【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513172921.html
本当に好きな人となかなか結婚できない理由

本当に好きな人となかなか結婚できない理由 | LADYCO

LADYCO
本当に好きな人となかなか結婚できない理由

本当に好きな人となかなか結婚できない理由15選まとめました。

恋愛の参考になればと思います。

  • 優柔不断
  • からだ目当て
  • 魅力的な人はすでに誰かのもの
  • 仕事の都合
  • いつまでも恋人同士でいたい
  • 本当に人を好きになったことがない
  • 恋人と結婚相手はまた別
  • 自分が仕事で成功するため
  • 若い奥さんが欲しいから
  • 周りに認められたい
  • 禁断の恋
  • 相手の親の問題
  • 一途になれない
  • 家計への不安
  • そもそも結婚に興味がない

1. 優柔不断

優柔不断

この人と結婚しようか、この人が運命の人なのかと迷っているうちになかなか結婚まで進まないカップルも多いのではないでしょうか。

結婚は勢いが大切だと言います。

その勢いを逃したり怖がったりすると相手が誰であっても結婚の波に乗ることはできないでしょう。

2. からだ目当て

からだ目当て

結婚相手との肉体関係を大切に考える場合は好きな人のスタイルや色気なども気にするかもしれませんね。

からだの相性は夫婦において重要なことですから下心だというひとことでは片付けられる問題ではなく、からだ目当ての結婚でも幸せな夫婦もいるのではないかと思います。

3. 魅力的な人はすでに誰かのもの

魅力的な人はすでに誰かのもの

ついに本当に好きな人ができた!と思ってアタックしてもすでに恋人がいたり結婚済みということもあるので魅力的な異性をゲットするのは簡単なことではありあません。

魅力的だからこそライバルが多いというのは当然です。

今の自分を選んでもらえるような自分磨きに手を抜くとこういったことも多そうですね。

4. 仕事の都合

仕事の都合

本当に好きな人がいても自分の仕事の都合で引っ越さなければいけないとか、大きな仕事が入る予定があって結婚どころではないという状況も考えられます。

大切な人とは時間をかけて結婚について進めていきたいもの。

仕事も恋も頑張るひとにはタイミングが重要になってきます。

5. いつまでも恋人同士でいたい

いつまでも恋人同士でいたい

本当に好きな人だからこそずっとこのままラブラブなカップルでいたいと思う人もいますよね。

結婚によって仲が悪くなることはないと思いますが、周りに結婚で失敗した人や「結婚って良くないよ」などと言ってくる人がいると余計にためらってしまうかも。

結婚という現実的な関係はつまらないと感じる人も中にはいるでしょう。

6. 本当に人を好きになったことがない

本当に人を好きになったことがない

恋愛経験が少ない人であればどの恋愛が「本当に好きになった」という状態なのかピンとこないという可能性もあり、そのままなんとなく好きになった人とこんなものかと結婚に踏み切ってしまうことがあります。

その後別の人を「本当に」好きになった時、これだったかと気づくことになるかもしれませんね。

運命の出会いと自覚できる人ばかりではないので結婚前にじっくり見極めたいものです。

7. 恋人と結婚相手はまた別

恋人と結婚相手はまた別

理想の恋人と理想の結婚相手というものは若干条件が違ってきませんか?

