【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519112228.html
説明が下手な原因と改善方法11選

説明が下手な原因と改善方法11選 | LADYCO

LADYCO
説明が下手な原因と改善方法11選

説明が下手な人の原因と改善方法についてお話します。

  • 話が長い
  • 何が言いたいか自分で分かっていない
  • 思い込みが激しい
  • 聞いている人の目を見ない
  • ポイントをおさえていない
  • 言葉が少なすぎる
  • まず何が言いたいか整理する
  • 言いたいことは最初に言う
  • 相手に関心を持つ
  • ゆっくりと話す
  • 専門用語ばかり使わない
  • まとめ

1. 話が長い

話が長い

説明が下手だと言われる人は基本的に話がとても長いです。 話が長いと聞いている側は何が言いたかったのか伝わらなかったり、話したことを忘れてしまうので、説明が下手な印象を受けます。 話したいことがたくさん浮かんできたり、あれもこれもと話してしまいがちですが、話が長いと相手に伝わらないことが多いです。

2. 何が言いたいか自分で分かっていない

何が言いたいか自分で分かっていない

自分自身が何を言いたいのか分かっていないと、相手に伝わるはずもありません。 話す前に話す内容を自分で理解していなかったり、何を言いたいか整理できていないまま話してしまうと説明が下手だと思われています。 まず自分の中で言いたいことをきちんと整理してから話すべきです。

3. 思い込みが激しい

思い込みが激しい

思い込みが激しい人は説明が下手だと言われてしまうでしょう。 自分が分かっていることは相手も分かっているだろうと決めつけたまま、話をすすめてしまうと、相手が置いていかれた状態になってしまいます。

これくらいのことなら、言わなくてもわかるだろう、説明しないでいいだろうと自分のさじ加減で考えてはいけません。 誰にでも分かりやすいような話し方を心がけましょう。

4. 聞いている人の目を見ない

聞いている人の目を見ない

話すことに夢中になってしまったり、相手の目を見ない人は説明が下手だと言われる人の特徴でしょう。 相手の目を見ていると相手の表情が分かりますので、もし理解してもらえてないな、と感じたらその部分をもっと詳しく伝えたり、退屈そうだったら簡潔に話をまとめたりすることが出来ます。 聞いている人の目を見ることはとても重要になります。

5. ポイントをおさえていない

ポイントをおさえていない

一番言いたいことをおさえていないと聞いている人にも伝わりません。 まず自分の中で一番伝えたいことが何か理解して、それを伝えたいと思いながら話すことが大事です。 大事なことだったらそれをきちんと大事なことだと伝えることが基本です。 繰り返し伝えるのも相手に大事なことだと分かってもらうためのポイントになるでしょう。

6. 言葉が少なすぎる

言葉が少なすぎる

話が長いのもよくないですが、言葉が少ないのも相手に伝わりません。 言葉のボキャブラリーが少なかったり、言わないで相手に考えさせるような話し方をしていると間違った解釈をされてしまったり、説明が下手だと言われてしまいます。 簡潔に話すことも大事ですが、極端に少ない話し方では伝え忘れも多くなってしまうので気を付けましょう。

7. まず何が言いたいか整理する

まず何が言いたいか整理する

人に話す前に自分の言いたいことを理解しましょう。 出来れば起承転結で話が出来れば良いでしょう。 まず話す概要を述べてから、その背景について触れて相手に理解してもらいます。 その次にその問題や事項についての現状や問題、これからについて述べて、まとめるというきちんとした流れに沿って話すことが出来れば、多少長かったり、短ったりしても相手は理解してくれるはずです。

8. 言いたいことは最初に言う

言いたいことは最初に言う

いくら綺麗に説明していても、結局何が言いたいのか最初に言わないと、何の話かわからなくなってしまいます。 説明が下手だと言われる人は常にまずは何がどうしたのか、結論から述べるようにしましょう。 そうすると相手もまず結論を知ることが出来るので、伝わらなかったり、説明が下手だと言われることは減るでしょう。

9. 相手に関心を持つ

相手に関心を持つ

いくら結論から話しても、頭の中で整理をしてから話しても相手に伝わらないことがあります。 それは相手に関心がない場合です。 相手に関心がなければ相手の興味のあることや、疑問なども気づくことが出来なかったり、誤解が生まれてしまいます。

きちんと伝えることも大事ですが、まずは相手に興味を持つことからはじめましょう。 相手に興味や関心を持つことが出来たら、そこからヒントが生まれたり話すべきことがわかるでしょう。

10. ゆっくりと話す

ゆっくりと話す

説明が下手だと言われる人の中には早口になって話してしまっている場合があります。 緊張していたり、言いたいことが多い場合どうしても早口になってしまいがちです。 今一度客観的に自分の話し方をみてみて、早口になっていないか注意してみてください。 自分が思っているより早くなってしまってる場合もあるので、ゆっくり話すことを心がけたら相手に伝わりやすくなるでしょう。

