【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521105451.html
スピード婚に離婚が多い理由6選

スピード婚に離婚が多い理由6選 | LADYCO

LADYCO
スピード婚に離婚が多い理由6選

出会ってすぐに結婚する「スピード婚」は華やかですが、意外と別れるのも早いイメージがあります。 なぜスピード婚をしたカップルはすぐに別れてしまうのでしょうか。

  • 相手のことを良く知らない
  • 決断が早すぎる
  • 我慢ができない
  • 結婚を真剣に考えていない
  • 借金があった
  • 他に彼女(彼氏)がいた
  • まとめ

1. 相手のことを良く知らない

相手のことを良く知らない

スピード婚は出会ってから結婚までの期間が短いという特徴があります。 出会いの日から籍を入れるまでの期間が3か月以内だと、一般的にスピード婚と呼ばれます。 さらに1週間程度で夫婦になってしまうカップルまでいます。 スピード婚をするリスクは、「お互いを良く知る期間が少ない」という点にあります。 友達を作る時ですら、本当に相手のことを知ることができるまで、半年から1年かかるのがふつうです。

結婚相手を決めるのに、わずかな期間で判断するのは難しいでしょう。 たった1週間では相手の仕事くらいは分かっても、好きな食べ物や、趣味、どんな性格の人かはわからないでしょう。 「優しそうな人」と思って結婚してしまった後に、「実は怒りっぽい性格だった」と分かることもあるはずです。 人は誰かに好かれたいと思えば、いい顔をします。 1週間から1カ月程度なら、簡単に優しそうな人を演じることができるでしょう。

また、付き合いはじめはお互いが幸せで楽しいので、暗い部分や嫌な部分は分かりにくい傾向があります。 ラブラブな期間を過ぎて、お互いがふつうのテンションに戻った時に、お互いの本当の姿が見えるのです。 どんな人と結婚したか分からないような状況で籍を入れてしまえば、自分が思っていた相手と違う可能性も高くなります。 自分が嫌いなタイプの相手と結婚していたことが分かれば、離婚をするしかなくなってしまいます。

2. 決断が早すぎる

決断が早すぎる

スピード婚をするカップルは、男性も女性も、決断が早い人ということになります。 どちらも決断が遅ければスピード婚などあり得ませんし、どちらかが決断が遅くても、スピード婚は難しいでしょう。 決断が早いことはいいことでもあります。 仲が良いのに10年経っても結婚の決意ができずに、結局別れてしまうカップルもいるからです。

しかし決断が早すぎるのも問題かもしれません。 なぜなら結婚の決断を早くできるカップルは、別れる決断も早くできるからです。 1週間付き合っただけで、結婚を決断できるカップルは、1週間結婚生活を送ってみて「やっぱり無理」と思ったら、すぐに離婚を決断することができるのです。

結果的にスピード婚をするカップルは、スピード離婚をすることもできます。 スピード婚とすぐに別れることがセットになっているのは、決断が早すぎるふたりが結婚した場合の当然の帰結なのかもしれません。

3. 我慢ができない

我慢ができない

スピード婚をするカップルは、「我慢が嫌い」なカップルなのかもしれません。 付き合い始めてラブラブの頃は、お互いがお互いと会いたいと思います。 ずっと一緒にいたいという思いが強く、それでも仕事やプライベートの都合で、毎日会うわけにはいきません。 そこで「我慢をしながら」恋愛を続けることになります。

仕事が忙しい彼や彼女を持つと、我慢強く恋愛関係を続けて愛を育てて行く必要があります。 「遠距離恋愛」などは、我慢系の恋愛の頂点ともいえるものでしょう。 スピード婚をしてしまうカップルは、「我慢できないから」という理由で一緒に暮らし始めてしまうふたりもいます。 「会えないのが我慢できない」ために結婚をしてしまうふたりです。

