【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104704.html
男性が愛してると簡単に言わない理由10選

男性が愛してると簡単に言わない理由10選 | LADYCO

LADYCO
男性が愛してると簡単に言わない理由10選

男性から贈られたい「愛してる」の言葉。 待っているのにどうして言ってくれないの?男性が愛してると簡単に言わない理由について考えてみました。

  • 先々のことは不明だから
  • プロポーズと同意語と思っている
  • 仰々しく考えすぎ
  • 単なるシャイ
  • 弱みを見せることになると考えている
  • 自分だけが言うのはフェアではないと考えている
  • 馴染がないから言うという発想が生まれない
  • 絶対に結婚しないと決めているから
  • 2番目に好きな人だから
  • 愛しているという感覚が理解不能

1. 先々のことは不明だから

先々のことは不明だから

今日は愛していると思っても、明日のことはわからない。 なんとなく言葉に出して、彼女に「一生涯の約束」と勘違いされたら困る。

これは愛しているという言葉に対して、無責任であると感じられます。 でも、付き合っている彼女にいつのタイミングでも誠実でいたいと思っている真摯な姿にも見受けられます。 日本人は、気持ちを言葉で表すことが苦手という一面があり、だからこそいつでも気持ちに正直でいたい。

いつ消えてしまうのかわからない気持ちを言葉にしてしまったら、いつか撤回したくなる日が来るかもしれない。 そうなった時に傷つくのは女性だから。 こんなにも「愛してる」という言葉に対して構える必要はないのかもしれませんが、真面目であるが故にこうなってしまうのかもしれません。

2. プロポーズと同意語と思っている

プロポーズと同意語と思っている

日本人にとって、好きと愛してるの間には大きな違いが生じます。 愛しているという気持ちは好きという気持ちが成熟した故のカタチであると信じているからです。

つまり、付き合って間もないカップルが感情を伝え合う際に「愛してる」という言葉を使ったら、オーバーでマッチしないと考えます。 本来はもっとカジュアルに使用しても何ら問題はない言葉。

「大切に思っている」という気持ちを込めるのですから、好きという言葉よりも愛しているのほうが相応しいのです。 でも「うっかり愛してるなんて言ったらプロポーズと思われたら大変!」と使用をセーブしてしまいます。

3. 仰々しく考えすぎ

仰々しく考えすぎ

likeか、loveなのか。 この言葉に最初に接したであろう英語の授業で、あれこれと薀蓄を聞かされたのかもしれませんね。 若くして耳にした「愛」という言葉に重々しさを感じて、「安易に口に出してはいけない」という自分なりの常識が生まれてしまいました。

その為、「愛」を口にすることにハードルの高さを感じてしまい、思うように使えなくなってしまったのです。 こういった男性は、実際に愛する対象ができたとしてもなかなか言えないことも多く、人生の中で使う機会に恵まれない可能性もあります。

4. 単なるシャイ

単なるシャイ

愛してるはもちろん、好きという言葉さえなかなか伝えてくれない男性はいるものです。 これは単に恥ずかしいだけ。 「言わなくても気持ちは通じているはず」と勝手な自己解釈をしてしまうからという理由です。 気持ちをきちんと伝えられると、女性は大きな幸福感に包まれます。

男性が「やたらめったらに使うものではない」と思うのとは異なり、「いつでも言葉で伝えて欲しい」と思っています。 不安を払しょくする魔法の言葉でもあるわけですから。 恥ずかしいのは承知しているけれど、それを敢えて言葉に出してくれるからこそ嬉しさも倍増ですよね。

5. 弱みを見せることになると考えている

弱みを見せることになると考えている

女性よりも優位に立っていたいと考えるマッチョな思考の男性はまだまだ多いのが現状。 だからこそ、「愛してる」なんて軟弱な言葉を発して、女性がつけ上がったら厄介と思っているタイプです。 「愛してる」という言葉を言った言わないなんて些細なこと。

その言葉を贈られたからといってつけ上がる女性なんていませんが、「万が一」と考えています。

6. 自分だけが言うのはフェアではないと考えている

自分だけが言うのはフェアではないと考えている

女性との付き合いにおいて、いつでも対等であるためには不用意に「愛してる」なんて言う必要はないという考え方です。 これは「愛してる」という気持ちが先立ち、不本意なリクエストにも応えてしまう理不尽さが生まれることを警戒しているためです。

愛しているからこそ相手の気持ちを慮り、手を差し伸べることは当たり前だと思いますが、二人の対等な関係に水を差すと勘違いする男性もいるようです。 この背景には、愛してるということばは男性から女性へ贈られるものという思い込みがあります。 二人がいつでもお互いの気持ちを伝え合えば、このような誤解は生じません。

7. 馴染がないから言うという発想が生まれない

馴染がないから言うという発想が生まれない

「愛してる」という言葉はハリウッド映画の中だけで交わされる言葉と思っているので、一般的な用語とは思っていない場合です。 確かに、言うにはなんとなく照れくさく感じてしまうでしょう。

映画のようにさりげなく、且つ格好よく言うのは至難の業。 最悪の場合、女性に「なに言ってるの?」と笑われてしまうことも考えられます。 結果、言わないほうが無難となるわけです。

