【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104613.html
最近の若者にAT限定免許が多い理由

最近の若者にAT限定免許が多い理由 | LADYCO

LADYCO
最近の若者にAT限定免許が多い理由

AT限定免許が制定されて以来、多くの若者がこの免許を好むようになりました。

そしてこの風潮は最近ますます強くなっています。

ここではその理由のいくつかを扱っています。

  • 免許取得が速い
  • 費用が安い
  • 親の車がAT
  • AT車しか乗らないと決めている
  • 車にあまり乗らない
  • 運転が嫌い
  • MT車限定モデルは少ない
  • 楽に運転したい
  • AT車の燃費がいい
  • 将来を見越している

1. 免許取得が速い

免許取得が速い

自動車教習所での教習を受けて運転免許を取得する場合、MT免許に比べるとAT限定免許は学ぶことが少ないために速く取得することが可能です。

そのため18歳になったらすぐに運転免許を交付してもらい、車を運転したいと考えている人は、AT限定免許の取得を選択することが多々あります。

2. 費用が安い

費用が安い

1の項目でも述べたように、AT限定免許はMT免許に比べると学ぶことが少なくて済みます。

その分授業料も安くなり、運転免許取得に必要となる費用は若干安くなります。

このような理由により、AT限定免許を選択する若者もいます。

特に高校生の身分でありながら熱心にアルバイトを行い、運転免許取得に励む若者や、お金のない大学生などに見られる風潮です。

3. 親の車がAT

親の車がAT

車の運転免許を取得して最初に運転することになるのは、多くの場合親や兄弟が所有しているものでしょう。

そしてそれらの車がAT車である場合、免許取得に励む若者もAT限定免許を取得することがあります。

当分の間は自分個人で所有する車を持つ予定はなく、親の車を運転することになるので、自分の運転免許はAT限定で構わないと考えるのです。

4. AT車しか乗らないと決めている

AT車しか乗らないと決めている

運転免許を取得した後、自分はAT車しか運転しないと決めている若者がいます。

そのような人の場合、MT免許を所得する必要はありません。

そのためAT限定免許の取得に励むのです。

確かにこのような選択は大きなメリットをもたらします。

たとえば1の項目で述べたように、AT限定免許は所得にかかる期間が短くて済みます。

また2の項目でも扱ったように、必要となる費用が安くて済みます。

そのため将来AT車しか運転する予定がないという人は、AT限定免許をチョイスするのです。

5. 車にあまり乗らない

車にあまり乗らない

都会では車を駐車するスペースが限られており、そのため駐車場の料金が高額です。

また公共の乗り物が充実しているために、車を所有していなくても問題なく生活できます。

このような理由により、都会では車を持つ人が少なくなりました。

しかしこのような人であっても、車を運転しなければならないようなシーンが訪れることもあります。

このような状況において、運転免許を持っていなければ当然のことながら運転はできません。

こうした状況に備え、AT限定免許を取得する若者がいます。

いざというときのための運転免許であるために、MT免許ではなく運転が簡単なAT車限定免許を選択するのです。

6. 運転が嫌い

運転が嫌い

先にも考慮したように都会では車がなくても生活できます。

しかし車があると便利な生活を送れる地域も存在します。

場合によっては車がなければ生活が不便な地域も存在し、こうしたところでは運転免許の取得が必須となります。

しかし中には車の運転が嫌いであるという若者もいます。

そのような若者の中には運転が比較的簡単なAT車のみを運転したいと感じる人がいます。

こうした理由により、AT限定免許を取得する若者もいます。

7. MT車限定モデルは少ない

MT車限定モデルは少ない

現在、車の主流はAT車です。

運転が比較的簡単なAT車は非常に高い人気を得ています。

そのため自分の欲しい車がMT車でしか販売されていないという状況は滅多に存在しません。

このような理由により、AT限定免許を取得する人がいます。

これは車の性能というよりは、外見や内装にこだわって車を購入したいという人に多く見られる考え方です。

8. 楽に運転したい

楽に運転したい

AT車はギアチェンジを自分で行う必要はありません。

そのためチェンジレバーを上下させたり、クラッチペダルを操作する必要はないのです。

アクセルとブレーキ、そしてハンドル操作がメインとなるために、AT車はMT車に比べると運転がかなり楽です。

とりわけ渋滞時にクラッチペダルの操作を行うのは容易ではなく、脚が疲れてしまうこともあります。

このような状況を考慮してAT限定免許を取得し、あえてMT車に乗れないようにしている若者もいます。

9. AT車の燃費がいい

AT車の燃費がいい

MT車はギアチェンジを行う必要があるために、運転しているという実感がわきます。

またより多くの技術が求められるために、それを駆使して車を操ることは運転好きの人にとってはたまらないでしょう。

加えてMT車の魅力は燃費がいいことにあります。

AT車に比べるとギアチェンジによって効率よく動力をタイヤに伝えることができるために、非常に経済的なのです。

しかし最近のAT車はMT車に負けないほどの燃費を誇っています。

そのため面皮の良さを重要視して車を購入する場合、AT車でも問題はないのです。

こうした現状により、AT限定免許でも問題ないと感じる若者が増えています。

10. 将来を見越している

MT車よりもAT車の販売価格は高くなります。

そのため所有している車を販売店に持って行くときも、AT車のほうが買取価格が高くなるのが一般的です。

