【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163712.html
好きな人がメールを無視する理由13選

好きな人がメールを無視する理由13選 | LADYCO

LADYCO
好きな人がメールを無視する理由13選

好きな人にメールを送ったのに、無視をされてしまうと不安な気持ちになるでしょう。 なぜメールは無視されたのか、その本当の理由に迫ります。

  • メールをチェックする時間がない
  • スマホや携帯を持ち忘れた
  • スマホを見ない時間を作っている
  • 瞑想をしている
  • 会議などに参加している
  • メールをチェックする時間を決めている
  • 体調が悪い
  • メールを読む勇気がない
  • メールを読む時間を大切にしている
  • 怒っている
  • 気を引こうとしている
  • もう好きではないと思われている
  • メールをやりとりする関係ではない
  • まとめ

1. メールをチェックする時間がない

メールをチェックする時間がない

単純にメールをチェックする時間がないということがあります。 例えばメーカーに勤めている男性や、システムエンジニアを仕事にしている男性など、締め切りや納期がある仕事についている人は、メールをチェックする暇がないほど時間がない可能性があります。

またフライトアテンダントをしている女性なども、飛行中はメールをチェックする時間がないかもしれません。 好きな人がどのような仕事をしていて、どのような時間帯が忙しいか、どのような時期が忙しいかを知れば、メールが無視されても不安になることはないでしょう。

2. スマホや携帯を持ち忘れた

スマホや携帯を持ち忘れた

自宅にスマホや携帯を置き忘れたまま、出勤したり、学校に行った可能性があります。 もちろんメールをチェックすることはできませんし、電話を掛けることもできません。

深く考えても仕方のない例です。 好きな人が自宅に帰ったら、メールをチェックして返事をしてくれるはずですので待ちましょう。

3. スマホを見ない時間を作っている

スマホを見ない時間を作っている

断舎利という言葉があり、余計なものを捨ててスッキリした気持ちで生活することがブームになっています。 そのムーブメントのひとつに「スマホ断舎利」という言葉があります。 スマホ漬けになっている生活を見直して、気持ちを整理して清々しく生きようという宣言です。

スマホ断舎利をしている人は、一日のある時間帯はスマホを見ないと決めていることがあります。 いちばん多いのが夜眠る前の2時間ほどです。 熟睡するためには、スマホで刺激的な情報を入れないことが大切と言われています。 好きな人もそのような行動様式を取り入れているのかもしれません。

4. 瞑想をしている

瞑想をしている

瞑想をして、心を整えることを日課にしている人がいます。 マインドフルネスとも呼ばれている、最近世界中で人気のある行動です。 瞑想をする時は、テレビもPCもスマホもシャットダウンして、自分の心と向き合います。

そのため、瞑想中はメールをチェックすることはありません。 人によって1時間程度の瞑想を日課にしている場合があります。 好きな人に瞑想の習慣があるかどうか、確かめてみてはいかがでしょうか。

5. 会議などに参加している

会議などに参加している

仕事をしている人なら、週に何時間かは、会議の時間があります。 会議中は携帯やスマホがならないように、電源を切ることも少なくありません。 少なくともメールの返事をすることはできないでしょう。 会議とは違いますが、電源を落とさないと困るような場所があります。

例えば映画館がそうです。 美術館の中なども、電源を落とすのがベターだと言われています。 このような場所にいる人も、メールを無視する可能性が高いでしょう。

6. メールをチェックする時間を決めている

メールをチェックする時間を決めている

好きな人が規則正しい生活をしている場合、メールをチェックする時間を決めている可能性があります。 例えばメールは自宅から会社への移動時間にチェックして、会社に到着したら一斉に返信をします。

その後は昼休みもしくは、退社時間の1時間ほど前までメールはチェックしないで仕事に集中していると決めている可能性があります。 メールチェック時間の限定については、ビジネス書などにも良く記載されている事柄ですので、それほど珍しい行動ではありません。

7. 体調が悪い

体調が悪い

体調が悪くてメールをチェックできない時もあります。 特に二日酔いの場合は、メールを読む気にも、返事をする気にもなれないでしょう。

好きな人が前日に飲み会に参加していた場合は、二日酔いの可能性が高いかもしれません。 また冬などの風邪を引きやすい季節は熱を出して寝ている可能性もありますので、メールを連打して熟睡の邪魔をしないようにしましょう。