我慢ができないタイプの男女が結婚をすると、結婚生活で嫌なことが起こった時も我慢することができません。 「我慢できないから別れる」と言って、すぐに別れてしまいます。 結婚には我慢がつきものです。 「結婚とは我慢そのものだ」という結婚経験者もいるほどです。 我慢ができずに結婚をするとすぐに離婚してしまうことになるでしょう。

4. 結婚を真剣に考えていない

結婚を真剣に考えていない

「結婚は人生でいちばん大きな決断」かもしれません。 幸せな人生を送るためのターニングポイントになるのは間違いないでしょう。 このような大事なイベントである結婚を、あまり真剣に考えていない男女がいます。

そのため「ノリで結婚」してしまったり、「スピード婚ってかっこいいから」という理由で結婚してしまったりします。 当然結婚を真剣に考えられないカップルが、結婚生活を続けることはできません。 少しでも嫌なことや都合が悪いことがあれば離婚してしまうでしょう。

5. 借金があった

借金があった

相手のことを良く知らずに結婚をするため、相手に思わぬ秘密があることを知らずに結婚をしてしまいます。 例えば彼氏や彼女に借金があることに、結婚後に気付くかもしれません。

簡単に返済できる金額ではない場合、夫婦として協力して借金を返済する気にならないかもしれません。 借金をたくさんしている人は、きっとお金遣いも荒く、その点も嫌かもしれません。 離婚をしたほうがいいという結論になる可能性は高いでしょう。

6. 他に彼女(彼氏)がいた

他に彼女(彼氏)がいた

相手の男女関係を知らないままスピード婚をした結果、結婚後に分かれていない彼女や彼氏がいることを知ることになるかもしれません。 二股状態のまま結婚をしてしまったことになります。

浮気よりも最悪で、その後の処理も大変です。 相手は「別れたくない」と言い出すかもしれませんし、嫌がらせをされるかもしれません。 またその彼氏や彼女と別れたとしても、浮気性の夫や妻は、また浮気をするかもしれません。 早い段階で別れようとなってもおかしくないでしょう。

まとめ

スピード婚は、相手のことを良く知らずに結婚を決めるため、とてもリスクが高いです。 もし幸せな結婚ができたらラッキーで、失敗をする可能性の方が高いかもしれません。 スピード婚をした夫婦が、すぐに別れてしまうのは当然と言えるかもしれません。

出会ってすぐに結婚する「スピード婚」は華やかですが、意外と別れるのも早いイメージがあります。 なぜスピード婚をしたカップルはすぐに別れてしまうのでしょうか。


相手のことを良く知らない

スピード婚は出会ってから結婚までの期間が短いという特徴があります。 出会いの日から籍を入れるまでの期間が3か月以内だと、一般的にスピード婚と呼ばれます。 さらに1週間程度で夫婦になってしまうカップルまでいます。 スピード婚をするリスクは、「お互いを良く知る期間が少ない」という点にあります。 友達を作る時ですら、本当に相手のことを知ることができるまで、半年から1年かかるのがふつうです。

結婚相手を決めるのに、わずかな期間で判断するのは難しいでしょう。 たった1週間では相手の仕事くらいは分かっても、好きな食べ物や、趣味、どんな性格の人かはわからないでしょう。 「優しそうな人」と思って結婚してしまった後に、「実は怒りっぽい性格だった」と分かることもあるはずです。 人は誰かに好かれたいと思えば、いい顔をします。 1週間から1カ月程度なら、簡単に優しそうな人を演じることができるでしょう。

また、付き合いはじめはお互いが幸せで楽しいので、暗い部分や嫌な部分は分かりにくい傾向があります。 ラブラブな期間を過ぎて、お互いがふつうのテンションに戻った時に、お互いの本当の姿が見えるのです。 どんな人と結婚したか分からないような状況で籍を入れてしまえば、自分が思っていた相手と違う可能性も高くなります。 自分が嫌いなタイプの相手と結婚していたことが分かれば、離婚をするしかなくなってしまいます。

