【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105308.html
妊娠初期で気を付けること10選

妊娠初期で気を付けること10選 | LADYCO

LADYCO
妊娠初期で気を付けること10選

妊娠初期で気を付けること10選をまとめました。

  • 夜更かししない
  • 激しい運動は控える
  • 食事に気をつける
  • 無理に食べない
  • ストレスを溜めない
  • 眠たい時は寝る
  • 一人で抱え込まない
  • 家事を完璧にこなそうと思わない
  • 服装に気をつける
  • 周囲への報告は慎重に

1. 夜更かししない

夜更かししない

夜更かしをすると、ホルモンバランスが崩れたり、自律神経の乱れから 体調不良に陥ることがあります。

夜更かし自体は直接赤ちゃんに影響はありませんが、お母さん自身が体調不良になると、赤ちゃんにも影響を及ぼすことになりかねないので、早寝早起きを心がけましょう。

2. 激しい運動は控える

激しい運動は控える

妊娠前から続けていた運動であれば、ペースダウンして続けるのであれば心配ありません。

しかし、妊娠後に始めた運動や激しい運動は、流産の確率を上げてしまいますのでやめましょう。

運動をする場合は、無理のない範囲でのウォーキングやヨガやストレッチなど、 手軽に始められてすぐに止められる運動がおすすめです。

3. 食事に気をつける

食事に気をつける

妊娠中は、赤ちゃんの成長に影響を与えるかもしれない食べ物の摂取に注意しましょう。

お酒やタバコはもちろんのこと、コーヒー好きな方はカフェインを大量に摂取することも良くないので、一日1杯など、量を少なめにしましょう。

お刺身やカマンベールチーズ、生卵など、生ものは食中毒の危険性があるため要注意です。

マグロや金目鯛などの大きな魚も、水銀を多く含んでいるため、摂取量に注意が必要な食品です。

4. 無理に食べない

無理に食べない

つわりがひどいと吐き気がして、食べ物を口に運ぶのも辛くなります。

そんな時は無理に食べなくても大丈夫です。

妊娠初期は栄養を気にするよりも、食べられる時に食べられる物を食べておけば大丈夫です。

お茶漬け、そうめん、アイスクリームなど、栄養は二の次でとにかく何か口に入れましょう。

三食決まった時間に食べるより、間食をして常に胃が空っぽにならないようにすると吐き気も軽減します。

つわりがひどく、全く食べられない場合や食べても毎回吐いてしまう場合は、病院で点滴を打ってもらうことも出来ますので、一度病院に相談してみましょう。

5. ストレスを溜めない

ストレスを溜めない

妊娠初期はつわりも一番ひどく、思い通りに動けなかったり、体調の変化に不安になったり周りの理解が得られなかったり、ストレスを感じやすい時期でもあります。

ストレスを溜めないのは難しいことですが、赤ちゃんもお母さんと同じようにストレスを感じ取ってしまいます。

