【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172543.html
婚活に疲れた...婚活に疲れる原因13選

婚活に疲れた...婚活に疲れる原因13選 | LADYCO

LADYCO
婚活に疲れた...婚活に疲れる原因13選

今回は「婚活に疲れる原因」を挙げていきます。 婚活ではどういったことが疲れの原因となるのでしょうか。

  • 結婚までの付き合いに発展しない
  • 婚活相手に振られ続けている
  • これといった相手に巡り合えない
  • 紹介所に登録したのに相手を紹介してもらえない
  • 周りの人がうまくいっているように見える
  • 婚活についての相談相手がどんどんいなくなる
  • 体力的にしんどい
  • 週末が婚活の予定でつぶれてしまう
  • いつも精神的に追い込まれている感じがする
  • 親に言われる一言が辛い
  • 自分が本当に結婚したいのか分からない
  • 仕事など、他のことでも忙しい
  • 友人の結婚・出産などの幸せな話題を聞くのが耐えられない
  • まとめ

1. 結婚までの付き合いに発展しない

結婚までの付き合いに発展しない

たとえ異性を紹介してもらったとしても、結婚までは至らないことが続くと、それが婚活に疲れる原因となります。 婚活して付き合う相手が見つかったとしても、また結婚までいかないのではないかと最初から諦めてしまうのです。

諦めから入ってしまうので、どうしても気持ちが前向きにならなくなります。 相手を紹介してもらえているのですから、これをチャンスととらえて前に進んでもらいたいものです。

2. 婚活相手に振られ続けている

婚活相手に振られ続けている

紹介所や知り合いに異性を紹介してもらっても、付き合うまでに振られてしまう人がいます。 これが続くと婚活に疲れる主な原因となります。 付き合うにも到らないのは、何か自分に原因があると考えてしまうのです。

実際そうかもしれませんが、原因があっても今更直せるものは少ないです。 それよりも楽観的にとらえて、次々とチャンスをつかまえるよう努力していきましょう。 その方が自分にもストレスがなく、そういった人に機会は巡ってくるものです。

3. これといった相手に巡り合えない

これといった相手に巡り合えない

異性を目の前にしても、どうしても付き合う気も起らず、チャンスを逃してしまうタイプです。 20代の頃はあれほど異性に興味があったはずが、どこからかあまり興味が湧かなくなってしまったのです。

魅力的な相手ではないから、なのではなく、多くは自分の気持ちに問題があります。 どこかで感情にフタをしてしまったままだったり、異性に多くを期待しすぎてしまっていたりするはずです。 婚活に疲れる原因となってしまいます。

4. 紹介所に登録したのに相手を紹介してもらえない

紹介所に登録したのに相手を紹介してもらえない

わざわざ紹介所まで出向いて登録したのに、相手をなかなか紹介してもらえない場合もあります。 たまたま機会に恵まれなかったのかもしれませんが、自分のスペックなどが問題なのではないかと不安になることでしょう。

紹介所に登録したからといって必ず出会えるというわけではありません。 基本的に出会いは自分で見つけるものなので、紹介所は補助的に使い、自分の足で相手を見つけに行くというくらいの覚悟で婚活に臨んだ方が良さそうです。 婚活に疲れる原因を自らつくってしまうことになってしまいます。

5. 周りの人がうまくいっているように見える

周りの人がうまくいっているように見える

婚活をしばらく続けていると、周りの人が皆うまく人生を歩んでいるように見えてくるものです。 婚活をして実際出会えて幸せ、という報告などを目にすると、本当かなと半信半疑にすらなってしまうのです。 出会えることを信じられなくなります。

