【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517164021.html
年上彼氏に甘えたい!年上彼氏の上手な甘え方8選

年上彼氏に甘えたい!年上彼氏の上手な甘え方8選 | LADYCO

LADYCO
年上彼氏に甘えたい!年上彼氏の上手な甘え方8選

年上彼氏に思いきり甘えたいのになかなか甘えることができない、そんなときに必見の上手な甘え方をご紹介します。

  • 急に黙り込んでみる
  • いじけて見せる
  • 悲しそうなそぶりを見せる
  • 素直に言う
  • 腕を触る
  • 頭を撫でる
  • 手遊びをしてアピールしてみる
  • ぬいぐるみを出す
  • まとめ

1. 急に黙り込んでみる

急に黙り込んでみる

話をしているときなどに、年上彼氏に甘えたくなってしまったら、急に黙って見るのも手です。

年上彼氏はどうしたのか心配になりますが、そこで「ちょっとね」と恥ずかしがってみせると、彼は甘えたいんだなと悟ってくれる可能性大です。

2. いじけて見せる

いじけて見せる

年上彼氏がなかなか構ってくれなくて甘えたいのに甘えられないときは、我慢せずにいじけて見せるのも効果覿面です。

大切なのは怒るのではなくいじけることです。

いじけた女性は男性の目にはかわいらしく見えてしまいます。

そこで「構ってくれないから」とかわいくいじけられたら、彼も甘えさせたいモードに突入することまちがいありません。

3. 悲しそうなそぶりを見せる

悲しそうなそぶりを見せる

いじけ作戦がハードルが高いと感じたら、悲しそうな素振りも十分効果があります。

甘えたいのに甘えるのを我慢して悲しい表現言葉にせずに伝えることが大切です。

どうしたのと年上彼氏ならすかさず聞いてくると思いますが、大丈夫と言い続けると、彼は愛しくなって甘えさせてくれること間違いありません。

4. 素直に言う

素直に言う

年上彼氏でも少しのアピールでは気がついてくれない可能性もあります。

そんなときは甘えたいのと素直に言ってしまうのも手です。

毎回口に出すとめんどくさがられてしまいますので、たまに素直に言ってしまうのが、コツです。

素直に言ったら、相手の言葉を待たずに彼に引っ付いてしまうと、しっかり甘えさせてくれます。

5. 腕を触る

腕を触る

年上彼氏に甘えたいなと思ったら、彼の腕を触ってみるのも手です。

男性は腕を触られると、頼りにされているという思いが甦る生き物だと言われており、腕を触られると、本能的に守らなくてはならないと思う傾向にあります。

そのため、腕をそっと撫でてみたり、がっしりしてるねと褒めてみるのもおすすめです。

6. 頭を撫でる

頭を撫でる

彼に甘えたいなと思ったら、まずは彼の頭を撫でて、彼を甘えさせてあげると、構ってほしいのかなと思い、彼は優しく甘えさせてくれること間違いありません。

ただ、甘えん坊の年上彼氏も存在しますので、あまり甘やかしていると、甘えられなくなるのでやり過ぎには注意です。

7. 手遊びをしてアピールしてみる

手遊びをしてアピールしてみる

つまらなさそうにそばにある紙などで手遊びをして見ると、彼はどうしたのかな、つまらないのなかなと不安になり、途端に構ってくれるようになります。

彼氏に甘えたいのに他のことに集中はしているときなどに有効的な手段です。

8. ぬいぐるみを出す

ぬいぐるみを出す

小さくてもいいのでぬいぐるみなどがある場合は、ぬいぐるみをだっこしたり、撫でてみると、彼氏はその様子を自分と彼女に見立てて、同じように撫でてくれるけーすもあります。

