【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132628.html
良い人かもしれないけど…注意深い男性の恋愛傾向

良い人かもしれないけど…注意深い男性の恋愛傾向 | LADYCO

LADYCO
良い人かもしれないけど…注意深い男性の恋愛傾向

何事にも注意深い男性。

特に悪いことではなく、好青年・好漢も多いものの、たとえば恋愛場面においてはどういった傾向を見せるのでしょう。

恋愛では慎重さも大事ですが、大胆さや勢いがないと進まない面もありますね。

気になる男性がそういったタイプの場合、傾向をつかんでおけば、良い結果も期待できます。

  • 女性におかしな目的がないか探る
  • まず友だちになろうとする
  • どのようにデートに誘えばいいか、考えすぎてしまう
  • 女性が「浮気」なのではないかと疑う
  • 恋愛にかかるコストをまず考えてしまう
  • 恋愛の先行きを考えすぎてしまう
  • 信頼あるマッチングサイトを使う
  • マッチングサイトを使わない
  • 浮気の心配はあまりない
  • デートや旅行のプランが何かと無難
  • まとめ

1. 女性におかしな目的がないか探る

女性におかしな目的がないか探る

女性側が突然積極的にアプローチしてきた場合、どんな男性でも、「お金など何か別の目的があるのでは?」と考えたりはするものです。

しかし注意深い男性では、自然に双方から歩み寄った場合であっても、「やはり何か別の目的が…」などと考え、女性の知り合いに評判を聞くなどすることもあります。

そうこうしているうちにチャンスを逃してしまうこともあるのが、彼らです。

好意的に捉えれば、何かと騙されにくいタイプなので結婚や長期交際にも向いていると考えられます。

2. まず友だちになろうとする

まず友だちになろうとする

一旦友だち関係に持ち込もうとするのも、注意深い男性に見られる行動です。

友だちであれば、特に負担感なく付き合うことができ、万が一トラブルがあっても大したことにはならないですね。

友だちの状態で慎重に女性を見極めるのも理解できますが、そこから先に進展しづらくなってしまうケースも多くあります。

恋愛対象として注意深く観察したつもりが、恋愛そのものに移行できなくなってしまうのです。

このようなムードを男性から感じた場合、女性から少しアプローチし、デート風の行動に誘うなどすれば、進展もありえます。

3. どのようにデートに誘えばいいか、考えすぎてしまう

どのようにデートに誘えばいいか、考えすぎてしまう

多少なり恋愛経験があれば、「とりあえず二人で食事をするように誘おう」とか気軽に考える男性も多いものです。

しかし注意深い男性では「あのレストランに誘っても、口に合わなかったらどうしよう」とか「女性にレストランを決めてもらってもいいが、それも男らしくないのではないか」などと考えすぎてしまうのです。

幾度か恋愛経験があっても「今回は今回として一から考えなくては」などと大変慎重になってしまいます。

4. 女性が「浮気」なのではないかと疑う

女性が「浮気」なのではないかと疑う

一般的には「彼氏っている?」だとか「気になる男性とかっていたりします?」などと聞く事自体がちょっとしたアプローチであり、「いない」と返ってきたなら、一旦は黙って信用し、恋を進めようとする男性がほとんどです。

ところが注意深い男性では、「本当は浮気なのではないか」などと考えることも珍しくありません。

「やった!付き合えるかもしれない」と考えることより「もしかして…」とネガティブなことを考えてしまうのです。

気になる異性をいきなり疑うとは随分失礼な話にも見えますが、彼らにとっては比較的自然な思いなのです。

5. 恋愛にかかるコストをまず考えてしまう

恋愛にかかるコストをまず考えてしまう

恋愛では、デート代など金銭的コストも多少なり発生しますし、連絡やデートそのものに時間も割くことになります。

強く惹かれ合っているとか、強く片思いしているというなら、そんなことは一旦頭になくなる男性が多いものですが、注意深い男性では違うのです。

相手男性に好感を持っている場合で、あまりお金のない男性や忙しい男性の場合、デートはお安めでも全く問題ないとか、連絡頻度が低くても気にしないなどと早めに示してあげることで、男性の心理的負担は減ります。

