【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104601.html
ソロウエディング 一人結婚式する人の心理

ソロウエディング 一人結婚式する人の心理 | LADYCO

LADYCO
ソロウエディング 一人結婚式する人の心理

最近話題のソロウェディング。

パートナーがいなくても結婚式体験ができる主に女性向けのサービスで、ウエディングドレスを着たり、写真に残したりすることができます。

しかしながら、ソロウエディングに対して意見は賛否両論です。

一体どんな人がソロウエディングを行うのか、その心理についてまとめてみました

  • 独身で相手もいないけど、結婚式の体験をしてみたい
  • 自己満足とは分かっているが後ろめたさはない
  • 結婚の予定がないけど、今のうちに若くて美しい姿を残したい
  • 結婚式の時にドレスを着なかったから着てみたい
  • 自分へのご褒美感覚でソロウエディングを行いたい
  • パートナーはいるけど、自分を大切にしたい、自分自身を見直したい
  • 一生結婚しないことを誓いたい
  • とにかく話題に乗りたい、ミーハーな気持ちが強い
  • 現実は無視して自分の妄想を叶えたい
  • 形だけでもいいから親孝行したい

1. 独身で相手もいないけど、結婚式の体験をしてみたい

独身で相手もいないけど、結婚式の体験をしてみたい

シングルで、結婚の予定があるパートナーもいない、けど結婚式とはいかなるものか体験してみたい方はたくさんいると思います。

その中でも、好奇心と結婚式へのあこがれの強い方が、ソロウエディングを行う傾向があります。

相手がいなくても、ドレスや選びや、式場での撮影ができるので、自分の興味を満たすのには、アリだと感じているようです。

2. 自己満足とは分かっているが後ろめたさはない

自己満足とは分かっているが後ろめたさはない

ソロウエディングですから、他人にはなんの影響もありません。

完全に自己完結する行事であり、本人が満足していればそれでよいのです。

中にはソロウエディングなんて、恥ずかしい、変だという、批判的な意見や好奇の目もありますが、そうした反応は気にしません。

自分にとって良い思い出を残したい、記念にしたい、そんな気持ちの強い方が多いです。

3. 結婚の予定がないけど、今のうちに若くて美しい姿を残したい

結婚の予定がないけど、今のうちに若くて美しい姿を残したい

今は結婚の予定はない、でも、若いうちに自分のキレイなドレス姿を残しておきたい。

そうした女性の方がソロウエディングを選ぶこともあります。

本格的にドレスを選び、メイクもでき、教会などのロケーションで写真を撮ってもらえるので、自分の納得のいく記録と記憶を残すことができます。

4. 結婚式の時にドレスを着なかったから着てみたい

結婚式の時にドレスを着なかったから着てみたい

結婚式の時は和装でドレスを着ることができなかった。

相手や相手の家族に気を遣って、自分好みのドレスを着たり、式をあげることができなかった。

そもそも役所に婚姻届を出しただけで、結婚式は行っていない。

など、結婚に対して心残りのある方が、ソロウエディングという形で願いを叶えるというケースもあります。

