【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518095147.html
同棲の時に嫌われる女の取りがちな行動10選

同棲の時に嫌われる女の取りがちな行動10選 | LADYCO

LADYCO
同棲の時に嫌われる女の取りがちな行動10選

結婚への第一歩が始まる同棲ですが、つい、いつも通り取ってしまう行動で嫌われてしまう人も多いようです。

  • お風呂上がりの恥じらいのなさ
  • 服をたたまない
  • 掃除が行き届いていない
  • 料理ができない
  • おなら、トイレが臭い
  • 生活音が大きい
  • 浪費癖がある
  • 彼の帰宅をひたすら待つ
  • 彼の持ち物をチェックする
  • 彼の行動を常にチェックする
  • まとめ

1. お風呂上がりの恥じらいのなさ

お風呂上がりの恥じらいのなさ

一人でいるときと同じ様に、お風呂上がりに裸でウロウロしていたり、下着姿でそのまま寝たり。

いくら長く付き合っていても、男性は羞恥心を疑ってしまいます。

男性はいつまでも恥じらいをなくさない女性をいつまでも好むものです。

2. 服をたたまない

服をたたまない

女性は男性より所有している服の数が多いと思います。

毎日違うコーディネートを考えなくてはいけないし、疲れて帰宅したらそのまま服を脱ぎ捨ててしまう人もたくさんいることでしょう。

片付けされず、山積みになった服を見て、男性は幻滅してしまいます。

3. 掃除が行き届いていない

掃除が行き届いていない

一人で暮らしている時は、掃除は時間がある時だけでいいのですが、同棲するとそうはいきません。

どの様な掃除の仕方で、どれくらいの回数で行うかすべてばれてしまいます。

特に女性は大量の髪の毛が散乱してしまったりして男性は驚いてしまうかもしれません。

週一回の掃除ではいけなくなってくるのです。

4. 料理ができない

料理ができない

男性は、女性が考えてる以上に家庭的な女性を好みます。

一緒に住んでいて、食事がいつも出来合いの惣菜だったりしたらどう感じるでしょうか。

さらに言えば、「する気がない」ときっぱり宣言してしまうと男性はもううんざりです。

女性ばかりが家事をする時代ではないですが、やはり男性は温かな食卓をいつも求めているのです。

5. おなら、トイレが臭い

おなら、トイレが臭い

付き合っているだけではなくて、同棲するとなると絶対に避けては通れない問題の部分です。

いくら大好きな相手でも、同じ空間で生活をする以上相当気になるところです。

家の中でも、特に掃除が大切といわれているトイレです。

トイレが臭すぎる、不潔だと一瞬にして冷めてしまいます。

同様に結婚するまで、おならは控えた方がいいです。

6. 生活音が大きい

生活音が大きい

人は、人が出す音が想像以上に気になるものです。

やたらと音を出す人は無意識にやっているのかもしれません。

しかし気になるのです。

物をガンガンと音を立てて置く人、ドアをバタンバタン乱暴に開け閉めする人。

なんでいつも怒ってるの?そう思われても仕方ありません。

男性は、女性より繊細です。

こういった行動を取ってしまうと一緒にいて気が休まる時がなくなってしまうのです。

7. 浪費癖がある

浪費癖がある

同棲すると、お互いの金銭感覚までまるわかりになります。

結婚という目標に向かって、一緒に貯蓄をスタートできれば理想的ですが、やはり今まで好き勝手使ってきた自分のお金を相手と共有するというのは難しいかもしれません。

自分ではたいした出費だとは考えないのに、相手にはドブに捨ててるようじゃないかと思われることだって出てくることでしょう。

そうならないために、よく話し合い、理解し合わないと大変なことになります。

8. 彼の帰宅をひたすら待つ

彼の帰宅をひたすら待つ

同棲した途端、彼の自由を奪ってしまう女性がいます。

例えば、勝手に手料理を作って待っていて、急に帰宅が遅くなる、食べてくる…の連絡があったとします。

そこですぐに理解を示すことができれば問題ないのですが、怒り狂ってしまっては彼はどう思うでしょうか。

こんなことが何度も続くと、窮屈に感じてしょうがなくなります。

9. 彼の持ち物をチェックする

彼の持ち物をチェックする

同棲を始めると、彼の全てが知りたいと、携帯電話、財布やスーツのポケットなど、ところかまわず持ち物をチェックしたくなる衝動にかられます。

疑わしい物を発見すれば、すぐに相手を問い詰めて、と独占欲のかたまりになってしまいます。

こうなるとお互い信用できなくなってしまいますし、結婚なんて考えられなくなっていきます。

10. 彼の行動を常にチェックする

彼の行動を常にチェックする