6. 恋愛の先行きを考えすぎてしまう

恋愛の先行きを考えすぎてしまう

「恋愛は2-3年で終わる」とも良く言われ、実感のある人も多いことでしょう。

しかし、気になる人ができたり、付き合い始めたりしたときには、そうしたことはあまり考えない男性が多いものです。

しかしながら慎重派の場合、「結局1-2年で別れることになるなら、恋愛をしても仕方がないのではないか」など、先々のことを考えがちになります。

7. 信頼あるマッチングサイトを使う

信頼あるマッチングサイトを使う

マッチングサイトでは、ある程度の情報をお互い交換した上で、接触を始めます。

このため、女性の職業が想像もしないものだったなど、「思いがけない事態」を嫌う男性には好適なのです。

もちろん性別が逆でもこれはいえることです。

マッチングサイトは、積極派と慎重派、どちらにも便利なものなのです。

ただし注意深い男性では、マッチングサイト選びにもかなり慎重であり、もしそういうタイプの男性を探すなら信頼度の高いサイトが良い、ということになります。

同じく、各種合コン、街コンも好む男性がいます。

8. マッチングサイトを使わない

マッチングサイトを使わない

反対に、マッチングサイトなどは怪しいと考え、リアルな出会いにこだわる注意深い男性もいます。

やはり実際に会って色々と印象を感じたところから、判断したいと考えるのです。

9. 浮気の心配はあまりない

浮気の心配はあまりない

ごく普通に、独身同士で付き合うことにさえ注意を払うのが、注意深い男性です。

ましてや浮気をするなどとなれば、気がかりなことが増えるばかり。

注意深い男性の場合、浮気をする心配はあまりないといえるでしょう。

もちろん誠実さを兼ね備えている場合もありますが、ひたすら誠実というよりも、厄介事を避けたいというのが彼らに共通する傾向です。

10. デートや旅行のプランが何かと無難

デートや旅行のプランが何かと無難

定評あるレストランで2,000円程度のディナーに誘う、同じく定評のある観光地への旅行に誘うなど、注意深い男性は各種プランにもどうしても無難なものを選びがちです。

冒険的なデートを好まないのです。

その心理としては、嫌われたくないというものもありますし、万が一のケガなどをしたくないなど、とかく守りの姿勢が見られます。

悪いとはいえませんが、ドキドキ感を作り出すことや、マンネリ解消がやや苦手なのも彼らの特徴です。

まとめ

注意深い男性では、やはり恋愛においても何かと慎重で、少々疑り深い面、心配症な面なども見え隠れします。

注意深いという特性そのものは長所でもありますから、結婚や長期交際では悪くない対象です。

しかし、なかなかスムーズに恋が進まないという面が否めず、女性側にある程度の積極性が求められる面もあります。

振る舞いとしては、奥手な男性や臆病な男性と似る面もありますが、「注意深さ」はそれらとはまた異なるものであり、ともすれば相手や周囲を疲れさせます。

特性・傾向を良く把握した上で交際を考えたいものです。

何事にも注意深い男性。

特に悪いことではなく、好青年・好漢も多いものの、たとえば恋愛場面においてはどういった傾向を見せるのでしょう。

恋愛では慎重さも大事ですが、大胆さや勢いがないと進まない面もありますね。

気になる男性がそういったタイプの場合、傾向をつかんでおけば、良い結果も期待できます。


女性におかしな目的がないか探る

女性側が突然積極的にアプローチしてきた場合、どんな男性でも、「お金など何か別の目的があるのでは?」と考えたりはするものです。

しかし注意深い男性では、自然に双方から歩み寄った場合であっても、「やはり何か別の目的が…」などと考え、女性の知り合いに評判を聞くなどすることもあります。

そうこうしているうちにチャンスを逃してしまうこともあるのが、彼らです。

好意的に捉えれば、何かと騙されにくいタイプなので結婚や長期交際にも向いていると考えられます。

まず友だちになろうとする

一旦友だち関係に持ち込もうとするのも、注意深い男性に見られる行動です。

友だちであれば、特に負担感なく付き合うことができ、万が一トラブルがあっても大したことにはならないですね。

友だちの状態で慎重に女性を見極めるのも理解できますが、そこから先に進展しづらくなってしまうケースも多くあります。

恋愛対象として注意深く観察したつもりが、恋愛そのものに移行できなくなってしまうのです。

このようなムードを男性から感じた場合、女性から少しアプローチし、デート風の行動に誘うなどすれば、進展もありえます。

どのようにデートに誘えばいいか、考えすぎてしまう

多少なり恋愛経験があれば、「とりあえず二人で食事をするように誘おう」とか気軽に考える男性も多いものです。

しかし注意深い男性では「あのレストランに誘っても、口に合わなかったらどうしよう」とか「女性にレストランを決めてもらってもいいが、それも男らしくないのではないか」などと考えすぎてしまうのです。