これが疲れにつながるのです。 しかし、人生には波があるものです。 周りのことがよく見えたからといって、自分の人生を諦めるには早すぎます。

6. 婚活についての相談相手がどんどんいなくなる

婚活についての相談相手がどんどんいなくなる

同じく婚活をしていた友人が相手と出会って卒業していき、ついには婚活についての相談や、愚痴を言い合える相手がいなくなってしまう、ということもあるでしょう。 これまでは仲間がいて、何となく心強かったものが、同じ立場で話すような相手がいなくなり、心細く感じてしまいます。

疲れもドッと出てきてしまうことでしょう。 しかし人生にはタイミングというものがありますので、うまくいかないからといって卑屈にならずに、じっと機会を待つしかないのです。

7. 体力的にしんどい

体力的にしんどい

婚活には体力も必要です。 様々な婚活場所に出向かないといけませんし、いろいろなタイプの人とお話をしていかないといけません。 その会話も初対面が多く、緊張する場面が多いために、次第に疲れがたまっていきます。 いわゆる婚活疲れの典型的なものです。

こんなに体力を奪うものなのかと驚いてしまいます。 しかしこれを乗り越えると、これまでと違う景色が見えてくることでしょう。

8. 週末が婚活の予定でつぶれてしまう

週末が婚活の予定でつぶれてしまう

婚活を熱心にしていると、週末はほぼすべて婚活の予定で埋まってしまいます。 平日でも予定が入ることがあるので、週に2~3日は婚活をしている、という人もいることでしょう。

それまでは趣味をやっていたり、ゆっくり自宅で過ごしたりしていたのが、毎週のように着飾って出かけていくことになるのですから、婚活疲れとなってしまいます。 たまには婚活から離れて好きなことをしてリラックスするような余裕を持ちたいものです。

9. いつも精神的に追い込まれている感じがする

いつも精神的に追い込まれている感じがする

婚活を続けていくと、何となくいつも張りつめた感じになり、精神的に追い込まれていきます。 今週末も婚活パーティだ、来週は街コンだとなると、気が休まる時がありません。

精神病になってしまう人も少なくない状況です。 幸せになるために活動しているのに、逆の結果になってしまうことは何としてでも避けたいものです。

10. 親に言われる一言が辛い

親に言われる一言が辛い

婚活を頑張っているときに、親から「まだなの?」といった何気ない一言がある場合があります。 親としては状況の確認くらいの軽い気持ちだったものが、受け止める方は大きな打撃を食らったかのようなショックを受ける時もあります。

頑張っているのに報われないという気持ちが大きくなってしまいます。 また、親とも口を聞きたくなくなり、疎遠になってしまうパターンもあります。 親の言うことだと思って、適当に聞き流すというくらいで気楽に構えていたいものです。 親は自分のことを心配して言ってくれているのですから。

11. 自分が本当に結婚したいのか分からない

自分が本当に結婚したいのか分からない

婚活を始めた当初は気張っていたものの、続けるうちに「本当に自分は結婚がしたいのか」ということが分からなくなってくるものです。 頭も疲れてくると、マイナス思考になりがちです。

疲れるようなことはなるべく避けるように人間は出来ているのです。 それを理性で抑えて、何とか幸せをつかむように行動しようと頑張っていくのです。 結婚したいのか分からないというときは疲れている時です。 少し休むことも必要でしょう。

12. 仕事など、他のことでも忙しい

仕事など、他のことでも忙しい

婚活を本格的に始める年齢になってくると、仕事の方も忙しくなってくるものです。 これは男女共にそう言えます。 それまでの若手というポジションから中堅に片足を突っ込むような人が増えてきます。

そうなると重要なポストも任されますし、仕事で残業になることも多くなることでしょう。 責任も重くなり、仕事以外でも仕事のことを考えてしまうことがつい多くなってしまいます。 そのような中での婚活です。 疲れないわけがないのです。

13. 友人の結婚・出産などの幸せな話題を聞くのが耐えられない

友人の結婚・出産などの幸せな話題を聞くのが耐えられない

続々と友人達が結婚を決め、出産に臨む中、自分は一体何をしているのだろうという虚無感に襲われることがあるでしょう。 意図があって結婚はまだだと考えて動いている人はまだいいのですが、婚活はしているけれどいい結果はさっぱりない、という人は特にそうです。