同棲すると、持ち物はもちろん、彼の行動も全て把握したいと考えるようになってきます。

「いつ、どこで、誰と、何をしたの?」 「今日のとっている行動、いつもと違うんじゃない?」 常に監視されているようで、気が休まる時がありません。

こういった行動をとってしまうと、同棲解消までまっしぐらです。

まとめ

結婚を目標に、さらに愛を深めるためにする同棲は幸せなことです。

相手を思いやる心を忘れなければ間違いなくうまくいくことでしょう。

結婚への第一歩が始まる同棲ですが、つい、いつも通り取ってしまう行動で嫌われてしまう人も多いようです。


お風呂上がりの恥じらいのなさ

一人でいるときと同じ様に、お風呂上がりに裸でウロウロしていたり、下着姿でそのまま寝たり。

いくら長く付き合っていても、男性は羞恥心を疑ってしまいます。

男性はいつまでも恥じらいをなくさない女性をいつまでも好むものです。

服をたたまない

女性は男性より所有している服の数が多いと思います。

毎日違うコーディネートを考えなくてはいけないし、疲れて帰宅したらそのまま服を脱ぎ捨ててしまう人もたくさんいることでしょう。

片付けされず、山積みになった服を見て、男性は幻滅してしまいます。

掃除が行き届いていない

一人で暮らしている時は、掃除は時間がある時だけでいいのですが、同棲するとそうはいきません。

どの様な掃除の仕方で、どれくらいの回数で行うかすべてばれてしまいます。

特に女性は大量の髪の毛が散乱してしまったりして男性は驚いてしまうかもしれません。

週一回の掃除ではいけなくなってくるのです。

料理ができない

男性は、女性が考えてる以上に家庭的な女性を好みます。

一緒に住んでいて、食事がいつも出来合いの惣菜だったりしたらどう感じるでしょうか。

さらに言えば、「する気がない」ときっぱり宣言してしまうと男性はもううんざりです。

女性ばかりが家事をする時代ではないですが、やはり男性は温かな食卓をいつも求めているのです。

おなら、トイレが臭い

付き合っているだけではなくて、同棲するとなると絶対に避けては通れない問題の部分です。

いくら大好きな相手でも、同じ空間で生活をする以上相当気になるところです。

家の中でも、特に掃除が大切といわれているトイレです。

トイレが臭すぎる、不潔だと一瞬にして冷めてしまいます。

同様に結婚するまで、おならは控えた方がいいです。

生活音が大きい

人は、人が出す音が想像以上に気になるものです。

やたらと音を出す人は無意識にやっているのかもしれません。

しかし気になるのです。

物をガンガンと音を立てて置く人、ドアをバタンバタン乱暴に開け閉めする人。

なんでいつも怒ってるの?そう思われても仕方ありません。

男性は、女性より繊細です。

こういった行動を取ってしまうと一緒にいて気が休まる時がなくなってしまうのです。

浪費癖がある

同棲すると、お互いの金銭感覚までまるわかりになります。

結婚という目標に向かって、一緒に貯蓄をスタートできれば理想的ですが、やはり今まで好き勝手使ってきた自分のお金を相手と共有するというのは難しいかもしれません。

自分ではたいした出費だとは考えないのに、相手にはドブに捨ててるようじゃないかと思われることだって出てくることでしょう。

そうならないために、よく話し合い、理解し合わないと大変なことになります。

彼の帰宅をひたすら待つ

同棲した途端、彼の自由を奪ってしまう女性がいます。

例えば、勝手に手料理を作って待っていて、急に帰宅が遅くなる、食べてくる…の連絡があったとします。

そこですぐに理解を示すことができれば問題ないのですが、怒り狂ってしまっては彼はどう思うでしょうか。

こんなことが何度も続くと、窮屈に感じてしょうがなくなります。

彼の持ち物をチェックする

同棲を始めると、彼の全てが知りたいと、携帯電話、財布やスーツのポケットなど、ところかまわず持ち物をチェックしたくなる衝動にかられます。

疑わしい物を発見すれば、すぐに相手を問い詰めて、と独占欲のかたまりになってしまいます。

こうなるとお互い信用できなくなってしまいますし、結婚なんて考えられなくなっていきます。

彼の行動を常にチェックする

同棲すると、持ち物はもちろん、彼の行動も全て把握したいと考えるようになってきます。

「いつ、どこで、誰と、何をしたの?」 「今日のとっている行動、いつもと違うんじゃない?」 常に監視されているようで、気が休まる時がありません。

こういった行動をとってしまうと、同棲解消までまっしぐらです。

結婚を目標に、さらに愛を深めるためにする同棲は幸せなことです。

相手を思いやる心を忘れなければ間違いなくうまくいくことでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-