【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517172322.html
年上彼氏と長く付き合うコツ

年上彼氏と長く付き合うコツ | LADYCO

LADYCO
年上彼氏と長く付き合うコツ

年上の彼氏は、大人で落ち着いていて魅力的です。

今回は、そんな年上彼氏と長くお付き合いをするコツを、紹介します。

  • 男性を立てることができる
  • 素直に甘えられる
  • 金銭面で頼り過ぎない
  • 価値観を押し付けない
  • 尊敬すること
  • 精神的に大人
  • 生意気なことを言わない
  • 身だしなみ
  • 依存しない
  • 時には甘えさせてくれる
  • まとめ

1. 男性を立てることができる

男性を立てることができる

年下彼氏や同世代の彼氏でも、やはり男性は自分を立ててほしいと思うものです。

年が上がればプライドも高くなっていきますので、年上彼氏なら尚更ですね。

自分を年上として立ててくれる女性は、感じも良く喜ばれます。

ちょっとした心がけで、「気遣いができる子だな」「できる子だな」と思われます。

自分に恥ずかしい思いをさせない、気遣いのできる彼女とは、将来のことを考えられます。

2. 素直に甘えられる

素直に甘えられる

素直に甘えてくれる年下彼女というのは、可愛いものです。

とはいえ、ベッタリはよくありません。

Lineや電話で短時間に何度も連絡を取ったり、予定を把握しようとすると鬱陶しく思われます。

デート中に、可愛くお願いするような甘え方が良いでしょう。

3. 金銭面で頼り過ぎない

金銭面で頼り過ぎない

年上男性として頼られるのは嬉しいものです。

しかし、いつも金銭的に頼られると「お金目的なのかな」と思われても仕方がありません。

また、彼女とのデートが金銭的ストレス・負担になってしまい長続きしません。

もちろん中には「女性にお金は払わせない」というポリシーを持った男性もいるでしょうが、そうでない場合は、自立した女性を目指しましょう。

4. 価値観を押し付けない

価値観を押し付けない

年の差がなくても価値観の違いは存在します。

好きなものや趣味、仕事や結婚への価値観の違いは仕方がありません。

自分の考え方を押し付けるのではなく、受け入れる姿勢も大切です。

また、育ってきた環境も場所も違うので、歩み寄る努力をするようにしてください。

5. 尊敬すること

尊敬すること

男性は、褒められたり、尊敬されたり、頼られるのが好きです。

特に、彼女からの尊敬や信頼は嬉しいものです。

反対に馬鹿にされたり、生意気な態度を取られると良い気分はしません。

「年上なのに知らないの?」など、相手を馬鹿にするような発言には気を付けてください。

女性は冗談のつもりでも、そう受け取ってもらえない可能性があります。

6. 精神的に大人

精神的に大人

最初は可愛いと思っていた年下彼女が、煩わしくなってくる場合があります。

精神的に未熟だったり、会話が成りたたないと、やはり長続きはしません。

無理して背伸びをする必要はありまんが、子供過ぎる考え方や、行動は控えるようにしましょう。

7. 生意気なことを言わない

生意気なことを言わない

相手は年上彼氏です。

気心の知れた恋人でも、人生の先輩であることは忘れないでください。

特に、付き合い始めに、馴れ馴れしく話しかけたり、呼び捨てにするのはよくありません。

「さん」づけから、徐々にフランクな呼び方に変えていくのがおすすめです。

8. 身だしなみ

身だしなみ

男性はそもそも、女性の「頑張り」にあまり好意的ではありません。

ばっちりメイクに最新のファッション、綺麗なネイルアートをして行っても、女友だちのように「おしゃれ・素敵」だとは思ってくれません。

素肌の美しさを生かした、やり過ぎないおしゃれがちょうど良いのです。

また、おうちデートや普段はラフな格好でも良いですが、レストランやおしゃれな場所に行くときは、きちんとした服装をしてください。

一緒に歩いていて恥ずかしい女性とは、長続きしません。

9. 依存しない

依存しない

年上彼氏がいると、つい困ったことや悩みを相談してしまいます。

適度であれば可愛い彼女ですが、エスカレートすると、鬱陶しがられます。

だんだんと相談の内容が深刻になっていったり、深夜に電話を掛けたり、会社や自宅前で待ち伏せをするようになると、もう立派なストーカーです。

彼なしでは生きられない女性には、ならないでください。

年下彼女だからこそ、自分をしっかり持つ必要があります。

頼るべきところでは彼を頼り、自分を持つべきところは、しっかり自分の意志を持ちましょう。

10. 時には甘えさせてくれる

時には甘えさせてくれる

普段は年下彼女が甘える場面が多いと思いますが、実は男性にも甘えたい気持ちがあります。

イチャイチャしたい人もいれば、包み込むような優しさを望む人もいるでしょう。