最近では、年配の方でも心おきなくできるプランなどもあるので、そうした傾向もあるのです。

5. 自分へのご褒美感覚でソロウエディングを行いたい

自分へのご褒美感覚でソロウエディングを行いたい

好きなドレスを選んで着る、メイクをしたりブーケを選ぶ、式場で撮影をする。

といった非日常的な行事を、自分へのご褒美としてアトラクション感覚で楽しみたいという方もいます。

結婚式は、美しいものやきらびやかなもの、華やかなものなど、女性の憧れとトキメキがたくさんつまっています。

そうした輝きに触れることで、ストレスを解消したい、自分を磨いたり、リフレッシュしたい方がソロウエディングを選ぶのです。

最近では、ソロウエディングのコースにエステなどが組み込まれているので、よりご褒美やプチ贅沢な側面も強くなっているのかもしれません。

6. パートナーはいるけど、自分を大切にしたい、自分自身を見直したい

パートナーはいるけど、自分を大切にしたい、自分自身を見直したい

結婚の予定がある、もう既に結婚している、でもソロウエディングをしたい方もいます。

そうした方は、妻としての自分や、母としての自分ではなく、一人の人間、女性としての自分を大切したいのです。

ソロウエディングという擬似的な儀式、行事を通して、ドレスで着飾った外見のみならず、内面や生き方を見直したい、そんな方がソロウエディングを選ぶのです。

7. 一生結婚しないことを誓いたい

一生結婚しないことを誓いたい

パートナーを欲せず、実際に結婚する必要がない、家族にどうこう言われても結婚したくない、そうした方がソロウエディングに誓いを立てることもあります。

自立心が強く、色恋を望まず、家庭や子供も欲しくない、という考えの人もいます。

極端な印象もありますが、一人で純白のドレスを着て、純潔を誓い、自分だけで生きていたいという強い気持ちを持っている方がソロウエディングを選ぶこともあるのです。

8. とにかく話題に乗りたい、ミーハーな気持ちが強い

とにかく話題に乗りたい、ミーハーな気持ちが強い

話題とあらば、乗っかりたい、そうしたミーハー根性の強い人もいます。

よく、『結婚する予定もないのにウエディングドレスを着ると婚期を逃す』というようなジンクスもありますが、そんな不確かな怖さよりも、面白さや話題性、刺激的な方を選ぶ方もいるのです。

そういう方はインスタグラムやブログに自身のソロウエディングの様子を載せることもあるでしょう。

様々な人から注目を浴びたり、美しい姿を見せつけたかったりする、目立ちたがり屋でミーハーな方がソロウエディングを行うこともあるのです。

中には『結婚できないど、格好だけでも!』といった自虐混じりに話題を作る人もいますが、その自虐もまた面白いと自分自身が満足していることがあります。

9. 現実は無視して自分の妄想を叶えたい

現実は無視して自分の妄想を叶えたい

結婚したくても絶対結婚できない相手というのは中にはいます。

たとえばもう結婚している人、もうこの世に存在していない人、自分の妄想の中にいる憧れの人、二次元世界の人などなど。

そうした人たちと心の中では結婚したい、そうした人のことを内に秘めて結婚したい、事実上は結婚できなくても、精神的な満足を得たい方がソロウエディングを選ぶこともあります。