異性として素敵でも結婚相手としてはどうかなと考えた時、どんなに好きな相手であってもどこか違うなという違和感を感じたりすることもあるでしょう。

結婚に対する温度差によっても価値観の違いを感じて迷いが生まれることがあります。

8. 自分が仕事で成功するため

自分が仕事で成功するため

自分が仕事で成功するために仕事上の付き合いのある人の子供さんと縁組を進めるということもありますね。

政治家や医師、地主などのお金持ちの家庭においてはこういったケースで好きではない人と結婚する(またはさせられる)こともあるんです。

9. 若い奥さんが欲しいから

若い奥さんが欲しいから

本当に好きな人が年上である場合、将来を考えると不安になったりすることもあるでしょう。

老後のこと、子供を産むことなどを考えていくうちに「本当に好きな人」よりも「若い奥さん」に価値を見出すこともあるのではないかと思います。

10. 周りに認められたい

周りに認められたい

周りに認められるためにモテる異性や地位の高い異性との結婚を選んでしまう人もいます。

本当に好きな相手かよりも人の見た目や評価を気にするタイプの人ですね。

周りに認められる結婚は幸せな気分にもなれて決して悪いこととは言いません。

それだけで選んだ相手でないなら自分も満足できているのかもしれませんね。

11. 禁断の恋

禁断の恋

世間一般的に結婚をすると驚かれたり非常識だと噂されてしまうような関係の相手とは結婚するのもためらわれることでしょう。

親の気持ちを考えてもこれからの世間体を考えても禁断の恋なら結婚への一歩がなかなか踏み出せず、妥協した相手と結婚する方がベストと捉えることもあります。

12. 相手の親の問題

相手の親の問題

本当に好きな人の親の関係で結婚したくないと感じることがあります。

借金をしている、介護の必要がある、ちょっと変わった人でうまくやっていけそうにないなどといったさまざまな理由があり得ますね。

親との関係は結婚後に深くなっていくものですからいい加減な気持ちでは決めることができないでしょう。

13. 一途になれない

一途になれない

浮気性の自分に自覚があるなら大好きな人と結婚して浮気をしてしまうかも、相手に逃げられてしまうかもという不安に悩まされるかもしれませんね。

好きだからと言って浮気をしないと言い切れないのが浮気性というもの。

それなら浮気に理解のある相手との結婚にしておこうなんて考えるのでしょうか。

14. 家計への不安

家計への不安

収入が少ないせいで相手に不満を感じさせず結婚生活をやっていけるか不安な時はお金に余裕のある相手を選んでしまうことだってあるでしょう。

結婚は生活がかかっていますから切ないですがちょっとわかる気がします。

15. そもそも結婚に興味がない

結婚するメリットが感じられないような結婚に興味のない人、最近は増えましたね。

本当に好きな人を待たせているうちに逃げられたりすることもあるでしょう。

本当に好きな人となかなか結婚できない理由15選まとめました。

恋愛の参考になればと思います。


優柔不断

この人と結婚しようか、この人が運命の人なのかと迷っているうちになかなか結婚まで進まないカップルも多いのではないでしょうか。

結婚は勢いが大切だと言います。

その勢いを逃したり怖がったりすると相手が誰であっても結婚の波に乗ることはできないでしょう。

からだ目当て

結婚相手との肉体関係を大切に考える場合は好きな人のスタイルや色気なども気にするかもしれませんね。

からだの相性は夫婦において重要なことですから下心だというひとことでは片付けられる問題ではなく、からだ目当ての結婚でも幸せな夫婦もいるのではないかと思います。

魅力的な人はすでに誰かのもの

ついに本当に好きな人ができた!と思ってアタックしてもすでに恋人がいたり結婚済みということもあるので魅力的な異性をゲットするのは簡単なことではありあません。

魅力的だからこそライバルが多いというのは当然です。

今の自分を選んでもらえるような自分磨きに手を抜くとこういったことも多そうですね。

仕事の都合

本当に好きな人がいても自分の仕事の都合で引っ越さなければいけないとか、大きな仕事が入る予定があって結婚どころではないという状況も考えられます。

大切な人とは時間をかけて結婚について進めていきたいもの。

仕事も恋も頑張るひとにはタイミングが重要になってきます。

いつまでも恋人同士でいたい

本当に好きな人だからこそずっとこのままラブラブなカップルでいたいと思う人もいますよね。

結婚によって仲が悪くなることはないと思いますが、周りに結婚で失敗した人や「結婚って良くないよ」などと言ってくる人がいると余計にためらってしまうかも。

結婚という現実的な関係はつまらないと感じる人も中にはいるでしょう。

本当に人を好きになったことがない

恋愛経験が少ない人であればどの恋愛が「本当に好きになった」という状態なのかピンとこないという可能性もあり、そのままなんとなく好きになった人とこんなものかと結婚に踏み切ってしまうことがあります。

その後別の人を「本当に」好きになった時、これだったかと気づくことになるかもしれませんね。

運命の出会いと自覚できる人ばかりではないので結婚前にじっくり見極めたいものです。

恋人と結婚相手はまた別

理想の恋人と理想の結婚相手というものは若干条件が違ってきませんか?

異性として素敵でも結婚相手としてはどうかなと考えた時、どんなに好きな相手であってもどこか違うなという違和感を感じたりすることもあるでしょう。

結婚に対する温度差によっても価値観の違いを感じて迷いが生まれることがあります。

自分が仕事で成功するため

自分が仕事で成功するために仕事上の付き合いのある人の子供さんと縁組を進めるということもありますね。

政治家や医師、地主などのお金持ちの家庭においてはこういったケースで好きではない人と結婚する(またはさせられる)こともあるんです。

若い奥さんが欲しいから

本当に好きな人が年上である場合、将来を考えると不安になったりすることもあるでしょう。

老後のこと、子供を産むことなどを考えていくうちに「本当に好きな人」よりも「若い奥さん」に価値を見出すこともあるのではないかと思います。

周りに認められたい

周りに認められるためにモテる異性や地位の高い異性との結婚を選んでしまう人もいます。

本当に好きな相手かよりも人の見た目や評価を気にするタイプの人ですね。

周りに認められる結婚は幸せな気分にもなれて決して悪いこととは言いません。

それだけで選んだ相手でないなら自分も満足できているのかもしれませんね。

禁断の恋

世間一般的に結婚をすると驚かれたり非常識だと噂されてしまうような関係の相手とは結婚するのもためらわれることでしょう。

親の気持ちを考えてもこれからの世間体を考えても禁断の恋なら結婚への一歩がなかなか踏み出せず、妥協した相手と結婚する方がベストと捉えることもあります。

相手の親の問題

本当に好きな人の親の関係で結婚したくないと感じることがあります。

借金をしている、介護の必要がある、ちょっと変わった人でうまくやっていけそうにないなどといったさまざまな理由があり得ますね。

親との関係は結婚後に深くなっていくものですからいい加減な気持ちでは決めることができないでしょう。

一途になれない

浮気性の自分に自覚があるなら大好きな人と結婚して浮気をしてしまうかも、相手に逃げられてしまうかもという不安に悩まされるかもしれませんね。

好きだからと言って浮気をしないと言い切れないのが浮気性というもの。

それなら浮気に理解のある相手との結婚にしておこうなんて考えるのでしょうか。

家計への不安

収入が少ないせいで相手に不満を感じさせず結婚生活をやっていけるか不安な時はお金に余裕のある相手を選んでしまうことだってあるでしょう。

結婚は生活がかかっていますから切ないですがちょっとわかる気がします。

結婚するメリットが感じられないような結婚に興味のない人、最近は増えましたね。

本当に好きな人を待たせているうちに逃げられたりすることもあるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-