また最近ではほとんどの人がAT車に乗っており、MT車は非常にレアです。

このような理由により、中古車販売店に並んでいるAT車のほうが、MT車よりも売れる確率は高いのです。

そのためAT車の受け入れにはどこの中古車販売店も積極的です。

こうした状況を考慮し、自分はAT車を上手く乗り回すと決めている人もいます。

このような若者はAT限定免許の取得に励むのです。

AT限定免許が制定されて以来、多くの若者がこの免許を好むようになりました。

そしてこの風潮は最近ますます強くなっています。

ここではその理由のいくつかを扱っています。


免許取得が速い

自動車教習所での教習を受けて運転免許を取得する場合、MT免許に比べるとAT限定免許は学ぶことが少ないために速く取得することが可能です。

そのため18歳になったらすぐに運転免許を交付してもらい、車を運転したいと考えている人は、AT限定免許の取得を選択することが多々あります。

費用が安い

1の項目でも述べたように、AT限定免許はMT免許に比べると学ぶことが少なくて済みます。

その分授業料も安くなり、運転免許取得に必要となる費用は若干安くなります。

このような理由により、AT限定免許を選択する若者もいます。

特に高校生の身分でありながら熱心にアルバイトを行い、運転免許取得に励む若者や、お金のない大学生などに見られる風潮です。

親の車がAT

車の運転免許を取得して最初に運転することになるのは、多くの場合親や兄弟が所有しているものでしょう。

そしてそれらの車がAT車である場合、免許取得に励む若者もAT限定免許を取得することがあります。

当分の間は自分個人で所有する車を持つ予定はなく、親の車を運転することになるので、自分の運転免許はAT限定で構わないと考えるのです。

AT車しか乗らないと決めている

運転免許を取得した後、自分はAT車しか運転しないと決めている若者がいます。

そのような人の場合、MT免許を所得する必要はありません。

そのためAT限定免許の取得に励むのです。

確かにこのような選択は大きなメリットをもたらします。

たとえば1の項目で述べたように、AT限定免許は所得にかかる期間が短くて済みます。

また2の項目でも扱ったように、必要となる費用が安くて済みます。

そのため将来AT車しか運転する予定がないという人は、AT限定免許をチョイスするのです。

車にあまり乗らない

都会では車を駐車するスペースが限られており、そのため駐車場の料金が高額です。

また公共の乗り物が充実しているために、車を所有していなくても問題なく生活できます。

このような理由により、都会では車を持つ人が少なくなりました。

しかしこのような人であっても、車を運転しなければならないようなシーンが訪れることもあります。

このような状況において、運転免許を持っていなければ当然のことながら運転はできません。

こうした状況に備え、AT限定免許を取得する若者がいます。

いざというときのための運転免許であるために、MT免許ではなく運転が簡単なAT車限定免許を選択するのです。

運転が嫌い

先にも考慮したように都会では車がなくても生活できます。

しかし車があると便利な生活を送れる地域も存在します。

場合によっては車がなければ生活が不便な地域も存在し、こうしたところでは運転免許の取得が必須となります。

しかし中には車の運転が嫌いであるという若者もいます。

そのような若者の中には運転が比較的簡単なAT車のみを運転したいと感じる人がいます。

こうした理由により、AT限定免許を取得する若者もいます。

MT車限定モデルは少ない

現在、車の主流はAT車です。

運転が比較的簡単なAT車は非常に高い人気を得ています。

そのため自分の欲しい車がMT車でしか販売されていないという状況は滅多に存在しません。

このような理由により、AT限定免許を取得する人がいます。

これは車の性能というよりは、外見や内装にこだわって車を購入したいという人に多く見られる考え方です。

楽に運転したい

AT車はギアチェンジを自分で行う必要はありません。

そのためチェンジレバーを上下させたり、クラッチペダルを操作する必要はないのです。

アクセルとブレーキ、そしてハンドル操作がメインとなるために、AT車はMT車に比べると運転がかなり楽です。

とりわけ渋滞時にクラッチペダルの操作を行うのは容易ではなく、脚が疲れてしまうこともあります。

このような状況を考慮してAT限定免許を取得し、あえてMT車に乗れないようにしている若者もいます。

AT車の燃費がいい

MT車はギアチェンジを行う必要があるために、運転しているという実感がわきます。

またより多くの技術が求められるために、それを駆使して車を操ることは運転好きの人にとってはたまらないでしょう。

加えてMT車の魅力は燃費がいいことにあります。

AT車に比べるとギアチェンジによって効率よく動力をタイヤに伝えることができるために、非常に経済的なのです。

しかし最近のAT車はMT車に負けないほどの燃費を誇っています。

そのため面皮の良さを重要視して車を購入する場合、AT車でも問題はないのです。

こうした現状により、AT限定免許でも問題ないと感じる若者が増えています。

MT車よりもAT車の販売価格は高くなります。

そのため所有している車を販売店に持って行くときも、AT車のほうが買取価格が高くなるのが一般的です。

また最近ではほとんどの人がAT車に乗っており、MT車は非常にレアです。

このような理由により、中古車販売店に並んでいるAT車のほうが、MT車よりも売れる確率は高いのです。

そのためAT車の受け入れにはどこの中古車販売店も積極的です。

こうした状況を考慮し、自分はAT車を上手く乗り回すと決めている人もいます。

このような若者はAT限定免許の取得に励むのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-