8. メールを読む勇気がない

メールを読む勇気がない

もし好きな人が、メールの送信者のことをすごく好きな場合、メールが「合格発表」のように崇高なものになっていることがあります。 おいそれとメールを開くことができない、「高い何か」になっていることもあります。 もし嫌なことが書いてあったらどうしよう、二度と会わないなどと書いてあったらどうしようと思い、メールを開けないまま時間だけが過ぎて行ってしまっているのかもしれません。 恋愛経験が少ないタイプの男性に多い行動です。

メールの内容が好意的だった場合は、過剰に喜んで、気合を入れて返事をしてくれるでしょう。 しかし嫌われないような返事をするために、試行錯誤をするために、返事が来るのが遅くなるかもしれません。 気長に待ってあげましょう。

9. メールを読む時間を大切にしている

メールを読む時間を大切にしている

大好きな人だと思われている場合、メールを読む時間もその人にとって楽しい時間です。 仕事中に適当にメールを読んですぐに返事を返すのではなく、帰宅してゆったり過ごせる時間にじっくりメールを読みたいと思っているかもしれません。 好きな人がメールを無視しているような感じがするのは、相手に大切に思われている証拠と言えるかもしれません。

10. 怒っている

怒っている

ケンカ中などは、単純に起こっているかもしれません。 そのためメールが無視されてしまいます。 浮気などがばれた後なども、当然ですが相手は怒っています。 メールが無視されても当然です。

11. 気を引こうとしている

気を引こうとしている

まだ恋人未満の関係で、お互いが恋愛を意識している場合、メールを無視するのも「恋の駆け引き」になっている可能性があります。 相手の気を引こうとして、メールをあえて無視しているのかもしれません。

12. もう好きではないと思われている

もう好きではないと思われている

彼氏と彼女のような相手の場合は、相手の恋が冷めてしまっている可能性があります。 その人のメールをチェックするのも、返事をするのも億劫になっています。

メールチェックが優先順位のかなり下位になっているのでしょう。 相手はもう好きでないと感じているかもしれません。

13. メールをやりとりする関係ではない

メールをやりとりする関係ではない

自分だけは好きで、相手は何とも思っていない場合があります。 例えばコンパに参加をしただけで、メールのやりとりする関係になっていない可能性があります。 このようなケースではメールが無視されても仕方ないでしょう。

まとめ

好きな人がメールを無視する理由の中に、自分が好きな人に該当するものがあったでしょうか。 ほとんどの場合、メールを無視されたとしても、数日経てば解決をする問題ですので深く考えすぎないことが大切です。 メールを無視されたと思い込み、取り乱してしまうほうが問題になるでしょう。

好きな人にメールを送ったのに、無視をされてしまうと不安な気持ちになるでしょう。 なぜメールは無視されたのか、その本当の理由に迫ります。


メールをチェックする時間がない

単純にメールをチェックする時間がないということがあります。 例えばメーカーに勤めている男性や、システムエンジニアを仕事にしている男性など、締め切りや納期がある仕事についている人は、メールをチェックする暇がないほど時間がない可能性があります。

またフライトアテンダントをしている女性なども、飛行中はメールをチェックする時間がないかもしれません。 好きな人がどのような仕事をしていて、どのような時間帯が忙しいか、どのような時期が忙しいかを知れば、メールが無視されても不安になることはないでしょう。

スマホや携帯を持ち忘れた

自宅にスマホや携帯を置き忘れたまま、出勤したり、学校に行った可能性があります。 もちろんメールをチェックすることはできませんし、電話を掛けることもできません。

深く考えても仕方のない例です。 好きな人が自宅に帰ったら、メールをチェックして返事をしてくれるはずですので待ちましょう。

スマホを見ない時間を作っている

断舎利という言葉があり、余計なものを捨ててスッキリした気持ちで生活することがブームになっています。 そのムーブメントのひとつに「スマホ断舎利」という言葉があります。 スマホ漬けになっている生活を見直して、気持ちを整理して清々しく生きようという宣言です。

スマホ断舎利をしている人は、一日のある時間帯はスマホを見ないと決めていることがあります。 いちばん多いのが夜眠る前の2時間ほどです。 熟睡するためには、スマホで刺激的な情報を入れないことが大切と言われています。 好きな人もそのような行動様式を取り入れているのかもしれません。

