【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514144506.html
コンビニの店員と仲良くなる方法10選

コンビニの店員と仲良くなる方法10選 | LADYCO

LADYCO
コンビニの店員と仲良くなる方法10選

毎日行くコンビニに素敵な店員さんがいたら、是非とも仲良くなりたいですよね。

今回は、コンビニの店員さんとお近づきになるための方法をご紹介しましょう。

  • すぐにアプローチしない
  • なるべく頻繁にそのコンビニに通う
  • あいさつをする
  • 対応してもらっている時は笑顔で
  • プライベートな質問はしない
  • レジ横のフードを買う
  • いつも同じものを買う
  • あまり立ち読みしない
  • 用事を済ませたら長居しない
  • デートに誘ってみる

1. すぐにアプローチしない

すぐにアプローチしない

まだ顔も覚えられていないうちから店員さんにメールアドレスを渡したりデートに誘ったりしても、よほどルックスに自信がある場合は別にして、多くの場合失敗に終わります。

「どうせ誰でもいいんでしょう」「数うちゃ当たると思ってるんだろうな」と、ほとんどの場合良い印象は持ってはくれません。

2. なるべく頻繁にそのコンビニに通う

なるべく頻繁にそのコンビニに通う

「単純接触効果」をご存じですか。

心理学では、人は頻繁に顔を合わせる人に親しみと愛着を抱くと言われています。

最初は何とも思っていなくても、毎日顔を見るたびに何となく好きになっていくのだとか。

だから、コンビニに用事があるときはなるべくお目当ての店員さんのいるお店へ行くようにしましょう。

まずはそのコンビニの常連になり、顔を覚えてもらうことを目標にしましょう。

だいたい一か月くらい通っていると顔を覚えてもらえます。

3. あいさつをする

あいさつをする

あいさつは人間関係の基本ですね。

日本ではお客は店員にあいさつする習慣はありませんが、海外では来店したらお客側からも一言あいさつするのが普通という国も多いのです。

何も言わないで店員のあいさつをスルーするよりも、人と人とのつながりを感じられます。

店員さんに「いらっしゃいませ」と言われたら、海外の習慣に習って目を合わせてあいさつしてみてはいかがでしょうか。

あいさつはちょっと気恥ずかしいなら、軽く会釈するだけでも良いと思います。

コンビニのお客はそういった簡単なやり取りをしない人がほとんどなので、あいさつをするだけで店員さんにあなたのことを印象付けることができます。

とはいえ、お目当ての店員さんだけにあいさつしていると下心を覗かれてしまうので、そのお店のスタッフ全員にあいさつしましょう。

4. 対応してもらっている時は笑顔で

対応してもらっている時は笑顔で

コンビニのお客さんの客層は様々で、中には尊大な態度の人もいます。

そんなお客と日々接していて接客疲れを感じている店員さんも少なくないので、感じの良いお客さんは本当に神様に見えるものです。

コンビニのレジは何も言わず去っていくだけのお客も多いですから、笑顔を見せるだけでだいぶあなたの印象が良くなります。

「お疲れ様です」「いつも頑張っていますね」と一言添えるのもおすすめです。

店員側からしたら、そういったお客さんの何気ない一言がとても嬉しいものなのです。

5. プライベートな質問はしない

プライベートな質問はしない

「学生さんですか」「いくつですか」「この近くに住んでいるんですか」などいきなりプライベートなことを聞かれたら店員さんも警戒してしまうので、「あの商品好きだったんだけど、今度いつ入荷しますか」「今日は暑いから冷たいものが売れているんじゃないですか」など、お店のことや商品のことを話題のきっかけにするのがおすすめです。

6. レジ横のフードを買う

レジ横のフードを買う

からあげや肉まん、おでんなどレジ横にあるフードを買う時、店員さんに話しかけますよね。

その機会を利用して店員さんと軽く話してみましょう。

例えば「店員さんのおすすめはどれですか」などと聞いてみましょう。

さらにその後お店に行った時、「お勧めしてくれたの、とても美味しかったです」と一言お礼を言いましょう。

7. いつも同じものを買う

いつも同じものを買う

タバコ、コーヒー、おにぎりなど、いつも同じものを買っていくと「あ、アイスコーヒーの人ね」とあなたの印象が強くなります。

何も言わなくてもすっと「いつもの」が出てきたら、その店員さんはあなたのことを覚えたことになります。

覚えてくれたからといってあなたに特別な好意を持っているとは限りませんが、常連になる前よりはアプローチしやすくなったといえます。

8. あまり立ち読みしない

あまり立ち読みしない

立ち読みするばかりでほとんど買っていかないお客さんは、店員さんの評判も芳しくありません。

また、何も買わないのに長時間店内をうろうろするのも不審がられてしまうので避けましょう。

9. 用事を済ませたら長居しない

用事を済ませたら長居しない

コンビニの店員さんは何かと忙しいので、用もないのにだらだら居座って世間話をするお客さんに対して内心良く思っていません。

相手が暇そうな時なら良いかもしれませんが、他にお客さんがいる時は買い物や用事を済ませたらさっと立ち去りましょう。

また、仕事終わりを待ち伏せすると怖がられてしまうのでやめましょう。

あくまで店員とお客という関係であることを忘れないようにしてください。

10. デートに誘ってみる

この段階に来るまでは、ある程度長い期間お店に通い、あいさつや軽い世間話ができるくらいの関係を築けていることが条件です。

少なくともだいたい3か月くらいはかかるでしょう。

いきなり「デートしてくれませんか」と言うよりも、「ラーメン好きと言ってましたよね、この近くにおいしいお店があるから今度一緒に行きませんか」など、雑談の流れでさりげなく誘うのがおすすめです。

