【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104655.html
自分自身と向き合うのが怖いと思う理由11選

自分自身と向き合うのが怖いと思う理由11選 | LADYCO

LADYCO
自分自身と向き合うのが怖いと思う理由11選

人は誰もが自分に自信がありません。 また誰もが精神的に強いわけではない為、自分と向き合う事を恐れ、逃げてしまいます。 私自身もその臆病者の一人です。

  • 自分に自信がないから
  • 逃げ出したい
  • 諦めている人
  • 長所がないと思っている
  • 過去をやりなおしたい
  • 現状維持
  • トラウマ
  • 何かを得るには何かを失う
  • 気持ちをごまかす
  • 人を信じれない
  • 嫌われたくないから

1. 自分に自信がないから

自分に自信がないから

自分に自信がない人は多いです。 自分に自信がないから、何をやっても上手くいかないと思う人も少なくはないはずです。 どうせだめ、何をしても上手くいかない、人から認めてさえももらえない、自分はダメな人間だからと思い込み自分と向き合う事に恐怖を感じます。

2. 逃げ出したい

逃げ出したい

自分と向き合ってどうすれば良いかわからないのです。 自分と向き合う事で、自分のみにくさ、愚かさ、浅はかさが全てむき出しになります。 そんな自分に直視する事がとても辛く、泣きそうになってしまう人も多いでしょう。

3. 諦めている人

諦めている人

本当は今の自分ではダメだと自覚している人もいます。 ただ今自分がここで悪あがきしても状況は何も変わらないし、しんどくて割に合わないと諦めがちになってしまっている人も少なくはありません。 諦めの早い人って実は自分と向き合えない人なんですよね。

4. 長所がないと思っている

長所がないと思っている

人間1つくらいは誰にでも長所ってあるものだと思います。 しかし、自分の事を言えと言うと、大半の人は自分の短所ばかり言う人の方が多いのではないでしょうか?

実際短所の方が多いかもしれません。 自分には長所がないと思い込んでいる人は、自分自身にはダメな所しかないと再認識させられると感じるのでしょうね。

5. 過去をやりなおしたい

過去をやりなおしたい

自分自身と向き合うという事は、過去の自分にも振り返らないといけないことなのです。 誰もが一番イヤなのは、過去を振り返る事です。 楽しい思い出ならともかく、大半は自分の反省として過去を振り返らないといけません。

しかし過去を振り返る事は精神的に苦しくなります。 過去に振り返ってあの時の自分が取り戻せる訳でもない。 ましてや反省して考察した所で、同じ局面に立ったら自分は上手くいくのだろうか?

また同じ事をしてしまうのではないかと不安にかられます。 要するに不安にまけてしまうのですね。 過去の自分にできなかった事が今の自分に出来るわけがないと、逃げの体制に入ってしまうのですね。

6. 現状維持

現状維持

人間の本能としては今の状況を現状維持しようという頭があります。 その為、よほど覚悟を決めて動かない限り、現状維持を打開出来ません。 現状維持は確かに楽でいいかもしれませんが、悪い癖が付いてしまっているので決して良い事ばかりではありません。

7. トラウマ

トラウマ

人間誰しもトラウマはあります。 子供時代に植え付けられたトラウマは、そうそう取り払えるものではありませんし、克服できません。 頭では分かっていても、いざその場面に直撃した時、瞬間的に記憶がよみがえる為、上手く向き合うことはできないものです。

8. 何かを得るには何かを失う

何かを得るには何かを失う

言葉通り、等価交換を意味します。 自分と向き合う事で得るものは、必ずしも良いものとは限りません。

場合によっては上手く行く場合や、最悪今までの性格ががらりとかわる恐れがあります。 例えば同性愛者だったり、結婚を約束している恋人がいるが別の人を好きになってしまったなどでしょう。 全てが全ていい方向にいかないので、誰かに相談することで救われる面もあります。

9. 気持ちをごまかす

気持ちをごまかす

自分自身と向き合えていない人は、自分をごまかしている人ではあります。 反対に言えば、いま現状を打開したいと考えている方が必死にあがいている状態なのです。 自分では良いと思っていても、そのやり方が正解とは言えず、周りの目から見ると明らかしんどそうに見えるためです。

このタイプは本当はわかっているのに、どうしたら良いか分からず失敗しがちになっている状態なのです。 自分とは向き合おうとしているのに、とてももったいないです。

10. 人を信じれない

人を信じれない

人から指摘を受け、それでも自覚できない人はいます。 人を最初から信じておらず、自分の事が正しいと思っている自己中心的なタイプです。 他者を信じることはとても勇気がいる事ですし、信じた結果それが悪い方向に向かってしまっている可能性もあります。

11. 嫌われたくないから

自分より人の事を最優先にするタイプです。 人の為にあれこれつくしたり、自己犠牲で相手の機嫌を取り繕うとするのですが、そんな良い子ちゃんを演じている部分に酔ってしまい、本当の自分がどんな人間だったのか、分からなくなってしまう傾向があります。 人から好かれる為に、自分の好きなことを我慢したり、自分の意見を封印してしまう人はたくさんいます。 一番多いのが恋愛でしょうか?