瞑想をしている

瞑想をして、心を整えることを日課にしている人がいます。 マインドフルネスとも呼ばれている、最近世界中で人気のある行動です。 瞑想をする時は、テレビもPCもスマホもシャットダウンして、自分の心と向き合います。

そのため、瞑想中はメールをチェックすることはありません。 人によって1時間程度の瞑想を日課にしている場合があります。 好きな人に瞑想の習慣があるかどうか、確かめてみてはいかがでしょうか。

会議などに参加している

仕事をしている人なら、週に何時間かは、会議の時間があります。 会議中は携帯やスマホがならないように、電源を切ることも少なくありません。 少なくともメールの返事をすることはできないでしょう。 会議とは違いますが、電源を落とさないと困るような場所があります。

例えば映画館がそうです。 美術館の中なども、電源を落とすのがベターだと言われています。 このような場所にいる人も、メールを無視する可能性が高いでしょう。

メールをチェックする時間を決めている

好きな人が規則正しい生活をしている場合、メールをチェックする時間を決めている可能性があります。 例えばメールは自宅から会社への移動時間にチェックして、会社に到着したら一斉に返信をします。

その後は昼休みもしくは、退社時間の1時間ほど前までメールはチェックしないで仕事に集中していると決めている可能性があります。 メールチェック時間の限定については、ビジネス書などにも良く記載されている事柄ですので、それほど珍しい行動ではありません。

体調が悪い

体調が悪くてメールをチェックできない時もあります。 特に二日酔いの場合は、メールを読む気にも、返事をする気にもなれないでしょう。

好きな人が前日に飲み会に参加していた場合は、二日酔いの可能性が高いかもしれません。 また冬などの風邪を引きやすい季節は熱を出して寝ている可能性もありますので、メールを連打して熟睡の邪魔をしないようにしましょう。

メールを読む勇気がない

もし好きな人が、メールの送信者のことをすごく好きな場合、メールが「合格発表」のように崇高なものになっていることがあります。 おいそれとメールを開くことができない、「高い何か」になっていることもあります。 もし嫌なことが書いてあったらどうしよう、二度と会わないなどと書いてあったらどうしようと思い、メールを開けないまま時間だけが過ぎて行ってしまっているのかもしれません。 恋愛経験が少ないタイプの男性に多い行動です。

メールの内容が好意的だった場合は、過剰に喜んで、気合を入れて返事をしてくれるでしょう。 しかし嫌われないような返事をするために、試行錯誤をするために、返事が来るのが遅くなるかもしれません。 気長に待ってあげましょう。

メールを読む時間を大切にしている

大好きな人だと思われている場合、メールを読む時間もその人にとって楽しい時間です。 仕事中に適当にメールを読んですぐに返事を返すのではなく、帰宅してゆったり過ごせる時間にじっくりメールを読みたいと思っているかもしれません。 好きな人がメールを無視しているような感じがするのは、相手に大切に思われている証拠と言えるかもしれません。

怒っている

ケンカ中などは、単純に起こっているかもしれません。 そのためメールが無視されてしまいます。 浮気などがばれた後なども、当然ですが相手は怒っています。 メールが無視されても当然です。

気を引こうとしている

まだ恋人未満の関係で、お互いが恋愛を意識している場合、メールを無視するのも「恋の駆け引き」になっている可能性があります。 相手の気を引こうとして、メールをあえて無視しているのかもしれません。

もう好きではないと思われている

彼氏と彼女のような相手の場合は、相手の恋が冷めてしまっている可能性があります。 その人のメールをチェックするのも、返事をするのも億劫になっています。

メールチェックが優先順位のかなり下位になっているのでしょう。 相手はもう好きでないと感じているかもしれません。

メールをやりとりする関係ではない

自分だけは好きで、相手は何とも思っていない場合があります。 例えばコンパに参加をしただけで、メールのやりとりする関係になっていない可能性があります。 このようなケースではメールが無視されても仕方ないでしょう。

好きな人がメールを無視する理由の中に、自分が好きな人に該当するものがあったでしょうか。 ほとんどの場合、メールを無視されたとしても、数日経てば解決をする問題ですので深く考えすぎないことが大切です。 メールを無視されたと思い込み、取り乱してしまうほうが問題になるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-