【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521112932.html

面接官に好印象を持たれるポイントはコレ!気を付けたい面接の際の服装の注意点

LADYCO
面接官に好印象を持たれるポイントはコレ!気を付けたい面接の際の服装の注意点

正社員でもアルバイトでも、新しいお仕事を探すときに避けて通れないのが面接ですよね。 もちろん、面接のときにどんなことを話すかが一番重要ですが、意外と見られているのが服装です。 この記事では、面接官に好印象を持ってもらうために大切なポイントをご紹介します。 参考にしてみてください。

  • 清潔感がとにかく大事
  • 職種にあった服装を意識して
  • 露出は控えめに
  • トップスは明るい色味がおすすめ
  • スーツにタイツはNG
  • 靴も忘れずにチェック
  • 私服OKの場合は?
  • まとめ

1. 清潔感がとにかく大事

清潔感がとにかく大事

どんな職種の採用面接を受けるにしても、共通して意識したいのは「清潔感」です。 清潔感がない人に、お仕事を任せたいと思う人なんていないですよね。 洋服にシミがついていたり、きちんとアイロンがけされていないシワだらけのシャツなんて論外です。

家を出る際に、大きな鏡の前でしっかりとチェックしましょう。 ボタンが取れかかっていたり、糸がほつれているのもマイナスイメージにつながるので、きちんと手直ししてください。 また、乾燥で粉が吹いているお肌や、フケ、口臭なども不潔に見えてしまいます。 体質によるものもあると思うので、完璧な状態で面接を受けるのは難しい場合もあるかもしれませんが、できる限りのことをしましょう。

2. 職種にあった服装を意識して

職種にあった服装を意識して

大学生が就職活動をするときは基本的にリクルートスーツを着用しますが、転職の時やパート、アルバイトの面接のときの服装は少し異なります。 職種にあった服装を意識するようにしましょう。 たとえば、営業職の面接にジーンズで行ったら確実に不採用になるでしょう。

その場合、やはり正解はスーツです。 スーツ以外の服装では、常識のない人とみなされてしまいます。 では、ファーストフードのアルバイトの面接ならどうでしょうか?私服で行く人が多いと思います。 スーツで行ったからと言って、落されてしまうことはあまりないと思いますが、面接を担当する人もちょっとびっくりしてしまうかもしれませんね。 自分がどんな職種を希望しているのかをよく考え、面接の際に変に浮いてしまわないようにしましょう。

3. 露出は控えめに

露出は控えめに

露出の多い服装は、派手でチャラチャラしていそうなイメージを与えてしまい、ひいては責任感がなさそう、信頼できなさそうというイメージまで与えてしまうことがあります。 面接の際に着用する服装では、露出を控えめにすることが正解です。

スカートの丈なら、膝が半分かくれるくらいまでが常識的な範囲内。 それ以上だと、面接の服装としては露出度が高い服装と思われてしまう可能性があります。 また、トップスの胸元も要注意です。 あまり大きく胸元があいている服装は避けましょう。 アルバイトやパートなど気軽な面接だったとしても、ホットパンツやキャミソールなどの服装は好印象を持たれません。

4. トップスは明るい色味がおすすめ

トップスは明るい色味がおすすめ

スーツで面接を受けることが多いと思いますが、スーツというとグレーや黒など暗い色が多く、どのスーツも似たようなデザインばかりだと思っていませんか?そこで個性を出せるのがスーツのジャケットの中に着るインナーです。 王道はやはり白いシャツですが、どうしても白いシャツだとリクルート感が出てしまうので、転職の際の面接には不向きかも. 。

あまり派手な色でなければ、好きな色のシャツを選んでOKですが、おススメは明るい色味。 顔周りに明るい色味を置くことで、顔自体がパッと明るく見えるので、特に女性にはおススメです。 ちなみに、顔の印象を左右するもう一つの要素が前髪です。 前髪が長い方は特に、顔にかかってしまうと表情が見えづらくなり、暗い印象になってしまうので注意してください。

5. スーツにタイツはNG

スーツにタイツはNG

スカートタイプのスーツの場合、足元をどうすればいいか迷ってしまうこともありますよね。 基本的には、ベージュのストッキングが無難です。 スーツにタイツはNGと覚えておきましょう。 オフィスカジュアルなどの服装で面接に行く場合は、色つきのタイツもOKですが、あまり派手な色は避け黒やブラウン、ネイビーくらいにしておきましょう。

