【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513145754.html
オーストラリアの彼氏の特徴

オーストラリアの彼氏の特徴 | LADYCO

LADYCO
オーストラリアの彼氏の特徴

オーストラリアの彼氏の特徴と注意点 5選まとめました。

オーストラリア人と付き合っている方にお勧めコラム。

  • 何も言わなければ伝わらない
  • 客観的に考えてみて全部言うことは大切
  • 何を食べたいと聞かれたりするときには具体的に答える
  • 言うべき時にはNOと言う
  • NOという時にはきちんと説明して誠意を見せる

1. 何も言わなければ伝わらない

何も言わなければ伝わらない

オーストラリアでは自分の意見ははっきりと伝えるように小さい頃から言われています。

そのため、日本文化で美徳とされる言わなくてもわかるということや察するということは相手には理解できないのです。

そのため、オーストラリア人の彼氏には自分の気持ちをきちんと言葉で率直に伝えることがとても大切です。

日本人は自分の気持ちを全て伝えるということには抵抗がある人も多いといえます。

この点は特に関東で育った人に強い傾向があるといえますが、その点をよく理解してきちんと言葉で伝えることが大切です。

2. 客観的に考えてみて全部言うことは大切

客観的に考えてみて全部言うことは大切

自分の思いをどうして全部言わないといけないのかという点については強い文化的な違いを感じる人も多いといえます。

逆に、自分の気持ちをどうしてきちんと言えないのかと相手も思うので、誤解を防ぐためにも、客観的に考えてみて、自分の気持ちは伝えることの一つと割り切ることがおすすめです。

3. 何を食べたいと聞かれたりするときには具体的に答える

何を食べたいと聞かれたりするときには具体的に答える

オーストラリア人の彼氏と付き合っていると、どこへ行きたい?という質問やお昼は何を食べたい?という質問など、具体的な答えを伝えることが必要な場面がよくあります。

疎な時にはきちんと具体的に伝えることがとても大切です。

一番困るのが何でもいいという風に応えることであるといわれています。

何でもいいというのは、相手にはどうでもいいという風に聞こえるようです。

相手の食べたいものを私も食べたいと思うという場合でも、その答えとしてどうでもいいというのはあまりおすすめではなく、きちんと、彼氏の食べたいものを食べたいと思っているからあなたはなにがたべたいのか教えてもらえる?と言ってみるといいといわれたりしています。

何でもいいというちゃらんぽらんに聞こえる受け答えはおすすめではないといわれています。

4. 言うべき時にはNOと言う

言うべき時にはNOと言う

YESが多い社会に生きてきた日本人にとって、NOというのは難しいといわれています。

その理由は、嫌なことをNOというと相手に嫌われるのではないかと思う人が多いといわれています。

しかしオーストラリア人の彼氏は嫌な時にはNOというのが当たり前の社会で育っているので、NOといったからと言って嫌われることはありません。

5. NOという時にはきちんと説明して誠意を見せる

何でもNOといい続けているのもまた難しいところで、自分といるのが嫌なのではないかと思ってしまったりします。

そのため、きちんと理由を説明してNOといい代わりの案を提案するという形にするといいといわれたりしています。

オーストラリアの彼氏の特徴と注意点 5選まとめました。

オーストラリア人と付き合っている方にお勧めコラム。


何も言わなければ伝わらない

オーストラリアでは自分の意見ははっきりと伝えるように小さい頃から言われています。

そのため、日本文化で美徳とされる言わなくてもわかるということや察するということは相手には理解できないのです。

そのため、オーストラリア人の彼氏には自分の気持ちをきちんと言葉で率直に伝えることがとても大切です。

日本人は自分の気持ちを全て伝えるということには抵抗がある人も多いといえます。

この点は特に関東で育った人に強い傾向があるといえますが、その点をよく理解してきちんと言葉で伝えることが大切です。

客観的に考えてみて全部言うことは大切

自分の思いをどうして全部言わないといけないのかという点については強い文化的な違いを感じる人も多いといえます。

逆に、自分の気持ちをどうしてきちんと言えないのかと相手も思うので、誤解を防ぐためにも、客観的に考えてみて、自分の気持ちは伝えることの一つと割り切ることがおすすめです。

何を食べたいと聞かれたりするときには具体的に答える

オーストラリア人の彼氏と付き合っていると、どこへ行きたい?という質問やお昼は何を食べたい?という質問など、具体的な答えを伝えることが必要な場面がよくあります。

疎な時にはきちんと具体的に伝えることがとても大切です。

一番困るのが何でもいいという風に応えることであるといわれています。

何でもいいというのは、相手にはどうでもいいという風に聞こえるようです。

相手の食べたいものを私も食べたいと思うという場合でも、その答えとしてどうでもいいというのはあまりおすすめではなく、きちんと、彼氏の食べたいものを食べたいと思っているからあなたはなにがたべたいのか教えてもらえる?と言ってみるといいといわれたりしています。

何でもいいというちゃらんぽらんに聞こえる受け答えはおすすめではないといわれています。

言うべき時にはNOと言う

YESが多い社会に生きてきた日本人にとって、NOというのは難しいといわれています。

その理由は、嫌なことをNOというと相手に嫌われるのではないかと思う人が多いといわれています。

しかしオーストラリア人の彼氏は嫌な時にはNOというのが当たり前の社会で育っているので、NOといったからと言って嫌われることはありません。

何でもNOといい続けているのもまた難しいところで、自分といるのが嫌なのではないかと思ってしまったりします。

そのため、きちんと理由を説明してNOといい代わりの案を提案するという形にするといいといわれたりしています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-