そうなると流産の危険性も高まり、発育にも影響を及ぼしてしまいますので、なるべくイライラしないように心がけましょう。

6. 眠たい時は寝る

眠たい時は寝る

妊娠初期は吐き気以外にも様々なつわりがあります。

眠りつわりといって、夜ぐっすり休んだのに朝でも昼間でもとにかく眠たくて仕方がなかったり体がだるかったりします。

そんな時は無理に起きたり動こうとせず、しっかり寝てみてください。

忙しい人は10分だけでも仮眠をすると眠気は和らぎます。

「赤ちゃんが休みたがっているんだ」と思うと、心置きなく休めますよ。

7. 一人で抱え込まない

一人で抱え込まない

妊娠初期はまだ安定期に入っていないからと、周囲に妊娠の事実を伝えていない方も多いと思います。

でも、食べ物の匂いだけで吐き気がしたり、しんどくて起き上がれなかったりとつわりが一番ひどいのは妊娠初期です。

そんな時に助けてもらえないのは体力的にも精神的にもとても辛いので、旦那さんや実母にだけは妊娠を打ち明け、協力をお願いしましょう。

買い出しに行ってもらったり、レトルトでも良いので晩ご飯を用意してもらうだけでもとても助かります。

8. 家事を完璧にこなそうと思わない

家事を完璧にこなそうと思わない

つわりがひどいと、食べ物の匂いで料理が作れなくなることもよくあります。

そんな時は無理せずレトルト食品を使ったり、宅配を頼んだり、旦那さんにお弁当を買ってきてもらったりして家事を乗り切りましょう。

食費が嵩むかもかもしれませんが、今は家計のことは気にせず、自分の身体と赤ちゃんのことを一番に考えて過ごして下さい。

お洗濯も体調が良い時にまとめて干して、取り込むだけ取り込んだら畳むのは体調が良いタイミングで行います。

少々ほったらかしでも生きて行けます。

9. 服装に気をつける

服装に気をつける

まだお腹が大きくないからと言って、高いヒールのある靴を履いたり、お腹の締め付けがあるズボンを履くのはやめましょう。

ヒールの高い靴は転倒しお腹を打つ危険性がありますし、締め付けのある服装は気分が悪くなったり、赤ちゃんにも良くありません。

また、お母さんの身体は血行を良くしておかなければ赤ちゃんに栄養が届きにくくなります。

赤ちゃん自身も冷えやすく、お母さんの体温の変化を感じやすいです。

暖かい季節であっても、なるべく体が冷えないようカーディガンを羽織ったり、ロング丈のワンピースを着用するなど、冷えすぎないよう心がけましょう。

10. 周囲への報告は慎重に

心待ちにした妊娠だと、両親や友人に早く報告したくなりますよね。

でも、妊娠初期は流産の心配が高い時期なので、万が一の時を考えると、両親に心配させてしまったり周囲に気を使わせてしまうことになりかねません。

ただ、報告が遅過ぎても、つわりが一番ひどい妊娠初期に助けてもらえなかったり、体調が悪いのに職場の理解が得られなかったり、切迫流産で急遽入院というときに初めて報告となってとても驚かせてしまうなど、デメリットになることもあります。