ぬいぐるみには頭を撫でたり優しくしてあげることがポイントです。

まとめ

年上彼氏は頼りになるけれど、こちらが甘えたいときになかなか甘えさせてくれなくて寂しい思いをしたことがある女性も多いと思います。

そんなときは思いっきり拗ねてみたり、寂しいけれど我慢してるよといった態度でアピールするのも大切です。

それでも伝わらないときは、たまには素直に甘えたいと口に出すだけで、彼氏をもっとメロメロにすることが出来ます。

また、口に出したりするのが恥ずかしい場合は、男性が弱い腕を撫でると本能的に彼女を守らなくてはならないと思うものですので、しっかりと甘えさせてくれるはずです。

また、甘えたいときはいったん彼を撫でたりして見るのも言いかもしれません。

年上彼氏に甘えたいという気持ちを上手に伝えることが、上手に甘えるポイントです。

年上彼氏に思いきり甘えたいのになかなか甘えることができない、そんなときに必見の上手な甘え方をご紹介します。


急に黙り込んでみる

話をしているときなどに、年上彼氏に甘えたくなってしまったら、急に黙って見るのも手です。

年上彼氏はどうしたのか心配になりますが、そこで「ちょっとね」と恥ずかしがってみせると、彼は甘えたいんだなと悟ってくれる可能性大です。

いじけて見せる

年上彼氏がなかなか構ってくれなくて甘えたいのに甘えられないときは、我慢せずにいじけて見せるのも効果覿面です。

大切なのは怒るのではなくいじけることです。

いじけた女性は男性の目にはかわいらしく見えてしまいます。

そこで「構ってくれないから」とかわいくいじけられたら、彼も甘えさせたいモードに突入することまちがいありません。

悲しそうなそぶりを見せる

いじけ作戦がハードルが高いと感じたら、悲しそうな素振りも十分効果があります。

甘えたいのに甘えるのを我慢して悲しい表現言葉にせずに伝えることが大切です。

どうしたのと年上彼氏ならすかさず聞いてくると思いますが、大丈夫と言い続けると、彼は愛しくなって甘えさせてくれること間違いありません。

素直に言う

年上彼氏でも少しのアピールでは気がついてくれない可能性もあります。

そんなときは甘えたいのと素直に言ってしまうのも手です。

毎回口に出すとめんどくさがられてしまいますので、たまに素直に言ってしまうのが、コツです。

素直に言ったら、相手の言葉を待たずに彼に引っ付いてしまうと、しっかり甘えさせてくれます。

腕を触る

年上彼氏に甘えたいなと思ったら、彼の腕を触ってみるのも手です。

男性は腕を触られると、頼りにされているという思いが甦る生き物だと言われており、腕を触られると、本能的に守らなくてはならないと思う傾向にあります。

そのため、腕をそっと撫でてみたり、がっしりしてるねと褒めてみるのもおすすめです。

頭を撫でる

彼に甘えたいなと思ったら、まずは彼の頭を撫でて、彼を甘えさせてあげると、構ってほしいのかなと思い、彼は優しく甘えさせてくれること間違いありません。

ただ、甘えん坊の年上彼氏も存在しますので、あまり甘やかしていると、甘えられなくなるのでやり過ぎには注意です。

手遊びをしてアピールしてみる

つまらなさそうにそばにある紙などで手遊びをして見ると、彼はどうしたのかな、つまらないのなかなと不安になり、途端に構ってくれるようになります。

彼氏に甘えたいのに他のことに集中はしているときなどに有効的な手段です。

ぬいぐるみを出す

小さくてもいいのでぬいぐるみなどがある場合は、ぬいぐるみをだっこしたり、撫でてみると、彼氏はその様子を自分と彼女に見立てて、同じように撫でてくれるけーすもあります。

ぬいぐるみには頭を撫でたり優しくしてあげることがポイントです。

年上彼氏は頼りになるけれど、こちらが甘えたいときになかなか甘えさせてくれなくて寂しい思いをしたことがある女性も多いと思います。

そんなときは思いっきり拗ねてみたり、寂しいけれど我慢してるよといった態度でアピールするのも大切です。

それでも伝わらないときは、たまには素直に甘えたいと口に出すだけで、彼氏をもっとメロメロにすることが出来ます。

また、口に出したりするのが恥ずかしい場合は、男性が弱い腕を撫でると本能的に彼女を守らなくてはならないと思うものですので、しっかりと甘えさせてくれるはずです。

また、甘えたいときはいったん彼を撫でたりして見るのも言いかもしれません。

年上彼氏に甘えたいという気持ちを上手に伝えることが、上手に甘えるポイントです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-