていけるなと思います。

彼女が自分に対して気遣いをしてくれると結婚を意識するものです。

身の回りの世話をしてくれる

身の回りの世話をしてくれる

例えば、彼が一人暮らしをしているときに部屋の掃除をしてくれたり、風邪を引いてダウンしたときに一生懸命看病してくれる姿を見ると心が動くそうです。

やっぱり結婚はいいものだなと思わせることは大事なのではやり、炊事洗濯掃除などは結婚を意識する上では非常に重要です。

何でも話し合えると思ったとき

何でも話し合えると思ったとき

結婚をすると何でもお互いに話し合えなければいけません。

結婚をしていないときでもお互いにもめることはあると思います。

そのときにカッとならずに冷静に話し合えて物事を解決できると結婚しても上手くやっていけるのではないかと思うそうです。

毎日一緒にいればケンカしたりもめたりするのはあると思いますが、そのときに冷静に話し合える関係が理想です。

最後にまとめ

結婚は彼女と一生一緒にいるので慎重になるのは当たり前です。

もちろん付き合う前の関係とは変わるので結婚をしたいと思っている女性は彼に結婚を意識させると良いですね。

以上の事を参考に上手に結婚へ一歩ずつ歩んでくださいね。

結婚したいのに、相手がなかなか結婚する気を見せてくれない、プロポーズをしてくれないということがありますね。

どうやったら上手に結婚アピールができるのでしょうか。


結婚した友達の話をする

これは定番ですね。

結婚した友達や、招待された結婚式の話をして、結婚を相手に無理やり意識させる方法です。

結婚した友達がどれだけ幸せに暮らしているか、結婚式がどれだけステキだったか話をすることで、相手に結婚っていいな、と思わせる方法です。

結婚式のドレスを眺めてうっとりする

結婚式を考える女性なら、誰もがドレスに憧れます。

ウェディングドレスは人生に1度、誰もが着たいものですよね。

そんな時、ドレスのカタログやパンフレットを見てうっとりして見せることも相手に結婚を意識させる方法の1つです。

こんなドレス着たいな、と口に出しても良いでしょう。

子どもの話をする

現実的に、女性は35歳を過ぎると妊娠しにくくなります。

そのため、ある意味女性にはタイムリミットがあります。

どうしても子どもが欲しい場合、結婚する気のない彼氏と長々と付き合うなんて嫌!と思う人もいるでしょう。

そのため、子どもの話を持ち出してみるという方法もあります。

子どもの話を持ち出し、「欲しいな」と口に出して、相手の出方を伺います。

婚約指輪や結婚指輪に興味を示す

ドレスと同じく、婚約指輪や結婚指輪も女性の憧れですよね。

宝石のカタログなどを見て、これ綺麗だなぁとわくわくして見せることも方法の1つです。

女性なら、誕生日やクリスマスなどに宝石やアクセサリーをプレゼントされることもあるでしょう。

そんな中、「何が欲しい?」と聞かれた時に婚約指輪や結婚指輪の写真をちらっと彼氏に見せる、という方法を実行する人もいる方です。

お参りや七夕で「結婚したい」という意思を表す

絵馬を書いたり短冊を書いたりする際に、正直に「結婚できますように」と書いてしまう方法です。

彼氏もそれを見るでしょうから、とても直球的なやり方ですが、相手に通じなかった!という思いをすることもありませんし、もういい加減に結婚したい!と思う女性にはおススメの方法かもしれません。