11. 専門用語ばかり使わない

専門用語ばかり使わない

現代の人に多いかもしれませんが、専門的な言葉ばかり使ったり、英語を交えて話すのはなんとなく恰好よく聞こえたり、仕事が出来そうな印象があると思われがちですが、相手がその言葉を知らないと何の意味もありません。 少しくらい使うなら問題ありませんが、極力使わないで分かりやすい言葉に言い換えた方が伝わります。 また専門用語ばかりではなんとなく聞く気がなくなったり、頭に入りにくいことがあるので、気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたか?説明が下手だと思われたらショックですよね。 自分と当てはまらないか注意して、あてはまる人は是非改善方法を試してみてください。

説明が下手な人の原因と改善方法についてお話します。


話が長い

説明が下手だと言われる人は基本的に話がとても長いです。 話が長いと聞いている側は何が言いたかったのか伝わらなかったり、話したことを忘れてしまうので、説明が下手な印象を受けます。 話したいことがたくさん浮かんできたり、あれもこれもと話してしまいがちですが、話が長いと相手に伝わらないことが多いです。

何が言いたいか自分で分かっていない

自分自身が何を言いたいのか分かっていないと、相手に伝わるはずもありません。 話す前に話す内容を自分で理解していなかったり、何を言いたいか整理できていないまま話してしまうと説明が下手だと思われています。 まず自分の中で言いたいことをきちんと整理してから話すべきです。

思い込みが激しい

思い込みが激しい人は説明が下手だと言われてしまうでしょう。 自分が分かっていることは相手も分かっているだろうと決めつけたまま、話をすすめてしまうと、相手が置いていかれた状態になってしまいます。

これくらいのことなら、言わなくてもわかるだろう、説明しないでいいだろうと自分のさじ加減で考えてはいけません。 誰にでも分かりやすいような話し方を心がけましょう。

聞いている人の目を見ない

話すことに夢中になってしまったり、相手の目を見ない人は説明が下手だと言われる人の特徴でしょう。 相手の目を見ていると相手の表情が分かりますので、もし理解してもらえてないな、と感じたらその部分をもっと詳しく伝えたり、退屈そうだったら簡潔に話をまとめたりすることが出来ます。 聞いている人の目を見ることはとても重要になります。

ポイントをおさえていない

一番言いたいことをおさえていないと聞いている人にも伝わりません。 まず自分の中で一番伝えたいことが何か理解して、それを伝えたいと思いながら話すことが大事です。 大事なことだったらそれをきちんと大事なことだと伝えることが基本です。 繰り返し伝えるのも相手に大事なことだと分かってもらうためのポイントになるでしょう。

言葉が少なすぎる

話が長いのもよくないですが、言葉が少ないのも相手に伝わりません。 言葉のボキャブラリーが少なかったり、言わないで相手に考えさせるような話し方をしていると間違った解釈をされてしまったり、説明が下手だと言われてしまいます。 簡潔に話すことも大事ですが、極端に少ない話し方では伝え忘れも多くなってしまうので気を付けましょう。

まず何が言いたいか整理する

人に話す前に自分の言いたいことを理解しましょう。 出来れば起承転結で話が出来れば良いでしょう。 まず話す概要を述べてから、その背景について触れて相手に理解してもらいます。 その次にその問題や事項についての現状や問題、これからについて述べて、まとめるというきちんとした流れに沿って話すことが出来れば、多少長かったり、短ったりしても相手は理解してくれるはずです。

言いたいことは最初に言う

いくら綺麗に説明していても、結局何が言いたいのか最初に言わないと、何の話かわからなくなってしまいます。 説明が下手だと言われる人は常にまずは何がどうしたのか、結論から述べるようにしましょう。 そうすると相手もまず結論を知ることが出来るので、伝わらなかったり、説明が下手だと言われることは減るでしょう。

相手に関心を持つ

いくら結論から話しても、頭の中で整理をしてから話しても相手に伝わらないことがあります。 それは相手に関心がない場合です。 相手に関心がなければ相手の興味のあることや、疑問なども気づくことが出来なかったり、誤解が生まれてしまいます。

きちんと伝えることも大事ですが、まずは相手に興味を持つことからはじめましょう。 相手に興味や関心を持つことが出来たら、そこからヒントが生まれたり話すべきことがわかるでしょう。

ゆっくりと話す

説明が下手だと言われる人の中には早口になって話してしまっている場合があります。 緊張していたり、言いたいことが多い場合どうしても早口になってしまいがちです。 今一度客観的に自分の話し方をみてみて、早口になっていないか注意してみてください。 自分が思っているより早くなってしまってる場合もあるので、ゆっくり話すことを心がけたら相手に伝わりやすくなるでしょう。

専門用語ばかり使わない

現代の人に多いかもしれませんが、専門的な言葉ばかり使ったり、英語を交えて話すのはなんとなく恰好よく聞こえたり、仕事が出来そうな印象があると思われがちですが、相手がその言葉を知らないと何の意味もありません。 少しくらい使うなら問題ありませんが、極力使わないで分かりやすい言葉に言い換えた方が伝わります。 また専門用語ばかりではなんとなく聞く気がなくなったり、頭に入りにくいことがあるので、気を付けましょう。

いかがでしたか?説明が下手だと思われたらショックですよね。 自分と当てはまらないか注意して、あてはまる人は是非改善方法を試してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-