【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513154916.html
嫁の不倫の対処方法や別れるときに注意する所

嫁の不倫の対処方法や別れるときに注意する所 | LADYCO

LADYCO
嫁の不倫の対処方法や別れるときに注意する所

嫁の不倫の対処方法まとめました。

嫁の不倫はこうやって対処すべし。

  • 早期発見、早期対策に努める
  • できれば予防に徹する
  • 相手を馬鹿にするような言動は慎む
  • 家族における自分の役割を見つめ直す
  • 改めるところは改める
  • きちんとした生活費を渡していないのなら反省する
  • 相手の立場になって考える
  • 嫁の不倫で別れるときに注意する点
  • 財産を持ち出せないようにする。
  • 冷静に証拠を押さえる。
  • 仕返しは考えない。
  • 自分の身辺は綺麗に。
  • 話をする時は冷静に。
  • 状況別の対応法を考えておく。
  • 自分の行動も、嫁の行動も予測できない場合。
  • まとめ

1. 早期発見、早期対策に努める

早期発見、早期対策に努める

嫁が不倫をしているという場合、妻の不倫は本気が多いといわれています。

そのため、妻の浮気は早期発見、早期対策がとても大切だといわれています。

男性に比べると女性の不倫は本気であることが多く、不倫の兆候があればできるだけ確実な対策をしておくことが大切です。

対処が遅れれば遅れるほど深刻になっていくといわれていますので、早めに見つけて、早めに動きましょう。

2. できれば予防に徹する

できれば予防に徹する

早期発見、早期対策はとても住ですが、一番いいのは予防に努めるということです。

不倫の予防法は、実際に不倫をしているという場合でも効果的なものがかなり多く、不倫の心配が全くないという場合ではない人や、現在、不倫の兆候を発見して困っているという人や相手が不倫をしているという人も、離婚はできるだけ避けたいという場合に役立つかもしれません。