店員さんの連絡先を聞き出すより、あなたのメアドやSNSのIDを書いた紙を渡す方がずっとスマートです。

断られたり連絡がなかったりしても、店員さんにしつこく問いただしてはいけません。

脈なしとわかったら潔く身を引きましょう。

毎日行くコンビニに素敵な店員さんがいたら、是非とも仲良くなりたいですよね。

今回は、コンビニの店員さんとお近づきになるための方法をご紹介しましょう。


すぐにアプローチしない

まだ顔も覚えられていないうちから店員さんにメールアドレスを渡したりデートに誘ったりしても、よほどルックスに自信がある場合は別にして、多くの場合失敗に終わります。

「どうせ誰でもいいんでしょう」「数うちゃ当たると思ってるんだろうな」と、ほとんどの場合良い印象は持ってはくれません。

なるべく頻繁にそのコンビニに通う

「単純接触効果」をご存じですか。

心理学では、人は頻繁に顔を合わせる人に親しみと愛着を抱くと言われています。

最初は何とも思っていなくても、毎日顔を見るたびに何となく好きになっていくのだとか。

だから、コンビニに用事があるときはなるべくお目当ての店員さんのいるお店へ行くようにしましょう。

まずはそのコンビニの常連になり、顔を覚えてもらうことを目標にしましょう。

だいたい一か月くらい通っていると顔を覚えてもらえます。

あいさつをする

あいさつは人間関係の基本ですね。

日本ではお客は店員にあいさつする習慣はありませんが、海外では来店したらお客側からも一言あいさつするのが普通という国も多いのです。

何も言わないで店員のあいさつをスルーするよりも、人と人とのつながりを感じられます。

店員さんに「いらっしゃいませ」と言われたら、海外の習慣に習って目を合わせてあいさつしてみてはいかがでしょうか。

あいさつはちょっと気恥ずかしいなら、軽く会釈するだけでも良いと思います。

コンビニのお客はそういった簡単なやり取りをしない人がほとんどなので、あいさつをするだけで店員さんにあなたのことを印象付けることができます。

とはいえ、お目当ての店員さんだけにあいさつしていると下心を覗かれてしまうので、そのお店のスタッフ全員にあいさつしましょう。

対応してもらっている時は笑顔で

コンビニのお客さんの客層は様々で、中には尊大な態度の人もいます。

そんなお客と日々接していて接客疲れを感じている店員さんも少なくないので、感じの良いお客さんは本当に神様に見えるものです。

コンビニのレジは何も言わず去っていくだけのお客も多いですから、笑顔を見せるだけでだいぶあなたの印象が良くなります。

「お疲れ様です」「いつも頑張っていますね」と一言添えるのもおすすめです。

店員側からしたら、そういったお客さんの何気ない一言がとても嬉しいものなのです。

プライベートな質問はしない

「学生さんですか」「いくつですか」「この近くに住んでいるんですか」などいきなりプライベートなことを聞かれたら店員さんも警戒してしまうので、「あの商品好きだったんだけど、今度いつ入荷しますか」「今日は暑いから冷たいものが売れているんじゃないですか」など、お店のことや商品のことを話題のきっかけにするのがおすすめです。

レジ横のフードを買う

からあげや肉まん、おでんなどレジ横にあるフードを買う時、店員さんに話しかけますよね。

その機会を利用して店員さんと軽く話してみましょう。

例えば「店員さんのおすすめはどれですか」などと聞いてみましょう。

さらにその後お店に行った時、「お勧めしてくれたの、とても美味しかったです」と一言お礼を言いましょう。

いつも同じものを買う

タバコ、コーヒー、おにぎりなど、いつも同じものを買っていくと「あ、アイスコーヒーの人ね」とあなたの印象が強くなります。

何も言わなくてもすっと「いつもの」が出てきたら、その店員さんはあなたのことを覚えたことになります。

覚えてくれたからといってあなたに特別な好意を持っているとは限りませんが、常連になる前よりはアプローチしやすくなったといえます。

あまり立ち読みしない

立ち読みするばかりでほとんど買っていかないお客さんは、店員さんの評判も芳しくありません。

また、何も買わないのに長時間店内をうろうろするのも不審がられてしまうので避けましょう。

用事を済ませたら長居しない

コンビニの店員さんは何かと忙しいので、用もないのにだらだら居座って世間話をするお客さんに対して内心良く思っていません。

相手が暇そうな時なら良いかもしれませんが、他にお客さんがいる時は買い物や用事を済ませたらさっと立ち去りましょう。

また、仕事終わりを待ち伏せすると怖がられてしまうのでやめましょう。

あくまで店員とお客という関係であることを忘れないようにしてください。

この段階に来るまでは、ある程度長い期間お店に通い、あいさつや軽い世間話ができるくらいの関係を築けていることが条件です。

少なくともだいたい3か月くらいはかかるでしょう。

いきなり「デートしてくれませんか」と言うよりも、「ラーメン好きと言ってましたよね、この近くにおいしいお店があるから今度一緒に行きませんか」など、雑談の流れでさりげなく誘うのがおすすめです。

店員さんの連絡先を聞き出すより、あなたのメアドやSNSのIDを書いた紙を渡す方がずっとスマートです。

断られたり連絡がなかったりしても、店員さんにしつこく問いただしてはいけません。

脈なしとわかったら潔く身を引きましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-