自然とそういった友人からは離れるようにもなってしまいます。 友人達が幸せになるのは本当は喜ばしいのですが、それを素直に喜べない自分が情けなくも思うのです。 こういったことも疲れに繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 婚活を始めると、心が過敏になり、些細なことで自分が傷ついて疲れてしまうことがたくさんあります。 普段なら出会わないような人と出会って、結婚相手としてどうかということを見極めていくのですから、心身ともに疲弊することでしょう。

しかしその先に幸せはきっとあるのです。 長い人生、たまには休んで、疲れすぎないことが肝心です。

今回は「婚活に疲れる原因」を挙げていきます。 婚活ではどういったことが疲れの原因となるのでしょうか。


結婚までの付き合いに発展しない

たとえ異性を紹介してもらったとしても、結婚までは至らないことが続くと、それが婚活に疲れる原因となります。 婚活して付き合う相手が見つかったとしても、また結婚までいかないのではないかと最初から諦めてしまうのです。

諦めから入ってしまうので、どうしても気持ちが前向きにならなくなります。 相手を紹介してもらえているのですから、これをチャンスととらえて前に進んでもらいたいものです。

婚活相手に振られ続けている

紹介所や知り合いに異性を紹介してもらっても、付き合うまでに振られてしまう人がいます。 これが続くと婚活に疲れる主な原因となります。 付き合うにも到らないのは、何か自分に原因があると考えてしまうのです。

実際そうかもしれませんが、原因があっても今更直せるものは少ないです。 それよりも楽観的にとらえて、次々とチャンスをつかまえるよう努力していきましょう。 その方が自分にもストレスがなく、そういった人に機会は巡ってくるものです。

これといった相手に巡り合えない

異性を目の前にしても、どうしても付き合う気も起らず、チャンスを逃してしまうタイプです。 20代の頃はあれほど異性に興味があったはずが、どこからかあまり興味が湧かなくなってしまったのです。

魅力的な相手ではないから、なのではなく、多くは自分の気持ちに問題があります。 どこかで感情にフタをしてしまったままだったり、異性に多くを期待しすぎてしまっていたりするはずです。 婚活に疲れる原因となってしまいます。

紹介所に登録したのに相手を紹介してもらえない

わざわざ紹介所まで出向いて登録したのに、相手をなかなか紹介してもらえない場合もあります。 たまたま機会に恵まれなかったのかもしれませんが、自分のスペックなどが問題なのではないかと不安になることでしょう。

紹介所に登録したからといって必ず出会えるというわけではありません。 基本的に出会いは自分で見つけるものなので、紹介所は補助的に使い、自分の足で相手を見つけに行くというくらいの覚悟で婚活に臨んだ方が良さそうです。 婚活に疲れる原因を自らつくってしまうことになってしまいます。

周りの人がうまくいっているように見える

婚活をしばらく続けていると、周りの人が皆うまく人生を歩んでいるように見えてくるものです。 婚活をして実際出会えて幸せ、という報告などを目にすると、本当かなと半信半疑にすらなってしまうのです。 出会えることを信じられなくなります。

これが疲れにつながるのです。 しかし、人生には波があるものです。 周りのことがよく見えたからといって、自分の人生を諦めるには早すぎます。

婚活についての相談相手がどんどんいなくなる

同じく婚活をしていた友人が相手と出会って卒業していき、ついには婚活についての相談や、愚痴を言い合える相手がいなくなってしまう、ということもあるでしょう。 これまでは仲間がいて、何となく心強かったものが、同じ立場で話すような相手がいなくなり、心細く感じてしまいます。

疲れもドッと出てきてしまうことでしょう。 しかし人生にはタイミングというものがありますので、うまくいかないからといって卑屈にならずに、じっと機会を待つしかないのです。

