【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190601085448.html
正夢とは?正夢について解説 | 予知夢・正夢にする方法

正夢とは?正夢について解説 | 予知夢・正夢にする方法 | LADYCO

LADYCO
正夢とは?正夢について解説 | 予知夢・正夢にする方法

正夢とは?正夢について解説します。

  • 正夢と予知夢の違い
  • 夢で見たことを正夢にする方法
  • 夢で見たことを正夢にしない方法
  • 正夢を見る理由をスピリチュアルな方向から分析すると…
  • 正夢を見る理由を科学的な方向から分析すると…
  • まとめ

1. 正夢と予知夢の違い

正夢と予知夢の違い

正夢と予知夢は類似しており、大きく考えれば同じような意味を持っています。

しかし、正夢と違い予知夢というものは具体性や現実性のないものもあり、どちらかといえば未来を暗示するようなメッセージ性の高い夢であることが特徴です。

非現実的な要素も加わっており、予知夢の意味を理解すること、ひも解くことに場合によっては時間を要する場合もあります。

予知夢が比喩的な形で夢を見ている人物にアプローチしてくることがあるからです。

また、近い未来をうつしている正夢と違って予知夢はかなり遠くの未来をうつすことがよくあります。

目が覚めた後ははっきりと覚醒するまでは比較的冷静であることが多く、自分のことであっても物事を客観視しているような気分に陥っています。

2. 夢で見たことを正夢にする方法

夢で見たことを正夢にする方法

もしも素敵な内容の夢を見た場合、それを正夢にすることができたならもっと素敵です。

ここでは夢で見たことを正夢にする方法を紹介していきます。

  • 夢に見た行動をたどってみる
  • 夢の内容を他言しないこと

2-1. 夢に見た行動をたどってみる

自分が夢の中でどのような行動をとっていたかをよく思い出し、現実でも同じように行動する方法です。

夢で見た望む未来をより一層近いものとするため、自分から歩み寄っていく姿勢が大切です。

行動を起こすことによって重要なヒントを得られる可能性があります。

2-2. 夢の内容を他言しないこと

正夢は昔から他人に話さず、自分の心のなかにソッとしまっておくことで、現実に起こりやすくなると言われています。

ですから、正夢を実現したいのなら、見た夢は他人にベラベラ喋ったりせずに誰にも話さないでおくことをオススメします。

3. 夢で見たことを正夢にしない方法

夢で見たことを正夢にしない方法

恐ろしい夢、信じられないような悲しい夢を見て目覚めた後、正夢になったらどうしようかと恐怖を抱くことがあります。

でも大丈夫です。

夢で見たことを正夢にしないための方法をここにいくつか紹介しておきますので、ぜひ実践してみてください。

  • 夢の内容を人に話す

3-1. 夢の内容を人に話す

悪い内容の夢を人に言うことによって、夢の内容が一か所にとどまり具現化することを防ぐ方法です。

一つの事象に対して一か所で強い意識や念を持ち続けていると、そこにエネルギーが集まって現実になることを促進させてしまうからです。

なるべく信頼のある人物に悪い夢の内容を話すようにしましょう。

相性の良い人は自分と波長が合っているため、悪いエネルギーを一緒に相殺してくれるでしょう。

4. 正夢を見る理由をスピリチュアルな方向から分析すると…

正夢を見る理由をスピリチュアルな方向から分析すると…

正夢を見る理由をスピリチュアルな方向から分析してみましょう。

これは一説なのですが、この世には「アカシックレコード」というものが存在しているといわれています。

アカシックレコードとは、近代神智学の概念です。

すべてのものが生まれた瞬間である元始から、事象や、感情、考えに至るまでのあらゆる記憶が書き留められているブラックボックスのようなものが存在し、森羅万象の歴史は全て決まっているとされています。

少し極端な話でもありますが、そのアカシックレコードから人間は夢を通じて情報を得ており、それが予知夢や正夢となっているという説です。

かなり神秘的な仮説ではありますが、夢というもの自体が不思議なものであり、またスピリチュアルな事象は科学ではいまだ解明されていないことも多々あることから否定も肯定もすることは難しそうです。

5. 正夢を見る理由を科学的な方向から分析すると…

正夢を見る理由を科学的な方向から分析すると…

スピリチュアルな方向とは反対に、正夢を科学的な方向から分析してみましょう。

私達はたくさんの情報を毎日得ています。

しかし、意識して情報として認識しているものは一握りであり、あとの情報は無意識のうちに脳に記憶をしています。

夢は、その膨大な量の情報を整理する役割を持っており、強く考えていたことや印象に残ったことが夢の中でも反映されます。

その結果、夢の中でも現実性のある予測をしているという結果となり、実際に予測していたことが起こった状況を見て、本当は夢の中で無意識に自分がたてた予想が当たっただけであるにもかかわらず、「あれは正夢だったのだ」と認識するようになるという説です。