肩や手をマッサージしてあげたり、愚痴を聞いてあげるだけでも良いです。

彼氏を労わってあげてください。

まとめ

年上彼氏とのお付き合いは、同世代彼氏のそれとは少し違います。

年上なので、自分より責任ある仕事を任されていたり、なかなか時間をとれないこともあるかもしれません。

そんなときは、そのことを責めたりせずに、このコツを思い出してみてください。

年上の彼氏は、大人で落ち着いていて魅力的です。

今回は、そんな年上彼氏と長くお付き合いをするコツを、紹介します。


男性を立てることができる

年下彼氏や同世代の彼氏でも、やはり男性は自分を立ててほしいと思うものです。

年が上がればプライドも高くなっていきますので、年上彼氏なら尚更ですね。

自分を年上として立ててくれる女性は、感じも良く喜ばれます。

ちょっとした心がけで、「気遣いができる子だな」「できる子だな」と思われます。

自分に恥ずかしい思いをさせない、気遣いのできる彼女とは、将来のことを考えられます。

素直に甘えられる

素直に甘えてくれる年下彼女というのは、可愛いものです。

とはいえ、ベッタリはよくありません。

Lineや電話で短時間に何度も連絡を取ったり、予定を把握しようとすると鬱陶しく思われます。

デート中に、可愛くお願いするような甘え方が良いでしょう。

金銭面で頼り過ぎない

年上男性として頼られるのは嬉しいものです。

しかし、いつも金銭的に頼られると「お金目的なのかな」と思われても仕方がありません。

また、彼女とのデートが金銭的ストレス・負担になってしまい長続きしません。

もちろん中には「女性にお金は払わせない」というポリシーを持った男性もいるでしょうが、そうでない場合は、自立した女性を目指しましょう。

価値観を押し付けない

年の差がなくても価値観の違いは存在します。

好きなものや趣味、仕事や結婚への価値観の違いは仕方がありません。

自分の考え方を押し付けるのではなく、受け入れる姿勢も大切です。

また、育ってきた環境も場所も違うので、歩み寄る努力をするようにしてください。

尊敬すること

男性は、褒められたり、尊敬されたり、頼られるのが好きです。

特に、彼女からの尊敬や信頼は嬉しいものです。

反対に馬鹿にされたり、生意気な態度を取られると良い気分はしません。

「年上なのに知らないの?」など、相手を馬鹿にするような発言には気を付けてください。

女性は冗談のつもりでも、そう受け取ってもらえない可能性があります。

精神的に大人

最初は可愛いと思っていた年下彼女が、煩わしくなってくる場合があります。

精神的に未熟だったり、会話が成りたたないと、やはり長続きはしません。

無理して背伸びをする必要はありまんが、子供過ぎる考え方や、行動は控えるようにしましょう。

生意気なことを言わない

相手は年上彼氏です。

気心の知れた恋人でも、人生の先輩であることは忘れないでください。

特に、付き合い始めに、馴れ馴れしく話しかけたり、呼び捨てにするのはよくありません。

「さん」づけから、徐々にフランクな呼び方に変えていくのがおすすめです。

身だしなみ

男性はそもそも、女性の「頑張り」にあまり好意的ではありません。

ばっちりメイクに最新のファッション、綺麗なネイルアートをして行っても、女友だちのように「おしゃれ・素敵」だとは思ってくれません。

素肌の美しさを生かした、やり過ぎないおしゃれがちょうど良いのです。

また、おうちデートや普段はラフな格好でも良いですが、レストランやおしゃれな場所に行くときは、きちんとした服装をしてください。

一緒に歩いていて恥ずかしい女性とは、長続きしません。

依存しない

年上彼氏がいると、つい困ったことや悩みを相談してしまいます。

適度であれば可愛い彼女ですが、エスカレートすると、鬱陶しがられます。

だんだんと相談の内容が深刻になっていったり、深夜に電話を掛けたり、会社や自宅前で待ち伏せをするようになると、もう立派なストーカーです。

彼なしでは生きられない女性には、ならないでください。

年下彼女だからこそ、自分をしっかり持つ必要があります。

頼るべきところでは彼を頼り、自分を持つべきところは、しっかり自分の意志を持ちましょう。

時には甘えさせてくれる

普段は年下彼女が甘える場面が多いと思いますが、実は男性にも甘えたい気持ちがあります。

イチャイチャしたい人もいれば、包み込むような優しさを望む人もいるでしょう。

肩や手をマッサージしてあげたり、愚痴を聞いてあげるだけでも良いです。

彼氏を労わってあげてください。

年上彼氏とのお付き合いは、同世代彼氏のそれとは少し違います。

年上なので、自分より責任ある仕事を任されていたり、なかなか時間をとれないこともあるかもしれません。

そんなときは、そのことを責めたりせずに、このコツを思い出してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-