【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155113.html
これでいける!元彼と上手に復縁をさせる10の方法。

これでいける!元彼と上手に復縁をさせる10の方法。 | LADYCO

LADYCO
これでいける!元彼と上手に復縁をさせる10の方法。

別れてみて分かる元彼の良さ、身に染みて分るという方、多いと思います。

もし元彼のことを忘れられないのなら、上手に復縁しましょう。

そのお勧めの方法をご紹介します。

  • まずは、別れた理由を分析する。
  • 普通に話せるようになる。
  • お茶か飲みに誘ってみる。
  • 続けて接触しようとはしない。
  • 趣味を持つ。
  • 相手の都合や気持ちを考える。
  • ポジティブな感情を伝える。
  • ネガティブな感情は直接、言葉では伝えない。
  • 相手からの言葉は、まずは受け止める。
  • 結論をせかさない。

1. まずは、別れた理由を分析する。

まずは、別れた理由を分析する。

別れと復縁を繰り返している人たちがいますが、それはお勧めできません。

そうこうしているうちに、歳をとって、最後の別れをもって、恋愛終了となってしまうことがあるからです。

もし上手に復縁したいと思うのなら、二度と別れないで済む復縁を目指しましょう。

そのためには、別れた理由を分析することが大切です。

別れの理由は何でしたか。

自分がしつこくしちゃったとか、相手の金銭感覚についていけなかったとか、別れの理由を克服する方法を考えてから、復縁に踏み出しましょう。

2. 普通に話せるようになる。

普通に話せるようになる。

別れた後の彼との関係はどんな感じですか。

会っても目をそむける感じですか、それとも、挨拶くらいは普通にできる感じですか。

目をそむける感じだったら、まずは挨拶くらいから始めましょう。

貴方からおはよう、こんにちはを言うのです。

彼からの返事が初め「おぅ」くらいでもめげません。

言い続けましょう。

その時、他の人にも同じような感じで言うのがポイントです。

また、挨拶くらいは普通にできる感じなら、雑談ができる感じになるよう頑張りましょう。

まずは振出しに戻って、友達に戻る感じになりましょう。

3. お茶か飲みに誘ってみる。

お茶か飲みに誘ってみる。

普通に話せるようになったら、お茶か飲みに誘ってみましょう。

その時、最近、どう?みたいな話を中心にして、復縁の話は貴方から出してはダメです。

相手から出てきた場合は、その場の流れに乗りましょう。

そして、この時、あまりだらだらしないで、切り上げるのがポイントです。

長い時間、人と一緒にいるということは、ぼろも出ます。

何でも少し足りないくらいがちょうど良いです。

相手が良い感情だけ持ってもらえるよう努めましょう。

そして、家についてから、今日はありがとう、楽しかったというような内容の短いメッセージを送りましょう。

ちなみに、このメッセージに対する相手からの返事は期待してはいけません。

期待するといらいらして、復縁が失敗します。

4. 続けて接触しようとはしない。

続けて接触しようとはしない。

少し足りないくらいがちょうど良いと書きましたが、男性はたいていハンター的な感情を持っています。

貴方が好き、好きオーラ全開で相手に寄っていくと、ハンターの本能に火がつきません。

例え、彼からすぐに誘いが来ても、今週はちょっとダメなんだと答える時があっても良いです。

週に1回、週末に少しくらいから徐々に頻度を上げていきましょう。

 

5. 趣味を持つ。

趣味を持つ。

好きな人がいるというのは素敵なことです。

でも、好きな人に尽くすことや、会うことが、貴方の趣味になっていませんでしたか。

彼以外にも好きなもの、夢中になれるものを作りましょう。

趣味を持つということは、視野を広げることです。

心に余裕が生まれると、また付き合い始めて、彼と喧嘩しても、それにばかり捉われずに済みます。

自分だけに夢中という状態は、正直、彼にとっても、重いです。

自分以外にも夢中になっている趣味があって、彼の知らない人間関係を貴方が持っているという状態は、貴方にとってプラスに働くことでしょう。

6. 相手の都合や気持ちを考える。

相手の都合や気持ちを考える。

自分はどう思っている、自分の都合はこうだという前に、相手の気持ち、都合を考えましょう。

別れの原因は、自分中心だったことによること、結構、多いです。

相手の立場に立つと意外に、違う風景が見えてきます。

7. ポジティブな感情を伝える。

ポジティブな感情を伝える。

ありがとう、嬉しい、楽しい、美味しい、幸せ、素敵、綺麗。

ポジティブな感情を表情と言葉で伝えましょう。

そして、ネガティブな感情は、できるだけポジティブな言葉に代えて伝えましょう。

8. ネガティブな感情は直接、言葉では伝えない。

ネガティブな感情は直接、言葉では伝えない。

ネガティブな感情は言葉でいうと、重くなります。

だから、もし彼が貴方のためを思ってしてくれたことにたいすることであれば、美味しくなかっただったら、ふふふと笑いながら、新しい味だった、楽しくなかっただったら、初めてのことでびっくりしたなどと言うと良いです。