3. 相手を馬鹿にするような言動は慎む

相手を馬鹿にするような言動は慎む

女性は我慢強いといわれています。

しかし、度を超すような出来事があった場合には行動に出る人はいます。

相手が度を超すような出来事だと思うことに、馬鹿にされたりして尊厳を踏みにじられたということが挙げられます。

いわゆる敵対的な悪意をもつ不倫というものは厄介です。

なかなか解決に至らない場合も多くありますので、始めからそのような言動になる自身の言動には注意が必要といえます。

4. 家族における自分の役割を見つめ直す

家族における自分の役割を見つめ直す

外で働いている夫には休みがあります。

しかし、家にいるお嫁さんには休みがありません。

お嫁さんがその点についてどう思っているのかということを汲み取ることができなければ相手に不倫の態度を改めてもらったり、不倫を予防するということは難しいでしょう。

5. 改めるところは改める

改めるところは改める

自身が相手にとってどのようにいい夫や子どもにとってのいい父親になれるのかという、家庭での役割を真剣に考えるのかということも必要といえます。

6. きちんとした生活費を渡していないのなら反省する

きちんとした生活費を渡していないのなら反省する

食費もわずかしか渡さない、生活史は食費しか渡していない。

というのであればその点を改める必要があります。

外で働いていて、家事や育児を任せているのであれば、きちんとその分を相手に渡しているのか、金銭的なところを考えてみましょう。

それで不倫をしているというのであれば、お嫁さんは夫でない人を伴侶にしたいというメッセージの現れともいえます。

その点について旦那さんも相手を責めることはできないといえますので、金銭的な部分についてはきちんと不満点を解決しておくようにすることが不可欠です。

7. 相手の立場になって考える

相手の立場になって考える

不倫をされるのは自身にも問題があることが多いといえます。

その点を潔く反省して改めることができないのであれば、波風を立てないようにそのまま過ごしておく方がいいといえます。

相手の立場に立って考えられているのかを見つめ直すことも大切といえます。

嫁の不倫で別れるときに注意する点

嫁の不倫で別れるときに注意する点

嫁も不倫をしてしまうことはあります。

もし嫁の不倫がはっきりして、別れると決めたのなら、次の7つのことを注意しましょう。

  • 子供の引き取り
  • 弁護士に相談する
  • 相手への慰謝の請求
  • 証拠はしっかりと探偵に集めてもらう

1. 財産を持ち出せないようにする。

財産を持ち出せないようにする。

彼女の不倫中に、貴方が働き築いた財産をごっそり持って行かれたら、悲しいですよね。

別れないでと言いつつ、新しい通帳を作って貯金を移動させるくらいの事、女性は普通にやってのけます。

今、どれだけのお金があるのかを把握し、別れを切り出された嫁に財産をとられないようにしましょう。

2. 冷静に証拠を押さえる。

冷静に証拠を押さえる。

別れると決められているくらいですから、男の直感とかではないと思います。

不倫の証拠をしっかり押さえましょう。

肉体関係が分かるものがあると良いですが、なかなかそうはうまく行きません。

でも、嫁が不倫を認めるに足る証拠は少なくとも押さえておく必要があります。

3. 仕返しは考えない。

仕返しは考えない。

嫁が不倫して腹が立つのは分かりますが、お相手の男性のところに乗り込んでいってというようなことはしない方が良いです。

確実にその男性と何かあっても、証拠も十分じゃない時に何かしたら、嫁を拘束する嫉妬男ということで終わります。

4. 自分の身辺は綺麗に。

自分の身辺は綺麗に。

嫁が不倫をしているのなら、自分もして良いじゃないかと思うかもしれません。

でも、有利に別れたいのなら我慢です。

独身になれば、新しい女性といくらでもお付き合いできます。

疑われそうなおつきあいやメールのやり取りも自重しましょう。

5. 話をする時は冷静に。

話をする時は冷静に。

不倫をしているよな、別れようという話をする時、感情的になってはいけません。

大抵の女性は男性よりも口が達者です。

手を上げたくなるようなことを言って来るかもしれません。

怒りが湧いてきても、暴力はもちろん、大きな声もダメです。

淡々と話を進めましょう。

6. 状況別の対応法を考えておく。

状況別の対応法を考えておく。

ごめんなさい、私が悪かったと泣きつかれたら、どうしますか。

貴方の別れの気持ちが揺らいでしまうことはありませんか。

相手がこういう行動に出たら、自分はどうするか、その場の感情や状況に負けて、劣勢に転じることがないよう状況ごとの対応法を考えておくと良いです。

7. 自分の行動も、嫁の行動も予測できない場合。

自分の行動も、嫁の行動も予測できない場合。

嫁と話すと感情的になってしまいそうだ、嫁が予測できない行動をとりそうだという場合は、弁護士に間に入ってもらうというのも一つの手です。

綺麗に、かつ、有利に別れるには、感情的にならないことが最重要事項です。

まとめ

嫁が不倫なんて、信じられないという気持ちでいっぱいかと思いますが、大丈夫です。

次に出会う女性は、彼女以上に素敵な人です。

自信を持って前に進みましょう。

嫁の不倫の対処方法まとめました。

嫁の不倫はこうやって対処すべし。


早期発見、早期対策に努める

嫁が不倫をしているという場合、妻の不倫は本気が多いといわれています。

そのため、妻の浮気は早期発見、早期対策がとても大切だといわれています。

男性に比べると女性の不倫は本気であることが多く、不倫の兆候があればできるだけ確実な対策をしておくことが大切です。

対処が遅れれば遅れるほど深刻になっていくといわれていますので、早めに見つけて、早めに動きましょう。

できれば予防に徹する

早期発見、早期対策はとても住ですが、一番いいのは予防に努めるということです。

不倫の予防法は、実際に不倫をしているという場合でも効果的なものがかなり多く、不倫の心配が全くないという場合ではない人や、現在、不倫の兆候を発見して困っているという人や相手が不倫をしているという人も、離婚はできるだけ避けたいという場合に役立つかもしれません。

