【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104620.html
ラーメン屋さんに女性一人で行くのもありだと思う理由10選

ラーメン屋さんに女性一人で行くのもありだと思う理由10選 | LADYCO

LADYCO
ラーメン屋さんに女性一人で行くのもありだと思う理由10選

おひとりさま花盛りの昨今。 ラーメン屋さんに女性一人で行くのはありでしょう。 その理由について考えてみました。

  • 好きな時に好きなものを食べられる幸せ
  • 自分の好みだけでラーメン屋を選べる
  • 化粧が落ちても気にしない
  • 男性顔負けのコンビネーションも自由に選ぶ
  • 超混雑店でも一人なら直ぐに入れる可能性大
  • ラーメン屋でのおしゃべりは見苦しい
  • カウンターが多い
  • 時短ランチに便利
  • 経済的打撃が少ない
  • カロリー計算が容易

1. 好きな時に好きなものを食べられる幸せ

好きな時に好きなものを食べられる幸せ

自分の幸福度を上げられるかは自分にかかっています ラーメンが食べたいと思った時になんの躊躇いもなくラーメン店へ突入できるのは幸せそのものです。 なんとなくお腹を満たそうと思って食べるラーメンよりも、食べたい時に食べるラーメンの方が数倍美味しいのは間違いありません。

ラーメンを食べる行為ひとつにとっても、そこに大きな満足度が加われば、幸せ度が上がります。 「女性がひとりでラーメン!?」と笑われたって、「友達がひとりもいないんじゃない?」と後ろ指をさされたって。 食べたい時に食べられる幸せの前では、どうってことありません。

2. 自分の好みだけでラーメン屋を選べる

自分の好みだけでラーメン屋を選べる

ひとことでラーメン屋と言っても、様々なタイプが存在します。 とんこつラーメンに味噌ラーメン。 細麺から太麺。 札幌ラーメンから博多ラーメン。 様々なタイプがあるからこそ、選ぶ楽しみが存在するのです。

でも、誰かと一緒に行くとなるとその人の好みも考慮しなければなりません。 場合によっては譲って、最高の好みをセレクトできない可能性もあるわけです。 一番食べたいタイプが選べないなんて、わざわざ食べに行く意味があるのでしょうか。 その点、一人で行く場合には自分の好みがそのまま反映されます。 やっぱりひとりが一番でしょう!

3. 化粧が落ちても気にしない

化粧が落ちても気にしない

ラーメンを食べたら汗を掻いて化粧が落ちる。 アイメイクが崩れる。 鼻水が出て、鼻をかんだティッシュを量産する。 こんな姿、あまり知人には見られたくないのが本音です。 気の置けない友人と行くよりも、いっそのこと自分だけで行けば好きなように食べて、後は自分の都合で帰宅すればいいだけ。 化粧が落ちていようとも、関係ありません。

4. 男性顔負けのコンビネーションも自由に選ぶ

男性顔負けのコンビネーションも自由に選ぶ

外出先で空腹を覚えたら、ラーメンライスほどガツンと空腹を満たせるコンビネーションはありません。 そこで、ラーメンとライスのチョイスとなります。 でも、「ラーメンとライスなんてオヤジみたい」と思われたくないのが女心というもの。

そういった恥ずかしさ無しでラーメンライスを頼めるのは、一人で出掛けた醍醐味です。 これでどんな組み合わせでも、ライスにラーメンの汁をかける食べ方でも自由自在。 心置きなく食べられます。

5. 超混雑店でも一人なら直ぐに入れる可能性大

超混雑店でも一人なら直ぐに入れる可能性大

ラーメン店は回転が速いことも魅力のひとつです。 ささっと食べれば、店内滞在時間は15〜20分ほど。 待ったとしても、然程苦痛ではありません。 空いた席に直ぐに座れることでしょう。

でも、二人以上で訪れた場合には、一緒に座ろうとするとこうはいきません。 ならば別々に座る? 一緒に行ったのに「美味しいね!」と言えないのは残念極まりありません。 やっぱり一人でささっと食べることこそがラーメンの流儀かもしれません。