穴が開いていたり、伝線したりしていると、だらしない感じに見えてしまいます。 面接会場に向かう途中で、道端の枝にひっかけってしまう. なんてアクシデントも想定して、一つは履き替え用を持っていると安心ですね。

6. 靴も忘れずにチェック

靴も忘れずにチェック

洋服の準備を万全に整えたら、最後に忘れてはいけないのが靴です。 毎回新品の靴を履く必要はありませんが、履きつぶした靴はもちろんダメですよ。 かかとがすり減っていないか、ヒール部分がボロボロにダメージを受けていないか、泥や砂ぼこりがついていないかをよく確認しましょう。

ヒールありの靴はNGではありませんが、あまりにハイヒールな靴は派手な印象を与えてしまうため、5センチくらいがおすすめです。 就職活動中は、意外と歩き回ることも多いので、自分の脚にあった歩きやすい靴を選んでくださいね。

7. 私服OKの場合は?

私服OKの場合は?

パートやアルバイトではなく、正社員として働く場合の面接でも「私服でお越しください」と事前にお知らせしている企業も最近では多くなりました。 スーツの方がよっぽど簡単なのに. と思いますよね。 私服OKと言われても、スーツで行くのが常識なんじゃ?と思っている人もおられるかもしれませんが、ここはスーツ着用じゃなくても本当に大丈夫です。

ただし、いつものラフなスタイルで行くのはタブー。 面接の際の私服というのは、一般的にオフィスカジュアルのことを言います。 派手すぎる服装や、露出などは避けたファッションです。 ジャージやジーンズ、サンダルなどはダメですよ。 ジャケットを羽織ると、きちんとした印象になるので、一つは持っていると便利です。

まとめ

この記事では、面接に行く際に女性が気をつけるポイントをご紹介しました。 服装だけで合否が決まるわけではありませんが、服装が第一印象を大きく左右することは間違いありません。 しっかりと準備して、好印象を持ってもらえるようにしましょうね。

スーツにタイツはNG

スカートタイプのスーツの場合、足元をどうすればいいか迷ってしまうこともありますよね。 基本的には、ベージュのストッキングが無難です。 スーツにタイツはNGと覚えておきましょう。 オフィスカジュアルなどの服装で面接に行く場合は、色つきのタイツもOKですが、あまり派手な色は避け黒やブラウン、ネイビーくらいにしておきましょう。

穴が開いていたり、伝線したりしていると、だらしない感じに見えてしまいます。 面接会場に向かう途中で、道端の枝にひっかけってしまう. なんてアクシデントも想定して、一つは履き替え用を持っていると安心ですね。

靴も忘れずにチェック

洋服の準備を万全に整えたら、最後に忘れてはいけないのが靴です。 毎回新品の靴を履く必要はありませんが、履きつぶした靴はもちろんダメですよ。 かかとがすり減っていないか、ヒール部分がボロボロにダメージを受けていないか、泥や砂ぼこりがついていないかをよく確認しましょう。

ヒールありの靴はNGではありませんが、あまりにハイヒールな靴は派手な印象を与えてしまうため、5センチくらいがおすすめです。 就職活動中は、意外と歩き回ることも多いので、自分の脚にあった歩きやすい靴を選んでくださいね。

私服OKの場合は?

パートやアルバイトではなく、正社員として働く場合の面接でも「私服でお越しください」と事前にお知らせしている企業も最近では多くなりました。 スーツの方がよっぽど簡単なのに. と思いますよね。 私服OKと言われても、スーツで行くのが常識なんじゃ?と思っている人もおられるかもしれませんが、ここはスーツ着用じゃなくても本当に大丈夫です。

ただし、いつものラフなスタイルで行くのはタブー。 面接の際の私服というのは、一般的にオフィスカジュアルのことを言います。 派手すぎる服装や、露出などは避けたファッションです。 ジャージやジーンズ、サンダルなどはダメですよ。 ジャケットを羽織ると、きちんとした印象になるので、一つは持っていると便利です。

3 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!