9. 相手からの言葉は、まずは受け止める。

相手からの言葉は、まずは受け止める。

復縁できそうになるまで会うようになると、ちょっとかちんとするようなことを言われるかもしれません。

その時、すぐにそれってひどくないと言うのは止めましょう。

まずは相手が言う言葉を受け入れましょう。

分かった、そうするとか、そうだねと同意する必要はないのです。

うーんと考え込む感じで流しても良いですし、言ってくれてありがとう、考えてみると答えてみても良いでしょう。

すぐに反論しないことが大切です。

10. 結論をせかさない。

復縁しそうな雰囲気いなっても、私と復縁する、しないと急かしてはいけません。

急かしたら、きっと復縁できません。

もちろん、ある程度、期限を区切って、ここまでに結論が出なかったら、自分から言うというのを決めても良いと思いますが、早く決めて!みたいなのは止めましょう。

別れてみて分かる元彼の良さ、身に染みて分るという方、多いと思います。

もし元彼のことを忘れられないのなら、上手に復縁しましょう。

そのお勧めの方法をご紹介します。


まずは、別れた理由を分析する。

別れと復縁を繰り返している人たちがいますが、それはお勧めできません。

そうこうしているうちに、歳をとって、最後の別れをもって、恋愛終了となってしまうことがあるからです。

もし上手に復縁したいと思うのなら、二度と別れないで済む復縁を目指しましょう。

そのためには、別れた理由を分析することが大切です。

別れの理由は何でしたか。

自分がしつこくしちゃったとか、相手の金銭感覚についていけなかったとか、別れの理由を克服する方法を考えてから、復縁に踏み出しましょう。

普通に話せるようになる。

別れた後の彼との関係はどんな感じですか。

会っても目をそむける感じですか、それとも、挨拶くらいは普通にできる感じですか。

目をそむける感じだったら、まずは挨拶くらいから始めましょう。

貴方からおはよう、こんにちはを言うのです。

彼からの返事が初め「おぅ」くらいでもめげません。

言い続けましょう。

その時、他の人にも同じような感じで言うのがポイントです。

また、挨拶くらいは普通にできる感じなら、雑談ができる感じになるよう頑張りましょう。

まずは振出しに戻って、友達に戻る感じになりましょう。

お茶か飲みに誘ってみる。

普通に話せるようになったら、お茶か飲みに誘ってみましょう。

その時、最近、どう?みたいな話を中心にして、復縁の話は貴方から出してはダメです。

相手から出てきた場合は、その場の流れに乗りましょう。

そして、この時、あまりだらだらしないで、切り上げるのがポイントです。

長い時間、人と一緒にいるということは、ぼろも出ます。

何でも少し足りないくらいがちょうど良いです。

相手が良い感情だけ持ってもらえるよう努めましょう。

そして、家についてから、今日はありがとう、楽しかったというような内容の短いメッセージを送りましょう。

ちなみに、このメッセージに対する相手からの返事は期待してはいけません。

期待するといらいらして、復縁が失敗します。

続けて接触しようとはしない。

少し足りないくらいがちょうど良いと書きましたが、男性はたいていハンター的な感情を持っています。

貴方が好き、好きオーラ全開で相手に寄っていくと、ハンターの本能に火がつきません。

例え、彼からすぐに誘いが来ても、今週はちょっとダメなんだと答える時があっても良いです。

週に1回、週末に少しくらいから徐々に頻度を上げていきましょう。

 
趣味を持つ。

好きな人がいるというのは素敵なことです。

でも、好きな人に尽くすことや、会うことが、貴方の趣味になっていませんでしたか。

彼以外にも好きなもの、夢中になれるものを作りましょう。

趣味を持つということは、視野を広げることです。

心に余裕が生まれると、また付き合い始めて、彼と喧嘩しても、それにばかり捉われずに済みます。

自分だけに夢中という状態は、正直、彼にとっても、重いです。

自分以外にも夢中になっている趣味があって、彼の知らない人間関係を貴方が持っているという状態は、貴方にとってプラスに働くことでしょう。

相手の都合や気持ちを考える。

自分はどう思っている、自分の都合はこうだという前に、相手の気持ち、都合を考えましょう。

別れの原因は、自分中心だったことによること、結構、多いです。

相手の立場に立つと意外に、違う風景が見えてきます。

ポジティブな感情を伝える。

ありがとう、嬉しい、楽しい、美味しい、幸せ、素敵、綺麗。

ポジティブな感情を表情と言葉で伝えましょう。

そして、ネガティブな感情は、できるだけポジティブな言葉に代えて伝えましょう。

ネガティブな感情は直接、言葉では伝えない。

ネガティブな感情は言葉でいうと、重くなります。

だから、もし彼が貴方のためを思ってしてくれたことにたいすることであれば、美味しくなかっただったら、ふふふと笑いながら、新しい味だった、楽しくなかっただったら、初めてのことでびっくりしたなどと言うと良いです。

相手からの言葉は、まずは受け止める。

復縁できそうになるまで会うようになると、ちょっとかちんとするようなことを言われるかもしれません。

その時、すぐにそれってひどくないと言うのは止めましょう。

まずは相手が言う言葉を受け入れましょう。

分かった、そうするとか、そうだねと同意する必要はないのです。

うーんと考え込む感じで流しても良いですし、言ってくれてありがとう、考えてみると答えてみても良いでしょう。

すぐに反論しないことが大切です。

復縁しそうな雰囲気いなっても、私と復縁する、しないと急かしてはいけません。

急かしたら、きっと復縁できません。

もちろん、ある程度、期限を区切って、ここまでに結論が出なかったら、自分から言うというのを決めても良いと思いますが、早く決めて!みたいなのは止めましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-