多少痛々しくもありますが、結局、自己完結で自己満足の行為なので、誰にも迷惑をかけなければそれでよいのです。

10. 形だけでもいいから親孝行したい

何らかの理由で結婚式があげられなかった、このままだと結婚する可能性が低い。

そうした方が形だけでもいいから、親に自分のドレス姿を見せたい。

遊びや興味ではなく、そうした切実な思いからソロウエディングを行う方もいます。

自己満足では終わらない、親への思いを叶えることにおいてもソロウエディングは役に立っています。

最近話題のソロウェディング。

パートナーがいなくても結婚式体験ができる主に女性向けのサービスで、ウエディングドレスを着たり、写真に残したりすることができます。

しかしながら、ソロウエディングに対して意見は賛否両論です。

一体どんな人がソロウエディングを行うのか、その心理についてまとめてみました


独身で相手もいないけど、結婚式の体験をしてみたい

シングルで、結婚の予定があるパートナーもいない、けど結婚式とはいかなるものか体験してみたい方はたくさんいると思います。

その中でも、好奇心と結婚式へのあこがれの強い方が、ソロウエディングを行う傾向があります。

相手がいなくても、ドレスや選びや、式場での撮影ができるので、自分の興味を満たすのには、アリだと感じているようです。

自己満足とは分かっているが後ろめたさはない

ソロウエディングですから、他人にはなんの影響もありません。

完全に自己完結する行事であり、本人が満足していればそれでよいのです。

中にはソロウエディングなんて、恥ずかしい、変だという、批判的な意見や好奇の目もありますが、そうした反応は気にしません。

自分にとって良い思い出を残したい、記念にしたい、そんな気持ちの強い方が多いです。

結婚の予定がないけど、今のうちに若くて美しい姿を残したい

今は結婚の予定はない、でも、若いうちに自分のキレイなドレス姿を残しておきたい。

そうした女性の方がソロウエディングを選ぶこともあります。

本格的にドレスを選び、メイクもでき、教会などのロケーションで写真を撮ってもらえるので、自分の納得のいく記録と記憶を残すことができます。

結婚式の時にドレスを着なかったから着てみたい

結婚式の時は和装でドレスを着ることができなかった。

相手や相手の家族に気を遣って、自分好みのドレスを着たり、式をあげることができなかった。

そもそも役所に婚姻届を出しただけで、結婚式は行っていない。

など、結婚に対して心残りのある方が、ソロウエディングという形で願いを叶えるというケースもあります。

最近では、年配の方でも心おきなくできるプランなどもあるので、そうした傾向もあるのです。

自分へのご褒美感覚でソロウエディングを行いたい

好きなドレスを選んで着る、メイクをしたりブーケを選ぶ、式場で撮影をする。

といった非日常的な行事を、自分へのご褒美としてアトラクション感覚で楽しみたいという方もいます。

結婚式は、美しいものやきらびやかなもの、華やかなものなど、女性の憧れとトキメキがたくさんつまっています。

そうした輝きに触れることで、ストレスを解消したい、自分を磨いたり、リフレッシュしたい方がソロウエディングを選ぶのです。

最近では、ソロウエディングのコースにエステなどが組み込まれているので、よりご褒美やプチ贅沢な側面も強くなっているのかもしれません。

パートナーはいるけど、自分を大切にしたい、自分自身を見直したい

結婚の予定がある、もう既に結婚している、でもソロウエディングをしたい方もいます。

そうした方は、妻としての自分や、母としての自分ではなく、一人の人間、女性としての自分を大切したいのです。

ソロウエディングという擬似的な儀式、行事を通して、ドレスで着飾った外見のみならず、内面や生き方を見直したい、そんな方がソロウエディングを選ぶのです。

一生結婚しないことを誓いたい

パートナーを欲せず、実際に結婚する必要がない、家族にどうこう言われても結婚したくない、そうした方がソロウエディングに誓いを立てることもあります。

自立心が強く、色恋を望まず、家庭や子供も欲しくない、という考えの人もいます。

極端な印象もありますが、一人で純白のドレスを着て、純潔を誓い、自分だけで生きていたいという強い気持ちを持っている方がソロウエディングを選ぶこともあるのです。

とにかく話題に乗りたい、ミーハーな気持ちが強い

話題とあらば、乗っかりたい、そうしたミーハー根性の強い人もいます。

よく、『結婚する予定もないのにウエディングドレスを着ると婚期を逃す』というようなジンクスもありますが、そんな不確かな怖さよりも、面白さや話題性、刺激的な方を選ぶ方もいるのです。

そういう方はインスタグラムやブログに自身のソロウエディングの様子を載せることもあるでしょう。

様々な人から注目を浴びたり、美しい姿を見せつけたかったりする、目立ちたがり屋でミーハーな方がソロウエディングを行うこともあるのです。

中には『結婚できないど、格好だけでも!』といった自虐混じりに話題を作る人もいますが、その自虐もまた面白いと自分自身が満足していることがあります。

現実は無視して自分の妄想を叶えたい

結婚したくても絶対結婚できない相手というのは中にはいます。

たとえばもう結婚している人、もうこの世に存在していない人、自分の妄想の中にいる憧れの人、二次元世界の人などなど。

そうした人たちと心の中では結婚したい、そうした人のことを内に秘めて結婚したい、事実上は結婚できなくても、精神的な満足を得たい方がソロウエディングを選ぶこともあります。

多少痛々しくもありますが、結局、自己完結で自己満足の行為なので、誰にも迷惑をかけなければそれでよいのです。

何らかの理由で結婚式があげられなかった、このままだと結婚する可能性が低い。

そうした方が形だけでもいいから、親に自分のドレス姿を見せたい。

遊びや興味ではなく、そうした切実な思いからソロウエディングを行う方もいます。

自己満足では終わらない、親への思いを叶えることにおいてもソロウエディングは役に立っています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-