【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104204.html
再婚を大反対された時に両親を説得する方法

再婚を大反対された時に両親を説得する方法 | LADYCO

LADYCO
再婚を大反対された時に両親を説得する方法

一度結婚に失敗してしまい、でもまた本当に好きな人ができて一緒になりたい。

でも両親が大反対。

そんな時、両親を説得できる方法を紹介します。

  • 子供の将来の金銭的な不安を相談
  • 子供が片親という寂しさを話す
  • 失敗から学ぶ事もある
  • 子供がいない場合、孫の可能性を示唆
  • あなた自身の寂しさを伝える
  • 相手の誠意を見せる事
  • 相手に子供がいる場合
  • なぜ反対するのかをしっかり聞く
  • 時間という制約をつける
  • まとめ

1. 子供の将来の金銭的な不安を相談

子供の将来の金銭的な不安を相談

いくら手当が充実してきている世の中といえど、片親ではやはり大学進学や都会への引っ越しを子供が希望する場合などの負担は厳しいものがあります。

片親のままでは親戚にも迷惑がかかる可能性も話して説得する方法を検討するのも良い方法でしょう。

2. 子供が片親という寂しさを話す

子供が片親という寂しさを話す

片親でも子供は逞しく強く育つものです。

ですが片親で周りと違うという事は、小さい頃から経験してしまうと友達の親御さんなどに気を使われてしまうなど、本人が望まぬとも起ってしまうのが事実。

子供の心の隙間を埋めるためにも再婚するのは良いです。

3. 失敗から学ぶ事もある

失敗から学ぶ事もある

片親になってしまうのも、死別や離婚など理由は人様々。

離婚の場合は、一度失敗してしまった事から学び同じ過ちを繰り返さない事もできるのが人間です。

この場合は再婚相手にも離婚の原因をしっかり伝えて理解してもらう事で再婚後の生活も安心して過ごせます。

4. 子供がいない場合、孫の可能性を示唆

子供がいない場合、孫の可能性を示唆

自分の子供より孫を可愛がってしまう人はたくさんいます。

なぜなら、子供には愛と同時に責任が伴います。

孫には無償の愛が注げ、とても可愛いものです。

そんな孫ができるかもしれないと両親に話したら再婚を認めてもらえる可能性があります。

特にまだ両親に孫がいない時には効果的です。

5. あなた自身の寂しさを伝える

あなた自身の寂しさを伝える

結婚していて、いきなり一人になるというのはとても寂しい事です。

一人で静まり返った広い家に帰る。

そんなあなたの寂しさを伝えて、それを癒してくれる大事な人がいる。

だから再婚するチャンスが欲しい。

あなたという子供を心配して再婚を反対しているなら、あなたの辛さを正直に話しましょう。

6. 相手の誠意を見せる事

相手の誠意を見せる事

いくら無理をして結婚したとしても、相手に結婚への熱意がなければ結局はまた失敗してしまう。

相手のあなたの気持ちが本物なら、両親へ一緒に説得してもらう方法が良いです。

この相手なら大丈夫だという結果がないと円満に再婚をする事は叶いませんので、相手の方の誠意は大きな武器になります。

7. 相手に子供がいる場合

相手に子供がいる場合

これは大きな障害です。

血のつながっていない子供を孫と受け入れるか否かです。

この場合は実際に両親と子供を一度会わせる方法が良いです。

あなたにきちんと懐いている事は前提で、両親が孫として愛してくれるか。

可愛い子供がじいじ、ばあばと呼んでくれる事はとても愛しくて素敵な事です。

8. なぜ反対するのかをしっかり聞く

なぜ反対するのかをしっかり聞く

反対する事にも理由が必ずあります。

その一つ一つを確実に解決していく事も大事です。

人間というのは誠意に引き付けられ、心を動かされます。

ましてや、自分の子供の本気の覚悟と熱意で動かない親なら時間をかかるかもしれません。

しかしあなたの覚悟が本物なら同時に解決まで諦めてはいけません。

9. 時間という制約をつける

時間という制約をつける

なんとなく再婚したいや、とりあえず好きな人ができたなどでは反対をはねのける事はできません。

いつまでも解決できない問題を作るよりもいつまでに答えを下さいという制約を付ける事でその期間内は真剣に人間は考えを巡らせます。

時間が解決するのではなく、期間が問題を自然に解決できる問題はたくさんあります。