科学的な方向から考えると、正夢というものは予測であり、現実は偶然一致したものではなくて予測が当たったということになるのです。

まとめ

正夢の体験をしている人は確かにこの世の中に存在しているにもかかわらず、その仕組みはいまだよく分かってはいません。

しかし正夢というものは、自分や周囲の環境を別の視点から無意識のうちにとらえているということは確かです。

正夢も一つの自分の情報として有効に使うことによって、普段の行動や考え方に幅が出てくるでしょう。

その結果、さらに色々なことの可能性が広がることにつながるのではないのでしょうか。

夢の内容に常日頃から着目してみると面白いかもしれません。

正夢とは?正夢について解説します。


正夢と予知夢の違い

正夢と予知夢は類似しており、大きく考えれば同じような意味を持っています。

しかし、正夢と違い予知夢というものは具体性や現実性のないものもあり、どちらかといえば未来を暗示するようなメッセージ性の高い夢であることが特徴です。

非現実的な要素も加わっており、予知夢の意味を理解すること、ひも解くことに場合によっては時間を要する場合もあります。

予知夢が比喩的な形で夢を見ている人物にアプローチしてくることがあるからです。

また、近い未来をうつしている正夢と違って予知夢はかなり遠くの未来をうつすことがよくあります。

目が覚めた後ははっきりと覚醒するまでは比較的冷静であることが多く、自分のことであっても物事を客観視しているような気分に陥っています。

夢で見たことを正夢にする方法

もしも素敵な内容の夢を見た場合、それを正夢にすることができたならもっと素敵です。

ここでは夢で見たことを正夢にする方法を紹介していきます。

  • 夢に見た行動をたどってみる
  • 夢の内容を他言しないこと

2-1. 夢に見た行動をたどってみる

自分が夢の中でどのような行動をとっていたかをよく思い出し、現実でも同じように行動する方法です。

夢で見た望む未来をより一層近いものとするため、自分から歩み寄っていく姿勢が大切です。

行動を起こすことによって重要なヒントを得られる可能性があります。

2-2. 夢の内容を他言しないこと

正夢は昔から他人に話さず、自分の心のなかにソッとしまっておくことで、現実に起こりやすくなると言われています。

ですから、正夢を実現したいのなら、見た夢は他人にベラベラ喋ったりせずに誰にも話さないでおくことをオススメします。

夢で見たことを正夢にしない方法

恐ろしい夢、信じられないような悲しい夢を見て目覚めた後、正夢になったらどうしようかと恐怖を抱くことがあります。

でも大丈夫です。

夢で見たことを正夢にしないための方法をここにいくつか紹介しておきますので、ぜひ実践してみてください。

  • 夢の内容を人に話す

3-1. 夢の内容を人に話す

悪い内容の夢を人に言うことによって、夢の内容が一か所にとどまり具現化することを防ぐ方法です。

一つの事象に対して一か所で強い意識や念を持ち続けていると、そこにエネルギーが集まって現実になることを促進させてしまうからです。

なるべく信頼のある人物に悪い夢の内容を話すようにしましょう。

相性の良い人は自分と波長が合っているため、悪いエネルギーを一緒に相殺してくれるでしょう。

正夢を見る理由をスピリチュアルな方向から分析すると…

正夢を見る理由をスピリチュアルな方向から分析してみましょう。

これは一説なのですが、この世には「アカシックレコード」というものが存在しているといわれています。

アカシックレコードとは、近代神智学の概念です。

すべてのものが生まれた瞬間である元始から、事象や、感情、考えに至るまでのあらゆる記憶が書き留められているブラックボックスのようなものが存在し、森羅万象の歴史は全て決まっているとされています。

少し極端な話でもありますが、そのアカシックレコードから人間は夢を通じて情報を得ており、それが予知夢や正夢となっているという説です。

かなり神秘的な仮説ではありますが、夢というもの自体が不思議なものであり、またスピリチュアルな事象は科学ではいまだ解明されていないことも多々あることから否定も肯定もすることは難しそうです。

正夢を見る理由を科学的な方向から分析すると…

スピリチュアルな方向とは反対に、正夢を科学的な方向から分析してみましょう。

私達はたくさんの情報を毎日得ています。

しかし、意識して情報として認識しているものは一握りであり、あとの情報は無意識のうちに脳に記憶をしています。

夢は、その膨大な量の情報を整理する役割を持っており、強く考えていたことや印象に残ったことが夢の中でも反映されます。

その結果、夢の中でも現実性のある予測をしているという結果となり、実際に予測していたことが起こった状況を見て、本当は夢の中で無意識に自分がたてた予想が当たっただけであるにもかかわらず、「あれは正夢だったのだ」と認識するようになるという説です。

科学的な方向から考えると、正夢というものは予測であり、現実は偶然一致したものではなくて予測が当たったということになるのです。

正夢の体験をしている人は確かにこの世の中に存在しているにもかかわらず、その仕組みはいまだよく分かってはいません。

しかし正夢というものは、自分や周囲の環境を別の視点から無意識のうちにとらえているということは確かです。

正夢も一つの自分の情報として有効に使うことによって、普段の行動や考え方に幅が出てくるでしょう。

その結果、さらに色々なことの可能性が広がることにつながるのではないのでしょうか。

夢の内容に常日頃から着目してみると面白いかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-