6. ラーメン屋でのおしゃべりは見苦しい

ラーメン屋でのおしゃべりは見苦しい

誰かと一緒に行ったとなると、どうしても会話が生まれます。 でも、ラーメン屋はさっさと食べて立ち去るのがベスト。 おしゃべりしながら食べたのでは麺が伸びてしまいます。

食べ終わったらおしゃべりをしていないでさっさと腰を上げなければ迷惑にもなりかねません。 そんな無駄な動きをしないためにも、一人が最適です。

7. カウンターが多い

カウンターが多い

ラーメン屋の店内スタイルはカウンターが殆ど。 調理を終えたらすぐに提供する為の工夫です。 だから、マンウォッチングする暇もありません。 その為、誰もが調理人のほうを向いているので、誰かと一緒にいても無意味。 隣の人が一人なのか二人連れなのかは判り辛いスタイルなのです。

8. 時短ランチに便利

時短ランチに便利

時間に追われている時の食事ではラーメン屋というチョイスが最善です。 どれだけの待ち時間になるのか、提供までにどれくらいかかるか、実際の食事時間がどれくらいになるのか。 全ての時間を素早く計算でき、その計算が大きく間違うことはありません。

それ故に時短ランチには最強のメニューだと言えます。 例えば、ファストフードの場合には、提供が早くてものんびりとスマホを眺めながら食べる人も多く、どれくらいで席が空くのかは運次第。 時短を望むなら、ラーメンよりも優れたメニューは皆無と言っても過言ではありません。

9. 経済的打撃が少ない

経済的打撃が少ない

ラーメン店のメニューは、ラーメン以外に誘惑されるものがありません。 「ちょっとサラダを食べようかな」「デザートが欲しいな」「コーヒーでも飲んでホッとしたいな」 これらの誘惑には乗る事さえ難しいのがラーメン屋の特徴です。

だから、ラーメンの費用だけで突発的はオーダーが生まれ辛いことが幸いして、予定以上の出費がありません。 これは嬉しいですね。

10. カロリー計算が容易

自分がどれくらいのカロリーを摂取しているのか自己管理をしている女性は多いですよね。 そんな時にあれこれ食べてしまうと計算がややこしくなりがち。 でも、スープを最小限にして食べるラーメンのカロリー計算は容易です。 ダイエット中でも食べたいものは食べたほうが根気よくダイエットが続けられるという理由からも、シンプルなラーメンは意外にもダイエット向きと言えます。

おひとりさま花盛りの昨今。 ラーメン屋さんに女性一人で行くのはありでしょう。 その理由について考えてみました。


好きな時に好きなものを食べられる幸せ

自分の幸福度を上げられるかは自分にかかっています ラーメンが食べたいと思った時になんの躊躇いもなくラーメン店へ突入できるのは幸せそのものです。 なんとなくお腹を満たそうと思って食べるラーメンよりも、食べたい時に食べるラーメンの方が数倍美味しいのは間違いありません。

ラーメンを食べる行為ひとつにとっても、そこに大きな満足度が加われば、幸せ度が上がります。 「女性がひとりでラーメン!?」と笑われたって、「友達がひとりもいないんじゃない?」と後ろ指をさされたって。 食べたい時に食べられる幸せの前では、どうってことありません。

自分の好みだけでラーメン屋を選べる

ひとことでラーメン屋と言っても、様々なタイプが存在します。 とんこつラーメンに味噌ラーメン。 細麺から太麺。 札幌ラーメンから博多ラーメン。 様々なタイプがあるからこそ、選ぶ楽しみが存在するのです。

でも、誰かと一緒に行くとなるとその人の好みも考慮しなければなりません。 場合によっては譲って、最高の好みをセレクトできない可能性もあるわけです。 一番食べたいタイプが選べないなんて、わざわざ食べに行く意味があるのでしょうか。 その点、一人で行く場合には自分の好みがそのまま反映されます。 やっぱりひとりが一番でしょう!