いっそ女性からプロポーズをしてしまう

いっそ女性から結婚しよう!と言う方法もあります。

プロポーズは男性からして欲しいと思う女性は多いでしょうが、だからといって女性が常に待ちの体制でいる必要はありません。

いっそ女性から言ってしまった方が、男性も「よし!」と重い腰が上がるかもしれません。

もちろんこれは人によりますが、女性がプロポーズをしてもいい場合もあると思います。

相手の親と仲良くする

これも究極ですが、相手が結婚を口に出す前に、相手の親に結婚を意識させてしまう方法です。

相手の親と仲良くし、「あの子、いいお嫁さんになりそうね」と思わせて、息子に「あの子と結婚したら」言わせる!なかなか難しそうな方法ですが、実行している人もいます。

やりすぎはダメ

気を付けなければならないことは、やりすぎないことです。

男性は結婚するタイミングをうかがっているだけかもしれないし、なかなか言い出せないだけかもしれません。

そんな時に彼女からしつこい結婚アピールがあると、いっそ嫌になってしまう男性もいるのです。

男性が結婚を意識する瞬間

男性にとって結婚は女性よりも決意するのに勇気がいるといいます。

結婚は付き合うだけではないので、付き合っていても結婚できない子したい子というのは違います。

では、彼氏が結婚を意識する瞬間とはどんなときか紹介したいと思います。

なにもしない時間も幸せを感じられるとき

結婚をすると生活になるので、付き合っている時のように毎日デートというわけにはいきませんよね。

仕事で帰ってきてひとりになりたい時間や話したくないときもあると思います。

付き合っている時にそんな無言の瞬間も幸せを感じたり、気を使わないでいられると結婚を意識します。

一緒にいて疲れる相手と結婚をするのは誰だって嫌ですよね。

ですので、何もしない時間を大切に出来ることが大切です。

仕事や付き合いに理解を持ってくれるとき

ときにはデートの約束をしていても仕事が入ってしまいキャンセルになってしまうこともあります。

そんなときに頑張ってねと言って怒らないでいてくれると結婚したいなと思います。

男性は絶対に仕事をしなければいけません。

そんな仕事にたいして理解をしてくれると結婚を意識します。

男性にとって仕事は切っても切り離せない生活なので、仕事にたいする理解はとても大事です。

好きな料理を作ってくれるとき

男性は基本的料理が出来る女性が好きです。

生活していくうえで絶対に食事は必要なので料理をしているところを見ると結婚を想像します。

男性にとって食事はかなり大切なので料理だけでなく、自分と味覚が似ていることもすごく大切なので結婚を意識させたければ胃袋をつかむのが一番です。

そして、ただ料理を作るだけでなく、自分の好きな料理を作ってくれたときに意識するようです。

母性を感じたとき

彼女が他人の子供をあやしているときや子供と一緒になって遊ぶ姿を見ると結婚のビジョンが浮かぶそうです。

結婚=子供というのは男性によっては当たり前なので優しい母親を想像できるとこの子と結婚してもいいかなと思います。

自分の理想の家族像と一緒

自分が将来結婚したらこんな家庭にしたいというのはある程度大きくなったら誰にでもありますよね。

例えば、子供が何人欲しいとか、奥さんには家事や育児に専念して欲しいなど、男性によって希望があります。

逆にここの理想がかけ離れていると結婚生活は上手く行かない事が多いので、自分の結婚後の理想と一致するとこの子となら人生を一緒に歩めるかもしれないと思います。

自分の親や家族と仲良くなれたとき

結婚をすると相手の家族と付き合うのは絶対についてまわります。

相手の家族と仲が悪いために自分達の仲も悪くなって離婚してしまうというのはよくあるケースです。

彼が自分の実家に招いたときに仲良くコミュニケーションが取れてたとき、これなら結婚しても上手くできそうだなと思うようです。

彼との家族との関係は結婚をする上で非常に重要です。

お金の感覚がしっかりしている

お金を使うときでもしっかりと貯金して将来のことまで考えていると彼は結婚を意識するそうです。

はやり、結婚後のお金の管理は奥さんに任せたいと思う人も多いので、しっかりと貯金したり、お金を管理している姿をみると上手にやりくりしてくれそうと感じて結婚を意識します。

結婚とお金は切っては切り離せないので無駄遣いしないでしっかりと管理するのは非常に重要です。

自分へのおもいやりを感じる

例えば、自分が疲れている時はデートしてても隣でただ黙っていてくれたり、心配してくれたり、自分の事を一番に考えてくれる姿を見るとこの子とならやっていけるなと思います。

彼女が自分に対して気遣いをしてくれると結婚を意識するものです。

身の回りの世話をしてくれる

例えば、彼が一人暮らしをしているときに部屋の掃除をしてくれたり、風邪を引いてダウンしたときに一生懸命看病してくれる姿を見ると心が動くそうです。

やっぱり結婚はいいものだなと思わせることは大事なのではやり、炊事洗濯掃除などは結婚を意識する上では非常に重要です。

何でも話し合えると思ったとき

結婚をすると何でもお互いに話し合えなければいけません。

結婚をしていないときでもお互いにもめることはあると思います。

そのときにカッとならずに冷静に話し合えて物事を解決できると結婚しても上手くやっていけるのではないかと思うそうです。

毎日一緒にいればケンカしたりもめたりするのはあると思いますが、そのときに冷静に話し合える関係が理想です。

結婚は彼女と一生一緒にいるので慎重になるのは当たり前です。

もちろん付き合う前の関係とは変わるので結婚をしたいと思っている女性は彼に結婚を意識させると良いですね。

以上の事を参考に上手に結婚へ一歩ずつ歩んでくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-