報告のタイミングは個人によってベストタイミングがあると思いますので自分の状況によって慎重に報告時期を選びましょう。

妊娠初期で気を付けること10選をまとめました。


夜更かししない

夜更かしをすると、ホルモンバランスが崩れたり、自律神経の乱れから 体調不良に陥ることがあります。

夜更かし自体は直接赤ちゃんに影響はありませんが、お母さん自身が体調不良になると、赤ちゃんにも影響を及ぼすことになりかねないので、早寝早起きを心がけましょう。

激しい運動は控える

妊娠前から続けていた運動であれば、ペースダウンして続けるのであれば心配ありません。

しかし、妊娠後に始めた運動や激しい運動は、流産の確率を上げてしまいますのでやめましょう。

運動をする場合は、無理のない範囲でのウォーキングやヨガやストレッチなど、 手軽に始められてすぐに止められる運動がおすすめです。

食事に気をつける

妊娠中は、赤ちゃんの成長に影響を与えるかもしれない食べ物の摂取に注意しましょう。

お酒やタバコはもちろんのこと、コーヒー好きな方はカフェインを大量に摂取することも良くないので、一日1杯など、量を少なめにしましょう。

お刺身やカマンベールチーズ、生卵など、生ものは食中毒の危険性があるため要注意です。

マグロや金目鯛などの大きな魚も、水銀を多く含んでいるため、摂取量に注意が必要な食品です。

無理に食べない

つわりがひどいと吐き気がして、食べ物を口に運ぶのも辛くなります。

そんな時は無理に食べなくても大丈夫です。

妊娠初期は栄養を気にするよりも、食べられる時に食べられる物を食べておけば大丈夫です。

お茶漬け、そうめん、アイスクリームなど、栄養は二の次でとにかく何か口に入れましょう。

三食決まった時間に食べるより、間食をして常に胃が空っぽにならないようにすると吐き気も軽減します。

つわりがひどく、全く食べられない場合や食べても毎回吐いてしまう場合は、病院で点滴を打ってもらうことも出来ますので、一度病院に相談してみましょう。

ストレスを溜めない

妊娠初期はつわりも一番ひどく、思い通りに動けなかったり、体調の変化に不安になったり周りの理解が得られなかったり、ストレスを感じやすい時期でもあります。

ストレスを溜めないのは難しいことですが、赤ちゃんもお母さんと同じようにストレスを感じ取ってしまいます。

そうなると流産の危険性も高まり、発育にも影響を及ぼしてしまいますので、なるべくイライラしないように心がけましょう。

眠たい時は寝る

妊娠初期は吐き気以外にも様々なつわりがあります。

眠りつわりといって、夜ぐっすり休んだのに朝でも昼間でもとにかく眠たくて仕方がなかったり体がだるかったりします。

そんな時は無理に起きたり動こうとせず、しっかり寝てみてください。

忙しい人は10分だけでも仮眠をすると眠気は和らぎます。

「赤ちゃんが休みたがっているんだ」と思うと、心置きなく休めますよ。

一人で抱え込まない

妊娠初期はまだ安定期に入っていないからと、周囲に妊娠の事実を伝えていない方も多いと思います。

でも、食べ物の匂いだけで吐き気がしたり、しんどくて起き上がれなかったりとつわりが一番ひどいのは妊娠初期です。

そんな時に助けてもらえないのは体力的にも精神的にもとても辛いので、旦那さんや実母にだけは妊娠を打ち明け、協力をお願いしましょう。

買い出しに行ってもらったり、レトルトでも良いので晩ご飯を用意してもらうだけでもとても助かります。

家事を完璧にこなそうと思わない

つわりがひどいと、食べ物の匂いで料理が作れなくなることもよくあります。

そんな時は無理せずレトルト食品を使ったり、宅配を頼んだり、旦那さんにお弁当を買ってきてもらったりして家事を乗り切りましょう。

食費が嵩むかもかもしれませんが、今は家計のことは気にせず、自分の身体と赤ちゃんのことを一番に考えて過ごして下さい。

お洗濯も体調が良い時にまとめて干して、取り込むだけ取り込んだら畳むのは体調が良いタイミングで行います。

少々ほったらかしでも生きて行けます。

服装に気をつける

まだお腹が大きくないからと言って、高いヒールのある靴を履いたり、お腹の締め付けがあるズボンを履くのはやめましょう。

ヒールの高い靴は転倒しお腹を打つ危険性がありますし、締め付けのある服装は気分が悪くなったり、赤ちゃんにも良くありません。

また、お母さんの身体は血行を良くしておかなければ赤ちゃんに栄養が届きにくくなります。

赤ちゃん自身も冷えやすく、お母さんの体温の変化を感じやすいです。

暖かい季節であっても、なるべく体が冷えないようカーディガンを羽織ったり、ロング丈のワンピースを着用するなど、冷えすぎないよう心がけましょう。

心待ちにした妊娠だと、両親や友人に早く報告したくなりますよね。

でも、妊娠初期は流産の心配が高い時期なので、万が一の時を考えると、両親に心配させてしまったり周囲に気を使わせてしまうことになりかねません。

ただ、報告が遅過ぎても、つわりが一番ひどい妊娠初期に助けてもらえなかったり、体調が悪いのに職場の理解が得られなかったり、切迫流産で急遽入院というときに初めて報告となってとても驚かせてしまうなど、デメリットになることもあります。

報告のタイミングは個人によってベストタイミングがあると思いますので自分の状況によって慎重に報告時期を選びましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-