化粧が落ちても気にしない

ラーメンを食べたら汗を掻いて化粧が落ちる。 アイメイクが崩れる。 鼻水が出て、鼻をかんだティッシュを量産する。 こんな姿、あまり知人には見られたくないのが本音です。 気の置けない友人と行くよりも、いっそのこと自分だけで行けば好きなように食べて、後は自分の都合で帰宅すればいいだけ。 化粧が落ちていようとも、関係ありません。

男性顔負けのコンビネーションも自由に選ぶ

外出先で空腹を覚えたら、ラーメンライスほどガツンと空腹を満たせるコンビネーションはありません。 そこで、ラーメンとライスのチョイスとなります。 でも、「ラーメンとライスなんてオヤジみたい」と思われたくないのが女心というもの。

そういった恥ずかしさ無しでラーメンライスを頼めるのは、一人で出掛けた醍醐味です。 これでどんな組み合わせでも、ライスにラーメンの汁をかける食べ方でも自由自在。 心置きなく食べられます。

超混雑店でも一人なら直ぐに入れる可能性大

ラーメン店は回転が速いことも魅力のひとつです。 ささっと食べれば、店内滞在時間は15〜20分ほど。 待ったとしても、然程苦痛ではありません。 空いた席に直ぐに座れることでしょう。

でも、二人以上で訪れた場合には、一緒に座ろうとするとこうはいきません。 ならば別々に座る? 一緒に行ったのに「美味しいね!」と言えないのは残念極まりありません。 やっぱり一人でささっと食べることこそがラーメンの流儀かもしれません。

ラーメン屋でのおしゃべりは見苦しい

誰かと一緒に行ったとなると、どうしても会話が生まれます。 でも、ラーメン屋はさっさと食べて立ち去るのがベスト。 おしゃべりしながら食べたのでは麺が伸びてしまいます。

食べ終わったらおしゃべりをしていないでさっさと腰を上げなければ迷惑にもなりかねません。 そんな無駄な動きをしないためにも、一人が最適です。

カウンターが多い

ラーメン屋の店内スタイルはカウンターが殆ど。 調理を終えたらすぐに提供する為の工夫です。 だから、マンウォッチングする暇もありません。 その為、誰もが調理人のほうを向いているので、誰かと一緒にいても無意味。 隣の人が一人なのか二人連れなのかは判り辛いスタイルなのです。

時短ランチに便利

時間に追われている時の食事ではラーメン屋というチョイスが最善です。 どれだけの待ち時間になるのか、提供までにどれくらいかかるか、実際の食事時間がどれくらいになるのか。 全ての時間を素早く計算でき、その計算が大きく間違うことはありません。

それ故に時短ランチには最強のメニューだと言えます。 例えば、ファストフードの場合には、提供が早くてものんびりとスマホを眺めながら食べる人も多く、どれくらいで席が空くのかは運次第。 時短を望むなら、ラーメンよりも優れたメニューは皆無と言っても過言ではありません。

経済的打撃が少ない

ラーメン店のメニューは、ラーメン以外に誘惑されるものがありません。 「ちょっとサラダを食べようかな」「デザートが欲しいな」「コーヒーでも飲んでホッとしたいな」 これらの誘惑には乗る事さえ難しいのがラーメン屋の特徴です。

だから、ラーメンの費用だけで突発的はオーダーが生まれ辛いことが幸いして、予定以上の出費がありません。 これは嬉しいですね。

自分がどれくらいのカロリーを摂取しているのか自己管理をしている女性は多いですよね。 そんな時にあれこれ食べてしまうと計算がややこしくなりがち。 でも、スープを最小限にして食べるラーメンのカロリー計算は容易です。 ダイエット中でも食べたいものは食べたほうが根気よくダイエットが続けられるという理由からも、シンプルなラーメンは意外にもダイエット向きと言えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-