まとめ

あなたの両親はあなたの事が心配なのが前提で再婚を反対していますので、基本的には両親の気持ちを察した上で説得という行動をとるようにしましょう。

無理に再婚したところで、誰かが不幸になるようでは何の意味もありません。

全員が幸せになれる最善の方法を見つけるため今回の方法を参考にして下さい。

何度も言いますが、子供の不幸を望む親なんていません。

円満に解決できる事を祈ります。

一度結婚に失敗してしまい、でもまた本当に好きな人ができて一緒になりたい。

でも両親が大反対。

そんな時、両親を説得できる方法を紹介します。


子供の将来の金銭的な不安を相談

いくら手当が充実してきている世の中といえど、片親ではやはり大学進学や都会への引っ越しを子供が希望する場合などの負担は厳しいものがあります。

片親のままでは親戚にも迷惑がかかる可能性も話して説得する方法を検討するのも良い方法でしょう。

子供が片親という寂しさを話す

片親でも子供は逞しく強く育つものです。

ですが片親で周りと違うという事は、小さい頃から経験してしまうと友達の親御さんなどに気を使われてしまうなど、本人が望まぬとも起ってしまうのが事実。

子供の心の隙間を埋めるためにも再婚するのは良いです。

失敗から学ぶ事もある

片親になってしまうのも、死別や離婚など理由は人様々。

離婚の場合は、一度失敗してしまった事から学び同じ過ちを繰り返さない事もできるのが人間です。

この場合は再婚相手にも離婚の原因をしっかり伝えて理解してもらう事で再婚後の生活も安心して過ごせます。

子供がいない場合、孫の可能性を示唆

自分の子供より孫を可愛がってしまう人はたくさんいます。

なぜなら、子供には愛と同時に責任が伴います。

孫には無償の愛が注げ、とても可愛いものです。

そんな孫ができるかもしれないと両親に話したら再婚を認めてもらえる可能性があります。

特にまだ両親に孫がいない時には効果的です。

あなた自身の寂しさを伝える

結婚していて、いきなり一人になるというのはとても寂しい事です。

一人で静まり返った広い家に帰る。

そんなあなたの寂しさを伝えて、それを癒してくれる大事な人がいる。

だから再婚するチャンスが欲しい。

あなたという子供を心配して再婚を反対しているなら、あなたの辛さを正直に話しましょう。

相手の誠意を見せる事

いくら無理をして結婚したとしても、相手に結婚への熱意がなければ結局はまた失敗してしまう。

相手のあなたの気持ちが本物なら、両親へ一緒に説得してもらう方法が良いです。

この相手なら大丈夫だという結果がないと円満に再婚をする事は叶いませんので、相手の方の誠意は大きな武器になります。

相手に子供がいる場合

これは大きな障害です。

血のつながっていない子供を孫と受け入れるか否かです。

この場合は実際に両親と子供を一度会わせる方法が良いです。

あなたにきちんと懐いている事は前提で、両親が孫として愛してくれるか。

可愛い子供がじいじ、ばあばと呼んでくれる事はとても愛しくて素敵な事です。

なぜ反対するのかをしっかり聞く

反対する事にも理由が必ずあります。

その一つ一つを確実に解決していく事も大事です。

人間というのは誠意に引き付けられ、心を動かされます。

ましてや、自分の子供の本気の覚悟と熱意で動かない親なら時間をかかるかもしれません。

しかしあなたの覚悟が本物なら同時に解決まで諦めてはいけません。

時間という制約をつける

なんとなく再婚したいや、とりあえず好きな人ができたなどでは反対をはねのける事はできません。

いつまでも解決できない問題を作るよりもいつまでに答えを下さいという制約を付ける事でその期間内は真剣に人間は考えを巡らせます。

時間が解決するのではなく、期間が問題を自然に解決できる問題はたくさんあります。

あなたの両親はあなたの事が心配なのが前提で再婚を反対していますので、基本的には両親の気持ちを察した上で説得という行動をとるようにしましょう。

無理に再婚したところで、誰かが不幸になるようでは何の意味もありません。

全員が幸せになれる最善の方法を見つけるため今回の方法を参考にして下さい。

何度も言いますが、子供の不幸を望む親なんていません。

円満に解決できる事を祈ります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-