8. 絶対に結婚しないと決めているから

絶対に結婚しないと決めているから

付き合ってはいるものの、一生涯を通じて一緒にいたいとは思えないという相手には「愛してる」とは言いません。 期待させてはいけないという、ある種の思いやりです。

9. 2番目に好きな人だから

2番目に好きな人だから

誰もが本命と付き合えるわけではありません。 その為、2番目としか付き合えない状況が生まれたとしたら、愛してるとは言いません。 心の中に存在する一番目のためだけに「愛してる」という言葉を取って置きたい気持ちが強いのです。

10. 愛しているという感覚が理解不能

愛するという感覚が解らない為に使えない人も多く存在します。 好きとどう違うの? どこからが愛? 心ではなく頭で考えてしまうので、答えは出ません。

男性から贈られたい「愛してる」の言葉。 待っているのにどうして言ってくれないの?男性が愛してると簡単に言わない理由について考えてみました。


先々のことは不明だから

今日は愛していると思っても、明日のことはわからない。 なんとなく言葉に出して、彼女に「一生涯の約束」と勘違いされたら困る。

これは愛しているという言葉に対して、無責任であると感じられます。 でも、付き合っている彼女にいつのタイミングでも誠実でいたいと思っている真摯な姿にも見受けられます。 日本人は、気持ちを言葉で表すことが苦手という一面があり、だからこそいつでも気持ちに正直でいたい。

いつ消えてしまうのかわからない気持ちを言葉にしてしまったら、いつか撤回したくなる日が来るかもしれない。 そうなった時に傷つくのは女性だから。 こんなにも「愛してる」という言葉に対して構える必要はないのかもしれませんが、真面目であるが故にこうなってしまうのかもしれません。

プロポーズと同意語と思っている

日本人にとって、好きと愛してるの間には大きな違いが生じます。 愛しているという気持ちは好きという気持ちが成熟した故のカタチであると信じているからです。

つまり、付き合って間もないカップルが感情を伝え合う際に「愛してる」という言葉を使ったら、オーバーでマッチしないと考えます。 本来はもっとカジュアルに使用しても何ら問題はない言葉。

「大切に思っている」という気持ちを込めるのですから、好きという言葉よりも愛しているのほうが相応しいのです。 でも「うっかり愛してるなんて言ったらプロポーズと思われたら大変!」と使用をセーブしてしまいます。

仰々しく考えすぎ

likeか、loveなのか。 この言葉に最初に接したであろう英語の授業で、あれこれと薀蓄を聞かされたのかもしれませんね。 若くして耳にした「愛」という言葉に重々しさを感じて、「安易に口に出してはいけない」という自分なりの常識が生まれてしまいました。

その為、「愛」を口にすることにハードルの高さを感じてしまい、思うように使えなくなってしまったのです。 こういった男性は、実際に愛する対象ができたとしてもなかなか言えないことも多く、人生の中で使う機会に恵まれない可能性もあります。

単なるシャイ

愛してるはもちろん、好きという言葉さえなかなか伝えてくれない男性はいるものです。 これは単に恥ずかしいだけ。 「言わなくても気持ちは通じているはず」と勝手な自己解釈をしてしまうからという理由です。 気持ちをきちんと伝えられると、女性は大きな幸福感に包まれます。

男性が「やたらめったらに使うものではない」と思うのとは異なり、「いつでも言葉で伝えて欲しい」と思っています。 不安を払しょくする魔法の言葉でもあるわけですから。 恥ずかしいのは承知しているけれど、それを敢えて言葉に出してくれるからこそ嬉しさも倍増ですよね。

弱みを見せることになると考えている

女性よりも優位に立っていたいと考えるマッチョな思考の男性はまだまだ多いのが現状。 だからこそ、「愛してる」なんて軟弱な言葉を発して、女性がつけ上がったら厄介と思っているタイプです。 「愛してる」という言葉を言った言わないなんて些細なこと。

その言葉を贈られたからといってつけ上がる女性なんていませんが、「万が一」と考えています。

自分だけが言うのはフェアではないと考えている

女性との付き合いにおいて、いつでも対等であるためには不用意に「愛してる」なんて言う必要はないという考え方です。 これは「愛してる」という気持ちが先立ち、不本意なリクエストにも応えてしまう理不尽さが生まれることを警戒しているためです。

愛しているからこそ相手の気持ちを慮り、手を差し伸べることは当たり前だと思いますが、二人の対等な関係に水を差すと勘違いする男性もいるようです。 この背景には、愛してるということばは男性から女性へ贈られるものという思い込みがあります。 二人がいつでもお互いの気持ちを伝え合えば、このような誤解は生じません。

馴染がないから言うという発想が生まれない

「愛してる」という言葉はハリウッド映画の中だけで交わされる言葉と思っているので、一般的な用語とは思っていない場合です。 確かに、言うにはなんとなく照れくさく感じてしまうでしょう。

映画のようにさりげなく、且つ格好よく言うのは至難の業。 最悪の場合、女性に「なに言ってるの?」と笑われてしまうことも考えられます。 結果、言わないほうが無難となるわけです。

絶対に結婚しないと決めているから

付き合ってはいるものの、一生涯を通じて一緒にいたいとは思えないという相手には「愛してる」とは言いません。 期待させてはいけないという、ある種の思いやりです。

2番目に好きな人だから

誰もが本命と付き合えるわけではありません。 その為、2番目としか付き合えない状況が生まれたとしたら、愛してるとは言いません。 心の中に存在する一番目のためだけに「愛してる」という言葉を取って置きたい気持ちが強いのです。

愛するという感覚が解らない為に使えない人も多く存在します。 好きとどう違うの? どこからが愛? 心ではなく頭で考えてしまうので、答えは出ません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-