幾度か恋愛経験があっても「今回は今回として一から考えなくては」などと大変慎重になってしまいます。

女性が「浮気」なのではないかと疑う

一般的には「彼氏っている?」だとか「気になる男性とかっていたりします?」などと聞く事自体がちょっとしたアプローチであり、「いない」と返ってきたなら、一旦は黙って信用し、恋を進めようとする男性がほとんどです。

ところが注意深い男性では、「本当は浮気なのではないか」などと考えることも珍しくありません。

「やった!付き合えるかもしれない」と考えることより「もしかして…」とネガティブなことを考えてしまうのです。

気になる異性をいきなり疑うとは随分失礼な話にも見えますが、彼らにとっては比較的自然な思いなのです。

恋愛にかかるコストをまず考えてしまう

恋愛では、デート代など金銭的コストも多少なり発生しますし、連絡やデートそのものに時間も割くことになります。

強く惹かれ合っているとか、強く片思いしているというなら、そんなことは一旦頭になくなる男性が多いものですが、注意深い男性では違うのです。

相手男性に好感を持っている場合で、あまりお金のない男性や忙しい男性の場合、デートはお安めでも全く問題ないとか、連絡頻度が低くても気にしないなどと早めに示してあげることで、男性の心理的負担は減ります。

恋愛の先行きを考えすぎてしまう

「恋愛は2-3年で終わる」とも良く言われ、実感のある人も多いことでしょう。

しかし、気になる人ができたり、付き合い始めたりしたときには、そうしたことはあまり考えない男性が多いものです。

しかしながら慎重派の場合、「結局1-2年で別れることになるなら、恋愛をしても仕方がないのではないか」など、先々のことを考えがちになります。

信頼あるマッチングサイトを使う

マッチングサイトでは、ある程度の情報をお互い交換した上で、接触を始めます。

このため、女性の職業が想像もしないものだったなど、「思いがけない事態」を嫌う男性には好適なのです。

もちろん性別が逆でもこれはいえることです。

マッチングサイトは、積極派と慎重派、どちらにも便利なものなのです。

ただし注意深い男性では、マッチングサイト選びにもかなり慎重であり、もしそういうタイプの男性を探すなら信頼度の高いサイトが良い、ということになります。

同じく、各種合コン、街コンも好む男性がいます。

マッチングサイトを使わない

反対に、マッチングサイトなどは怪しいと考え、リアルな出会いにこだわる注意深い男性もいます。

やはり実際に会って色々と印象を感じたところから、判断したいと考えるのです。

浮気の心配はあまりない

ごく普通に、独身同士で付き合うことにさえ注意を払うのが、注意深い男性です。

ましてや浮気をするなどとなれば、気がかりなことが増えるばかり。

注意深い男性の場合、浮気をする心配はあまりないといえるでしょう。

もちろん誠実さを兼ね備えている場合もありますが、ひたすら誠実というよりも、厄介事を避けたいというのが彼らに共通する傾向です。

デートや旅行のプランが何かと無難

定評あるレストランで2,000円程度のディナーに誘う、同じく定評のある観光地への旅行に誘うなど、注意深い男性は各種プランにもどうしても無難なものを選びがちです。

冒険的なデートを好まないのです。

その心理としては、嫌われたくないというものもありますし、万が一のケガなどをしたくないなど、とかく守りの姿勢が見られます。

悪いとはいえませんが、ドキドキ感を作り出すことや、マンネリ解消がやや苦手なのも彼らの特徴です。

注意深い男性では、やはり恋愛においても何かと慎重で、少々疑り深い面、心配症な面なども見え隠れします。

注意深いという特性そのものは長所でもありますから、結婚や長期交際では悪くない対象です。

しかし、なかなかスムーズに恋が進まないという面が否めず、女性側にある程度の積極性が求められる面もあります。

振る舞いとしては、奥手な男性や臆病な男性と似る面もありますが、「注意深さ」はそれらとはまた異なるものであり、ともすれば相手や周囲を疲れさせます。

特性・傾向を良く把握した上で交際を考えたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-