よくあるのが女性が好きな男性の為に何でもしてあげる、イエスマンになってしまうケースですね。 相手に嫌われたくないし、自分は彼女だからこの人に尽くして当然。 自分の嫌な事でも相手に好かれたいなら何でもやるという哀れな精神です。 自分の意見がないどころか、周りをみえていないのですね。 良い言い方をすれば一途ですが、悪い言い方をするとつまらないです。

人は誰もが自分に自信がありません。 また誰もが精神的に強いわけではない為、自分と向き合う事を恐れ、逃げてしまいます。 私自身もその臆病者の一人です。


自分に自信がないから

自分に自信がない人は多いです。 自分に自信がないから、何をやっても上手くいかないと思う人も少なくはないはずです。 どうせだめ、何をしても上手くいかない、人から認めてさえももらえない、自分はダメな人間だからと思い込み自分と向き合う事に恐怖を感じます。

逃げ出したい

自分と向き合ってどうすれば良いかわからないのです。 自分と向き合う事で、自分のみにくさ、愚かさ、浅はかさが全てむき出しになります。 そんな自分に直視する事がとても辛く、泣きそうになってしまう人も多いでしょう。

諦めている人

本当は今の自分ではダメだと自覚している人もいます。 ただ今自分がここで悪あがきしても状況は何も変わらないし、しんどくて割に合わないと諦めがちになってしまっている人も少なくはありません。 諦めの早い人って実は自分と向き合えない人なんですよね。

長所がないと思っている

人間1つくらいは誰にでも長所ってあるものだと思います。 しかし、自分の事を言えと言うと、大半の人は自分の短所ばかり言う人の方が多いのではないでしょうか?

実際短所の方が多いかもしれません。 自分には長所がないと思い込んでいる人は、自分自身にはダメな所しかないと再認識させられると感じるのでしょうね。

過去をやりなおしたい

自分自身と向き合うという事は、過去の自分にも振り返らないといけないことなのです。 誰もが一番イヤなのは、過去を振り返る事です。 楽しい思い出ならともかく、大半は自分の反省として過去を振り返らないといけません。

しかし過去を振り返る事は精神的に苦しくなります。 過去に振り返ってあの時の自分が取り戻せる訳でもない。 ましてや反省して考察した所で、同じ局面に立ったら自分は上手くいくのだろうか?

また同じ事をしてしまうのではないかと不安にかられます。 要するに不安にまけてしまうのですね。 過去の自分にできなかった事が今の自分に出来るわけがないと、逃げの体制に入ってしまうのですね。

現状維持

人間の本能としては今の状況を現状維持しようという頭があります。 その為、よほど覚悟を決めて動かない限り、現状維持を打開出来ません。 現状維持は確かに楽でいいかもしれませんが、悪い癖が付いてしまっているので決して良い事ばかりではありません。

トラウマ

人間誰しもトラウマはあります。 子供時代に植え付けられたトラウマは、そうそう取り払えるものではありませんし、克服できません。 頭では分かっていても、いざその場面に直撃した時、瞬間的に記憶がよみがえる為、上手く向き合うことはできないものです。

何かを得るには何かを失う

言葉通り、等価交換を意味します。 自分と向き合う事で得るものは、必ずしも良いものとは限りません。

場合によっては上手く行く場合や、最悪今までの性格ががらりとかわる恐れがあります。 例えば同性愛者だったり、結婚を約束している恋人がいるが別の人を好きになってしまったなどでしょう。 全てが全ていい方向にいかないので、誰かに相談することで救われる面もあります。

気持ちをごまかす

自分自身と向き合えていない人は、自分をごまかしている人ではあります。 反対に言えば、いま現状を打開したいと考えている方が必死にあがいている状態なのです。 自分では良いと思っていても、そのやり方が正解とは言えず、周りの目から見ると明らかしんどそうに見えるためです。

このタイプは本当はわかっているのに、どうしたら良いか分からず失敗しがちになっている状態なのです。 自分とは向き合おうとしているのに、とてももったいないです。

人を信じれない

人から指摘を受け、それでも自覚できない人はいます。 人を最初から信じておらず、自分の事が正しいと思っている自己中心的なタイプです。 他者を信じることはとても勇気がいる事ですし、信じた結果それが悪い方向に向かってしまっている可能性もあります。

自分より人の事を最優先にするタイプです。 人の為にあれこれつくしたり、自己犠牲で相手の機嫌を取り繕うとするのですが、そんな良い子ちゃんを演じている部分に酔ってしまい、本当の自分がどんな人間だったのか、分からなくなってしまう傾向があります。 人から好かれる為に、自分の好きなことを我慢したり、自分の意見を封印してしまう人はたくさんいます。 一番多いのが恋愛でしょうか?

よくあるのが女性が好きな男性の為に何でもしてあげる、イエスマンになってしまうケースですね。 相手に嫌われたくないし、自分は彼女だからこの人に尽くして当然。 自分の嫌な事でも相手に好かれたいなら何でもやるという哀れな精神です。 自分の意見がないどころか、周りをみえていないのですね。 良い言い方をすれば一途ですが、悪い言い方をするとつまらないです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-