決断が早すぎる

スピード婚をするカップルは、男性も女性も、決断が早い人ということになります。 どちらも決断が遅ければスピード婚などあり得ませんし、どちらかが決断が遅くても、スピード婚は難しいでしょう。 決断が早いことはいいことでもあります。 仲が良いのに10年経っても結婚の決意ができずに、結局別れてしまうカップルもいるからです。

しかし決断が早すぎるのも問題かもしれません。 なぜなら結婚の決断を早くできるカップルは、別れる決断も早くできるからです。 1週間付き合っただけで、結婚を決断できるカップルは、1週間結婚生活を送ってみて「やっぱり無理」と思ったら、すぐに離婚を決断することができるのです。

結果的にスピード婚をするカップルは、スピード離婚をすることもできます。 スピード婚とすぐに別れることがセットになっているのは、決断が早すぎるふたりが結婚した場合の当然の帰結なのかもしれません。

我慢ができない

スピード婚をするカップルは、「我慢が嫌い」なカップルなのかもしれません。 付き合い始めてラブラブの頃は、お互いがお互いと会いたいと思います。 ずっと一緒にいたいという思いが強く、それでも仕事やプライベートの都合で、毎日会うわけにはいきません。 そこで「我慢をしながら」恋愛を続けることになります。

仕事が忙しい彼や彼女を持つと、我慢強く恋愛関係を続けて愛を育てて行く必要があります。 「遠距離恋愛」などは、我慢系の恋愛の頂点ともいえるものでしょう。 スピード婚をしてしまうカップルは、「我慢できないから」という理由で一緒に暮らし始めてしまうふたりもいます。 「会えないのが我慢できない」ために結婚をしてしまうふたりです。

我慢ができないタイプの男女が結婚をすると、結婚生活で嫌なことが起こった時も我慢することができません。 「我慢できないから別れる」と言って、すぐに別れてしまいます。 結婚には我慢がつきものです。 「結婚とは我慢そのものだ」という結婚経験者もいるほどです。 我慢ができずに結婚をするとすぐに離婚してしまうことになるでしょう。

結婚を真剣に考えていない

「結婚は人生でいちばん大きな決断」かもしれません。 幸せな人生を送るためのターニングポイントになるのは間違いないでしょう。 このような大事なイベントである結婚を、あまり真剣に考えていない男女がいます。

そのため「ノリで結婚」してしまったり、「スピード婚ってかっこいいから」という理由で結婚してしまったりします。 当然結婚を真剣に考えられないカップルが、結婚生活を続けることはできません。 少しでも嫌なことや都合が悪いことがあれば離婚してしまうでしょう。

借金があった

相手のことを良く知らずに結婚をするため、相手に思わぬ秘密があることを知らずに結婚をしてしまいます。 例えば彼氏や彼女に借金があることに、結婚後に気付くかもしれません。

簡単に返済できる金額ではない場合、夫婦として協力して借金を返済する気にならないかもしれません。 借金をたくさんしている人は、きっとお金遣いも荒く、その点も嫌かもしれません。 離婚をしたほうがいいという結論になる可能性は高いでしょう。

他に彼女(彼氏)がいた

相手の男女関係を知らないままスピード婚をした結果、結婚後に分かれていない彼女や彼氏がいることを知ることになるかもしれません。 二股状態のまま結婚をしてしまったことになります。

浮気よりも最悪で、その後の処理も大変です。 相手は「別れたくない」と言い出すかもしれませんし、嫌がらせをされるかもしれません。 またその彼氏や彼女と別れたとしても、浮気性の夫や妻は、また浮気をするかもしれません。 早い段階で別れようとなってもおかしくないでしょう。

スピード婚は、相手のことを良く知らずに結婚を決めるため、とてもリスクが高いです。 もし幸せな結婚ができたらラッキーで、失敗をする可能性の方が高いかもしれません。 スピード婚をした夫婦が、すぐに別れてしまうのは当然と言えるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-