相手を馬鹿にするような言動は慎む

女性は我慢強いといわれています。

しかし、度を超すような出来事があった場合には行動に出る人はいます。

相手が度を超すような出来事だと思うことに、馬鹿にされたりして尊厳を踏みにじられたということが挙げられます。

いわゆる敵対的な悪意をもつ不倫というものは厄介です。

なかなか解決に至らない場合も多くありますので、始めからそのような言動になる自身の言動には注意が必要といえます。

家族における自分の役割を見つめ直す

外で働いている夫には休みがあります。

しかし、家にいるお嫁さんには休みがありません。

お嫁さんがその点についてどう思っているのかということを汲み取ることができなければ相手に不倫の態度を改めてもらったり、不倫を予防するということは難しいでしょう。

改めるところは改める

自身が相手にとってどのようにいい夫や子どもにとってのいい父親になれるのかという、家庭での役割を真剣に考えるのかということも必要といえます。

きちんとした生活費を渡していないのなら反省する

食費もわずかしか渡さない、生活史は食費しか渡していない。

というのであればその点を改める必要があります。

外で働いていて、家事や育児を任せているのであれば、きちんとその分を相手に渡しているのか、金銭的なところを考えてみましょう。

それで不倫をしているというのであれば、お嫁さんは夫でない人を伴侶にしたいというメッセージの現れともいえます。

その点について旦那さんも相手を責めることはできないといえますので、金銭的な部分についてはきちんと不満点を解決しておくようにすることが不可欠です。

相手の立場になって考える

不倫をされるのは自身にも問題があることが多いといえます。

その点を潔く反省して改めることができないのであれば、波風を立てないようにそのまま過ごしておく方がいいといえます。

相手の立場に立って考えられているのかを見つめ直すことも大切といえます。

嫁の不倫で別れるときに注意する点

嫁も不倫をしてしまうことはあります。

もし嫁の不倫がはっきりして、別れると決めたのなら、次の7つのことを注意しましょう。

  • 子供の引き取り
  • 弁護士に相談する
  • 相手への慰謝の請求
  • 証拠はしっかりと探偵に集めてもらう
財産を持ち出せないようにする。

彼女の不倫中に、貴方が働き築いた財産をごっそり持って行かれたら、悲しいですよね。

別れないでと言いつつ、新しい通帳を作って貯金を移動させるくらいの事、女性は普通にやってのけます。

今、どれだけのお金があるのかを把握し、別れを切り出された嫁に財産をとられないようにしましょう。

冷静に証拠を押さえる。

別れると決められているくらいですから、男の直感とかではないと思います。

不倫の証拠をしっかり押さえましょう。

肉体関係が分かるものがあると良いですが、なかなかそうはうまく行きません。

でも、嫁が不倫を認めるに足る証拠は少なくとも押さえておく必要があります。

仕返しは考えない。

嫁が不倫して腹が立つのは分かりますが、お相手の男性のところに乗り込んでいってというようなことはしない方が良いです。

確実にその男性と何かあっても、証拠も十分じゃない時に何かしたら、嫁を拘束する嫉妬男ということで終わります。

自分の身辺は綺麗に。

嫁が不倫をしているのなら、自分もして良いじゃないかと思うかもしれません。

でも、有利に別れたいのなら我慢です。

独身になれば、新しい女性といくらでもお付き合いできます。

疑われそうなおつきあいやメールのやり取りも自重しましょう。

話をする時は冷静に。

不倫をしているよな、別れようという話をする時、感情的になってはいけません。

大抵の女性は男性よりも口が達者です。

手を上げたくなるようなことを言って来るかもしれません。

怒りが湧いてきても、暴力はもちろん、大きな声もダメです。

淡々と話を進めましょう。

状況別の対応法を考えておく。

ごめんなさい、私が悪かったと泣きつかれたら、どうしますか。

貴方の別れの気持ちが揺らいでしまうことはありませんか。

相手がこういう行動に出たら、自分はどうするか、その場の感情や状況に負けて、劣勢に転じることがないよう状況ごとの対応法を考えておくと良いです。

自分の行動も、嫁の行動も予測できない場合。

嫁と話すと感情的になってしまいそうだ、嫁が予測できない行動をとりそうだという場合は、弁護士に間に入ってもらうというのも一つの手です。

綺麗に、かつ、有利に別れるには、感情的にならないことが最重要事項です。

嫁が不倫なんて、信じられないという気持ちでいっぱいかと思いますが、大丈夫です。

次に出会う女性は、彼女以上に素敵な人です。

自信を持って前に進みましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-