体力的にしんどい

婚活には体力も必要です。 様々な婚活場所に出向かないといけませんし、いろいろなタイプの人とお話をしていかないといけません。 その会話も初対面が多く、緊張する場面が多いために、次第に疲れがたまっていきます。 いわゆる婚活疲れの典型的なものです。

こんなに体力を奪うものなのかと驚いてしまいます。 しかしこれを乗り越えると、これまでと違う景色が見えてくることでしょう。

週末が婚活の予定でつぶれてしまう

婚活を熱心にしていると、週末はほぼすべて婚活の予定で埋まってしまいます。 平日でも予定が入ることがあるので、週に2~3日は婚活をしている、という人もいることでしょう。

それまでは趣味をやっていたり、ゆっくり自宅で過ごしたりしていたのが、毎週のように着飾って出かけていくことになるのですから、婚活疲れとなってしまいます。 たまには婚活から離れて好きなことをしてリラックスするような余裕を持ちたいものです。

いつも精神的に追い込まれている感じがする

婚活を続けていくと、何となくいつも張りつめた感じになり、精神的に追い込まれていきます。 今週末も婚活パーティだ、来週は街コンだとなると、気が休まる時がありません。

精神病になってしまう人も少なくない状況です。 幸せになるために活動しているのに、逆の結果になってしまうことは何としてでも避けたいものです。

親に言われる一言が辛い

婚活を頑張っているときに、親から「まだなの?」といった何気ない一言がある場合があります。 親としては状況の確認くらいの軽い気持ちだったものが、受け止める方は大きな打撃を食らったかのようなショックを受ける時もあります。

頑張っているのに報われないという気持ちが大きくなってしまいます。 また、親とも口を聞きたくなくなり、疎遠になってしまうパターンもあります。 親の言うことだと思って、適当に聞き流すというくらいで気楽に構えていたいものです。 親は自分のことを心配して言ってくれているのですから。

自分が本当に結婚したいのか分からない

婚活を始めた当初は気張っていたものの、続けるうちに「本当に自分は結婚がしたいのか」ということが分からなくなってくるものです。 頭も疲れてくると、マイナス思考になりがちです。

疲れるようなことはなるべく避けるように人間は出来ているのです。 それを理性で抑えて、何とか幸せをつかむように行動しようと頑張っていくのです。 結婚したいのか分からないというときは疲れている時です。 少し休むことも必要でしょう。

仕事など、他のことでも忙しい

婚活を本格的に始める年齢になってくると、仕事の方も忙しくなってくるものです。 これは男女共にそう言えます。 それまでの若手というポジションから中堅に片足を突っ込むような人が増えてきます。

そうなると重要なポストも任されますし、仕事で残業になることも多くなることでしょう。 責任も重くなり、仕事以外でも仕事のことを考えてしまうことがつい多くなってしまいます。 そのような中での婚活です。 疲れないわけがないのです。

友人の結婚・出産などの幸せな話題を聞くのが耐えられない

続々と友人達が結婚を決め、出産に臨む中、自分は一体何をしているのだろうという虚無感に襲われることがあるでしょう。 意図があって結婚はまだだと考えて動いている人はまだいいのですが、婚活はしているけれどいい結果はさっぱりない、という人は特にそうです。

自然とそういった友人からは離れるようにもなってしまいます。 友人達が幸せになるのは本当は喜ばしいのですが、それを素直に喜べない自分が情けなくも思うのです。 こういったことも疲れに繋がります。

いかがでしたでしょうか。 婚活を始めると、心が過敏になり、些細なことで自分が傷ついて疲れてしまうことがたくさんあります。 普段なら出会わないような人と出会って、結婚相手としてどうかということを見極めていくのですから、心身ともに疲弊することでしょう。

しかしその先に幸せはきっとあるのです。 長い人生、たまには休んで、疲れすぎないことが肝心です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-